散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

ムクゲ  



白い「ムクゲ」を当ブログに載せたのは一か月前。 花期の長い花です。

64_20170822200721705.jpg


一輪の花はほぼ一日で終わるのですが、次々に咲くのです。

65_20170822200723ab7.jpg





table_20130321210513 -


 民進党の代表選が告示された。 かつては政権を取ったこともあった党だけれど、その時に「ダメさ加減」を露呈させてしまったような感じもあったりして。
 代表が変わって新しく生まれ変われるのかな? 変われるものならとっくに変わっていただろうなんて気もするが。
 組織が変わるには人が変わらなければ・・・と思うけれど、どうかな?
 愛想をつかして(?)出て行った人もいるけれど、同じ環境の中で大きく変わるのは難しいということかもね。


スポンサーサイト

ヘクソカズラ  



葉を揉んだりすると「そのものズバリ」の名前です。

61_201708212032260b1.jpg


どこにでも絡みついて困ります。

62_20170821203227968.jpg


花は可愛く、「ヤイトバナ」と言われるのもうなずけます。

63_201708212032293b7.jpg





table_20130321210513 -


 お盆休みが終わり、「帰国ラッシュのピーク」・「高速道路渋滞のピーク」がニュースになる。 度々! まるで鋸尾根を歩くように、「ピーク」が何度も来るのね。
 バルセロナもグァムも無事で何よりだったと思う。 過去には観光地での日本人の犠牲もあったのだから。 「置き引き」だの「ひったくり」だのに気を付けるように、と言うのが海外へ出る人への忠告だった時代は、平和だったと言うこと。 テロじゃ、自分で注意するのは難しい。
  「行かない方がいい」と言うのは年寄りの考えで、「それでも行く」と言うのが若い人の感覚なのだろう。 どこにいても絶対に安全とは言えない時代。 遊ぶのも命がけと言う見方もできるわけだが・・・。


浮 草  



田んぼの浮草です。 見ている分にはかわいいのですが、田んぼにとってはどうなのでしょう?

60_20170820202111e84.jpg





table_20130321210513 -


 昨日、今日とツクツクボウシの声を聞いた。 このセミが鳴くと夏休みも終わりに近い。 子供たちの夏休みは、自由研究だの宿題だのと盛りだくさんの「仕事」を抱えてでしょ。 こんな「夏休み」は日本だけなの?
 ウチの末っ子が2年生くらいの時かなぁ、夏休みの登校日に、「宿題ばっかりで”したいこともできない”とか何とか言ったらしいの。 先生が、「それじゃしなくていいよ」とおっしゃったんですって。 「ほんとにいいの?」と念を押したらしいが、それっきり宿題はせず。 ばぁばも”それなりの親”だから放っておいた。 (笑)
 その後、お咎めがあったかどうかは知らないが、息子はその夏、泳ぎだけは達者になったみたい。 先生も父親が同業者とご存知だったろうからあきれていらしたかも。
 そう言えば、ばぁばの宿題の工作は、兄か父が代作してくれていた。 「お前じゃうまくできないから」と言うのがその理由。 この父も兄も教師だったのだから、大笑い。 昭和時代の”センセイ”のお話。


コバギボウシ  



コバギボウシはきれいな花を咲かせますが、株が小さく、
花が少なめの方がよりきれいに見えるように思います。

56_201708192032330eb.jpg




57_201708192032359e1.jpg




58_20170819203236ac3.jpg




59_20170819203237c97.jpg





table_20130321210513 -


 高校野球も「ベスト・エイト」が決まる試合になった。 今日の最後の試合は「大阪桐蔭」と「仙台育英」の対決。
 「大阪桐蔭」は悔いの残る結果になったねぇ。 一瞬「勝利」を決めたと思ったもの。 仙台育英の走者が滑り込むより早く、ボールは来ていたからアウトと思ったが、その時間差が災いして、走者が滑り込んだときに足が塁から離れてしまっていた! 油断だったのかなぁ?
 結果は逆転サヨナラで仙台育英の勝利に。 最後の最後まで分からないものねぇ。 審判もよく見ていたなぁと。
 「上手の手から水が漏れた」わけだけれど、今後の人生には絶対役立つに違いないから、泣かない・泣かない!


オミナエシ  



「秋の花」ですねぇ!

55_20170818200237629.jpg





table_20130321210513 -


 楽しいニュースは少ないねぇ。 バルセロナのテロだとか、北海道のバス転落だとか・・・。 アメリカの白人至上主義者と反対派の事件のように、国を二分しそうな騒ぎもあったし。
 トランプ大統領は、本音としては「白人至上主義者」なんだろうね。 でも、アメリカから白人以外の人たちが立ち去れば、アメリカは成り立たないでしょ。 有色人種に支えられているわけだろうに。
 トランプさんが、同盟国の安全はしっかり守ってくれるというけれど、白人ではない我々は信じ切っていていいのかな、なんて思ってしまうけれど。 アメリカ国内の白人至上主義者を抑えてまでも、守ってくれるとは思えない。 いざとなれば、先ずは自国だろうからね。


▲Page top