散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

ほおずき  


子供のころと違い、最近はもっぱら「被写体」です。
緑から赤へと色の変化も楽しめます。

83_20120731202311.jpg




84_20120731202310.jpg






table_20120711211702.jpg

 オリンピックを見ていて、若い力の台頭を感じる。 同時に、「絶対」は、やはりないなぁとも。
 日本特有の(?)「狸の皮算用」では、金メダルがザックザックみたいだったけれど、なかなかそうは行かないもの。 銅で結構だと思うがなぁ。 世界第3位ですよ!
 物怖じしない若い力に期待して! 体調保持のため、実況を見るのは限られているけれどね。



スポンサーサイト

つゆくさ  


はかなくも美しい花ですね。

81_20120730205342.jpg




82_20120730205342.jpg







 オリンピックの「柔道」を見た。 何だか、日本古来の柔道とは違い、「軽い競技」になった印象。 更にびっくりしたのが、主審、副審以外に「審判委員」、が存在すること。
 最初の判定に会場から大ブーイングが起きたと思ったら、「審判委員」とのやり取り後、まるっきり反対の判定になってしまったのだから・・・。 主審、副審の立場って一体何なのだろうね? まぁ、そのおかげで海老沼選手は先へ進めたし、「勝っていた」と思うが、相手は納得できないだろうなぁ。
 オリンピックと言う場で、よくまぁ、判定を逆転させられたものと、ただただ感心しているわけで・・・。 何だか「お粗末」だったねぇ。



はまゆう  

甘い香りを漂わせます。

79_20120729212446.jpg




80_20120729212445.jpg






 連日の猛暑報道を聞いているだけで、なお暑さを感じるみたい。 熱中症で亡くなる人も多いし、7割方は高齢者と聞けば、わが身も危険と隣り合わせにいるような気になって・・・。 家の中でも、夜でも熱中症になるというし、今年は「隠れ脱水」が話題になって、不安は募る。
 登山中の脱水は「足がつりそうになる」ことで分るが、家にいても、「干からびるサイン」を見落とさないようにしなくてはね。
体の水分量は減ると言うし、のどの渇きは感じにくくなると言うし、結構我慢強いのが年寄りだから、お互い気をつけましょうねぇ。 



朝の光の中で・・・  

早朝は、たんぼにも畦道にも光が満ちあふれています。


77_20120728211236.jpg




78_20120728211235.jpg







 オリンピックが始まった。 毎回、開催国では趣向を凝らした演出で盛り上げる。 時間的にもかなり長いから、選手の皆さんは疲れるのではないかと気になるが、そんな体力ではオリンピック代表になるはずもないか! 参加の国や地域が最後には一つになる・・・、象徴的な聖火の演出だったが、世の中、なかなか演出どおりには行かなくてね。 


は す (2)  

純白の蓮は、清楚で、気品を感じさせます。


72_20120727203657.jpg




73_20120727203656.jpg




74_20120727203655.jpg




75_20120727203654.jpg




76_20120727203653.jpg







 『止むを得ない』と言う言葉。 おかしいなぁと思って聞いていたが、「やむおえない」と発音している人がやはり多いそうで。 「やむ、おえない」と言い、意味もそれなりにつけているのだとか。 正しくは、「止むを、得ない」でしょ。
 日本語の乱れもここまで来たか・・・の感ありね。 「情けは人のためならず」で、人への思いやりを排除するなんて解釈の成り立つ時代だものねぇ。 嘆かわしいこと!




は す (1)  

朝6時ころの蓮田には、カメラを持った人の姿がかなり見られました。


67_20120726212309.jpg





68_20120726212308.jpg





69_20120726212307.jpg





70_20120726212306.jpg





71_20120726212305.jpg







 猛暑なので、庭木の手入れとか草むしりとかの仕事は、早朝にする。 そう、「朝飯前」の仕事ってわけ。 それを一休みして、今朝はカメラをかかえて近くの蓮田に行った。
 休耕田利用の蓮田は3箇所に分かれている。 ばぁばは、人の少ない場所を選んで・・・。 マナーの悪さで知られる、立派なカメラを構えるオジサマ方を敬遠してね。
 パンが焼きあがるまでの1時間が撮影用の時間だったが、近いと言うのはいいねぇ。 花数のあまり多くないのがちょっと・・・だけど。 それをカバーできる腕を磨かなくちゃ!



夕 景  

僅かに光芒が・・・。

64_20120725203100.jpg


羽村堰・堰下橋・羽村大橋

65_20120725203059.jpg


羽村大橋の明かりが多摩川に映って・・・。

66_20120725203059.jpg





 いかがわしい画像をネット上に出し続けた教師、大型バスをジグザグ運転の挙句、置き去りにして逃げてしまった運転手、暴力団と付き合い、助言で礼金を得ていた警官、・・・。 信じられない事件が続く。
 ぶり返した猛暑に、みんな頭がおかしくなったのかな。 クビになった後の暮らしはどうなるのだろう。 家族もいるだろうに・・・。 「大人のすること」とも思えないけれどねぇ。


チョウセンヨメナ  

横文字のしゃれた名前があるのかも?

62_20120724204230.jpg




63_20120724204229.jpg





 夕方、多摩川の土手を散歩する。 羽村あたりはまだ上流なので、土手の道路も4人並べば舗装部分はいっぱいと言う狭さ。 涼しくて気持ちいいが、毎日走っている人が何人もいる。 700メートルのマークがあるので、往復しながら・・・。 もちろん、犬の散歩もあるし、ウォーキングの人も。
 所々に大きな石が配置されていて、休むこともできる。 人様に言われるまでもなく、いいところに住んでいる・・・とは思うが、やはりどこかへ行きたくなるのだから、人間の欲にはきりがない!


ミソハギ  

小さな花が集まっています。

60_20120723201357.jpg




61_20120723201356.jpg






年を重ねると「もの忘れ」が増えるのは仕方のないことだが、病的になると、それはやはり「認知症」だろう。 ダンナがそうなった場合、多くの奥さんは、愚痴りながらも面倒を見るでしょ。 しかし、それが反対だと、必ずしも面倒をみてくれるとはかぎらないみたいね。
 夫婦と言うのも、人生の終盤に至って、お互いの人間性が明らかになるものなのかも。 普段は亭主関白でも、いざとなったら頼りになる相手がいいけれど、その見極めは難しい!



桔 梗  

好きな花の一つです。

57_20120722204307.jpg

58_20120722204306.jpg

59_20120722204305.jpg





 始発駅で電車に乗った。 沿線にある高校の生徒さんたちのほとんどが、座席に座ると同時に「携帯モード」。 学校の昼休みも、友達同士のおしゃべりはしないのかな?
 一方、おもむろに鏡を取り出し、口紅を塗り始めたのは、中年よりも高年に近そうな人。 しばらく乗らなかった線だったが、車内風景にもにも多少の変化はあったようで・・・。 


 

かわいい!  

可愛いキノコと風船カズラです。

55_20120721205924.jpg


56_20120721205923.jpg





 猛暑から一転、昨日も今日も肌寒さを覚えるほどの気温。 電車の中もさすがに長袖の人が多かったが、相変わらず「猛暑対応スタイル」の人も・・・。 腕をさすったりしながら。
 ま、アッチコッチ、引っ張り出すより寒さを我慢する方が楽・・・と言うわけかな。 元気だからこそできることだろうけど・・・。
 気象の変化の激しい時代に生きるから、「気分の変化」の激しい人間が増えるのかな? 通り魔にしても、いじめにしても・・・。 親も子供も「メチャクチャ」だものねぇ。 



クサキョウチクトウ (オイランソウ)  

子供のころ、この花で「色水」を作って遊びました。 
花盛りには、甘い香りが漂います。

52_20120720195829.jpg 

53_20120720195828.jpg

54_20120720195827.jpg





 大きな地震がいつ来ても不思議ではないと言われているのに、今度は原発の下を活断層が通っているとかいないとかの話。 原発建設時の資料を見て、「事業を進めるためにごまかした」説まで・・・。
 この狭い地震国で、どこに活断層があるのかもはっきりしない現状では、無事でいるのは「運がいいから」と言うことになるのかな?
  我々としては、「この幸運がとこしえに続くことを願う」しか手はないのかねぇ。



オニユリ  

猛暑にもめげず、次々と花を咲かせています。 
さすが「鬼」でしょうか?

49_20120719214405.jpg

50_20120719214404.jpg

51_20120719214403.jpg





 ひとまず今日でちょっと休憩らしい猛暑。 体が慣れていない時期の猛暑は辛いが、これで涼しい日が入るとなお辛いかも?
 冷たい食べ物がよく売れているらしい。 お茶漬けもカレーも冷たくして・・・。 温かいご飯を水で洗って冷たくしている映像を見て、ちょっと食欲がなくなりそうなばぁばだったが・・・。 一方では、冷たいものの食べ過ぎは胃腸に負担がかかるので、暖かいものとあわせて・・・ですって。
 おかずによっては、器を冷やしたりはしているが、お茶漬けやカレーは熱々が好きだなぁ。 化石人間だからかな?


畑の野菜  

かぼちゃ、なす、きゅうり・・・、おなじみの野菜です。

46_20120718205447.jpg


47_20120718205446.jpg


48_20120718205445.jpg





 自殺した中学生。 いじめたとされる生徒の親は「遊びの範囲」と。 「いじめ」か、「遊び」か・・・。 これは、やったほうは遊びだったかもしれないが、やられたほうが、「いじめ」と感じれば、それはやはり「いじめ」だろうねぇ。 遊びの果てに自殺はしないでしょ。
 相手がそれほど「苦にしていた」事に気づかない点が問題。 とにかく相手を死に追いやったのだから、親も「遊びの範囲」とは言い切れないのじゃないのかな。


水辺のヤブカンゾウ  

梅雨も明け、水の恋しい季節です。

43_20120717204210.jpg

44_20120717204209.jpg

45_20120717204208.jpg





 早々と始まったのがこの夏のクールビズだった。 昨日、今日の猛暑では裸になっても暑いだろうね。
 クールビズもいいけれど、ワイシャツの上のほうのボタンをはずして上着を着るスタイルはどうもいただけないなぁ。 ガラが悪くて・・・。 半袖のワイシャツだけの方が「できる男」の印象だと思うが・・・。 それにネクタイを締めれば、上着を着なくてもきちんとした感じで良さそうに思うけどなぁ。
 好みの問題かもしれないが、男性はどうしてみんな上着が好きなのだろう? 誰にでも似合うのが背広だとは思うけれど、この暑さの中ではねぇ。


猛暑日の夕焼け  

日が落ちると、怖いような夕焼けになりました。

40_20120716210606.jpg

縦位置にすると少し優しい感じ・・・。

41_20120716210604.jpg

多摩川も赤く染まっていました。

42_20120716210603.jpg




table_20120711211702.jpg

 「海の日」にふさわしい猛暑だった。 熱中症で搬送された人が170名以上。 昔はこれほどの暑さはなかったとは思うが、最近の人は暑さ、寒さに弱いのかな?
 こまめに水分を補給しなさいと言うが、昔はスポーツの最中に水を飲むなんてことはなかったでしょ。 それで死んだ話も聞かなかったが・・・。
 体の造りが 違ってきたのか、冷暖房完備の暮らしが、体温調節機能の低下を招いているのか・・・?
『適切に』クーラーを使うことにしよう。 適切って・・・難しいけど。





ハンゲショウ (半夏生)  

増えて困りますが、味わいのある草です。

38_20120715204712.jpg

39_20120715204712.jpg





 平均寿命は世界一を誇るわが国。 最近は「健康寿命」と言うことが言われている。 男は70.42歳、女は73.62歳。 平均寿命との差は、男が約9年、女が約13年だ。 認知症だったり、病気だったり、「健康」とは言えない状態で生きている年数。
 年よりは、国の「お荷物」扱いだと思うこともあるが、確かにね。 健康でなくては生きていてもつまらないから、若いころから、食べ物にも気をつけ、ある程度、体を使う生活がしたいところだけどねぇ。
 豊か過ぎる暮らしは、老後が心配・・・ネ。


月下美人  

芳香をお届けできないのが残念ですが・・・。

36_20120714213247.jpg

37_20120714213247.jpg





 大津の中学生自殺事件に関して、学校と教委に強制捜査が入るとはびっくり! 生徒のアンケートの結果に「気づかなかった」なんて、子供でも「嘘だ」と思うでしょ。 「記名しての回答」もあったと言うから、生徒の方がよっぽど「まとも」ね。 警察も「被害届」を受理しなかったなんて、信じがたいこと。
 関係ご一同様が、「面倒なことに関わりたくない」と言う点で一致していたわけ。 教育者も、公僕も、腐りきっていると言うことか!
隠蔽しきれなくなって、教育現場の問題が警察沙汰になるなんて、前代未聞。 「恥を知れ」と言いたいな。


アゲハチョウ  

夕方近くだったためか、じっと止まっていてくれました。

33_20120713221319.jpg

34_20120713221318.jpg

35_20120713221317.jpg
 




 お盆の「お施餓鬼」でお寺へ行った。 近隣のお寺から20名近い和尚さんが集まっての「山門大施餓鬼法要」。 ウチのお寺は例年13日だが、お盆中、次々とお寺を回ってくださる。
 参列者のお参りが済むまで約1時間。 今日は隣のお二人が、その間しゃべり通し。 和尚さんが来てくださる和尚さん方へ気を使われて、前もって「静かにお願い・・・」と言われるのもむべなるかなと。
 小学校の授業参観でも「親の私語」が多いと言うし、そこに行った目的を忘れてしまうのかな? 先が短いから、寸暇を惜しんでしゃべっておくのかな?


ノウゼンカズラ  

鮮やかな色が梅雨時のうっとうしさを吹き飛ばすようです。

31_20120712204328.jpg


32_20120712204327.jpg





 残念ながら出番はなかったが、ダルビッシュ投手が米の球宴に選ばれた。 それなりの活躍をしているものねぇ。 この人を獲得した球団に「損はなかった」と思う。 一方、鳴り物入りで渡米した松坂クン。 こちらは「高い買い物」だったのではないのかな。
 プロ野球の選手ともなれば、誰しも「一度は大リーグで・・・」と思うだろう。 でも、「通用する力ではなかった」ことを証明してしまうケースもあるし、難しい選択。 日本で華々しく活躍するのも良さそうに思えるが・・・。



睡蓮 と ストケシア  

淡い色合いの花は、落ち着いた感じを与えるようです。

29_20120711211701.jpg


30_20120711211701.jpg





 パンダの出産は、嬉しいニュースだったが、死んでしまったとは残念。 パンダの子供の死亡率は60%と聞けば、仕方のないことと思うが・・・。 上野動物園の関係者の努力が実らず、さぞ、がっかりされたことだろう。
  子パンダは、2年たったら中国へ返すことになっているらしいが、何かと難しいのがパンダの繁殖というものらしい。 中国との関係なみかな?


クチナシ と ヤブカンゾウ  

香りもよく、清楚な雰囲気のクチナシと、野性味豊かなオレンジ色のヤブカンゾウ。 雰囲気は違いますが咲く時季は一緒です。

27_20120710203333.jpg

28_20120710203332.jpg





 例の「造反」。 同じ造反でも、除籍もあれば、「資格停止6ヶ月」なんてものもあった。 へぇ、そんなものかね・・・と思った。
 ところが、今度は「3ヶ月」に減刑すると。 何だか分らん話。
 まぁ、『受刑者』も、何を考えているのやら分らん人ではあるけどね。 もしかしたら、何も考えていなかったりして・・・? なんせ、『宇宙人』じゃぁね。


 

続 朝顔  

今年は苗を購入したため、咲き出すのが早かったようです。

25_20120709201016.jpg


26_20120709201016.jpg





 昨年の震災のガレキが太平洋を漂流して、はるばると外国の海岸に漂着していると言う。 これは、漂着した国で始末するものなのだそうだ。 でも、その費用が莫大で、予算をオーバーすると。 国際問題に発展しそうな雰囲気。
 津波も自然現象、漂着するのも自然現象には違いないが、当事国としては知らん顔もいかがなものかと思うが・・・。 流れ着いたバレーボールや、オートバイの話もあったが、ガレキではねぇ。
 洪水で、隣家のゴミがたくさん流れてきたとしたら、やはり、一言挨拶があっても良さそうと思うでしょ。 海岸に流れ着いたハングルの書かれたゴミにだって、心穏やかではないのが実情じゃないのかな?


  

梅雨時は「雫の季節」でもあるわけで・・・。

ヨウシュヤマゴボウ
22_20120708205708.jpg

スイセンノウ
23_20120708205707.jpg

蓮葉
24_20120708205705.jpg





 前を走っていた車が追突した。 赤信号でスピードを落としていたから、こちらは関係なかったけれど、軽同士でも結構派手な音がして・・・。 追突されたほうは信号の停止線まで車一台分を残したところで被害にあった。 どこを見て運転しているのかねぇ?
 「超小型車」が、公道を走ることになるらしいが、追突でもされたらひとたまりもないのでは・・・。 どうせ年寄りが乗るのだから・・・なんて思っているわけじゃないのだろうが・・・。


カラー  

これは、湿地ではなく、畑で育つ種類のカラーです。 花はやや小ぶりですが、白からピンクへと色を変えながら楽しませてくれます。

19_20120707204057.jpg


20_20120707204056.jpg


21_20120707204055.jpg





 中学生が自殺した事件。 どうも「自殺した」というよりも、「自殺させられた」という印象を受ける。 いじめられ、「自殺の練習」をさせられていたと。
 過去にもあったが、学校や教育委員会は、「いじめ」の件を何で隠すのだろう? それは自分たちが「職務怠慢」とのそしりを受けるからかな? それにしても、今時の子供たちは『そこまでやるか』という感じ。
 親も教師も分らないものかなぁ? 少なくとも、学校は「いじめられに行く」場所ではないでしょ!



タイマツソウ  

「タイマツソウ」。 いかにも!

16_20120706194845.jpg 

 
17_20120706194844.jpg


18_20120706194843.jpg





 川向こうの丘陵で盛んに啼くホトトギスやウグイス。 でも、一番けたたましいのは、篭脱け鳥のガビチョウ。
 昔人間には想像もできなかった猛暑。 東北でも起きる竜巻。 春には来なかったウグイスが、何と7月に庭で啼く! ・・・。
 大地震に連動して、富士山が噴火の可能性も取り沙汰されて。 最近の自然界は本当におかしい。


 

ムラサキシキブ  

野生種ですが可愛い花を咲かせます。

13_20120705204050.jpg

14_20120705204049.jpg

15_20120705204048.jpg





 上野動物園のパンダが出産。 偽妊娠もありうるなんて言っていたのに・・・。 今度は自然のままのオメデタ。
 昔、成都の動物園で見たパンダたちは、泥んこになって遊んでいた。 日本のパンダは自然とは隔離されている感じ。
 気候も違うのだろうが、「泥んこ」が恋しいなんて思っているかもね。


ねじばな  

左巻き、右巻き、両方あるようです。

10_20120704205650.jpg


11_20120704205649.jpg


12_20120704205646.jpg





 地対空ミサイルを設置。 自衛隊か、どこぞの紛争地帯のお話かと思うでしょ。 これがなんと、ロンドンオリンピックでのお話。 テロ対策ですって。 「かえって標的にされる」と住民は反対だそうで・・・。
 「平和の祭典」もついにここまで来たかと! 確かに、過去にはテロの犠牲になった選手も出たけどねぇ。
 東京へのオリンピック招致が成功したとして、更に「軍事的」な対応を考えなくてはならないような時代になっているのだろうか?


オカトラノオ  

野草らしい素朴な美しさがありますね。

8_20120703195709.jpg


9_20120703195708.jpg






 大型バスの事故を防ぐための改良の数々。 ドライバーが居眠りをしたときの「警報」に始まって、前後の車を感知して自動的に止まったり、巧みに車線変更をしたり・・・。 要するに、運転は、機械が主で、人間は従というわけ。
 今にドライバーなしのバスで観光旅行をすることになったりしてね。 客もだんだん「デクノボー」になってしまいそう! 今だってかなりね・・・?
 


梅雨の晴れ間  

多摩川と草花丘陵の上に広がる雲のたたずまいが夏ですね。

6.jpg

夏椿
7_20120702202045.jpg





 早いですねぇ。 今年も後半に入ったのだから・・・。 「節電の夏」のスタートだそうで。
 自宅の電気を止めて、公共施設に集まろう、と言う動きもあるらしい。 夏中遊んでいられる人はいいだろうが、家にいなくては仕事も片付かないからねぇ。
 暑いさなかでも畑仕事をしているお年よりを見かけるが、熱中症で倒れても誰も褒めてはくれないだろうし、新党結成の予定もないから、ばぁばは家にいてグダグダしていることにするかな。



▲Page top