FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

キチジョウソウ  



おめでたい名前で、長い葉の中に埋もれるようにして咲く花です。

49_2018102119210969f.jpg





table_20130321210513 -


 本当に久しぶりの秋晴れだった! 紅葉が見ごろを迎えた場所も多くなってきたし、朝から高速道路は渋滞気味だったみたい。ベッドの中でラジオのニュースを聞きながら、若いころ、早朝から家族旅行に出かけたことなどを思い出していた。 あれはあれで楽しかったし、年を取って、渋滞のニュースを聞きながら朝寝をしているのも、これはこれで楽しいなと。
 まぁ、寝ているにはもったいない青空だったから、むしろ早めに起きてしまったが。 掃除、洗濯、布団干し。 病人の様子も見に行き、枯れ色になった”シラン”も刈り取って束ね、写真も何枚か撮り、・・・と、フル回転の一日も、快晴だったから気持ちよく動けたってことかな。
 矢張り、秋晴れは人間にやる気を起こさせるようで、結構充実感の得られた一日だった。 明日も晴れますように!


スポンサーサイト

ハナミズキ  



あちこちでハナミズキの赤い実が綺麗です。 これは”街路樹”。

46_201810202049272e2.jpg


これは公園の木。 どっさり実がついていました。

47_20181020204930913.jpg


つややかで、本当にきれいな実です。

48_20181020204931cd3.jpg





table_20130321210513 -


 サウジアラビアの総領事館で記者が殺害された事件。 こんなおぞましいことが起きるとは、恐ろしい。 ご本人にも「予感」はあったようだけれど、すべてが計画通りだったとは、本当に信じられない話。
 体制を批判したからというが、それは、安倍さんを石破さんが批判する程度のものだと。 日本にも、言いたいことの言えない時代があったけれど、今は悪口を言ったところで、命の心配まではしないで済むんじゃないのかな。
 近隣の諸国を見ても、『言いたいことが言える』って、素晴らしいことだと思うでしょ。 この平和と自由が失われることのないようにと、願わずにはいられない。


フユノハナワラビ  



「冬の花蕨」。 派手さはありませんが、山野草の愛好家には人気があるようです。

43_20181019194343ef7.jpg




44_20181019194344e3d.jpg




45_20181019194347835.jpg





table_20130321210513 -


 「おや、お宅もですか! 実は、ウチでもやってまして・・・。 ワッハッハー」てな具合なのかねぇ? データの改ざん、ごまかし、・・・、とどまるところを知らず・・・ネ。
 大手の企業が何で・・・?と思うけどねぇ。 おえら方が、頭を下げても、「本当に悪い」と思っているようではなくて、何だか他人事みたいな感じを受ける。
 大地震が心配されるこの国で、新たに建築しようと思う建造物には、まず「免震」を考えるのは当然でしょ。 まして人の出入りが多い建物の場合はなおさらでしょ。  「倒壊の恐れはない」と言うけれど、実際に地震が来てみないことには分からない。
 「倒壊の心配はないから、これでやってしまえばいいよ」と言うことなのかな。 
 いつの間に、この国には、こんないい加減で不誠実な会社が多くなってしまったのだろう。 なんとも、嘆かわしいこと!


コスモス  



都立秋留台公園のコスモスは、終盤に近く、きれいな花を探して撮りました。

39_20181018201840fd0.jpg




40_20181018201841550.jpg




41_20181018201842399.jpg




42_201810182018442f7.jpg





table_20130321210513 -


 公園の林の中で、子供たちが「ドングリ拾い」をしていた。 幼児を喜ばせる程度には落ちていたらしい。 山では、今年、どんぐりは”不作”なのだそうだ。 ”当たり年”ではないということだが、台風の後、結構枝ごと落ちていたしね。
 それだけが原因と言うわけではないのかもしれないが、野生動物が人里に下りてくるケースが増えているのだそうな。
 東北の被災地では、住民が避難している間に、イノシシの住処になって困っているとのニュースがあったが、近年、身近でもイノシシを巡る話題が多くなっているし、向山でも、イノシシが餌をあさった痕跡が普通に見られるようになっている。
 我が家でも、夜な夜な、何かが家の周囲を徘徊している形跡がある。 ハクビシン、アナグマ、アライグマ、タヌキなどがいるという話で、狸は縁の下で子育てをしていた過去があり、アナグマと思しき動物を庭で見かけたこともある。 ハクビシンが天井裏に住み着いた話など聞くと、不衛生だし、野生動物は怖いと思う。
 クマなどは冬眠前にしっかり食べたいのだろうから、背に腹は代えられず山から出てくるのかもしれない。
 都内での「アライグマ大捕り物」のニュースを見て、人間社会に野生動物が増えるのも心配なことだと改めて思った次第。


ダイモンジソウ  



昔、頂いた時は、ピンクの可愛い花でした。 
やがて、妙な形の花が咲くようになりました。 
そして、今年は白い綺麗な花がたくさん咲きました。
いわゆる「先祖返り」をしたと思われます。

36_20181017193258ed4.jpg




37_20181017193300142.jpg




38_20181017193301857.jpg





table_20130321210513 -


 昨日はオセロの天才少年のお話。 今日は将棋の天才少年のまたまたの快挙。
 16歳の藤井聡太七段が新人王戦に優勝して、最年少記録を更新。 決勝三番勝負で、先週一勝していたので、優勝できるだろうとは思っていたが、連勝で達成した。
 今日は、大勢のカメラマンが退室した後、マスクをされたので、「風邪かな」と気になった。 席を立たれる場面もいつもより多い感じだったし・・・。 次の対局までに治りますように! 一番体力のある年ごろだろうけれど。
 これからもまだまだ”記録更新”が続くことを期待しているが、天才と言えども、もちろん”努力”の裏付けがあってのことだろうからねぇ。
 少年少女が各方面で活躍しているでしょ。 頼もしい限りね。


▲Page top