散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

ひまわり  

「武蔵村山ひまわりガーデン」のひまわりです。

57_20130731205603119.jpg

参院選の影響で、開園が遅れたと…。

58_20130731205604425.jpg

開園4日目だというのに、花の見ごろは既に過ぎ…。

59_20130731205606c06.jpg





 韓国からわざわざ登山に来て遭難するとはねぇ。 千畳敷の高山植物のお花畑も、楽しむどころではなかったのだろうね。
 20名もの団体で高い山に登るのは大変ではないのかな。 体力差もあるし、リーダーも一人では全体をまとめ切れないだろうし、今回は装備にも問題があったらしい。
 倒れた人は置いてけぼりだったのかな? 各自、自分のペースで登る…なんてテレビでは言っていたが…。
 そういうスタイルと言うか、考え方の国が多いとすれば、先ごろのホームと電車の隙間に落ちた人の救出劇が、世界中を感動させたのも納得の行く話ね。


スポンサーサイト

ウバユリ  

”向山”のウバユリが見ごろだろうと、でかけました。 山道に入るとすぐにありました!

53_20130730205809d43.jpg

結局、これが一番花つきの良い株でした。

54_20130730205810076.jpg

そこここに咲いていますが姿の良いものは少なくて…。

55_20130730205812f04.jpg

花期は短いのですが、タイミングはばっちりでした。

56_20130730205813581.jpg





 「向山」というのは、草花丘陵の中の浅間岳のこと。 標高253Mだったかな? 山道に入ってからはゆっくり歩いても20分くらいで登れるのだが、カメラ連れだと大幅にオーバーするわけ。
 この山には毎日登る人がかなりいて、10時前の頂上の東屋は賑やかで、敬遠して戻ることもあるくらい。 今日は1時間遅れで行ったから、ついに誰にも会わず、独り占めの頂上で、お茶を飲み、おせんべいをかじってゆっくりしてきた。
 人間の行動パターンと言うのがあるのか、人恋しさで同じ時間を狙うのか、どちらなのかな。 人には会わなかったが、目的の「ウバユリ」には会えたので満足、満足。


朝 顔  

「今朝の顔」です。

52_20130729205858.jpg





 朝顔の種を取り、翌年まいて…を繰り返してきたが、昨年黒いポットに植わった苗を買ってみたらよく咲いたので、今年もこれにした。 1本98円と言う値段にしては、次々とつぼみがつく。
 びっくりするのは、花が夕方まで咲いていることと、弦が巻き付かないこと。 葉を見た限りでは普通の朝顔なのに。
  「品種改良」とひとくくりにされてしまうが、朝のうちだけ美しい姿を見せる朝顔も、味わい深いとは思うねぇ。  世話がないと言えば世話がないのだが、「朝顔」とは言えなくなりそうな…。
 夜型人間でも見られる花になったということかな。


烏 瓜  

「夢は夜開く~」・・・歌の文句じゃないけれど、夜開く花です。

49_20130728214936.jpg

繊細と言えば繊細、モシャモシャと言えばモシャモシャ。

50_20130728214937.jpg

純白な花に色がついてしまったのは、失敗ですが・・・。

51_20130728214939.jpg





 昨夜の隅田川の花火大会は雷雨のため30分で中止になったらしい。 羽村の夏祭りも終わりころは雷雨に見舞われたのだろうと思う。
 最近は本当に天気が急変する。 今日もなんだか曇ってきたので、急いで布団を取り込んだが、ぎりぎりセーフだった。 ほんの少々ぱらついただけだったが…。 山口や島根でも大雨の被害が出た。
 このおかしな天候は、やはり「地球温暖化」のせいなのかなぁ? 人間の生活が元凶なのだろうか? そんなレベルの問題じゃないなんてことはないの? 温暖化で地震が増えるとも思えなくてね。


秋の気配?  

隣の葉っぱも素敵なアートで・・・。

48_20130727210636.jpg





 ケネディ駐日大使が実現の運びとなった。 ケネディ大統領の葬儀の時の、あの小さかったお嬢ちゃんが…と、感慨深いものがある。 大使としての力量のほどは未知数だが、時の流れの速さをしみじみと感じさせる話だなぁと。


キツリフネ  

もう、「キツリフネ」の咲く季節なのですねぇ。

47_20130726221855.jpg





 同じ集落の5人を殺害し、放火までして、徒歩で行方をくらましたというから、近くの山の中で首でも吊っているのだろうと思っていたら、身柄を確保された。 「死にきれなかった」と。
 親御さんの介護に戻ってきた孝行息子がどうしたのかと思うが、古いしきたりも残っていると思われる小さな集落に、結局はなじめきれなかったのだろうか? 「親しくなりたいのになれなかった」わけかねぇ。 左官と言う仕事も最近はあまりなさそうだし…。
 人間は一人では生きられないというが、「孤立感」が人の性格をここまで変えるとしたら、恐ろしいことね。 現代、孤独な人間は増える一方だと思うから・・・。


蜘蛛の巣  

蜘蛛にとっては迷惑な獲物かも。

46_20130725205259.jpg





 警察での取り調べの「可視化」が言われているでしょ。 警察サイドでは、効果はあるが義務化には反対と。 いわく、容疑者が緊張して本心を語れなくなるからですって。
 果たしてそうかな? 緊張するのは取り調べる側じゃないの? 少なくとも、容疑者はむしろ安心して取り調べに応ずると思うが・・・。
 そもそも、「取り調べ方法の強引さ」が冤罪を生む結果につながることが、「可視化」論議の出発点だったのでしょ。 手ごわい容疑者に対して威圧的になったとしても、見る人は納得するだろうし、取調官がビビる必要はないと思うけどねぇ。


鬼百合  

町内会の花壇に咲いています。

45_20130724203507.jpg





 参院選は、民主党に対する熱もすっかり冷めた感じの惨敗ぶりだったが、その後のごたごたを見ていると、なおさら惨めっぽい。 念願の政権を手にして夢を実現したはずの元総理二人が、それぞれ『困ったちゃん』になっている。
 政権を取った結果は、「党の人材不足」と「内部のまとまりのなさ」を披露しただけってことになりそうね。
 「信頼回復」と言うのは簡単だが、道は険しいだろうねぇ。


ハグロトンボ  

ひらひらとゆっくり飛ぶトンボです。 こちらは「オス」です。

43_20130723212619.jpg

こちらは「メス」です。

44_20130723212621.jpg





 英のロイヤルベイビーは、将来の王様。 女王様ではなかった。
 英王室は、今年、王位継承に関する法を改正し、今回生まれる赤ちゃんは男女を問わず王位継承順位は3位となっていた。 これはキャサリン妃の重圧をなくすため、エリザベス女王の意向で決まったのだそうだ。
 日本では何で男子にこだわるのかな? 過去には数多くの女帝も存在するというのに。 「男子を生む」ことを求められたストレスから雅子さまは体調を崩されたわけですものねぇ。 「人格を否定する発言」とやらも、そのあたりのことだろうし・・・。
 日本のお偉いさんやお役所には、石頭の男性がいかに多いか…と言うことかな。


山百合 (3)  

ここのアジサイはまだきれいで、山百合とのコラボが楽しめました。

40_20130722204836.jpg



41_20130722204837.jpg

こちらはアゲハチョウと。

42_20130722204839.jpg





 参院選で、小沢さん率いる党が、「小沢王国」と言われた岩手で議席を失ったことに対して、小沢さんは「信じられない」と。 一方、地元の人は、「今でも小沢さんは民主党だと思っている人もいるくらいで、もう”おわったひと”じゃないの」と。
 こういう感覚のずれはいろいろなところでみられることでしょ。 ひところ『空気が読めるとか読めないとか』言っていたが、このケースにも当てはまるのかな。
 世の中はどんどん変わっていく。 それをしっかり理解していくには柔軟な頭脳が必要ってことかねぇ。 と、頭のさび付いたばぁばは思うわけで…。


山百合 (2)  

花つきの良い山百合が、そこここに咲くさまは圧巻でした。

36_20130721203219.jpg



37_20130721203311.jpg



38_20130721203221.jpg



39_2013072120<br />3222.jpg





 選挙運動にネットも使えるようになったりしたが、やはり投票率は低かった。 趨勢がほぼ予想できる選挙だし、参院はなくてもいいような(?)ところだしね。 「ねじれ」がなくなった分だけ、審議がスムーズに進むようになるとは思うが…。
 最近の野党は、なんだか「犬の遠吠え」みたいな感じになってしまって・・・? いつからこんなになってしまったのだろう? 反対さえしていればいいというわけではないだろうに…。


山百合 (1)  

あきる野市にある都立小峰公園の山百合です。

33_20130720214849.jpg

自然の里山風景を残す公園の山道を彩っていました。

34_20130720214850.jpg

筋の赤いものは突然変異で出ると聞きますが、これはまだ曖昧ですね。

35_20130720214852.jpg





 猛暑を避けて、しばらくウォーキングもせず、車を使うことが多くなっていた。
 昨日は見ごろと言う山百合を見に行き、久しぶりに山道を2時間ばかり歩いてきたら、今日は何となく足がかったるい。 登ったり下ったりの効果らしい。 若いころと違って、「さぼり」がすぐあらわれるのね。
 暑くなる前にと、早朝の庭仕事には精を出していたのだが、「使う筋肉」が違うのは如何ともしがたいわけ。 「足は第2の心臓」だそうだから、やはり歩かなくてはだめなのね。
 このところ猛暑も収まっているから、早朝ウォーキングの皆さんの仲間入りをするのもいいけれど・・・。 涼しいとよく寝られるから、寝るのもいいと思うし・・・。 さてさて…。


白いハス  

白いハスもシャープな印象で素敵です。

31_20130719204042.jpg



32_20130719204043.jpg





 16歳の少年少女が関係する殺人事件の詳細が明らかにされつつある。 同じようにネットへの書き込みが元の事件があった。
 中2の男子が、「3年生は怖くない」と書き込み。 それを見た3年生2人が殴るけるの暴行を加え、鼻骨骨折の大けがを負わせたという事件。
 ばぁばが呆れたのは、この件に関する教委の見解。 『これは突発的な出来事でいじめではない』と。
 「いじめ」でなければいいみたいでしょ。 不特定の相手に対する書き込みに、そこまでの暴力を振るうことが問題ではないのかな。 子供もおかしいが、教委の感覚もおかしいと思うが・・・。


ハ ス  

ハスの開花が今年は早いと聞いていましたが、当地では平年通りでした。

30_20130718212430.jpg





 自転車ブーム結果、自転車による事故が増えているそうで。 交通事故の件数は減っているのに、自転車の関係する事故は増えていると。
 相手に後遺症の残る大けがをさせたり、死亡させたりした場合の賠償金は数千万円以上。 自転車も「車両」で、クルマの場合と変わらないということ。
 歩道を我が物顔にかなりのスピードで走ったりしているから恐ろしい。 狭い歩道で端によって待ってやっても、頭一つ下げずに行くヤカラを車道に突き飛ばしてやりたい時もあるが、車にひかれたのではこちらにも災難が及ぶからねぇ。
 犬の飼い主もマナーはだめ。 カメラマンのマナーの悪さは目に余る。 自転車乗りにマナーはない。 ・・・。 要するに、現代人はみんなマナーを心得ていないってことかな。


ホテイアオイ  

冬越しがうまくいって、今年はよく咲きました。

29_20130717205510.jpg





 観光バスの運転手の急病で「あわや…」と言う事態を、乗客の機転でどうにか切り抜ける話が続いたことがあったでしょ。 その後、JRの電車でも、「運転手の急病」が原因で、遅れたり、直通電車が取りやめになったりする場面に行きあった。 そして今度は武蔵野線でスピード超過で走った原因が、運転手の「居眠り」と「腹痛」だったと。
 今の電車はそれでも大きな事故にはならない仕組みなのかもしれないが、乗客は不安よねぇ。 急カーブにでもさしかかればどうなるかわからないもの。 スピード超過が原因の大事故もちょっと前にあったことだし…。
 近年は機械化が進んで、人手を必要とする場所が減る傾向だが、バスも電車も「交代要員」が必ず同乗するようになることはないのだろうね。 人件費が「もったいない」と思うに違いないから。
 「乗客の命」は「人件費以下」ってことかな?


月下美人  

今夜撮影の画像です。

26_20130716220757.jpg

上の画像から約2時間で満開でした。

27_20130716220758.jpg

蕊はこんな具合です。

28_20130716220800.jpg





 今日は涼しかった。 30度。 30度を涼しく感じる異常さ。
 これで、「平年並み」の気温らしい。 病院のエレベーターで、たまたま乗り合わせた人に「今日はほっとできましたね」と話しかけられたりした。
 参院選真っ只中のはずだが、わが家あたりではそれらしい声もせず静かなもの。 もっとも、片側が川では選挙運動の効率も悪いし・・・。
 猛暑の上に選挙カーにがなり立てられるのもきついだろうから、結構なことかもしれない。


アサザ  

公園の小さな池に1輪だけ。 貴重品です。

24_20130715204425.jpg





 熱中症にならないように「水分補給」と言われるでしょ。 お茶などは利尿作用があるから望ましくないと。 でも、でからしならね…と思って飲んでいた。 そしたら「体をひやすためには冷蔵庫から出した程度の冷たいものが良い」とテレビで言っていた人がいたんですよ。
 半信半疑ながら、冷たい麦茶(ノンカフェイン)に切り替えてみたところ、おなかが何だか頼りない状態に! このままでは壊れそうなので、また、温かいお茶に戻したわけ。
 考えてみれば、冷たい飲み物を「こまめに補給」して、「適切に冷房」を使っていれば、よほど丈夫なお腹でなければアウトよね。 あまり丈夫ではないお腹のばぁばなのだから、人の話をうのみにしてはいけないということを改めて学習した次第。
 大汗かいて、でからし茶を飲んで、何とか生きているってことですね。


キキョウ  

子供のころから見ているせいか、懐かしさを感じる花です。

23_20130714213113.jpg

見た目よりもたくましい花です。

25_20130714213114.jpg





 奥尻島の大地震から20年もたったのかと改めて「早いなぁ」と思う。 地震後、3分で津波が来たというからねぇ。 寝ていて3分後では、寝間着で裸足の人が助かっているのも納得できる。
 頑丈そうな防潮堤や震度4で自動的に締まる水門、覆いのついた「避難路」・・・。 その時の経験を生かした対策の数々をテレビで見た。 原発再稼働を願う電力会社の対策も、かくあるべきだろうに。 活断層か否かと言う問題にしても、都合の良い方に解釈するようではねぇ。
 大きな災害はそうすぐには来ないだろうなんて、安易な考え方では、国が滅んでしまうかも。


ヤブカンゾウ  

鮮やかなオレンジ色が目を引きます。

21_20130713205028.jpg

水路の際にも咲いていました。

22_20130713205030.jpg
 




 お盆で、お寺の施餓鬼会に行った。 近隣のお寺の和尚さん20余名がお経をあげる。 最初の「施餓鬼和讃」は我々も一緒に読む。
 ウチのお寺はいつも皮きりで13日。 毎年、同じ時間に行くのだが、今日は席に余裕があって、扇風機の下の「よい席」に座れた。 年寄りの多い地域だけど、参集者の少なかったのはなぜかな?
 昨日までの猛暑に比べれば、薄雲のあった分気温が抑えられたらしく、助かった。 熱中症にならないように、いつもはお土産に持ち帰るペットボトルのお茶も今日は飲んだりして…。 「お経の最中でも飲んでかまいませんから…」と和尚さんの言葉もあった。 
 塔婆をいただいて終わる。 その塔婆は本来は家に持ち帰り、お盆明けにお墓にもっていくものらしいが、我が家ではそのままお墓においてくる。 「大変だからおいて行けよ」と亡夫の声がしていると思うので…。 ???
 お盆が来て今年も後半。 ほどほどに頑張らなきゃ!


旧鎌倉街道  

市内で「旧鎌倉街道」の表示を目にしても、往時を忍ぶよすがもなく…。

20_20130712205433.jpg





 過激な人間が増えているのねぇ。 車で人をはねて金品を奪ったと思ったら、今日は市役所へ火炎瓶を放り込んだ63歳。 市税滞納で財産を差し押さえられたことが原因らしい。 ポリタンク2個と火炎瓶2本。 猛暑のさなかにご苦労様なこと。 猛暑で頭がおかしくなったわけではなさそうだけれど…。
 ところで、この事件、居合わせたプロカメラマンの映像で、まことによく状況が分かった! まさしく、「百聞は一見に如かず」ね。


ユ リ (2)  

ユリも種類が多いですね。

17_20130711205510.jpg



18_20130711205511.jpg



19_20130711205513.jpg





 都心の最高気温が今日は35度には届かなかったらしいが、羽村では昨日よりも暑かった。 昨日は家の中では34度だったが、今日は36度。 柱もテーブルも木製のものは触ると熱い。
 同じ暑さでも、都心のモヤッとした暑さではなく、純粋に暑い感じ。 都心よりは空気も澄んでいるだろうから、紫外線が強いのでは。 もっとも、気象庁の発表の気温は百葉箱の中のものだから、実際の街中の気温はそれよりもかなり高いわけでしょ。 暑くても湿度が低ければ不快感はだいぶ変わるのに。
 「こまめに水分を補給」と言っても、仕事をしているとあっという間に時間が過ぎてしまうから、農作業中の人が亡くなったりするのだろう。 「こんな暑さの中で働かなくてもよい」と思えればいいのだろうが…。 勤勉さが命取りになる暑さってことかな。


ユ リ (1)  

瑞穂町・エコパークのユリです。

15_20130710205605.jpg

暑さにもめげず、良い香りを漂わせていました。

16_20130710205606.jpg





 いつでも行ける場所には意外と行かないもの。 そんな場所の一つで、「ユリが見ごろ」と言うので初めて行った。 麦茶を持って・・・。 羽村市と隣接する瑞穂町。
 ユリの咲く公園で草むしりをしている人々がいた。 11時過ぎのカンカン照りの下で…。 皆さん若くはない方たち。 自分の年も顧みず、「大丈夫かな」と心配になる。 シルバーセンターの皆さんだろうが、熱中症の半分近くは高齢者だというからねぇ。 「今日はやめよう」なんてことはないのかな?
 「12時だから帰ろう」と思ったときは、皆さん休憩中でほっとしたが…。


今日も猛暑  

この雲では夕立が来るかと思ったのですが…。

14_20130709210418.jpg





 梅雨明け10日。 ここを狙って昔は山の計画を立てたものだが・・・。 
 猛暑で雷も多い。 被害も出ている。 山の雷は突然来ると言われるが、下界では雷鳴が近づいてくる感じ。
 空を見て「来るな」と思うときは、今はまず、「洗濯物の避難」だ。
 ゴルフだとか釣りだとか、楽しんでいる最中はやめにくいものだろうが、「命あっての物種」と言うではないの。  気を付けて猛暑の夏を乗り切りましょうね。


とかく子供は・・・  

なんだか騒がしいと思ったら燕のひなが並んでいました。

13_20130708204437.jpg





 新規制基準の施行に伴い、5原発10基の審査申請が提出されたと。
 福島原発の事故を見ていれば、「絶対安全」はあり得ない。 大きな地震の心配もあり、地球自体がおかしいと誰でも思っているのではないのかな。 絶対反対だという人が多いのも納得できる。 ただ、各原発を職場としてきた人たちの雇用の問題もあるからねぇ。
 福島原発と同じ事故がまた起きれば、世界中の顰蹙を買うことは必至。 と言うよりも何よりも、日本人の生活がどうなることか?
 再稼働できれば電力会社はとりあえずはほっとするだろうが、それで本当にいいのだろうかね?


梅雨明け  

梅雨が明け、猛暑到来となりました。

12_20130707204207.jpg





 暑い! 一人の時にはあまりクーラーをつけないのだが、体温調節がうまくいかない人間が今日はいたので、28度の設定で使っていた。
 そこにじっとしていればいいのだろうが、早朝草むしりで抜いた草も袋に詰めたいし、食事の支度もあるから、結局暑い場所と涼しい場所を出たり入ったりしていたら、なんだかおかしくなって…。 7度も温度差があったから、これがこたえたのだろう。
 高齢者は「自分は熱中症にはならない」と思っている人が多いそうだが、昔の夏とは違うからねぇ。 ばぁばが外でひっくり返って死んでも、この時期、誰もほめてはくれないでしょ。
 明日も暑いそうだから「御身お大切に」暮らす予定。 年寄りらしくね。


畑のキュウリ  

おいしそうなキュウリがぶら下がっていました。

10_20130706214102.jpg

こちらにはまだ花が咲いていました。

11_20130706214104.jpg





 早々と梅雨明けだそうで…。 梅雨入りも早かったから、「早い」と言うことでは帳尻は合う。 梅雨入り後、晴天が続いたが、梅雨明け後に雨模様が続くということはないのだろうね。
 東京の降雨量は、例年の77%だというが、水不足も心配。 奥多摩湖も水は少なかった。 東京では、梅雨明け間際の大雨もなかったしね。
 気象庁の予報通りには事が進まず、お役所も大変だろうが、「早い」ついでに秋の訪れの早いことを期待するとしようか。


タイマツソウ  

日本語の「松明草」は「いかにも」と、覚えやすいですね。

9_20130705210114.jpg





 参院選では、インターネットを使っての選挙運動ができることになっている。 ホームページやブログやフェイスブックやツウィッターなど。
 でも、関心がなくてアクセスしなければ何にもわからないってことでしょ。 パソコンやスマホを使わない人も中高年には多いだろうし。 ただ、若い人たちが興味をもって、少しは投票率が上がるかもしれないとは思う。
 候補者の皆さんが書き込みに対して、いちいち回答するのは無理だろうし、どういうことになるのかなと言う興味はあるが…。


ツユクサ  

「造化の妙」を感じさせる花ですね。

8_20130704210609.jpg
 




 肺炎球菌の予防接種を受けた。 市から4000円の補助があり、5年間有効とのこと。
 年寄りには肺炎は怖いものだから受けておきたいとは思うが、子宮頸がんのワクチン接種の副作用の件もあって、ちょっと気になっていた。
 折りしも、市で希望者の募集があった。 先着1000名。 この夏のおかしな天候で風邪を引いたこともあって、市のホームページからダウンロードした申込用紙に記入してはがきに張って出しておいたら、めでたく?受診券が届いたというわけ。
 接種部位が痛むこともあると先生の話だったが、そんなこともなさそう。 それなりの金額だったし、23種類の肺炎ワクチンが含まれているのだそうだから、効果を期待するとしようか。


コムラサキ  

長いしべのかわいい花が集まっています。

6_20130703213234.jpg

現在・過去・未来

7_20130703213236.jpg





 庭に出ればたちまちブ~ンと蚊が寄ってくる。 台所の三角コーナーに果物の皮の入った袋を閉じずにおいたら、アリの行列。 雨戸をあければレールの上にムカデ・・・。 夏は本当に嫌だなぁ。 ゴキブリだけはホーサン団子の効果か、昨年からお目にかからないが・・・。
 草むしりをするときはもちろん、ちょっと写真を撮るにも蚊取り線香は必携品。 ブヨにも刺されるし、この年寄りのなけなしの血を吸いにくるニックキ「やつら」には閉口だ。 暑いだけでもうんざりなのに…。


ノウゼンカズラ  

オレンジ色の花ですが、やや薄めの色の方が好みかな。

55_20130702205213.jpg



56_20130702205214.jpg





 今度は埼玉で、小学生が襲われた。 こういう事件は「模倣犯」が必ず出るのね。
 逮捕されると、「わけのわからないことを言っている」とかで、精神鑑定をしたりするが、小学生を狙うという点で「判断能力」はあるんじゃないのかな。 男子高校生が狙われることはまずなくて、自分より弱いものをちゃんと選んでいるでしょ。
 それにしても「いい年」をして何を考えているのやら…?


▲Page top