散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

奥多摩湖 (2)  

きらめく湖面がきれいでした。

41_20130131204132.jpg





 テレビの映像で見る、中国の大気汚染のすさまじさ。 日本でも「光化学スモッグ注意報」が出たころがあったが、最近は聞かなくなった。 排気ガスの規制が強化された結果だろう。
 それにしても中国からはいろいろなものが「越境」してくるねぇ。 領海侵犯、領空侵犯、黄砂の飛来、そして、今度は大気汚染物質!
 これには自衛隊機がスクランブルをかけることもないし、我々も息を止めているわけには行かないから「やられっぱなし」ということね。




スポンサーサイト

奥多摩湖 (1)  

今日は暖かい日でしたが、奥多摩湖畔には雪が残り、集落の屋根も白く見えていました。

40_20130130214634.jpg





 新宿から縄文人の骨が出土した。 4000年前の新宿は緑豊かな場所だったらしいと。 「女性が自分の歯で革をなめした」というのはピンと来ない話だけれど。
 こういう話って楽しい。 今から4000年後の新宿はどうなっているかな? 人骨が出土するかどうかは分らないけれど、ことによると、地球規模の大災害があって、多量の人骨が出る可能性も無きにしも非ずかも・・・。 ま、関係はないけどね。



鳩も日向ぼっこ  

寒い朝は公園の鳩も日向を求めて・・・。

39_20130129211126.jpg





 65歳までの雇用を義務化。 いくつまででも働きたい人は結構いるが、企業は賃金を払い続けるということでどうなのかな?
 定年まで働いたら、後は趣味を楽しみながら、「悠々自適」の生活をするのが理想かと思ったが、定年になっても打ち込む趣味を持たない人が結構いるらしい。 年金も「汲々自適」程度になったり・・・?
 定年になってから新しい趣味を持つことは難しいでしょ。 若いころから続けて、時間ができる定年後、いそいそと趣味に没頭するとはいかないみたい。 仕事がなくなったら「抜け殻」じゃねぇ。
 主婦業にも定年があればいいのにと長年思い続けているばぁばだが、ぼうっとしている人の時間を回してほしいもの。   (なお忙しくなるだけだったりして・・・。)



切り株に雪  

千葉に大雪をもたらした今朝の雪。 羽村市ではうっすらと白くなった程度。
切り株に残っている淡雪を。

38_20130128213625.jpg





 「北」の核実験。 今日明日にも行われかねないと。
 若い指導者に代わって、少しは「世間並み」になるかと思ったが、やはりそうはならないのかなぁ。
 若さゆえのミスも心配されるが、本当の実権は誰が握っていることやら。
 賢い人であって欲しいと思うが、その点はどうなのだろう? 強気だけではねぇ・・・?



冬木立  

青空をバックにした冬木立は好きな状景の一つです。

37_20130127204209.jpg





 初場所は横綱日馬富士の全勝優勝で終わった。 先場所は「横綱」の重圧に押しつぶされたのか、横綱らしからぬ成績で、横審からも批判の声が上がっていた。 横綱に推挙したのはあなた方でしょ」と、日馬富士のために言いたい気分だったが・・・。
 今場所は、更にプレッシャーがかかっていたと思うのに、全勝優勝はお見事! 横審の皆さんもほっとされたことだろう。 さしづめ「任命責任」もあるのだろうからね。



センダン草の種  

草の中を歩くと、服にたくさん付いてくる厄介者です。

36_20130126211122.jpg





 テロに対する考え方も国によって様々。 テロを殲滅しなければ、また次のテロにつながるという事情もあるから、ある程度の犠牲はやむをえないと考えるのも仕方のないことなのかも。 あくまでも人命尊重の日本はそれだけ平和なのだろう。
 国際化というのは、テロに対する情報や注意も含まれるということらしい。 それにしても正しい情報の入らない今回の事件だった。 



山中の小さな橋の改修工事  

流れはほとんどありませんが、大事な橋です。

35_20130125205633.jpg





 日本人が狙われたのだろうか? 厳重だった警備を何ですり抜けられたのか? 分らないことの多いアルジェリアの事件。 忍耐、判断力、勇気、運、どれが欠けても生きられなかったと。
 テロの脅威は拡散中だと言う。 宗教的な背景もあるのかもしれないが、日本は平和だなぁと改めて思う。 この平和が長く続くことを願うが・・・。



冬日さす道  

あわあわと冬日のさす道は、気持ちの良いウォーキングコース。

34_20130124212414.jpg






 安倍総理がいろいろと新しい政策を打ち出す。 その中に、「孫への贈与は1500万円まで無税」というのがある。 日本の年よりは平均3000万円の蓄えがあるのだそうだ。 それを何とか回転させようというのが狙いらしい。 孫には甘いから・・・というのだが。
 3000万円持っていたとしても、その半分を孫にやれるものだろうか?
 年金はどんどん減らされていく。 物価の値上げの最終目標が2%、高齢者の医療費の負担分も増えそう。 更に消費税のアップもある。
 年をとって、どんなことで医療費がかかるかわからない。 年寄りには先行きの心配が絶えない時代なのに、虎の子を孫にやってしまうかな? 平均3000万円の蓄えといっても、本当にそんなに持っているのかな?   (自分を基準にしちゃいけないって・・・?)

キジバト  

雪の解け切れない山道で餌探し中。

33_20130123212847.jpg





 寒さが続く。 もっとも寒中だけど。 明日の未明にかけてまた雪だそうで・・・。
 そろそろ「春の兆し」が見つけられるかと出かけたが、今年はまだ。 気の滅入るような事件が多いから、少しほっとするようなものも欲しいねぇ。

 教職員の早期退職が問題になっているが、教師といえども生活がかかっているから退職金の140万円減は考えるだろうねぇ。 卒業式直前に退職することに批判は多いだろうが、「減額」を年度末まで延ばせなかったのかな? 庶民にとって140万円がどれほど重いかは「高給取り」には分からないってことかな?



サッカー  

河川敷のグランドで・・・。 スポーツを撮るのは難しい!

32_20130122210148.jpg





 アルジェリアの事件。 安否確認のできない3名の方が、どこかの病院で治療中であることを切に願う。 危険な地域なので、「それなりの覚悟」をして赴任されるらしいが、内部のものがテロリストに通じていたらしい情報には腹が立つ。 「これは始まりに過ぎない」という話もあり、「海外進出」にも、大きな大きなリスクが伴うことを改めて考えさせられた。
 日本人も外国人も、「同じ社員」として扱う日揮という会社の姿勢は気持ちよかったが・・・。



寒い朝  

寒さだけでなく、湿度もないときれいな霜はつかないようです。

31_20130121203518.jpg





 今夜から雪の予報。 ノーマルタイヤしか持っていないので、雪の日は「歩き」。 それで用が足りる生活ということ。
 昔は東京にも結構な積雪があった。 冬は道路の水溜りが凍って、通学途中は割りながら・・・。 最近は道路の水溜りもない。
 終戦直後は、焼け跡整理のおじさんが、焚き火をしながら「少しあたっていけよ」なんて言ってくれたり・・・。 今は焚き火もできない。
 貧しかった時代だが、なんか暖かかったような気がするなぁ。



夕焼けの飛行機雲  

夕焼けは晴天の兆し。 飛行機雲は天気が下り坂の兆し。 では、夕焼けの飛行機雲は・・・?

30_20130120212003.jpg





 元横綱の大鵬さんが亡くなった。 活躍された時代を知っている方の訃報に接するたびに、「一つの時代が終わっていく」ことを感じる。
 現代の若者が年を重ねた時に、こういう感覚を与える人は一体誰なのだろうかと考えることがある。
 趣味の世界も、個人の生き方も多様化しているから、「巨人・大鵬・卵焼き」みたいな話は生まれにくいのではないかな? そんな時代を知らなければ、別に「どうということ」もないのだろうが・・・。



舞 扇  

浅草で、「きれいなお店!」とカメラに収めてきましたが、撮影禁止だったとは・・・! 失礼しました。

29_20130119213450.jpg





 今日から大学入試のセンター試験が始まった。 例年試験場でのミスやトラブルが続発するのがこの試験。 器機のトラブルで、試験ができないなんて、受験生には気の毒すぎる。 最新式の試験にも問題ありということかな?
 ボーイング787の問題といい、「最新式」に飛びつくのはそれなりに危険もあるのかも。 カンニングの方法も負けずに「最新式」になってはいるらしいけれど。



ヒイラギナンテン  

粉砂糖をまぶしたような霜でした。

28_20130118213726.jpg





 アルジェリアの人質事件。 政府軍の「救出作戦」が一応終わったらしいが、人質の安否をはじめ、詳細は不明。 もっとも取材しにくい国なのだそうだ。 外国人が大勢かかわっているというのに・・・。
 砂漠の中でどういうことになっているのか? 正反対のニュースが錯綜し、家族の心配を思うと胸が痛む。
 世界にはまだまだ、理解し切れない国がたくさんあるということだけは分るが・・・。



 

ねぎ畑  

今年は寒さのために野菜が育たないと。 
確かにねぎもちょっと「売り物」には・・・? そこへこの雪で・・・。

27_20130117210548.jpg





 アルジェリアで、人質にされている人たち。 少なくとも8カ国の人だそうで。 時々起きるこの種の事件。 どうも表向きの理由とは裏腹の「身代金要求」もあるらしい。
 人質の安全第一を願うが、「テロに屈するな」という強い姿勢を持つアルジェリア軍が、どういう動きをするかも心配。
 海外への企業の進出も増えているが、こうした危険と背中合わせなのだと、改めて思うねぇ。





 

水 仙  

「生きている」エネルギーは凄い! そこから雪も解け始める!

26_20130116204509.jpg




table_20130113202422.jpg

 立て続けに飛行機のトラブルがあるなぁとぼんやり思っていたら、これがみんな同型機だったとは。
 35%に日本企業が関わっている飛行機と言われても、ぴんとは来ないけれど、「世界に誇れる」とされたあの飛行機だ。
 今日のトラブルは電気系統から発煙と。 警報で知るレベルのことかと思いきや、乗客の話では、「急降下で、墜落するかと思った」、「においがした」、「最後には前が見えないほどの煙だった」、・・・と。 恐ろしい話。
 着陸時の耳の痛さが半端じゃないので、飛行機という乗り物は好きではないが、否応なしに利用せざるを得ない人たちも多いのに・・・。
 航空会社としては、調査が完全に終わるまで、同型機を使わないわけにも行かないのかも知れないが、大きな事故にでもなれば、会社の存続にも関わるのだから、目先のことだけでなく、安全第一で考えて欲しいと思うけどねぇ。
 ばぁばは、「ドアを開けたら地面・・・」が、やはリ好きだなぁ。



雪中のツグミ  

降りしきる雪の中で”凛とした姿”を見せていました。

25_20130115204713.jpg





 あっという間に積もった昨日の雪。 あっという間には解けず、しばらく危ない。
 歩行者も解けている車道を歩くし、その車道も場所によっては凍っているから車ものろのろ走る。
 幹線道路は薬を撒くし、除雪も早いが、一歩住宅地に入ると日陰はツルツル。 歩道も踏み固められて・・・。
 舗装道路しか歩いた経験がなさそうな人も増えているから、でこぼこで凍っている道の歩き方はまことに頼りない。 ヒールの靴を履いた娘さんの、「ヒールを刺して歩いています」、には笑ったが・・・。 それでも、現代は「長靴」の出番ば無し!



雨中のどんど焼き  

東地区のどんど焼き。 詳細は「ひとりごと」で・・・。

24_20130114212110.jpg





 朝から雨。 延期だろうと思った「どんど焼き」は予定通りと。 傘をさしてまで行く気はしなかったので、竹のはぜる音に表に出て、家の前から撮った東地区のどんど焼きをトリミングしたのが上の画像。 直線距離にして100メートルちょっとかな? 昨日できたばかりの西地区では、凄い煙が高く上っていたが、こちらは家の前からは見えなくて・・・。 作り立てで燃えにくい上に雨ではねぇ。
 例年いろいろとサービスもあり、お団子を焼いたりして11時ころまで続くのだが、眺めたところ子供の姿も見えず、「満席」となるはずの堰下橋も人影はまばら。
 例年、8時半ころの点火役は子供たちなのだが、子供の姿は見えなかった。 9時半には雪となり程なく大雪に。 カゼ・インフル・ノロと、心配の尽きない時期だから、子供の参加も少なかったのだろうが、寂しい風景だった。
 お団子も売れ残っただろうなぁなんて、大きなお世話だろうけど・・・。



どんど焼き・・・塚作り  

羽村のどんど焼きは明日。 急げ急げ!

23_20130113204411.jpg





 羽村のどんど焼きは明日。 東地区は川原、西地区はグランドで。
 グランドを使う関係で、準備の遅れる西地区のどんどやきは材料が生で煙ることが多い。 東地区は早くから造ってあるので良く乾燥して、よく燃える。 それぞれの事情があるから仕方ないが・・・。
 我が家は地区は東だが、距離的には丁度真ん中かなぁ?
 明日は天気が悪いらしいから延期になるかも。
 「オキ」でお餅を焼いて食べることはせず、カメラを抱えて歩き回っている変なバァチャンが私です。



つぼみの輝き  

姫辛夷のつぼみです。

22_20130112191119.jpg





 安倍総理がやたら頑張っている印象。 総理になりそこねた谷垣さんは複雑な心境かもしれないなと思ったり・・・。
 野田さんも頑張ったと思うが、党内で足を引っ張られていたからねぇ。 身内で 足の引っ張り合いなんぞしている場合かってことが、ボクちゃんたちに分らなかったのかな?
 政権奪取を掲げて、それが目標になっていたのだろうね。 「民意」は「その後」を求めていたのに・・・。 慣れないことは難しいってことか。
 安倍さん、二度目じゃ、うまくやってくれるかな? 「期待は裏切られるためにある」ってわけでもあるまいから・・・。



ボ ケ   

向島百花園に咲いていた木瓜です。 つぼみも膨らんで・・・。

21_20130111201723.jpg



 

 気温は大差ないのに、何でこんなに寒いのか、と危惧したとおり、風邪だった。 熱は7度台なのに妙に熱っぽい。 これ、インフルかもしれないなと。 予防接種が功を奏している?
 医者に行くのもかったるいので、去年の薬の残りを飲んで、2日目は寝ていたら、3日目は平熱になり、すこし食欲も出てきた。
 具合が悪くても、食欲がなくても、ご飯の支度もし、洗濯もする。 肺炎でも起こしては叶わないから、もちろん可能な限りの「手抜き」でね。
 これで元気になりそうというのは、結局、丈夫なんだろうね。 とは言え、高齢者なのだから気をつけなくっちゃ。


 

スカイツリー  

スカイツリーとアサヒビールの社屋。

18_20130110195317.jpg

アサヒビールタワーに影を落とすスカイツリー。

19_20130110195319.jpg

東武の線路越しに・・・。 バックが青空でないのが残念。

20_20130110195316.jpg
  




 今年は巳年。 巳年は過去の例からいくと「夏が涼しい」ですって。 本当かな?
 厳冬の年は猛暑だったりして・・・? だって、年平均気温というのはそんなに大差がつくものではないと思うので、厳冬の年は猛暑でないと・・・なんて・・・。 猛暑はもうたくさんだけどねぇ。



人力車  

浅草は人力車の多い町です。 吾妻橋にて。

15_20130109193451.jpg

客待ち。

16_20130109193452.jpg

若い女性の車夫(婦?)が増えていました。

17_20130109193448.jpg





 顧問教師の体罰を苦にして自殺した高校生。 スポーツ系の部活では今もそんななのかな?
 ある程度の厳しさは必要だろうけれど、相手を見て方針を決めないとね。 拳骨をもらっても平気な子もいれば、手を上げただけでビビル子もいるのだから。
 死ぬくらいなら部も辞め、学校も休めばいいのにと思うが、異常な心理状態になっているのだろう。
 学校側が、しっかり把握していれば防げたと思うが、ある程度の実績を残していたりすると教師への指導はしにくいのかも。 その詰めの甘さが更に大きな問題を起こすことは、もういい加減分っても良さそうに思うけれどねぇ。 




仲見世にて・・・  

浅草仲見世どおりにはお正月らしい飾りが掲げられていました。

12_20130108203931.jpg



13_20130108203933.jpg



14_20130108203930.jpg





 アレルギーのある子供さんに安全な給食を提供していたのに、「おかわり」のときには「普通のお変わり」を食べさせてしまった教師。
 救急要請で出動した救急車が、なんと、同姓の近所の人のところに行ったが留守で、まちがいがわかったものの、端末では訂正したのに、肝心の救急車には連絡してなかった話。
 いずれも亡くなってしまったのだから、いくら謝罪してもどうにもならないわけで・・・。
 うかつというか、真剣みが足りないというのか、ピリッとしない人間が増えているのかねぇ。



お正月の浅草寺  

浅草寺は初詣の人で大賑わい。 人波に押されながら撮った雷門はブレブレ。

9_20130107204814.jpg

大混雑の仲見世通りを抜け、宝蔵門にたどり着く。

10_20130107204816.jpg

本堂前も凄い混雑。 危ないからと、遠くからお参りして退散した。 

11_20130107204812.jpg





 最近はいろいろな施設への入場券がきれいでしょ。 多色刷りで・・・。 一方、シルバー割引をしているのも普通のことになり、助かっている。
 割引をしてもらいながらこんなことを言うのもはばかられるが、シルバー券はいかにも「安く作りました」なのよね。 単色刷りで・・・。 きれいな券をいったん出して、「年齢確認資料」を見たとたん、きれいじゃない券に取りかえられてがっかりしたこともあった。 
 低料金だから仕方ないのか、どうせ老眼で色もよく分かるまいと思うのか・・・?
 同じならきれいな券で、栞にも使えそうなのが欲しいねぇ。  (割引の身で何を言うかって・・・?)


隅田川七福神  

ハイキングクラブ恒例の「七福神めぐり」。 今年は隅田川七福神でした。
ここは布袋尊の弘福寺。 黄檗宗のお寺なので、建物が中国風でした。


6_20130106202806.jpg



7_20130106202807.jpg

境内からはスカイツリーも見えていました。

8_20130106202803.jpg





 毎年、お正月には「七福神めぐり」をしてきたが、本当にどこにでもあるらしい。 肝心の七福神のお姿は暗くて見えない場合もあり、各寺社のお像が統一されていないものも多く、「俄仕立て」の感ありと思わせるものもあるが、普段御縁のない町を散策するのは楽しい。
 スカイツリーのお膝元も、ちょっと外れれば静かなもの。
 今年も一年平穏であるようにお願いしてきたから大丈夫。   (お賽銭の高が高だから無理だったりしてね・・・。) 



小人ちゃん  

御岳渓谷の遊歩道を散策中、目に留まった「小人ちゃん」です。

5_20130105205957.jpg



 

 お正月の箱根駅伝で、昨年19位だった日体大が、見事総合優勝を飾った。 この一年、「生活の建て直し」を重点的に指導したと、監督さん。 規則正しい生活がやはり基本だということでしょ。
 その選手たちと大差ないと思える若者が、年明けの渋谷で馬鹿騒ぎをしている映像を眺めながら、同じ時間生きている間にも、「人間の質」にはかなりの差がつくものらしいと妙に感心したが・・・。 果して・・・?




 

南 天  

「難を転ずる」と言われる「南天」です。

4_20130104211516.jpg

 



 2013年もあっという間に4日目。 この調子で今年も暮れる・・・?
 Uターンラッシュ。 全国各地で、「ヤレヤレ・・・」と一息ついている人も多そうな。
 「孫は来て良し帰って良し」と言うのはいたずら盛りの孫のことかと思うけれど、大きくなればなったで、迎えるジジババもそれなりに「お疲れ」だから、やはり同じことかもね。 
 “正月”も終り、日常が戻ると、「普通がいいな」と思ったりして。




冬晴れ  

川原のススキはすっかり冬枯れ姿ですが、広がる空はきれいでした。








ヤブコウジ  

地上10センチくらいのところでつややかに輝いています。





▲Page top