散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

ワンちゃん  

ウォーキングでよく会うワンちゃんを撮らせていただきました。 手提げにも・・・。

41_20130228205519.jpg

この飼い主さんは背中にも・・・。

42_20130228205517.jpg





 上のワンちゃん。 犬種は聞きませんでしたが、ばぁばのお気に入り。
 大の大人が可愛い服を着せた小さな犬を連れているのが流行のようだけれど、男性が大型犬を連れているのはサマになる!
 それにしても、最近の犬は肥満気味が多い。 ご馳走を食べさせて寿命を縮めているのが愛情とは思えないが・・・。



スポンサーサイト

ネコヤナギ  

春を感じさせますが、実は盆栽の柳です。

40_20130227205834.jpg





 折角の旅で起きる事故。 意外に多いものなのかな。
 エジプトのルクソールというのはいつだったかテロで観光客に犠牲が出た場所でしょ。 その心配はなくなったのだろうが、今度は人気の熱気球の事故。 乗ってみたいものの一つだが、こんな事故を見ると怖い。
 国内旅行にしても、日光で大地震に遭って帰れなくなる人もいるわけだからねぇ。
 家にいたって、地震もあれば、横田基地の飛行機が落ちてくるかもしれないし、この年まで生きてこられたのは、ただただ運に恵まれたということになるかな。



シナマンサク  

葉をつけたまま開花するのが特徴とのことです。

39_20130226205106.jpg





 過半数に満たない勢力の参院だったが、どうにか補正予算が成立。 「一票差」というのがミソ。
 野党というのは、反対の為の反対をするからナ・・・と思っていたが、「自分の意思で・・・」という人が多かったのかどうか? 「ここであまり反対していては、次の選挙が危ないぞ」というのが本音かも。 いつまでもそれでは、とても良識ある庶民の支持は得られまいと思うが。



 

ちょっと一休み  

草花丘陵ハイキングコースです。 空気が澄んでいると羽村大橋の上方にスカイツリーが見えます。

38_20130225210417.jpg





 今世紀最強クラスの寒波だそうで、豪雪地帯でも経験のない積雪量を記録している。 事故も多いらしい。 何台もの車が関係した事故で、「前が見えず、気がついたら目の前に車が・・・」と、話す人がいたが、「それでも乗るの?」とびっくりした。
 いくら雪に慣れているとは言え、車間距離もあまり取らずに走っているものねぇ。 事故が起きて当然のような気がするが・・・。



竹林を見ながら・・・  

国営昭和記念公園、日本庭園の竹林外側の道は静かでした。

36_20130224204020.jpg

この道は園内を走るバークトレインのコースにもなっています。

37_20130224204018.jpg





 いわゆるタレントさんの顔も最近はさっぱりわからない。 みんな同じに見えてしまって・・・。
 息子一家がテレビを見ながらの会話もチンプンカンプン。 見たこともない番組なので・・・。
 一方、同年輩の友達との話は尽きない。 「見たいテレビが何もない」なんて話も共通で・・・。
 やはり年代の差は大きい。 友達はいいなと思う。 年をとればなおさらかも。 お互い元気でいなくちゃね。



つるし飾り  

瑞穂町の「つるし飾り」を見てきました。

33_20130223205049.jpg


野菜も可愛くできていました。

34_20130223205051.jpg


小さい飾りもありました。

35_20130223205047.jpg






 今の季節、大多数の日本人は「冬の服装」。 温かそうな格好をしているでしょ。 でも外人さんは違う。
 レストランで行き会ったのは、横田基地の人たちだと思うが、3家族いて、白い人も黒い人も皆さん、半袖。 中にはカットした模様のシャツで真夏みたいな人も。
 家の中が、あの服装で過ごせる温度なのだろうね。 20度の設定では、あれではいられない。 ハウスの住人に節電は無縁なのかな? 日本の電気だろうに・・・?
 体格の差だけじゃなさそうだし、「衣更え」なんて“奥ゆかしい”習慣もないだろうが、合理的といえば合理的。
 日本でも最近は真冬にぺらぺらの服を着ている若い人もいるから、季節感はなくなっている。
 ま、野菜と同じってことね。




  

からまれた!  

絡みつかれて、「参った、参った」と言っているかな?

32_20130222220421.jpg





 執行された死刑について、遺族には「もう少し反省の時間を与えたかった」との思いがあるらしい。 極刑を望みながらも、「早ければいい」というものではないのね。 死刑を望んでいた死刑囚の「思いのまま」だった・・・?
 法相という立場も難しいもの。 死刑も「殺人」には違いないし、ニュースを聞いても、「良かった、良かった」とは思えないのも確か。 遺族の方の気持ちも複雑なんだろうね。
 でも、「死刑も止むを得ない」と思うケースもあるからなぁ。 ・・・。



道 路  

国営昭和記念公園で、公園と「みどりの文化ゾーン」を結ぶ「みどり橋」からの画像です。

31_20130221212044.jpg





 繰り返された無免許運転、夜も寝ないで遊びほうけた結果の居眠り運転。 そして、登校中の児童の列に突っ込み、児童二人と付き添いの母親と、おなかの中の赤ちゃんも亡くなり、七人が重軽傷という事件を引き起こした19歳。
 これで5年~8年の不定期刑とは! 19歳だから? ちょっとおかしくないかなぁ?
 「無免許と居眠りとの因果関係はまったくない」・・・? 「反省して詫びてる」と・・・?
 「後悔先に立たず」の事態でしょうが。
 今日は、奈良で女児を殺害した死刑囚の刑が執行された。 この軽重の差は何だろうね? ことの結果にこれほどの差があるとも思えない。



スノードロップ  

小さくて可愛い花。

30_20130220211354.jpg





 ロシアに巨大隕石が落下して以来、日本ではちょっとした「隕石ブーム」が起きているという。 ばぁばも隕石を売っている店があるなんて今まで知らなかった。
 一方、ロシアでは、「隕石探し」が盛んらしい。 拾った隕石を「売ってお酒を飲んだ」人や、「子供のミルク代にする」人など、様々と。 ニュースの最後に、「ただの石ころも多い」というのには笑ったが・・・。
 洋の東西を問わず、「儲け話」には目がないということね。 ちなみに、落ちた場所の持ち主の所有物になるそうで・・・。

クリスマスローズ  

園芸店で見るとかなり高価な花のようですね。

28_20130219204836.jpg



29_20130219204834.jpg





 中国から飛んでくる「PM2.5」。 「ろ紙」が黒くなるのを見ると、結構日本中に来ているみたい。
 そこで売れるのが「空気清浄機」。 高価なマスクもあるそうで。 注意喚起へ国の指針もできるらしい。 濃度が高いときは外出を控えるとか・・・。
 「風が吹けば桶屋が儲かる」じゃないけれど、思いがけない仕事の受注に内心バンザイの企業もあるってことね。
 ばぁばは、なるべく息をしないことにするかな。




  

日本水仙  

好きな花の一つ。 品の良い姿も香りも好もしい。

26_20130218210751.jpg



27_20130218210749.jpg





 一昨年の震災以来「活断層」の話題が増えた。 特に原発の下を通る活断層の話には無関心ではいられない。
 規制委の専門家チームの報告書を、チーム以外の専門家が検討した結果で判断するということらしい。 電力会社としては、多分、「廃炉だけは避けたい」と思うのだろうね。 電力会社の「息のかかった」専門家なんてことはないのだろうねぇ? 福島の惨状を見ると、本当に不安になって・・・。
 遠くの活断層の心配よりも、にわかにクローズアップされだした「立川断層」の上に住んでいるわが身を先ず、案ずるべきだったりして。



寒咲き菜の花  

菜の花は、「春の花」の印象ですが・・・。

24_20130217213220.jpg

やっと咲きそろってきたところでしょうか。

25_20130217213219.jpg





 元横綱の大鵬さんが「国民栄誉賞」を受賞されることになった。 親方になられてから何年? どうせなら生前にあげて欲しかったと思うなぁ。 いまさら受賞されてもご本人は分らないものねぇ。
 選考基準があるのかどうか知らないけれど、何だか場当たり的な感じ。
 誰もが納得する形で、元気なうちにあげたいと思うけれど・・・。



アイスチューリップ  

アイス・・・とは言え、寒さで生育には時間がかかったようです。

22_20130216210124.jpg



23_20130216210123.jpg





 G20において、日本の経済政策が、名指しで批判されることもなかったとはご同慶の至り。 麻生さんがうまく「アベノミクス」を説明できるのかと、気を揉む向きもあったようだったから・・・。 時々失言もされる方だし・・・。
 でも、その結果で、株の売買の様相も変わるというのだから、面白いし、凄いことだと、何も分らぬばぁばは思うな。
 閣僚の資産公開で、多くの方が株をお持ちだったものねぇ。 皆さんしっかり儲けておいでなのだろうね。 何しろ、ばぁばはスーパーで売っているカブ以外持ったこともないから。



  

池が静かなたたずまいを見せているひとときです。

21_20130215210428.jpg





 ロシアに隕石だか小惑星だかが落下したというニュース。 過去にもあったというから、それが日本に起こる可能性もあると思うと恐ろしい。
 ジェット機の衝撃波でもびっくりするのに、ガラス戸が壊れ、ドアを飛ばすほどの衝撃というのだから凄い。
 おりしも明日朝、小惑星が地球に最接近する。 これが地球に衝突する心配はないというからいいけれど。
 ミサイルと違い、隕石落下は予測できないものねぇ。
 世の中、どこで何が起きるかわからない。 本当に・・・。



 

節分草  

国営昭和記念公園の節分草です。 腹ばいになって撮っている人がかなりいました。

18_20130214215402.jpg



19_20130214215403.jpg



20_20130214215400.jpg





 どこの国にも「わけの分らぬ人」がいるのねぇ。 身内の結婚式、旅行が好き・・・、それぞれ楽しいはずの旅がとんでもないことになって・・・。
 世界を敵にしてでも原爆実験を強行する人もいるし・・・。
 海外留学の経験もあり、若いのだから世界の動向も理解しているだろうと期待したのだが、どちらさんの意向でこうなるのか? アメリカに対して、制裁にも戦争にも・・・とは強気も過剰すぎるのでは・・・と思うけど。



 

ビオラ  

パンジーやビオラもやはり暖かくなってからの方がきれいに咲きますね。

17_20130213204745.jpg





 それなりに積もった今朝の雪。 先月は、たいしたことはないような話だったが大雪となり、先日はそのとき以上に積もるという話だったが、おしるし程度。 そして今朝は雨かと思ったら・・・。 車のワイパーを立てておかなかったので、雪で凍り付いていた。
 「3連敗だ」と笑ったが、雪の予報は難しそう。 「多摩地域はまだしばらく降雪」とテレビのテロップが流れたころ、当地には日が差していた。 まぁ、こんなことで笑えるのだから、平和だなと。



公園の階段  

ウォーキングコースにある公園の階段は、トレーニングにもなりそうな階段です。

16_20130212204804.jpg





 フィギュアスケート、ジャンプ、アイスホッケー。 女子がやりますねぇ!
 日本の選手があまり強くなると、その種目がオリンピックの競技種目からはずされたりするから、要注意だったりして。
 東京招致を目指している2020年にはレスリングがはずされるらしいけれど、吉田沙保里さんが強すぎるからかな? かつて、日本の女子バレーが強くなって、ルールが変えられたこともあったし・・・。
 IOC のフェアプレートとは何ぞや・・・?




カワラタケとヒイロタケ  

同じ枯れ木に、似たような2種類のキノコです。

15_20130211210900.jpg





 今年のスギ花粉の飛散量は、昨年の数倍だと言われている。 確かに山は茶色に染まっている。
 生産地の近い我が家では、最盛期には車も物干し竿も黄色くなる。 雑巾で、力を入れて拭かないと取れない。 今年はまだそれほどではないが、そろそろ具合の悪い人の出るころ。
 花粉症というのも大気の複合汚染が原因なのかな? とすると大気汚染のひどい中国ではどうなのだろうね?
 春節で「東京大爆発」なんて爆竹も売られていたらしいが、クシュン、クシュンしながら爆竹で汚染に拍車を掛けていたのかな?



福寿草  

落ち葉の中からやっと伸びてきた福寿草です。

13_20130210202507.jpg

日が当たると徐々に花を開き始めます。

14_20130210202505.jpg





 今年は寒いので草も伸びないから助かる・・・なんて思ったらとんでもない。 指でつまめないようなサイズなのに、よく見るともう花をつけている!
 取った草を広げて日に当て、根についた土を払ってから収集してもらうのだけれど、その草を広げる場所にたくさんの種が落ち、それが寒さにもめげず芽を出し花をつけたというわけ。 たくましい!
 雑草には事欠かない我が家だが、今年は少し早くから頑張ってみることにしようか。 今抜けば、しっかり根が取れる。
 草むしりはそんなに嫌いではないのだけれど、それだけが仕事というわけにはいかないのがね・・・。



トンビとツグミ  

ゆっくりと円を描きながらの獲物探し。

11_20130209205606.jpg

何を見ているの? 上にトンビはいなかったが・・・。

12_20130209205609.jpg





 世の中にはいろいろと不思議なことが起きるらしい。 「火器管制レーダー」とやらを発射されたというが相手は「発射していない、話は捏造だ」と。
 「発射していない。 再調査をしてくれ」というなら話は穏やかだが、非難に終始するところがかえっておかしい。
 イランでは「宇宙へ行って来たサル」の顔が、行く前と違っていると。
 無重力で、顔が膨らむとは聞いたことがあるが、帰ってくれば「地球の顔」になるわけだろうに。 大変な思いをした結果、すっかり御面相が変わってしまったのかな? サルがしゃべれれば面白いのにねぇ。
 

JR五日市線多摩川橋梁  

電車も走る。 生徒も走る。

10_20130208213251.jpg





 中国の対日闘志は凄いねぇ。 目的のためには手段を選ばないというのか、人の思惑も良識も一切無視らしい。 中国国内には、「戦争を始めろ」という意見もあるなんて聞くと不安になる。
 挑発に乗って日本が反撃に出ることもないとは思うけど、日本だけではなく、あちらこちらで「強気」を見せ付けているでしょ。 「大国意識」が先行しているのかな?
 なんか、ご近所さんが「何をしでかすかわからない不安」が大きくなってきたねぇ。



堰下橋  

昨日の写真ですが・・・。 同じ橋の上と下。

8_20130207212832.jpg



9_20130207212830.jpg





 一昨日の予報では、昨朝は先月の「大雪」を上回る積雪とのことだったので、皆さん早々と車にチェーンを装着したらしい。 ところが、昨日の朝はさほどの積雪ではなかったので、急いでチェーンをはずしたと。 自分ではずせる人はいいが、はずせない人も結構いるようで、業者も忙しかったらしい。
 電車も間引き運転だったし、「大雪予報」に振り回された趣。 「自然のことだから仕方ない」と思うが、気象庁にクレームをつけた人も多分いるだろう。 何かと「まめな人」はいるからねぇ。



今朝の雪  

多摩川対岸の「羽村市郷土博物館」付近。

6_20130206205617.jpg



7_20130206205616.jpg





 海を越えてはるばると津波はやってくるのねぇ。 50センチの津波に人は立っていられないというから、10時間かけて八丈島に来た40センチの津波もかなりの威力があるのだろう。 第一波よりも大きくなっている! ソロモン諸島の現地で90センチの津波というから、意外に弱まらずに来るようだ。 
 現地にも周辺国にも大きな被害の出ないことを願うのみ。 



ムクドリ  

立春も過ぎたことだし、足取りも軽くなろうというもの・・・。

5_20130205214332.jpg





 大雪予報が出ている。 先月の経験から、各方面では「準備おさおさ怠りなく・・・」といったところ。 我が家でも、雪かき用のスコップとボロの竹箒を玄関に持ってきておいたり、車のワイパーを立てたりと。
 雪かき用のプラスチックのスコップも車のチェーンも売り切れらしいが、「本当に降るのかな」という気も多少はあって・・・。
 世間がこんなに「備え」をしているんじゃ、気象庁では降ることを願っているに違いない・・・な~んてね。



野良も日向ぼっこ  

川沿いに住んでいるので野良猫が多い。 無責任に捨てるから・・・。

4_20130204210126.jpg





 先日の回覧板。 野良猫に「避妊手術をする」件に賛成を求める署名だったかな。 誰の署名もなかったが・・・。
 始末に困った猫の子を川原に捨てる人がいる。 そこへまた、餌だけやる人がいる。 猫も生きるのに一生懸命だから食べ物がなければ人の家にも入ってくる。 最近の家は簡単には入り込めないから、野鳥が狙われる。 庭隅に羽が散乱し死骸が残る。 片付けるのはばぁば。
 芝生には糞をするし、植木鉢はひっくり返すし、濡れ縁でひるねまで・・・。
 ばぁばは、目の敵にして追っ払うわけ。 避妊手術などしてやる気にもならない。
 捨てる人、餌だけやる人がいなければ解決することでしょ。 全て悪いのは人間なのだから・・・。




  

冬晴れ  

日本海側に雪が続くころ、東京は冬晴れになることが多い。

3_20130203214152.jpg





 「別府大分毎日マラソン」、凄かったですねぇ。 ロンドンオリンピックで、日本人最高の6位だった中本選手に勝った「市民ランナー」川内選手の粘り! デッドヒートと言うけれど、抜きつ抜かれつ、二人とも自己ベストを更新しての健闘だった。 ばぁばも頑張らなくちゃ!  (“年寄りの冷や水”にならない程度にね・・・)


日脚の延び  

冬至のころよりも40分も日が延びているそうです。

2_20130202214606.jpg





 昨日、埼玉を走っているときのこと。 後ろから消防車が来たので、端によって停車。 ところが、一旦停車した対向車が、なぜか再び動き出し、すれ違う形になった時に、消防車はもうすぐ後ろに来ていたので、消防車の方が停車した。 こんな状況を見たのは初めてだったからびっくり。
 火事の現場はそこから広い道に出るとすぐだったが、停まってみていることもできず、野次馬としてはちょっと・・・。 でも、「緊急自動車を止めてしまう光景」は珍しかったなぁ。



倒さないでね  

多摩川の護岸工事。 時々事故を起こす重機ですね。

1_20130201214458.jpg





 柔道の女子選手が連名でJOCへ監督の”暴力”を告発した件。 全日本柔道連盟の埒の明かない態度に納得できなかったからだろうが、ここにも「隠蔽体質」があったわけね。 監督に「厳重注意」したといっても、きっと、「騒ぎにならないようにうまくやってくれよ」程度だったじゃないのかな?
 オリンピックだか国際大会だかで、監督が選手に手をあげるのを外国のコーチが止めたこともあったなんて聞くと、恥ずかしい。 野蛮な国だと思われただろうねぇ。
 JOCの強化本部長も辞任するなど波紋が広がったが、いざとなると「女は強い」。



 

▲Page top