散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

キンモクセイ  



今年は早々と咲きました。

94_20140930210039c42.jpg




95_2014093021004163d.jpg





table_20130321210513 -

 「一度登りたいと思っていた御嶽山も登らずじまいになるねぇ」と、久しぶりに会った友達と話した。 噴火して4日目。 「火山ガス」と「火山活動」の関係で救助活動は難航している。
 三宅島も「火山ガス」で、長い間島民は避難せざるを得なかった。 最近の噴火は収まるまでの時間が長くなっているのかな? 地球のマグマの元気がよくなっているのだろうか?
 倒れている人たちを早くおろしてあげたいとは誰しも思うが、二次災害は絶対に避けなくてはならないしねぇ。 雨の降らないうちに、救助隊の働ける時間が、できるだけ長く取れることを願うのみ。


スポンサーサイト

カタバミ  



「カタバミ」は種類が多いようですが、ご近所に咲いていたものです。

92_20140929211253691.jpg


白い「カタバミ」も、この種類のは初めて見ました。

93_2014092921125474c.jpg





table_20130321210513 -

 大惨事になった御嶽山の噴火。 いまだに連絡の取れない方たちのご家族の心配は計り知れないだろう。 全員が「登山カード」を出していれば対応は早いのだろうが、結構面倒がる人もいるから…。 やはり出しておくべきものなのだろう。
 「その時」どこにいたかで明暗が分かれたようだが、「運」の良しあしが如実に表れる結果になった。  「軽トラくらいの大きさ」の噴石に当たれば、ひとたまりもないよねぇ。
 山に登ろうという人たちだから、普通以上にみなさん元気な行動派だったわけでしょ。 まだまだこれからと言う人たちを襲った悲劇で、何ともやりきれない。
 少しでも異常を示すデータがあれば、「空振り」を恐れず、やはり、知らせてほしいと思うが…。


ホトトギス  


何種類かのホトトギスが交雑して、すっきりしない花も咲くようになってしまいました。

90_20140928201205b31.jpg




91_201409282012067a0.jpg





table_20130321210513 -

 「先のことは分からない」と、深く考えもせずに言ってきたような気がしている。
 御嶽山は今、紅葉の最盛期で噴火当時の映像を見ると、真っ青な空をバックに美しい風景が広がっている。 山頂付近に多数の「心肺停止」の方が発見されたとテレビで報じている。 登りでは皆さん美しい風景を堪能されたに違いない。 誰一人として、まさか帰りに大きな悲劇が待っていようとは思わなかっただろう。
  「最後のメッセージ」を家族に発信した人もいたというから、皆さん死を覚悟するような事態だったということでしょ。
 ほんとうに「一寸先は闇」。 一時、一時を大切にしなくてはと痛感したことである。


カマツカ  

これは14日に撮ったもの。

87_20140927212112fe0.jpg


下の2枚は22日に撮影。

88_20140927212113c80.jpg


木の実も色づき、秋も本番になりますね。

89_20140927212114c1e.jpg





table_20130321210513 -

 御嶽山が噴火。 けが人が多数出ている模様。 このところ地震は続いていたそうだが、入山規制はなかったと。
 登山経験のない人でも登れる3000メートル級の山として知られているが、登山道にシェルターはなかったのかな? 噴火時、250人くらいが山頂にいたというが、目の前で噴火したのでは恐ろしかっただろう。
 前回の噴火がいつだったか分からないが、富士山の噴火もあるとかないとか取りざたされている今、確かに地球の活動が盛んになっていることは想像できる。
 紅葉の季節も間近、自然は美しさも恐ろしさも見せてくれると、つくづく思う。 お手柔らかに願いたいものね。


彼岸花の季  


彼岸花の季節もそろそろ終わります。

85_20140926213220289.jpg




86_20140926213221908.jpg





table_20130321210513 -


 今日は秋晴れの気持ち良い1日になった。 気温が高くなると現れる「蚊」。 洗濯物を干す間も、庭の花を眺める時も「蚊の餌食」になっている。 ブ~ンとやって来るときは、いったんとまらせてからたたいたりするが、音もなく寄ってきて、痒さで気づくことも多い。 縞模様の蚊の時にはちょっと不安になる。
 今のところ、庭以外で蚊に刺されることはないが、家に入るときにうっかりすると連れ込んでしまうし、車にも一緒に乗ってきたり、油断ができない「ヤツ」だ。
 デング熱がこちらに飛び火したらどうしようもないなと思ったり。 デング熱のウイルスを持った蚊の卵が越冬して、来年その蚊に心配はないのかな? そういうちょっとしたことを知りたいと思う。 人から人へはうつらないというが、同じ蚊に刺されれば発症するのだから、ある意味、「人から人へ」よりも始末が悪いように思うけれど・・・。


萩の花  


萩の花は新旧が混在するので、咲き始めを撮ってみました。

83_20140925210131374.jpg




84_2014092521013382e.jpg





table_20130321210513 -

 台風16号が低気圧になって、当地では幸いなことに、風も雨も大したことが無かった。 不安定とされた天候も、空が暗くなっただけで雷鳴も聞こえなかった。
 最近の天候は常に「不安定」。 いつか安定することがあるのかな?
 相変わらず地震は多いし、気候もおかしいし、これで消費税も上がるのかねぇ? ま、自然とは関係ないけど、不安材料は確実に増えるわけで…。 やれやれ・・・ね。


山道を行けば・・・  



山道に足を踏み入れると、秋を彩る小さな花々が目を楽しませてくれます。

ミゾソバ

80_2014092421410571c.jpg


ノブキ

81_2014092421410666b.jpg


ダイコンソウ

82_2014092421410858e.jpg





table_20130321210513 -

 神戸の小学1年生の行方不明事件が、最悪の結末を迎えた。 自宅からも学校からも近い場所に遺棄されて…。 2週間も見つけられなかったとは、信じがたい話。
 素人が考えても、雑木林の中なんて、まず探したくなる場所ではないかと思うのに、警察はここを探していなかった! 何でだろう? 隠そうとしたわけでもなく、草の中に放置されていたというのに…。 以前も、遺棄された遺体に枯葉が載せてあっただけというのに見つけられなかったことがあったでしょ。 警察はどうも『探し物』が下手らしい。
 子供が犠牲になる事件が増えているし、ストーカーの被害者も、警察に相談すると命に係わるケースが多いというのが現実だから、警察にはよっぽど頑張ってもらわないと不安だよねぇ。


コセンダングサ  



地味な感じですが、よく見ると可愛い花です。 衣服にくっつく種は厄介者ですが…。

78_201 40923203520dd7.jpg


数は少ないのですが、白い舌状花をつけているものもあります。

79_20140923203521a31.jpg





table_20130321210513 - コピー

 アジア大会を韓国で開催中。
 バドミントンの試合で、「風」が問題に…。 日韓戦で、日本は向い風だったと。 サイドを交替しても、日本は向い風だったと。 ???
 バドミントンのシャトルは5gと言う軽さなので、風があってはねぇ。 選手にとってはもちろん初めての経験だったらしいが、「あえて抗議はしない」と。 追い風が幸いしたのか韓国の勝利。
 「適正な運営をお願いしたい」とのコメントがテレビで流されていたが、「アウエイ」と言うのはこういうことなのかと納得。 と同時に、一種の「国民性」も感じた次第。 日本ではあり得ないことだろうから…。


ゴンズイ  



向山(浅間岳・235M)の頂上でゴンズイの実がきれいにはじけていました。

77_20140922215648bf2.jpg





table_20130321210513 - コピー

 印象として、若くて、行動力もあって、やってくれそうな人・維新の会の橋下代表もなんとなく影が薄くなった感じがしてね。
 石原氏と「協議離婚」したと思ったら、今度は江田氏と「再婚」。 今度こそうまく添い遂げられるのかな? 「バツ2」になったりして…。 市長さんとしても、ちゃんとおやりなのだろうねぇ? ま、ばぁばの心配することではないけど…。


取り入れ  



風に揺れる稲穂の波がきれいだったが、早くも取り入れの時期を迎えた。

75_201409212108143b1.jpg




76_201409212108164cf.jpg





table_20130321210513 - コピー

 拉致問題が今度こそ解決に一歩踏み出すかに思えたが、やはりそうはいかないらしい。 訪朝した人の話も、「準備は整っている」ようにとれたので、家族の期待も高まっていただろうに。
 一体どこまで人の気持ちをもてあそべば気が済むのかと思う。 わが子が下校途中で拉致される。 本人になって考えても、親の立場で考えても、気が狂うほどの出来事でしょ。 こんな不条理なことが現実に起きて、一向に解決されないなんて、本当に信じられないことだものねぇ。
 行ったり来たりできる人もいるのに、何でこの人たちにはできないのか…と思うよねぇ。 人権侵害どころか、人権無視でしょ。 国家対国家の問題の前には、個人の人権や感情などは、二の次、三の次と言うことなのかねぇ。


水田地帯の一隅で…  


普通の睡蓮は姿を消し、今年はこの種類が植えられていました。

71_20140920203740631.jpg




72_2014092020374127d.jpg


小さなアサザの花が彩を添えていました。

73_20140920203742393.jpg


アサザをアップで…。

74_20140920203743277.jpg





table_20130321210513 - コピー

 Yes ・No の投票が終わり、スコットランドの独立は見送られた。 成り行きを世界が見守ったが、特に『独立願望』の人々を抱える国では、また違った視点で見守ったことだろう。
 投票が終わってから登場した中国の報道官は、言ったものだ。 「イギリスの内政だから、コメントは差し控える」と。 一番聞きたい国の感想は聞けなかったわけ。 チベットやウイグルや内モンゴルの独立願望を力づくで押さえ込んでいる中国が何を言うかと楽しみにしていたのに…残念。 なんと、口とは重宝なものかねぇ。


カクトラノオ  



「花虎の尾」とも言うようですね。

66_20140919203855bfb.jpg




67_201409192038568ad.jpg


「ハナムグリ」と言うだけあって、花の中にしっかり潜っています。

68_20140919203857270.jpg




69_2014091920385802d.jpg




70_20140919203900a32.jpg





table_20130321210513 - コピー

 テレビを見ていたら、今『叱られたい願望』の人が増えているという話をしていた。 少し前には、上司が叱ると翌日は出社しなくなると聞いていたが、要するに「ないものねだり」ってことかな?
 叱ってもらわないと、自分の進路が決められないとか、本当かね? 甘ったれもここに極まれりって感じ。
 「ほめて育てろ」とは言うけれど、悪いことや危険なことをした時にはきつく叱って育てなくては、ろくな者にはならないでしょ。 いじめがはびこる原因の一つかも?
 誰も叱ってくれないからと、「オッサンレンタル」なるものまで出現して、1時間千円也で叱ってもらうなんて話に至っては、もうお口あんぐり状態だわン。


彼岸花  



今年は巾着田でも早いそうですが、わが家もいつも同じころでして…。

61_20140918223426a2e.jpg




62_20140918223428a9a.jpg




63_20140918223429df8.jpg




64_20140918223431f75.jpg




65_20140918223432ba3.jpg






 毎日よく地震が続く。 北から南まで…。 地球が地震の多い時期になっているのだそうだが、そんな時期が地球にあるなんて初めて聞く話で、ちょっと?ね。
 ちょくちょく地震があると、それでエネルギーが放出されるので、大きな地震は起こりにくくなるなんてことは聞いていたが、最近はとんと聞かない。
 科学がどんどん進んでいるのに、地震予知はなかなか進まない。 時々「予知」のような説を唱える方が出るが、取り上げられない。
 科学の世界でも「人間臭さ」が幅を利かせていることだけは分かったが、情報があれば早めに知りたいもの。 遠からず大きなのが来ることだけは確からしいけど。


ハイキングで出会った花 (3)  



同じテーマで引っ張ってきましたが、今回で終わりです。

ジャコウソウ

56_2014091720094511b.jpg


シラヤマギク

57_20140917200946ae6.jpg


ヤマトリカブト

58_20140917200948fef.jpg


ゲンノショウコ

59_20140917200949a89.jpg


カシワバハグマ

60_201409172009511d3.jpg






 昨日の野島都議さん、謝って終わり。 別に謝る必要もないと思うけど。 どう思おうとその人の自由。 発言を取り消したところで、意識が変わるわけではないでしょ。
 この人をトップにしたまま了承した都議さんたちにも、何ら意識改革はなかったということね。 ただ、「発言には気を付けよう」と思っただけではないのかな?
 都民の一人として、都議会に対する失望は大きい。 レベルの低いこと! 次の都議選では慎重に検討しようと思った次第。


ハイキングで出会った花 (2)  



ヤクシソウ

51_201409162034308fd.jpg


オオバショウマ

52_2014091620343001a.jpg


シラネセンキュウ

53_201409162034320e6.jpg


ヤマボウシの実

54_201409162034322b5.jpg


ツリフネソウ

55_201409162034340f7.jpg






 全く分かっていないねぇ! 野島善治都議と言う男。 65歳。 「結婚したらどうだ、とは僕だっていう。平場では」ですと。 例の都議会でのセクハラ野次問題に関して、 「言った場所が問題だった」と言う認識なのね。  
 いまどき、平場で言おうが山場で言おうがねぇ。 場所が問題だなんて思っているヤカラがいるとは・・・!
 65歳なんて、戦後生まれの人間にしてそうなのだから、安倍総理が女性の登用を進めたいと思っても、まずはおひざ元の男の意識改革をしなくてはならないということでしょ。 前途多難ね。 こういう男の中で仕事をしていく女性もね。 ”登用”されて上に立っても、苦労の多さが目に見える。
 「馬鹿は死ななきゃ治らない」なんて昔はハヤシ言葉があったけど…。


ハイキングで出会った花 (1)  



秋海棠。 山の空気が良いのか、色が素晴らしくきれいでした。

46_20140915200027c2e.jpg


ツリガネニンジン

47_201409152000288c1.jpg


ヤマジノホトトギス

48_2014091520003076a.jpg


キバナアキギリ

49_20140915200031426.jpg


ギンリョウソウ

50_20140915200033576.jpg






 「トング」というのかな? 「はさむ」あれ。 古い人間は台所で使う道具の種類も少ない。 「ピーラー」なんてしゃれた感じではない「皮むき」くらいはあるが。 もっとも、これもすごい年代もの! 大体は包丁と菜箸でことは足りていた。
 ところが、力が弱くなったと見えて、菜箸で挟みにくいものが出てきた。 焼き魚を裏返すのにも身を崩したりして…。
 テレビの料理番組を見ても料理人さんは結構「トング」をご使用だ。 しからば…と、購入した。 開きっぱなしでは収納に不都合だと思ったり、それでなくても長持ちしにくい⭕⭕加工の鍋を傷めそうだと思ったり…。  でも、ちゃんと心配を解消してくれる品があった。
 使い始めると思った以上に調子が良い。 盛り付けの時間も短縮したかと思うほど。 へぇ、世の中便利になっているんだなぁと。
 と同時に、箸や鉛筆の持ち方がおかしな人間の増える理由もわかった気が・・・ネ。


ハイキング  



ハイキングクラブの山行。 秋らしく爽やかな日でした。

40_2014091421115333e.jpg


御岳山から大楢峠に向かって…。

41_20140914211155bb6.jpg


近場の登山も国際化したようで…?

43_2014091421115651d.jpg


大雪、大雨で、崩落した個所も修復されていました。

44_201409142111588a5.jpg


大楢峠。

45_20140914211200260.jpg






 今日のハイキングの予定は青梅線の御岳駅からバスでケーブル下へ行き、ケーブルカーで山頂駅まで行くというものだった。 何十回行ったかわからないくらいのおなじみの場所なのに、メンバー一同がびっくりしたのは、バスの乗車待ちの人の列の長さ! 3連休の中日と言うことが関係していたのか、高尾山が有名になりすぎたので、御岳にしようと思う人が多かったのか、とにかくすごい人出だった。
 バスもケーブルもフル回転だったから、喜んだ人もあったのだろうねぇ。
 でも、皆さん何処へ消えたのか、長尾平で昼食を取るころには、奥の方は人も少なくテーブルも椅子もあいていたし、大楢峠に向かう道では会う人も幾人でもなかった。 帰りの電車もすいていたのは意外だった。
 一応都内で休日を楽しんだ人が大勢いたってことね。 老いも若きも…と言いたいところだが、ばぁばより年かさの女の人はいなかったのかも? でも、年を忘れて楽しんだ1日だった。 メデタシ、メデタシ。


ク ズ  

クズの花。 独特の形の花です。

37_201409132116379ed.jpg




38_20140913212216ff4.jpg




39_20140913211640b19.jpg






 iPS細胞が早くも医療現場で使われたとのニュース。 一般のだれにでも使えるようになるにはまだまだ時間がかかるのだろうけれど、明るい希望が見える。
 存在するかどうかをテスト中の例の細胞も、うまくできれば本当に良いと思うが・・・。
 長生きしていれば、いろいろと新しい治療法が出てくるから病人は頑張れと言われたものだが、本当にそうなったなぁと思う。
 新しい「⭕⭕細胞」を巡っては、明暗を分けた感じで、優秀な頭脳が失われたことを改めて残念に思う。


タマアジサイ  



タマアジサイの開花の過程を…。

34_20140912200558ca6.jpg




35_2014091220060006f.jpg




36_20140912200601da3.jpg






 天下の?朝日新聞が、このところどうもまずい。 「だれにでも間違いはある」とは言うけれど、問題が問題だけに、影響が大きすぎるでしょ。
 「間違い」を認めても謝罪はしない、これがさらにまずい。 「間違い」が続いて、やっと謝罪。 今度は、それが「遅きに失した」と言うことでまた叩かれる。
 変なメンツだかプライドだかが邪魔をして、タイミングを逃す結果になったというところかな。 「チャンスの神には後ろ髪が無い」とも言うでしょ。
 「チャンス」をとらえるのは確かに難しいことかもしれないけれど、うまく捉えないと、ことがややこしくなるということね。 身近な出来事にも当てはまることだから、気をつけなくちゃ。


ムラサキシキブ  



ムラサキシキブの「グラデーション」がきれいです。
今年は鳥の被害が少ないのが、ちょっと気になるところです。

31_2014091120451979e.jpg




32_20140911204520cca.jpg




33_201409112045216a6.jpg






 各地で「記録的な大雨」。 北海道で、何十万人と言う人を対象の「避難勧告」とのニュースをテレビで見ながら、そんなに大勢の人を収容しきれるほどの避難施設があるのかなと、いささか気になった。
 当地の防災訓練の時にも、中学の体育館に、全員は入れないだろう、と言う話をしている人がいた。 訓練に出てくる人だけでも、そこで横になるには狭いのでは・・・と。
 地域によっては、入りきれなくてもそこに行くよりしょうがない場所だってあるだろうから、「本番」の際の苦労は「予想以上」と言うことかな。
 避難所自体が危険になるケースもあるのだから、昨今のような異常気象が普通になるとすれば、避難所も考え直す必要があるのかもしれないねぇ。


秋海棠  



今年は秋の花の開花が早いように思います。

26_2014091020590216c.jpg




29_20140910205906fa9.jpg




28_201409102059055b2.jpg




27_201409102059043ba.jpg




30_20140910205908ce9.jpg






 盲導犬が傷つけられたばかりなのに、今度は白杖をついていた盲学校の女子生徒が後ろから足を蹴られて怪我。 白杖に何か当たったような感じがしたら…と話していらしたから、杖が足にでも触れたことに腹を立てたのかな?
 杖で殴られたわけでもあるまいに、普通の人なら「邪魔してごめんなさい」と言うところだろうに。 「蹴る」と言う行為から察するに、”犯人”は男だろう。 「見えない人」に対してそんなに腹が立つものかなぁ?
 こういうヤカラを、一昔前なら「瞬間湯沸かし器」と言ったものだが、「湯沸かし器」は見かけなくなったものの、いまだに、その手の人間はいるのね。 「心を病んでいる」人間が多いということの証かな。 自分でも後味が悪いだろうに・・・。


満 月  


昨夜は見られなかった「中秋の名月」でしたが、一日遅れの「名月」は満月になりました。

25_20140909203103c17.jpg






 錦織選手は残念でしたが、まだ先がある若者だから期待できるよねぇ。
 でも幸せな人。 子供のころの夢が実現できる人はほんの少しの人だけでしょ。 もっとも『それ』に向けて彼ほどの努力を続ける人も少ないのだろうけれど。
 みんな、「自分も頑張ろう」と言う気持ちになったのではないのかな。
 最近は盗撮用のレンズを埋め込んだ靴まで出回る時代。 そんなものを考え出したり、それを履いてエスカレーター前で、ターゲットを物色しているような男に、錦織選手の爪の垢でも煎じて飲ませたいと思うなぁ。 ホントに・・・。


お月見飾り  


中秋の名月も台風14号に遮られた形ですね。 「羽村市郷土博物館」の「お月見飾り」です。

23_20140908201442e06.jpg


「ピンボケ」ですが、古民家にはよく合う飾りです。

24_20140908201444232.jpg






 あの暑さはどこへ行ってしまったのかと思うほどの涼しさ。 肌寒さと言った方が良いかも。 このまま寒くなるのかどうか? 「これでは野菜がどうにもならないよ」と言っても、それこそどうにもならない天候だから…。
 地震だけが多くて、不安は増すばかり。 景気が好転しているとは聞くが、実感はまるでないし、週刊誌の広告を見れば、「親の家の片づけとか、処分の”進め方”」なんて文字ばかりが目に入ってきて、年寄りには気の重い話ばかりでしょ。
 この先良いこともなさそうな気分になるから、買い物をする気もなくなるしねぇ。
 天気でもスカッと晴れれば、ケロリと気分が変わってしまうところが「単細胞だなぁ」と自分でも思うけどね。


ヌスビトハギ  

細かい花ですが、山道を彩る「季節の花」です。

20_20140907214604eb5.jpg




21_20140907214605a55.jpg




22_201409072146068c7.jpg






 錦織選手、やりましたね。 朝5時にラジオをつけたら、どなたかのお便りを読んでいて、知りました。 ここまで来たのだからあと一試合、勝ってほしいなぁ。
 ご本人は、「日本で大ニュースになっていればうれしい」と。 なっていますともね。 .「列島が歓喜に酔いしれた」とテレビで・・・。
 ライブで見たいけれど、健康第一で寝ることを優先しているのがちょっと残念な気もするが、それでここまで来たのだから、今更変えない方が勝てそうな気もして。
 人様よりも何時間遅れかで喜ぶのも悪くはなかろうとね。


ポーチュラカ  



きれいな花だとは思っていましたが、混ぜ植えにした鉢を頂戴して、改めて美しさを見直しました。

15_201409062227044ea.jpg




17_201409062227060fc.jpg




16_20140906222706bb0.jpg




18_20140906222708046.jpg




19_20140906222709087.jpg






 今日は16年ぶりに夜間の防災訓練だった。 午後6時発災。 防災無線で「緊急地震速報」が流れ、サイレンが鳴ってスタート。
 危惧した通り、途中から雨になった。 地震は雨だからと遠慮はしないだろうけど…。
 避難先になっている中学の体育館で、段ボール製の間仕切りを見学。 緊急時の電話のかけ方、ガスボンベで発電するバルーンなども、雨のため「端折り気味」に見学して終わった。
 広島の土砂災害も真っ暗で避難しようにもできなかったと聞くが、確かに夜は避難所まで行くのも大変だろうと思う。 昼間でも、道路に障害物がたくさん落ちていれば無理だろう。
 実際に大地震が来て、訓練がどの程度役立つかなと考えていたが、訓練は「防災意識を高めるため」と聞けば、「そんなものかな」と言うところ。
 訓練と言っても、「防災まつりだ」なんて内心思ったりしたが、今の時代、「自分の身は自分で守る」と肝に銘じておく方がよさそうね。 できるかどうかは??だが…。


キノコ  


秋ですねぇ。 久しぶりの「向山」で大きなキノコに出会いました。

11_201409052128259fa.jpg


大きくなるとこうなるのでしょうか?

12_20140905212827632.jpg


ちょうど「見ごろ」ですね。 

13_20140905212828918.jpg


このキノコたち、しっかり木の枝で守られていました。 
カメラマンの中には、撮影後蹴飛ばしていくやからもいるそうな。

14_201409052128301ad.jpg






 改造内閣、なかなか好評のようで、ご同慶の至り。 内閣支持率が上がったそうで。
 支持率の上がり下がりは気になるものかもしれないが、おかしいと思うのは、支持不支持の理由。 「ほかよりましだから」はわかるとしても、「支持する政党の内閣ではないから」不支持と言うのがわからない。 逆に言えば、「支持する政党の内閣ならば、何をしても歓迎する」ってことでしょ? そこまでほれ込むような政党があるわけ?
 まぁ、そういう不支持者をも引きつけずにはおかないような政策を立案してほしいものね。


ヤブラン  



たくさん咲くときれいですが、庭では増えすぎて…。

8_20140904214040403.jpg


可愛い小花の集まりです。

9_201409042140415ca.jpg.


斑入り葉も爽やかな印象を与えます。

10_20140904214043b6e.jpg






 最近ブームなのかな? 「墓じまい」する人が増えていると。 少子化の影響もあるのか、お墓の面倒を見る人がいなくなって、「無縁仏」になるのが嫌だからとか、子供たちに余計な負担を掛けないようにとか、理由はそれぞれだろうが、樹木墓地などの合葬墓を希望するらしい。 ご亭主と一緒が嫌で友達同士で…なんて話もあるそうな。
 死んでしまえば、無縁仏だろうが、嫌なご亭主だろうが、関係無いように思うけどなぁ。
 大体土地が少ないのだから、みんなまとめて完全に土にかえるような形にすればいいのに…とは思うが。 それでは檀家が減って、お寺さんが困ることになったりするのかな? 「墓じまい」でお寺さんとのトラブルもあるらしいから…。
 そういえば、最近、「墓地のご案内」の電話が来ない。 ばぁばの場合は、「もうお墓に入っているだろう」と思われているのかもしれないが・・・。


センニンソウ  



純白のきれいな花ですが、どこにでも絡まるので困ることも…。

6_20140903211007365.jpg




7_2014090321100953e.jpg






 内閣改造。 女性が5人。 子育て中の方もいるが、よほどしっかりしたバックアップ体制が整っているんだろうねぇ。
 「子育て中だからこそ分かることも…」と思いたいが、世間のママさんよりはずっと恵まれた環境なのだろうから、果たしてどうかな。
 「女性が輝く社会」を目指すということだが、女性が輝くのも並大抵のことではないからね。 ま、若い人たちの「やる気」が出るように、そして年寄りは「長生きしてよかった」と思えるような社会にしてほしいなぁ。


オオニシキソウ  



「その気」にならないと目に入らないような草ですが、可愛い花と可愛い実をつけています。
最近、数を減らしているということです。

3_2014090220190713d.jpg




4_201409022019086ad.jpg




5_201409022019094ed.jpg






 わが家は地元のケーブルテレビを利用している。 プロバイダーも同じ会社。 さらに固定電話も。 テレビにはいくつかのコースがあって、我が家では基本の、一番料金の安いコース。 ところがテレビのコースを一つ上げた方が特割の対象になり、支払いが安くなることに、遅まきながら気づいたので、早速手続きをした。
 申込フォームを送信し、営業部とメールのやり取りののち、技術部から、夕方伺いたいが…と電話があって、あっさり切り替えも終わった。 何しろ何事にも対応が早いので大助かり。 PCのトラブルで困った時に電話をすれば、懇切丁寧に教えてくれるし、用が足りなければ来てくれる。 新しいPCのネットへの接続なども「無料」で!
 オッと、こんな宣伝をする予定ではなかったのだ! 実は、その「申込フォーム」を送信したらすぐに、同じ「3点セット」なのかな?安いからこちらに移さないかと言う電話が来た。  「プロバイダーを変える気はないから…」と断ったが、かなり粘っていた。 このタイミングがちょっと気になったわけ。 どういう形でか、送信した内容が漏れているんじゃないかなと…。 単なる偶然ならばいいけれど…?
 人間もこう疑い深くなると、我ながらいやになるけれど、それでも安心はできない時代なのだろうねぇ。


アカツメクサ  


「アカツメクサ」も、アップにしてみると繊細な美しい花の集まりです。

1_20140901201449e5b.jpg




2_20140901201451e94.jpg






 甲子園の高校野球と言えば、プロのスカウトも注目する「硬式野球選手権」でしょ。 ところが、今まであまり大きく扱われることもなかった『軟式野球選手権』が今年は一躍脚光を浴びることになりましたね。
 準決勝の中京・崇徳戦。 延長、延長…、なんと4日間。 50回延長でやっと決着がついた。 勝った中京は2時間半後には決勝戦に臨み、めでたく優勝。 若いとは言え凄いねぇ。
 この決勝戦、中京の応援席には崇徳の選手がいたというから、なんかうれしい気分。 50回も延長して戦った相手は、きっと、もう「敵」と言う感じではなくなっていたのだろうね。
 負けたとはいえ、力は互角なのだろうなぁ。 なんせ、50回ですからねぇ。 何か「特別賞」でもあげたいようだけれど、選手の皆さんは、この文字通りの熱戦が長く球史に残るのだろうから、それで十分と思っているのかもしれない。


▲Page top