散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

キササゲ  



河原に多い木です。 「ささげ」のように長いさやの実がぶら下がります。

106_20150630200009f21.jpg





table_20130321210513 -

 東海道新幹線で起きた事件。 走行中の新幹線の中で焼身自殺を図るとは!
 事故も起こさず、「安全」とされていた新幹線のこういう事態は、おそらく誰も予期していなかっただろうねえ。 「テロ」などには弱いと言うことが図らずも判明したってことになるのかな。
 それにしても、迷惑な話。 「死にたければ勝手に死ねばいい」とも言えないのだろうが、何も人を巻き添えにしたり、迷惑をかけたりすることはあるまいに。 それこそ河原ででもどこででも「一人で」やってほしいよねぇ。 それだって多くの人に迷惑をかけるには違いないけれど、少なくとも、人を命の危険にさらすことはないだろうから…。
 いつどこで事件に巻き込まれても不思議ではない時代ってことらしい。


スポンサーサイト

ヤブカンゾウ  



ヤブカンゾウの咲く時期になりました。 梅雨空の下、鮮やかです。

104_20150629201727560.jpg




105_20150629201728428.jpg




コマツナギ  


きれいな「コマツナギ」でした。

103_20150628194102359.jpg





table_20130321210513 -

 「所在不明児」だとか、「認知症の人の行方不明」とか、いるはずの人がいなくなるケースが、冗談ではなく多いらしい。
 普通の家庭ならば、いなくなればすぐ大騒ぎになって警察へも届けるだろうが、どうしてそんなに見つからなくなるのだろう? 子供の場合は、事件や事故でもない限り、ちょっと考えにくいと思うが…。 最近は親の虐待も多いし…。
 「何度も家庭訪問をしたが、面会はできなかった」と言う話が良く出る。 お役所や関係者にしてみれば、「やることはやった」と言うわけなのだろうが、「徹底的に」やらない限り、問題は続きそう。 
 「神隠し」なんて言葉もあるから、昔からないわけはなかったのだろうが…。 この世から抹殺されてしまうなんて普通じゃないものねぇ。


奥多摩湖  



梅雨空の奥多摩湖は人も少なく、しっとりとした雰囲気で静かでした。

98_20150627203207018.jpg




99_20150627203207fea.jpg




100_20150627203209a71.jpg




101_201506272032108db.jpg




102_20150627203327261.jpg





table_20130321210513 -

 しばらく行かない場所を久々に訪れると、その変貌ぶりに驚く。 歩いていても、車でも…。 新しい道に入って、長いトンネルを通りながら、「あの工事していた場所が完成したのだ」と思ったり。
 それなりに道路が良くなれば、便利になったと思う一方で、大変な思いをした人たちがいたに違いないと思うしね。 道路を広げるためには土地の提供もあったわけでしょ。 どこぞの国のように一方的に取りあげられることはないだろうけれど、先祖伝来の土地を手放したりするのだろうから…。
 などと思いながら、山間のくねくね道ではない道路を通って今日は奥多摩湖へ行ってきた。 でも昔ながらの道も嫌いではないし、車も減るだろうから時には通りたいなぁと。


バイカモ  



近所に「バイカモ」の咲く小さな流れを見つけた時は、ちょっとした感激でした。
少々ゴミの多いのが難ですが、水はきれいと言うことでしょう。

93_201506262059473dc.jpg




94_20150626205949fbd.jpg




95_20150626205950987.jpg




96_201506262059511cb.jpg




97_20150626205953b9f.jpg





table_20130321210513 -

 最近の若者はアルバイトだとかニートだとかのケースも多い。 車離れも進んでいる。 さらに恋人も「いらない」んですって。 恋愛は面倒くさいし、趣味に力を入れたいそうな。
 定職につかないのは「つけない」こともあるのかもしれないし、その結果として、お金のかかる車の敬遠につながるのかも知れない。 とすると、恋人も何かと物入り…? 確かに、デートだとか、プレゼントだとか・・・。
 趣味に力を入れたいと言っても、そんな趣味を持っているのだろうかなんて思ったりするけれど…?
 「草食系」がさらに進んで、「本能喪失系」や、「ヒモ志望系」になっているのでなければいいが・・・。


クチナシ  



良い香りを漂わせて「クチナシ」が咲いています。 八重咲きは豪華ですが、実を結ばないのが残念です。

89_20150625204648278.jpg




90_2015062520465064a.jpg




91_20150625204651fb1.jpg




92_20150625204652a5d.jpg





table_20130321210513 -

 オリンピック担当の大臣が決まった。 国立体育館の問題がどうなるのかが、一番関心のあるところ。
 普通、家を建てようと思うと、夢が膨らみ、いろいろ考えるが、結局は「予算」との兼ね合いで決めるしかないというのが実情でしょ。 それをべらぼうな金額の建物を何で造ろうとするのかなぁ。 設計者が「あれを本当に作るのか」と言ったとか言わなかったとか…。
 後々の維持費も莫大だというのに、どうしてもそれを作りたいのはいったい誰なのだろう? 予算はもっと他に回した方が良いのではないのかねぇ。
 文科省がおかしいのかなんなのか…? いろいろ聞くと「馬鹿みたい」と思ってしまうのだが…。
 新大臣が、「みんなでやるオリンピックにしたい」と言われたところに期待して・・・!


オオバジャノヒゲ  



山道も花の種類の少ない時ですが、この花だけはたくさんありました。

86_201506242108479a7.jpg




87_20150624210848a04.jpg




88_20150624210849117.jpg





table_20130321210513 -

 夏至も過ぎ、沖縄慰霊の日も過ぎ、6月もあと1週間で終わる。 夏至が22日になる年は少ないのかな? 沖縄慰霊の日も、今年は大きく取り上げられていると思ったが、これは70年と言う節目だったからかも。
 ばぁばは集団疎開から帰京後の担任が沖縄出身の方だったので、特に関心があったのかもしれないけれど、本当にやりきれない思いで聞いた沖縄戦の悲劇だった。
 「沖縄には遊びに行けない」と長年思っていた。 息子に、「今は行った方が沖縄のためなんじゃないの」と言われて、”観光地”沖縄へ行ったけれど、ひめゆり部隊最期の壕の前で、若いガイドさんの説明を聞いていて、複雑な気分だった。 「そんな、単純な話じゃないのに…」と。
 風化させないようにと言っても、仕方のないことかと言うむなしさもあるし…。
 日本も変わっていくようだし、平和のありがたみをより強く感じる夏になるのかな。 70年!


ストケシア  



大きさがいろいろに咲く花です。

83_20150623210342cb6.jpg




84_201506232103442c6.jpg




85_20150623210345d28.jpg





table_20130321210513 -

 年金の個人情報が大量に漏れた事件。 6月の支払日には無事払い込まれたようで、大きな騒ぎにはなっていない。
 でも「敵」も頭がいいから、世間で警戒している間はその「得た情報」を使いはしないだろうと。 ほとぼりの冷めたころから動き出すということかな。
 「漏れた」と言っても詳細は年金機構自体でも把握しきれていたいみたいだから、「何をかいわんや」よねぇ。 対応も早いとはお世辞にも言えないし、対策もどうせ「後手後手」に回るのだろうから、受給者自身がしっかりしなくてはね。 まだ受給前の人の情報なんて「超お値打ちもの」じゃないのかな。
 やっぱり、『人のお金』と言う意識なのだろうかねぇ?


ネジバナ  



芝生で踏まれてしまうので、綺麗に出る年、貧相に出る年、いろいろです。

80_2015062220522270a.jpg




81_2015062220522326f.jpg




82_20150622205224d0c.jpg





table_20130321210513 -

 日韓国交50年と。 「正常化50年」のはずだが、「不正常化元年」にでもなりそうな最近の状況。
 「慰安婦問題」が元らしいが、それに関してはあちらの誤解もあるということでしょ。 でも、それを改めて調べようという姿勢は見られない。 日本も強くは言ってない。
 「どうしてほしい」と具体案が示されたことはあるのかな? 70年以上も昔のことがいつまでも尾を引いているのでは、進歩も発展も望めないと思うから、できることならさっさとかたをつけてほしいなぁ。 事実関係を知る人がいなくなっても、話だけは語り継がれそうだから・・・。


アジサイ (2)  



枝が石化しているアジサイですが、花の形も色も気に入っています。

75_20150621203537d9e.jpg




76_2015062120353888f.jpg




77_201506212035393a2.jpg


これはまだ鉢植え。 土におろして大きくしようと思っています。

78_201506212035417ca.jpg




79_201506212035426b6.jpg




アジサイ (1)  



一口に「アジサイ」と言っても多くの種類がありますね。

70_20150620205759372.jpg




71_2015062020580010a.jpg




72_20150620205801596.jpg




73_20150620205802a47.jpg




74_20150620205804e7d.jpg





table_20130321210513 -

 「草むしりの手を止めさせてごめんなさい。 広いから大変でしょう。 きれいに取ったと思っても1週間後には元通りだからねぇ。」と最初のお客。
 「平屋でいいですね。 広くないと平屋にはできないし、天井も高いし、庭も広くていいな。」と次のお客。 
 それぞれ、「その立場」にならないと分からないと思わせるお言葉。 
 草むしりの大変さは「やっている人には分かること」だし、天井の高いのは暖房の効率がきわめて悪いし、2階がほしいなと思うこともあるし、広い庭はいらないと思うこともあるわけで…。
 どんな暮らしをしても、何かしら『こうなれば…』と思う材料はあるに違いない。 と思って、「良い方に」解釈することにしている次第。


ネムの花  



綺麗な時はあっという間に過ぎてしまいますが、今年はどうにか間に合いました。

67_20150619204500065.jpg




68_20150619204501b6d.jpg




69_201506192045023f5.jpg





table_20130321210513 -

「天気が不安定」と言うけれど、激しく変わるので恐ろしい。 竜巻だとか、ダウンバーストだとか、今まで、日本ではめったになかったことが頻繁に起きる。 これも地球温暖化が影響しているのだろうか?
 火山活動も今までが静かすぎたので、本来の姿に戻りつつあるのだそうな。 口の永良部島が続けて噴火したし、浅間山もまた小さな噴火をしたらしい。
 浅間の噴火を、昔は時々聞いたなぁ。 特に警報などは出なかったと思うが、「灰が降っているから、また浅間が噴火したのだろう」なんて普通に親が話していた。 都内にもしっかり降灰があったというわけ。 今ほど登山者もいなかったのだろうし、噴火の瞬間をとらえた写真で一儲けしようなんてヤカラもいなかったのだろうけれど…。
 地球も変わった。 そこに住む人間も変わった。 と言うことかな。 地球も人心も穏やかであってほしいもの。


ナツツバキ  



フリンジ風の花びらのへりが、独特の雰囲気を感じさせますね。

65_201506182111219b8.jpg




66_201506182111223df.jpg





table_20130321210513 -

 選挙権が18歳からに決まった。 正直なところ、20歳でも大人とは思えないのに…と思ったが、高校生の話を聞いていたら、意外にしっかりした意見を持っていた。 考えてみれば、子供でもしっかりした子は大勢いるし、箸にも棒にもかからない大人もたくさんいると、極めて当たり前の話。
 ここで、「少年法」が問題になっているが、国政にも参加しようというのに「少年法」でもあるまいねぇ。
 「少年」の起こす凶悪事件を見ると、「少年法」なんかで守る必要があるのか疑問に思う。 責任はきちんと取らすべきではないのかと…。 選挙だって、責任をもって投票するわけでしょ。 さて、どうなっていくのかな?


黄セキレイ  


庭のウメモドキの枝に黄セキレイが来ました。 
カメラを構えながらそろそろ近づきましたが、近くに行っても逃げないのは意外でした。
画像を続けて見ると、なんとなく「動き」を感じるかと…。

55_201506172104076a6.jpg

56_20150617210409026.jpg

57_20150617210410c50.jpg

58_20150617210411690.jpg

59_20150617210413be3.jpg

60_201506172105053bc.jpg

61_20150617210507945.jpg

62_20150617210508ed4.jpg

63_201506172105106a5.jpg

64_201506172105112c3.jpg





table_20130321210513 -

 浅間山が小さな噴火をしたらしい。 「火映」が見えたりして、さらなる噴火も予想されていると。
 ニュースによると、今日も登山者が少なからずいたようだ。 天気もあまりよくはなかったようだが…。
 なんで、こんな時に、よりによって浅間山に登るのだろうかと考えた。 ほかにいくらでも山はある。 登山者がいるから関係者も出かけなければならないことになる。 「自己責任だから、放っておけ」とはいかないものねえ。
 「危険を冒して登った」と言うことが、「勲章」になるのかな? ただ「スリル」を求めてかな? 人間とはおかしな生き物ね。


池の花  



「吹上菖蒲園」の池で見られた草です。

ちょっと変わった色の「コウホネ」。 (1)

51_20150616202829527.jpg


(2)

50_2015061620282604b.jpg


ミズカンナ

52_20150616202829428.jpg


ガガブタ (1)  小さいので、トリミングしましたが…。

53_2015061620283266a.jpg


(2)

54_201506162028334b0.jpg





table_20130321210513 -

 朝のテレビで「茶葉」を使った料理がいろいろと紹介されていた。 日、中、伊のシェフの実演だった。 ゆっくり見てはいられなかったけれど、それぞれご馳走ができていた。
 その中で、茶葉に唐辛子を入れるのを見ていて、「あれは正解だったのかな」と笑ってしまった。 昔、ばぁばが「茶葉」を食べた経験を思い出して・・・。
 終戦後の食糧難の時代。 我が家は父と兄3人に子供だったばぁばと言う家族構成だったが、年の離れた兄たちが、庭の木の葉や草、原っぱの草とか”ザリガニ”とか、「食べられそうなもの」をいろいろと考えたうちの一つが「でからしの茶葉」。 いろいろと試した後、「唐辛子を混ぜよう」と言うことになって、結局、それが一番おいしかったというわけ。
 あの時代、魚も抽選で買う有様だったが、アラを買って食べた(しゃぶった?)後の骨は、干して粉にしてふりかけにしたりと、男4人の発想が豊かだったようで、ばぁばは丈夫に育つことができたらしい。 
 それっきり「茶葉を食べる不幸」に遭うこともなく来たが、70年たって、テレビに登場した「茶葉」は「ご馳走の材料」になっていた!
 平和な時代はいいよねぇ!


花菖蒲 (3)  


三番煎じ(?)になりますが、もう一日おつきあいを・・・。

46_20150615204745285.jpg




45_20150615204744f10.jpg




47_201506152047466b3.jpg




48_20150615204747467.jpg




49_20150615204749a25.jpg





table_20130321210513 -

 嫁姑の問題は、世界共通だと聞いたことがあるが、最近の日本ではちょっと変わってきているらしい。 何しろ親がどちらも長生きになったからか、夫婦はそれぞれの親の面倒を見ると言うスタイルになってきたのかな?
 夫の親との同居は「死ぬほどいや」の人もいるらしいから、それもいいのかもね。 「世話をしてくれるはずの子供」も、何人かいると、押し付けあってもめごとになるらしいから、難しいところだろうけど。
 自分の親や姑の世話をしても一銭にもならないけれど、よそのお年寄りのお世話をすれば収入が得られる時代だしね。 
 人間も、動物と同じになったというわけ。 猫や犬が「親の面倒を見た」なんて話は聞かないものねぇ。
 要するに『頼れるのは自分だけ』と思っていれば間違いはないということか。


花菖蒲 (2)  


花菖蒲の種類は多く、それぞれ凝った名前がついています。 とても覚えられませんが…。

40_201506141950330d6.jpg




41_20150614195034927.jpg




42_20150614195035d99.jpg




43_201506141950365e6.jpg




44_20150614195038b71.jpg





table_20130321210513 -

 韓国で広がりを見せている『MERS』。 俳優さんの映画祭への出席が断られるところまで来た。
 初期の対策に誤りがあったということだが、どこまで広がるのだろう。 お隣さんだから日本に来ないとは言い切れないしねぇ。 医学の進歩が著しい一方で、病気も次々と新しいものが出現するのね。
 政権を脅かすような事件が次々と起きている韓国だけれど、大統領がイライラしてますます日本に当たらなければいいけれどね。(笑)


花菖蒲 (1)  



青梅市の「吹上菖蒲園」の花菖蒲です。

35_20150613200749dad.jpg




36_20150613200751a9d.jpg




38_201506132007537da.jpg




37_2015061320075218b.jpg




39_20150613200755e87.jpg





table_20130321210513 -

 昨夜、何年振りかでフクロウの声を聞いた。 数日前にはこれも何年振りかで、庭にオナガがやってきた。 昔のような大群ではなく1羽だけだったが…。 さらにこの春は、遠かったけれど、カッコウも聞いた。
 何だかうれしい。 またみんなが戻ってきたのなら本当にうれしいのだけれど…。


キョウチクトウ  


夾竹桃の花色としては、薄いピンクが好きですが、我が家のはこの色です。

33_201506122140514e9.jpg




34_20150612214052f3c.jpg





table_20130321210513 -

 オリンピックが決まって、問題になっているのが「体育館」。 莫大な費用のねん出を巡って、文科相と都知事の仲が険悪?
 費用が足りないから屋根は後で・・・なんて笑い話よね。
 白紙に戻して考え直せという意見がかなり多いようだが、文科相は「それはない」と。 文科相はオリンピック前年の世界選手権 だか何だかに間に合わせたいようだけれど、長い目で見たらどうなのだろう。 法律を作ってまで、押し通そうっていうのは、いくらなんでもねぇ。
 何も奇をてらったような設計でなくても、日本にだっていくらでも建築家はいるのだから、日本の実情に合ったものでいいのにね。 簡単なものにすればいくらでも間に合うらしいのに。
 新銀行も駄目、オリンピックもがたつく・・・。 計画の中心だった石原元都知事はどうお思いなのだろうか?


明るい林  


狭山公園の林の中は気持ちの良い散策路でした。

31_20150611211617e80.jpg




32_20150611211617787.jpg





table_20130321210513 -

 薬の効能などが科学的な根拠もないということで、当局の「指導」を受けることがあるでしょ。 テレビのCMでの「除菌」も、99.9%の除菌率は少々眉唾の感じがするんだけど…。 
テレビCMを見ていると、どこの家も「バイキン」が溢れ、それをシュッと一吹きで解消するなんて、夢のようなお話になっているからねえ。 ま、あれを100%信用している人もいないだろうから、訴訟騒ぎにはならないってことかな。


トリミング  



標準ズームレンズの最大望遠側で、クチナシの花を撮りました。 
もう少し大きい方がいいかと、トリミングしてみたのが下の画像です。

29_20150610200201d35.jpg


確かに花は大きくなりましたが、元の画像の方が雰囲気はあるかなと・・・?

30_20150610200202c46.jpg





table_20130321210513 -

 小指のしびれを治すには「肘」を使わなければいいのだろうけれど、それは無理と言うもの。 頬杖をつくのが良くないとのことだけれど、カメラを構えるのも良くはなさそう。
 1週間後に…と言われていたし、薬も切れたので、医者に行き、追加の薬は2週間分。 長くかかるのは経験済みだが、「治すよりは慣れろ」の精神でいくかと…。
 幼いころ、「あんよがブーンになっちゃった」と言ったのが可愛かったと長兄が言っていたが、ばぁばの「小指がブーンになった」では可愛くもないからねぇ。


菩提樹 (東村山市・正福寺にて)  



菩提樹の花を初めて見ました。

26_20150609193358e1a.jpg




27_201506091934005a9.jpg




28_2015060919340166c.jpg





table_20130321210513 -

 関東も梅雨入りして、いよいよ雨の季節。 梅雨入りが発表されるとなぜか晴天になることが多いと思うが、今日は梅雨らしくはっきりしない空模様だった。
 東北はまだ梅雨入りしないのに沖縄ではそろそろ梅雨明けだと…。 面白いねぇ。 もっとも日の出の時間だって、北と南ではびっくりするほどの差があるのだから・・・。
 エルニーニョがどうだこうだで、猛暑になるとか、冷夏になるとか諸説あって、「なってみないと分からない」状態だけれど、ばぁばは、秋が早く来るかもしれない…なんて、何の根拠もなしに希望的観測をしている次第。


睡 蓮  


この2枚は、東村山市の弁天池公園の睡蓮です。

23_2015060819333867e.jpg




24_20150608193339afb.jpg


こちらは北山公園の白い睡蓮です。

25_20150608193341f8e.jpg





table_20130321210513 -

 年金機構のずさん管理の結果、勝手に住所などの変更がされて、年金を取られてしまうのでは…と言うのが、一番気になるところだろうか。 まぁ、支払日には、払い込まれていることをしっかり確認しなくちゃね。
 マイナンバー制がしかれたのちに、こういった「漏れ」が生じた時のことを思うと恐ろしい。 あらゆる個人情報が漏れてしまうのだから…。 人間のすることだから、「絶対」なんてことはないでしょ。 大金持ちでは身代金目当ての「誘拐」の心配だって出てきたりして。 管理を担当する人間にも『魔が差す』なんてこともあるわけだしね。 いやだ、いやだ!


北山公園 (東村山市)  


「東村山菖蒲まつり」が昨日から始まりました。 今日は、「花よりも人」でした。

18_20150607201153f10.jpg




19_20150607201154394.jpg




20_20150607201155238.jpg




21_20150607201156194.jpg




22_20150607201158f56.jpg





table_20130321210513 -

 「FIFA」の騒ぎで、再選された会長が辞任したけれど、理事に収賄の事実があるのに会長だけは何もないとは考えにくいものねぇ。 残念ながら、スポーツの世界も例外ではなかったのね。
 オリンピックでも『当然』ありそうな気がするのは、ばぁばだけかな? 組織委が視察に来た時の歓待ぶりもすごいものだと思ったが、あの延長線上に、さらに何かがありそうな気がして・・・。
 大騒ぎをして招致決定に至ったが、準備を巡って、ごたごたしているのを見ると、そこまでしても招致したいメリットは一体何だろうな・・・と。 


アッツザクラ  



球根を植えたらすぐに芽が出て、たちまち咲きました。

15_20150606195812835.jpg




16_201506061958147bb.jpg




17_20150606195815d41.jpg





table_20130321210513 -

 「花の命は短くて…」と言うけれど、確かに、咲いているうちはいいけれど、咲かせるまでの世話、咲き終わってからの始末・・・、楽とは言えない。
 せっかく芽を出したのだから・・・と、置いておくと、数だけは増えるので、後始末ばかりが増えて・・・。 増えた球根も、株分けした株も、捨てられないと来てはね。
 結局、ゴミ収集のお兄さんに気を使うほど「ゴミ」が増える。 当市は剪定した枝や、むしった草は無料収集なので助かるが、これが有料になったら、どうするだろう?
 「自然の感じでいい」なんて言ってくれた人もいたが、「自然」、つまり、勝手に草が生えているということに他ならないわけで・・・。 かくして、庭仕事が「マイスポーツ」とは相成った。


未央柳  



鮮やかな黄色と蕊の華やかさが際立つ花です。

11_201506052004144aa.jpg




12_20150605200415393.jpg




13_201506052004172f8.jpg




14_20150605200418943.jpg





table_20130321210513 -

 年金機構の「いい加減さ」が露呈したと思ったら、公表を遅らせた事実まで露見。 その間に詐欺まがいの電話も早々とかかっていたらしいから、『ワル』の方が先手先手と動いたわけね。 今のところ実害の報告はないようだが…。
 頭が回らなくて遅れていたのかもしれないけれど、「隠せるものなら…」なんて意識が働いたわけはあるまいねぇ。
 お詫びの手紙が出されるらしいけれど、それにかかる経費や人件費はどこから出るのだろう? 「もったいない」話。
 何から何まで信用できない時代と言うことか!


多摩川にて  



水の恋しくなる季節ですね。

魚ではなさそうだけれど、何が獲れたのかな?

9_20150604211726b4d.jpg


ワンコも足を浸すかい。 気持ちいいよ!

10_20150604211728154.jpg





table_20130321210513 -

 そうそう、昨日行った整形外科に面白い張り紙があったっけ。 症状によって順番が変わることもあるとかは普通でしょ。 でも「患者様同士のお話は小声でお願いいたします」は珍しくない?
 リハビリの人たちは長い間通院しているのだろうから、お互いにおなじみさんになる。 年齢的にも大差はないし、待ち時間には話に花が咲くわけね。 結構混んでいるから話の輪がいくつもできる。 となると声も大きくなろうと言うもの。
 それが楽しみで通う人もいたりしてね。 腰が痛くても、ひざがおかしくても、通院できる程度だし、口は元気で達者だものねぇ。  いくら通ってもよくならないなんて聞くけれど、それもまた良しだったりして…。


サツキ  



サツキの最盛期ですね。 今年のツツジは花期が短かったようですが、サツキはよく咲いています。

8_2015060321171866b.jpg





table_20130321210513 -

 久しぶりの雨。 「肘部管症候群」らしき症状が出ているので、雨ならすいているかも…と整形外科へ。 びっくりするほどすいていたが、帰るころは賑やかになっていた。 リハビリ関係の患者が多いから、雨だとすく。 そう思う人が多ければ混むのだろうが…。
 小指のしびれを気にしつつ、ツツジの刈り込みや草むしりに励んでいたので、今日の雨はグッドタイミングだった。 加齢とともに、いろいろとあるもので・・・。
 天気になったら、肘をいたわりつつ(?)庭仕事。 それが原因とも思えないから…。 「一病息災」と言うけれど、確かに。 


ホタルブクロ  



ホタルブクロには白いものから濃い色のものまでありますね。

5_20150602201726345.jpg




6_20150602201728b79.jpg




7_2015060220172946b.jpg





table_20130321210513 -

 かつてない暑さの5月だったらしい。 九州で梅雨入りと言うから、近日中に関東も梅雨入りするのかな? 雨が降らないから埃っぽい。 明日は雨との予報だが、「空振り」が多かったから本当かな…なんてね。
 6月になって、いろいろ値上がりするらしいが、暑くても、雨が降らなくても,それとは真逆でも、何でも理屈をつけて値上げね。「値上がり」と言わなくても中身は減るし、要するに値上げなんだから…。 消費が低迷する主たる理由はこのへんにあるんじゃないのかな。
 年金は減る一方だし、年金機構はずさんさを露呈しているし、値上がり続きでは、財布のひもを締める以外に自衛策とてないものねぇ。


バ ラ  



名もないバラですが、咲き始めは美しい。

1_201506012027216d1.jpg




2_20150601202722bdd.jpg




3_2015060120272453d.jpg




4_20150601202725a67.jpg





table_20130321210513 -

 今日の山道で出会った動物は、トカゲ、青大将、モグラ。 トカゲと青大将はつやつや光っていたから脱皮したばかりかも? (トカゲが脱皮するかどうかは知らないのだが…。)
 モグラはあまり元気ではなかったみたい。 このところ地震が多いから、「予知」に疲れて出てきたのかな?
 ばぁばも気持ちだけは、トカゲや青大将のようにつやつやしていたいなと思いながら、のぞいてみたり、飛び上がったり…。(笑)


▲Page top