散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

タマアジサイ  



つぼみがまん丸の「タマアジサイ」です。

81_20150831203853e53.jpg




82_201508312038558f1.jpg




83_20150831203856a17.jpg





table_20130321210513 -


 「政治家に一貫性を求めることはできない」そうだけれど、まったく! つまり、高潔な人間性を期待するのは無理、ということらしい。
 「野党の再編」と言えば聞こえは良いが、要するに、「どうするのがわが身にとって一番”ためになるか”」を考えて、あっちへくっついたり、こっちに参加したり…ってことでしょ。 まぁ、お好きなようにおやりなさい・・・とでも言うしかないか。


スポンサーサイト

カワラタケ  


じめじめした日が続くので、山の倒木には色とりどりの「カワラタケ」が出ていました。

76_20150830195336e03.jpg




77_2015083019533869a.jpg




78_201508301953391fe.jpg




79_20150830195341e93.jpg




80_20150830195342443.jpg





table_20130321210513 -


 先日、次回東京オリンピックのエンブレムは盗用したものかのような話があったからか、今のデザインに決まるまでの過程が公表されたでしょ。 最初の案は「似たものがある」と言うことで手を加えられたと。 その「似たもの」がどんなものだったのかよくわからないけれど、それは「盗用」ではなかったわけ?
 その後「バッグのデザインの取り下げ」問題があってから、どうも件のデザイナーへの信用に霞がかかってしまったのは確か。 バッグのデザインは「そのもの」だったからねぇ。 
 この世界では「盗用」とまではいかずとも、「模倣」くらいは日常茶飯事と言うことなの?
 オリンピックのエンブレムに採用されれば、その技量についても、収入の面でも大きなものがあるのだろうけれど、こうごたごたしたのではかえってマイナスになるのではないかと思うが、そのあたりはどうなのだろうね
 同じことなら、どこからも文句のつけようのないものを採用してほしかったっと思うけれど・・・。


うっすらと…  



久しぶりの「向山」にはうっすらと霧が流れていました。

73_20150829203934831.jpg


もう少し濃くなれば幻想的なのに…。

74_20150829203936380.jpg


今日はこれまで…?


75_20150829203937fc8.jpg





table_20130321210513 -


 エアコンを買い替えた時、量販店で見てきたのと、専門店の扱う製品との間にはちょっとした値開きがあった。 型番にも少々の違い。
 家電製品に限らず、メーカーでは「卸す相手」によって品物そのものが違うのかな? カタログの「能書き」には全く差はないが、「量販店向け」の製品があるとも聞く。
 実質的には量販店で安く買っても、差を感じることはないし、アフターサービスもしてくれるが・・・。
 何か、からくりがあるのだろう。 「薄利多売」だけの差ではないらしいところがちょっと気になってね。 


ヘクソカズラ  



名前のインパクトの強さで、誰にも覚えてもらえる花でしょう。

70_20150828195540779.jpg




71_2015082819554170d.jpg




72_20150828195542a0d.jpg





table_20130321210513 -


 連日の曇天に気分も曇天と言うところ。 暑さは苦手だけれど、スカッと晴れた日でないと元気が出ない感じ。 雨天や曇天は飽きるけれど、晴天に飽きることはないものねぇ。
 今年は桜の時期、チューリップの頃は風邪をひいて出かけられなかったので、せめて秋の紅葉は思う存分堪能したいと思うのに、この気温でどんな紅葉になるだろうかねぇ? 
 「重いカメラをもって元気だねぇ」なんて言われるお年頃になったのは残念だけれど、「自己満足」のできる写真を撮りに行きたいな。
 早くから予定を立てると、また体調を崩したりするからほどほどの予定で…。
 カメラは、「老後の楽しみ」としては最高じゃないのかな。 デジカメができて昔ほどお金もかからないし・・・。


ワルナスビ  


鋭い棘もあって嫌われ者のようですが、花は私の好きな色!

67_20150827201957782.jpg




68_201508272019586da.jpg




69_201508272020003b4.jpg





table_20130321210513 -


 「維新の党」の最高顧問と顧問が”離党”ですって! 自ら作り上げた党をあっさり捨てる…と言う印象だが…。 これからは「大阪に集中」と。
  「行動の早さ」は、相変わらずかな。 とかく「行動の遅さ」が目につく日本の政治家さんだから、なんとなく期待したのだが…。
 北方四島の問題、竹島の問題、いずれも、「実効支配」を許しながら、抗議するだけでしょ。なめられるのも仕方ないかと思うよね。 「なりふり構わず」と言うところがたまにはあってもいいかなと…。
 「急いては事を仕損じる」と言うけれど、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とも言うではないの。
 と言うような次第で、ちょっと期待したわけ。


お気に入り  



「お気に入りの散歩道」。 阿蘇神社の参道で、この道の突き当りに神社があります。

64_20150826202407671.jpg


振り返るとこんな感じです。

65_20150826202409493.jpg


こちらは田んぼの中の「アサザの池」です。

66_2015082620241098d.jpg





table_20130321210513 -


 「まだ7月なのにこの暑さは何」と言っていたっけ。 そして、「まだ8月なのにこの寒さは何」と言いたくなる今日の東京。 エルニーニョの影響だか、台風の影響だか、とにかくおかしな天候ね。
 明日は今日より9度も高くなるそうで。 縮んだり、伸びたり、人間稼業も楽じゃない。
 ま、涼しいとよく寝られて、夏の疲れを解消するにはいいけれど…。


  



地元の大賀ハスは結構長い間咲いています。 

60_20150825204920105.jpg




61_20150825204922b89.jpg


普通の白い蓮も素敵だと思います。

62_20150825204923b6e.jpg




63_20150825204924bc8.jpg





table_20130321210513 -

 
 猛烈な風雨をもたらした台風15号で、九州方面に大きな被害が出た。
 地球温暖化の影響のあれこれを想像はしていたが、海水の温度が上昇することで台風が発達すると言うことにはあまり気が回っていなかった。 一番関係の深い問題だったかも知れないのに。
 気温の上昇も予想を超えていて、暑さが苦手な身にはこの夏の酷暑はこたえたからねぇ。 人間だけではなく、山野草も暑さには耐えられなかったようだし…。 山の積雪量が減れば、高山植物も当然ダメになるだろうしね。
 まだまだ「想定外」のことが起きるのではないかと思うと恐ろしいが、これが「豊かな暮らし」の見返りだったのかな?


レンゲショウマ  



青梅市・御岳山の「レンゲショウマ」です。

午後から行きましたら人も少なく、4時前にはカメラマンが2~3人いただけでした。

53_201508242106534c8.jpg




54_20150824210655b04.jpg




55_201508242106565be.jpg




56_20150824210658eb7.jpg




57_20150824210740638.jpg




58_20150824210742f56.jpg




59_20150824210743d10.jpg





table_20130321210513 -

 
 『こうのとり』のキャッチ、大成功でしたね。 電車を連結するときのように「カチャン」と言う感じで…。
 ものすごいスピードで動きながらのロボットアームの操作とは、簡単に言えば、直径35センチ程度の「穴」に、30センチくらいの「棒」を差し込むと言うような操作だそうで、許される誤差は10センチ程度ですって! 日本独自の技術だというから、誇らしいこと。 これで、ドッキング後、必要な物資も届けられるから、世界中がほっとするわけでしょ。
 画面に映る地球と、そこに輝くオーロラにも目が行った ばぁば だった!


ヤナギハナガサ  



なぜか、名前を忘れない花です。

51_20150823210026cac.jpg




52_2015082321002717b.jpg





table_20130321210513 -


 「自分の汗にかぶれる」。 こんな経験は初めて。 子供のころ、「アセモのより」ができたことはあったけれど…。
 若いころ悩まされた『日光湿疹』をひどくしたような湿疹が両腕と首に・・・。 露出部分だけだから原因は「汗」だろうと思ってはいたが、汗もばかにはできないということ。
 乾いたタオルで汗の水分だけ拭いて、塩分その他を肌に残すのがいけないそうで。
 暑いので結構水で洗ったりしていたのに、暑さが峠を越えた今になって、突然激しいかゆみに襲われることになった。
 おでこも凸凹しているのだけれど、腕や首に比べると軽症。 「ツラノカワ」が厚いってことかね? 言えてるかも!


田んぼにて  



実りの季節がやってきますが・・・

49_201508222054232ff.jpg


この暑さにゃお手上げだよン

50_2015082220542469f.jpg





table_20130321210513 -


 スーパーのレジは混んでいた。 いったん列の後ろについたと思ったら、列の長い別のレジに変えた若い人がいた。 かく言うばぁばも同じ行動をとった! そう、レジさんを選ぶ人がほかにもいたってこと。
 ずらりと並んだレジを一通り眺めて、「お気に入り」の人のところへ…。 みなさん一生懸命なのだろうけれど、その速度には大きな差がある。 別に急いでいるわけじゃないけれど、てきぱきと手早い人は気持ちがいいでしょ。 これで同じ「時給」なのかなと思うこともあるほどの差。
 客の「勤務評定」は、店にも本人にも伝わらないだろうが、結構厳しいものがあるようで・・・。


アカツメクサ  



春から咲いていた花ですが、ここでまた咲き出す花が多くなったようです。

47_20150821212131efd.jpg


美しい花の集まりです。

48_201508212121320e5.jpg





table_20130321210513 -


 危惧した通り、何とも痛ましい結果になってしまった。 寝屋川の男女中学生の事件。
 逮捕された男は事件が起きた時、どこだかのテレビ局のインタビューに答えていた男ではないかな? 「帰らなくていいのか」と言ったとか何とか…。 顔をしっかり覚えていないけれど、なんとなく雰囲気が似ているように思ったが…? 容疑者が出てきて、よくしゃべる例も多いしね。 ???
 最近の防犯カメラは精度も高く、今回も逮捕の決め手になったのはその映像だったらしい。 あちこちで監視されているようで嫌だという人もいるようだが、普通の人は「監視される」ようなこともしていないだろうから、あまり気にしなくてもいいのでは。 犯罪に車が使われることも多いし、防犯カメラが逮捕に力を発揮しているのだから・・・。
 それにしても、『夜はやはり家にいることにしようよ。』 と言いたいなぁ。


貴重品  



カワラナデシコ 

 「昔はたくさんあったけど・・・」と言うことですが、土手で見つけた、たったの1本。

45_2015082021495150f.jpg


ガ マ

多摩川べりで見られたのに、今はこの小さな流れの、多分植えられたものだけ。

46_20150820214953237.jpg





table_20130321210513 -


 高校野球の決勝戦。 今日はダイジェスト版しか見られなかったけれど、良い試合だったようね。 いつものことだけれど、両方勝たせたかった!
 2校とも残っていた東京代表が、準決勝で姿を消してしまったのは残念だったけれど・・・。
 猛暑の甲子園で大変なことだったが、「鍛え方」が違うのか、選手の皆さんには問題はなかったらしい。 やはり、「鍛える」ことも必要と言うことかな。 そのご褒美はなかなか全員には行き渡らないけれど、「高校球児だった」経験は、一生何らかの形で生かされるに違いない。
 トコトン一つのことに打ち込んだ経験は、誰にでもあるものではないからねぇ。 その点は羨ましい!


落 果  



トマト。 こんなに落ちて、”もったいない”!

42_201508192100493a6.jpg


これは「ヤマボウシ」の実。

43_20150819210051db1.jpg


木にはまだ実がたくさん。 誰かジャムにでもするのかな?

44_2015081921005257c.jpg





table_20130321210513 -


 中国・天津の大爆発。 原因がどうもはっきりしない。 でも、処分された関係者がいるということは、責任者ということなのかなぁ? 公表できないものをため込んでいたのかな?
 いつだったか、事故を起こした列車を埋めてしまうなんて、信じられないようなこともあったから、「大爆発の原因」を埋めてしまうくらい、造作もないことだろうね。 現場写真を見るとおあつらえ向きの巨大な穴が開いているもの。
 日本に有害物質が飛んで来るとか来ないとか、”大国”のすることはよく分からないから恐ろしい。


秋の気配  



鉢植えの「やはずすすき」の穂がトップを切って・・・。

40_2015081820295120f.jpg


グランドで、空を仰げば・・・、秋ですねぇ!

41_201508182029520c5.jpg
 




table_20130321210513 -


 また、10代の子供の痛ましい事件が起きた。
 時代が違うと言われればそれまでかもしれないが、ばぁばは、10代の子供たちが夜中に外で遊んでいるということ自体が理解できかねる世代。
 少し前までは、「門限」を巡って親子でもめる話を聞いたと思うが、最近はそれもなくなったみたい。 「門限」を設ける親は、子供の身の安全を思ってのことだろうが、世間は「夜のない世界」へと変わっていったから、子供には魅力がいっぱいと言うわけ。
 でも、次々に起きる事件を考えるまでもなく、夜の世界にはやはり危険がいっぱいと言うことでしょ。 「危険の種類」も昔とは違って、種々雑多。 信じられないことも起きる。
 親の権威も地に落ち、強く言えば子供に刺されかねない時代。 平成とはそういう時代、と理解するしかないのかな?


ハグロソウ  



林の中にひっそっりと咲く小さな花ですが、ちょっとかわいい感じでしょう。

36_201508172020144a9.jpg




37_201508172020167c2.jpg




38_201508172020170bf.jpg




39_20150817202019a9f.jpg





table_20130321210513 -


 病院の検査の予約日なのに、前日から大雨との予報。 車で行けば楽だが、「車では来ないで…」と。 行きは車、帰りは電車かタクシーにして、翌日車を取りに行こうか。 でも、有料駐車場なんだから、それじゃ、往復ともタクシーでも同じこと。 タクシー代も、駐車料もほぼ同じになる計算なので・・・。 ケチは悩む。
 車なら40分、電車だと歩き25分強を含め、約1時間。 ま、朝の様子にするか・・・と。
 さて、朝、目が覚めるとどしゃ降り。 しかし、「ウエザーニュース」の「雨雲レーダー」を見ると、出かけるころにはちょっと雲が薄くなりそうな気配。 で、結局、歩きで出かけ、帰りも「止み加減」だったので電車で…。 何のことはない、『最安値』の手段で済んだ。
 検査の結果にも問題はなく、歩数計は8700歩余を指していて、「良い運動」になったという結果だった。 メデタシ、メデタシ… (と言うべきか?)


ヒマワリの咲く道  



小さなヒマワリが並んでいるのも可愛い風景でした。

33_20150816184131c2f.jpg


真夏の花としては大きなヒマワリの迫力もいいと思いますが…。

34_20150816184131d21.jpg


花がきれいな間はバックスタイルもきれいですね。

35_2015081618413313f.jpg





朝の景  



水田地帯の池です。 雲間から朝日が差し始めました。

30_20150815202326b58.jpg


カルガモたちの朝食タイムかな。

31_20150815202328439.jpg


少し離れてアオサギも…。

32_20150815202329051.jpg





table_20130321210513 -


 戦後70年の首相談話。 元総理の文言を踏襲するとか、ああだこうだと注目度は高かったが、そう思い切ったことが言えるわけもないから・・・。 中韓の反応もいささか敏感過ぎるし。
 中韓が批判するのは毎度のことで、容易に想像できるが、日本の野党の皆さんのあの批判は何なのだろうと思ったなぁ。
 何に対しても悪口しか言えない野党は、気難しい隣国さんと一緒ってことかな?
 そんなときだけ『存在感』を示す野党っていうのもあまり魅力はないけどなぁ。


続 タカサゴユリ  



家の周囲に生えている『タカサゴユリ』。 ざっと数えても100本以上! 
その中で一番たくさんの花を付けた1本がこれ。 12輪の花でした。

28_20150814200025f15.jpg


これが「山百合」ならば、言うことなしなのですが…。

29_20150814200027ccb.jpg





table_20130321210513 -


 海水浴場の沖にサメが現れて遊泳禁止になるケースが続く。 「サメの出現」は、最近の傾向とする説と、みつけやすくなったからとする説と。
 戦時中、広島県下の瀬戸内海沿岸でひと夏暮らしたことがある。 地元の小学校での体育の水泳は、校庭から階段を下りていく海だった。 家からも海によく遊びに行ったが、「今日は”フカ”が出ているから泳げない」と言う日が結構あったと記憶している。 
 昔から「フカ」、つまり「サメ」は近くにいたわけね。 海水浴場でもなかったし、誰が「その情報」をもたらしてくれていたのだろう? おとながしっかり見ていてくれたのだろうねぇ。 
 特に、騒ぎにもならなかったのは、「サメの存在」が生活に密着していたと言うことかな? そういう点では、穏やかな時代だったということかも。 原爆が投下される2年前の夏だった!


ミンミンゼミ  



アブラゼミはどこでも見られるのですが、ミンミンゼミを見るのは珍しい。

26_20150813210108dff.jpg




27_2015081321010912a.jpg





table_20130321210513 -


 法師ゼミが鳴きだすと「夏も終わる」と感じる人は結構いるらしい。 今年はセミが多かったから、命を終えた蝉の亡骸も今は多い。
 それを見ても、雲のたたずまいにも、窓から入る風にも、最近は、ふっと秋の気配を感じることがあって、ほっとする。
 夏、頑張ると、どうしても秋口に疲れが出るから気を付けなくてはね。 そう、年の割には頑張っているんだから!


蝉 穴  



蝉の羽化は見ましたが、地面の穴から出るところは見たことがありません。
穴の深さは12~3センチ。 なんで、こんな固いところからばかり…と思いますが…。

24_201508122022188a1.jpg




25_20150812202219a84.jpg





table_20130321210513 -


 日航機の事故から30年。 大変な事故だった! ご遺族もそれぞれ辛い思いをされて…。
 御嶽山の捜索打ち切りも、ご家族は、「そこにいる」ことがわかっているだけに辛いよねぇ。
 「そこで生きていることがわかっている」点では、拉致被害者のご家族のお気持ちを思う。
 本当に、「思うようにはならないこと」のなんと多いことかと思う。
 『それが人生』と言ってしまえばそれまでなのかもしれないけれど…。


Windows10  


「吉と出るか凶と出るか」。 と言う感じですが・・・?

23_201508112002379d8.jpg





table_20130321210513 -


 川内原発の再稼働。 約2年間、原発なしの日本だったから、無くてもどうにかなっていたわけ。 この夏のような猛暑でも電力不足にはならなかった!
 福島の事故処理のめどもまだ立っていないというのに、度胸のいいこと! 『絶対』なんてことはあり得ないでしょ。
 温暖化の問題とか、料金の問題とかあるらしいし、地元が潤うということもあるのだろうが、それらをすべて勘案したとしても、賛成はできかねる。 多少の負担増があっても、原発に関しては100%の安全性を買いたいと思うからねぇ。


サルスベリ  



気温40度の中で咲いていた中国での記憶が強烈で、暑さとリンクする花になりました。

20_201508102048276ff.jpg




21_20150810204828e81.jpg




22_20150810204829425.jpg





table_20130321210513 -


 「クールビズ」とやらも落ち着いてきたということなのか、閣僚のみなさんが、およそお似合いではないものをお召しにならなくなったのは、ご同慶の至り。 (笑)
 でも、個人的好みから言うと、スーツで、ネクタイだけ外したスタイルは「だらしがない」ので嫌い。 きちんとネクタイをしたワイシャツ姿でいてほしい。 上着を着なくても、その方がよほど「きちんとした印象」だと思うのだが…。
 何でこのクソ暑い中で上着を着るのかなぁ? まさか「ぼろ隠し」じゃあるまいから…。 (ばぁばとは違うよってか!)


タカサゴユリ  


よく増えるユリで、所構わず咲いていますが、「花の命は短くて…」、花がらの始末に追われることになります。

17_20150809204637f72.jpg




18_20150809204639164.jpg




19_20150809204640ba5.jpg





table_20130321210513 -

 
 長崎原爆忌。 長崎にいる人でさえも、若い人で原爆の落された日を正しく言える人が少なくなって、4割の人は曖昧だそうな。 今はまだ、「風化させないように」と手を尽くしているが、今から30年後、つまり戦後100年では、「歴史上の出来事」の一つになってしまうのかも知れない。
 時代が流れるというのは、そういうことなのだろうと。 だから『歴史は繰り返す』ってことでしょ。 経験しなければ『懲りる』こともないわけだからねぇ。


夾竹桃  



暑さが合う花なのでしょう。 たくさん咲いています。

16_20150808205420103.jpg





table_20130321210513 -


 久しぶりの曇り空。 「涼しいな」と見た寒暖計は30度。 30度を「涼しい」と感じるとは! もっとも、昨日より7度以上低いのだから…。 昼過ぎから日が差し始めるとともに暑くなったけれど、32度どまりだった。
 立秋頃が暑さのピークと言うから、そろそろ下降線を描いてくれるかな。 朝も5時にならないと暗さが残っているようになったし、確実に時は流れているのよねぇ。
 『こまめに水分を取り、適切に冷房を使う』のも、もうしばらくのことと思いたい!


ホオズキ  



「ホオズキ」が綺麗に色づきました。

14_20150807201403e9d.jpg


ホオズキ畑のようになっていますが、「撮りたくなる」ものは少なくて・・・。

15_20150807201405d78.jpg





table_20130321210513 -


 本当に降らない。 雷は結構鳴るのに…。 局地的には警報が出るほど降る場所があるのにね。
 雑草は暑かろうが、雨が降らなかろうと、お構いなく育つが、園芸種の草花は、夕方にはしおれ加減だし、丈も伸びない。 人間が手をかけたものは「ひ弱」なのかな?
 先日も「昔はスポーツの最中に水分摂取は厳禁だった」と言う話になって、それでも誰も具合が悪くはならなかったねと。 もっとも、気温もこんなに高くはなかったけれど、生まれつき冷暖房完備の生活の今の人とは違って、「雑草」に近かったのかも。
 その「雑草」も年を重ねてすっかり萎れ、「熱中症にはご用心」と言う次第だけれどね。


鷺の群れ  



サギソウの最盛期。 みんな同じ方向を向いて飛んでいる!

13_20150806212547628.jpg





table_20130321210513 -


 猛暑の連続記録を更新中の東京。 年々暑くなっていくとすると、5年後のオリンピックのころはどういうことになるのやら…? マラソンコースの暑さ対策のあれこれが考えられているらしいが、沿道の観客にも対策は必要でしょうねぇ。
 そもそも何でこんな時期にオリンピックをするのだろう? 日本にはほかにいくらでも「良い季節」があるというのに。 前回のオリンピックのように10月当たりにやればと思うが…。
 暑さ対策をいろいろ考えるより、時期をずらす対策を考える方がいいと思うけどなぁ。
 選手の皆さんにも熱中症続発では、日本の印象は悪くなるに違いないでしょ。 その搬送ぶりなどの手回しが良くておほめにあずかるかな?
 良い時期に開いて、実力を12分に発揮してもらうのが、『最高のおもてなし』だと思うけどなぁ。


オモダカ  



あまり歓迎されない草らしいですが、花も可愛く、葉も面白い形です。

10_20150805202738658.jpg




11_20150805202738445.jpg




12_2015080520274064a.jpg





table_20130321210513 -


 米が日本の政府機関などを対象に「盗聴していた」とされる問題。 特に驚きもしない話よねぇ。 そんなこと、当然やっていると思うもの。 マル秘事項を話し合うときなど、室内では「盗聴されている」とするのが世界の常識だそうだから。 
 特に米は何でもやる国でしょ。 なんせ、原爆を落とした国だからね。 ばぁばの結論はいつもそれ。    明日は広島原爆忌。


ムクドリ  



川で水浴びをしたムクドリが一斉に上がってきました。

8_201508041929512fd.jpg




9_2015080419295312b.jpg





table_20130321210513 -


 猛烈な暑さが続くからか、お盆前に「行っておこう」と言うわけか、病院も混んでいた。 ここにいる人がみんな『病人』と思うと恐ろしいけれど…。 ま、今の病院では、本当に重篤な人は外来には行けないから…。
 頼んだわけではないが、知り合いの看護師さんが「今日はすごく混んでいる」と言いながら調べてくれて、「前に4人いる」と。 この時点で予約時間を過ぎること1時間。
 患者の顔など見ないでパソコンの画面だけを見ている…と言われる最近のドクターだが、この先生は一人一人丁寧に見てくださって、必要なことはその場でしっかり対処してくださるので、「一人3分診療」ではないのね。 だから時間も当然かかるわけ。
 「この時間に入れておくけど、遅めに来てね」と言われたことも。
 娘が救急で入って命を助けていただいたこともあったので、いくら遅れても「お互いさま」と言う感じかな。 医師と患者の関係も、結局は、「信頼関係」がいかに大事かと言うことに尽きそう。


オシロイバナ  



「オシロイバナ」も、夕方から開く花です。

6_20150803201410391.jpg




7_20150803201412b70.jpg





table_20130321210513 -


 今朝、今年初めての「ツクツク法師」の声を聞いた。 日中は聞かなかったが、夕方はまた聞こえた。 8月に入ったばかりで、ちょっと早いのではないかな? 
 7月からの猛暑続きで、季節の感覚が狂いそうだけれど、早く涼しくなって、秋が来るといいな。
 東京の最高気温が35度となっている日も、それは北の丸公園の芝生の上の百葉箱の中での話。 当市は八王子や青梅の気温に近いから、それよりは高いし、わが家での最高気温は37度。 40度近い地域では、住んでいる方たちはもっともっと高い温度の中での生活ってことでしょ。 人間はどのくらいまでの高温に耐えられるのだろう?
 「午前中はフル回転で動き、午後はなるべく動かない」と決めて、猛暑の去るのを待つ日々。 「ツクツク法師」の声は、「もう少しだよ」と言っているように聞こえたが…?


月見草  



ほの暗さの残る早朝、月見草がまだきれいでした。

3_201508022013534e4.jpg




4_20150802201354e19.jpg




5_20150802201355287.jpg





table_20130321210513 -


 新国立競技場の問題が白紙に戻ったと思ったら、今度はエンブレムにイチャモンが付いた。 色についてもどうのこうのと…。 全く面倒なことね。
 ごたごたで60億円が無駄になったという話に、震災後まだ仮設の人も多いのに、そちらに回してあげたかったねえ…と。 普通の感覚の人ならそう思うでしょ。 前回の東京五輪の記念だった競技場を手直しして使えばよかったのだとも。 壊すのは手回しよく、早かったものねぇ。
 全体をまとめていく人がいなかったというのがそもそもの間違いだったのだろうが、その学習費は高かった! ま、それでも本当に学習できたのならいいけれど…。 ???


▲Page top