散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

キタテハ  



「キタテハ」が「ムシトリナデシコ」で、ゆっくり羽を休めていました。

61_2018052620480970b.jpg


ネバネバした茎にくっつくなんてことはなさそうです。

62_201805262048115eb.jpg


「ムシトリナデシコ」には「コマチソウ」なんておしゃれな別名のあることを知りました。

63_20180526204813e47.jpg


羽裏を見ると、枯葉に止まれば分からなくなることも納得できます。

64_20180526204814728.jpg





table_20130321210513 -


 5年ぶりに、市の「胃がん検診」を受けに行った。 昔は毎年受けていたが、ちょっとサボっていたら5年もたっていたわけ。
 昔に比べると、バリュームも飲みやすくなったし、今回は飲む量がずいぶん少なくなったと感じた。 大昔はたっぷり飲んだ後、更に検査の途中で追加したものねぇ。    
 バリュームにはあまり抵抗がないのだけれど、苦手は”発泡剤”。 今まではそれなりに「我慢」出来ていたが、今日は、ちょっと咳が出て、失敗の巻き。 まぁ、追加分は無事だったが。   
 「こんなにさかさまにされたかな?」と思うほど頭を下にして「ハイ、息を止めて下さい」は、結構”重労働”。 5年後は無理だろうと思いつつ、まぁ、今回異常がなければもう終わりにするつもりでいるのは”正解”だなと。
 「がん検診」に限らず、「今回で終わりにしよう」と思うことが結構増えてきたのは、歳を自覚しているからか、やる気が無くなったということか、さてさてどちらだろう?


スポンサーサイト

木 陰  



暑くなると、木陰がいいですねぇ。 緑が多いと、本当に涼しくて・・・。

60_20180525200552c67.jpg





table_20130321210513 -


 季節の移ろいが早い今年。 そろそろ「梅雨入り」だそうな。 今年は、春がなかったみたいだものねぇ。
 どんどん季節がずれて、この調子で行くと、8月には涼風が立つということかな。 それはそれでいいかもしれないけれど。
 暑い盛りに勉強して、涼しくなるころ夏休み。 夏休みを楽しく過ごすには良かったりしてね。 (笑)


バ ラ  



開花時期の早かった今年は、バラもそろそろ終盤です。

55_20180524210227947.jpg




56_20180524210229fa3.jpg




57_20180524210230fa3.jpg




58_20180524210233398.jpg




59_20180524210233d3d.jpg





table_20130321210513 -


 例のアメフト事件の”加害者”にされた選手の話は理路整然としていて、信じられる。 一方、監督の話は聞けば聞くほど「卑怯なヤツ」と言う感じ。 コーチからは、「板挟み」の苦悩が感じられた。
 選手の言葉の中に、「高校時代は楽しかったアメフトが、大学に入ってからは好きではなくなった」とのくだりがあった。 あの井上コーチは、その楽しかった高校時代の監督だったと。 隣の監督への気遣い、そして、愛弟子への思い、複雑な心境だったのだろうとは思うけれど、裏切られた選手の気持ちを思うとやりきれないよねえぇ。
  「もうアメフトをする気はない」と言っていたが、大学もアメフトも、「本人にその気があれば引き受ける」と言う声が多いというのが救いかな。
 優秀な選手をもったいないと思うし、落ち着いたら、またアメフトに戻ってほしい。 それがまた、元気を取り戻すための、最良の道ではないかとも思うので・・・。


ツユクサ  



「初夏の朝」を彩る花でしょうか。

53_2018052320201104f.jpg




54_20180523202012a79.jpg





table_20130321210513 -


 連日、話題に上る日大対関学大のアメフト部の“事件”。 どうやら選手に責任を押し付けることになったらしい。
 渦中の監督とコーチの会見を聞いていて、本当に不愉快だった。 もしかしたら、すべて当初の筋書き通りに事が進んで、監督の目的は達したということだったのかも、とさえ思えてきた。
 日本を代表するような優秀な選手の夢を砕き、あまつさえ”犯罪”になりかねないことをやらせたことは「罪」にならないのかな。 この選手を選んで、やらせたことの本当の意味は何だったのだろう? 
 男らしくないし、スポーツ選手らしくもない監督とコーチだった。 こんな世界が大学の中に存在することにもびっくりだ!
 おそらく、多くの人は、選手の話を『真実』と受け止めるに違いないし、日大アメフト部の先行きには暗雲が立ち込めることになるだろうに・・・。


ユスラウメ  



「ユスラウメ」のつややかな実が、綺麗です。

51_20180522193848d2f.jpg




52_20180522193849ea9.jpg





table_20130321210513 -


 今年は運転免許更新の年。 高齢者が免許を更新するには、「認知症検査」と「高齢者講習」を受けなければならない。 両方の手続きは済ませてあったので、今日は青梅警察に出向いた。
 教習所で受けた「高齢者講習」の折に、同時に受けた視力検査で、「視力で引っかかるかもしれないなぁ」と言われ、別の係官は、「警察の検査機は、ここよりも明るいから大丈夫と思うけれど、目の疲れていない朝のうちに行く方が良い」と言ってくれた。 乱視があるので、視力検査では小さな”わっか”が重なって見えて、どこが切れ目かよくわからないわけ。
 前回は「十分気を付けて運転してください」と言う言葉とともに新しい免許証を手にできたけれど、今回はどうかなと気にしながら朝一番の用事にして行った。
 さて、警察での視力検査では、「メガネは」と聞かれ、「掛けないでやってみます」と答えた。 左目はどうにか見えた(?)が、右はさっぱり! 「ダメかな!」と思う。 結局、規定の視力を大幅に下回っていたのだけれど、「次回には、医者の検査を受けて眼鏡を作ってから来てください」との言葉つきでパス。 甘いと言えば甘いけれど、よかった! ”ゴールド免許”のご利益もあったかな?
 メガネは必要に応じて使っているけれど、免許の条件に「眼鏡使用」とつけられてしまうと、かけずに運転はできないでしょ。 でも条件なしで眼鏡をかけていても、それは”違反”にはならないからねぇ。
 昼間は問題ないが、夜は明かりがすべてにじんで見にくくなるので、眼鏡をかけてでも夜の運転はしない。 次回は3年後。 今回が多分”最後の更新”と思っているが、その時元気でいれば、改めて考えるとするか・・・??


▲Page top