FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

冬の川  



これは「秋川」です。 さらに上流には、釣り人の姿があり、”オチアユ”が釣れるとのことでした。

57_201812162118411a0.jpg





table_20130321210513 -


 ハイキングクラブの忘年会が、今年は昼間になった。 長年のお付き合いだから、思い出すと笑えるようなことも多いけれど、同じように年を重ねているわけ。
 若いころとはいろいろと変化もみられる。 忘年会に夜出かけるよりも昼間の方がいいという意見が多くなったのもその一つ。 ハイキング先も「山ではない場所」が増えたし、今日あたり、皆さんが「飲まなくなった」のにはびっくり。
 健康に留意して・・・と言うよりは、「飲めなくなった」と言うことらしい。 もう一生分飲んだから終わりにしたのかもしれないが・・・。 二次会で女性陣と同じ”甘味”を召し上がるオジ(イ)サマ方も、おかしいと言えばおかしいし・・・。

 ま、皆が元気で歩ける日の、一日でも長からんことを祈るといたしましょう !


スポンサーサイト

一人の世界?  



林の中で「一人の世界」を満喫されているようでした。

56_201812151935306fc.jpg





table_20130321210513 -


 インフルエンザが流行期に入ったとの正式発表があった。 今年もワクチンが足りないなどと聞いたけれど、どうなったか。     「ワクチンなど打ったことがない」と得意げに話す人もいるけれど、自分のためだけではなく、人のためにも打った方が良いのでは・・・。 
 昨年は、入院中の同居人の部屋でインフルエンザを発症した人があって、薬を使う旨、主治医から了解を求める電話があった。副作用があるから一応承諾を得るのだろうけれど、大変だなぁと思っていたら、今年は、前もっての問い合わせがあった。 副作用もさることながら、り患した際のリスクの方がはるかに大きいと思われるので、「よろしく・・・」だけど。
 病院の医師が患者に刺されたりする時代だから、先生も気を使われて大変。
 病院に菌を持ち込むのは面会人かスタッフだろうけれど、病人には本当に”恐ろしいこと”だろうからねぇ。 


モミジ  



崖沿いの細い道を歩いていて、まだきれいな”モミジ”に出会いました。

29_2018121420365968b.jpg


もう終わりを迎えた木が多いのに・・・。

30_20181214203655d7d.jpg


”モミジ”のある場所だけ、フェンスを広げてあり、人のやさしさを感じさせます。

31_20181214203658207.jpg





table_20130321210513 -


 韓国の大手企業の社員が、社長の一族にパワハラを受ける場面を何度もテレビで見た。 最近では、一般の客が店員に居丈高にクレームをつけたり、暴力を振るう例が増え、社会問題になっているのだそうな。
 何で、そう簡単に「切れる」のか? 韓国の人は”血の気”が多いのか、イラつく原因が何かあるのか・・・? 何だか、慰安婦や徴用工の問題でいきり立つ人たちの姿と、共通するものがあるように感じたけれど・・・?
 その勢いに押されて手も足も出せない政府と言うことなのかなぁ? 国同士の約束も守れず、『その勢い』を恐れているということなのかねぇ? この先どうするのかと、ばぁばが心配しても始まらないけれどね。 (笑)


冬の公園  



どんよりと曇った空から雨のぱらつく午後の公園は、人影もまばらで寒々としていました。
福生中央公園にあるJR五日市線の鉄橋には電車も通りませんでした。

26_201812131924021b8.jpg


子供たちの声もなく、ジョギングの人も見えず、花もない冬の公園です。

27_20181213192404c50.jpg


富士山の姿もなく、黒く連なる奥多摩の山々が、印象的でした。

28_2018121319240467b.jpg





table_20130321210513 -


 昨日発表された”今年の漢字”は「災」だった。 本当に災害の多い年だったからねぇ。 ばぁばは、平成も終わるから「平」か「終」か、と考えていたけれど、これは2位と3位だったらしい。 ま、極めて一般的な感覚で生きていることが分かって安心したけれど。
 昨日、またまた100勝を達成して、最年少記録を更新した将棋の藤井聡太7段なら、同じ「さい」でも「才」だろうと言った先輩棋士がいらしたが、スポーツ界でも若い『才能』が大活躍だったねぇ。 でもそれを上回る印象が「災」だったということでしょ。
 その藤井7段自身の今年は「進」だったと。 確かに。
 来年の”漢字”が希望あふれるものになればいいなぁと切に願うが・・・? たとえ鬼が笑おうとも・・・ネ!


ミニシクラメン  



今年も「ミニシクラメン」を2鉢購入しました。

24_201812121941166d2.jpg


「ガーデンシクラメン」の方が種類も多くてよかったのかも知れません。

25_201812121941183e1.jpg




▲Page top