散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

ゆとろぎ  



羽村市生涯学習センター「ゆとろぎ」は、ガラス(?)多用の建物です。

106_201510312050171ed.jpg




107_20151031204247f84.jpg




108_2015103120424941a.jpg





table_20130321210513 -


 プリンターのインク切れでお店に出向いた時に目に飛び込んできたのが、「ガラケーは製造中止です。壊れないうちに~~~」と書き出された大きな張り紙。 ついにそうなったか!
 いずれは「スマホ」にするようだろうなと思ったり、ガラケーで十分とする人も多いから、これは残るだろうと思ったりしていたが・・・。
 メーカーは時代の流れの中心しか見ないものらしい。 少数派はいとも簡単に、バッサリと切って捨てられる。 高齢化社会とは言え、年寄り向けのものなんぞは「目じゃない」。 「あるもので間に合わせよう」とする人間などを相手にしていたのではやっていけないってこと。
 しかし、そんな時代が、未来永劫続くとも思えない。 日本中が、処理もままならぬ放射能に汚染された廃棄物と、使い捨てられたプラスチック製品のごみの山の中で、暮らすことにならない保証もないからね。


スポンサーサイト

富士アザミ  



まだ色の残っている富士アザミがありました。

105_20151030193850a47.jpg


「腐っても鯛」。  『枯れても富士アザミ』?  最盛期は見事だったことでしょう。

104_201510301938491ec.jpg





table_20130321210513 -


 スマホを操作しながら歩いていた人と肩が触れたことが原因で争った挙句、相手を駅のホームから突き落とす!
 「殺人未遂」で容疑者探しが始まった。 電車が来なかったからよかったものの、タイミングが悪ければまさに「殺人」。
 朝の混雑時に「歩きスマホ」も良くないけれど、そんな相手と揉めて殺人まで犯すほどのことだろうか?と正直なところ思ったね。 「切れやすい」人が増えているのだろうか? 切れやすい子供には、牛乳を飲ませると良いなんて聞いたことがあるが、大人じゃ効果なしかな?
 『スマホ族』の皆さんも、この事件を契機に、少し考えるべきではないのかな。 一時のイラつきで、自分の人生まで台無しにしないように『大人』は考えなくてはね。 「すみません」で済むことでしょ。


黄 葉  



南アスーパー林道も標高の高いところの紅葉は終盤。 まだきれいな少し低いところはバスの中でした。

101_201510292031513d1.jpg




102_2015102920315301d.jpg




103_201510292031541cb.jpg


 


table_20130321210513 -


 体操の世界選手権で男子団体が金メダル! 悲願達成! おめでとう! 37年ぶりと知って、あれからもうそんなに経つのかと、そちらにもびっくり!
 それにしても、各方面で、10代の選手が華々しい活躍をしているのねぇ。 頼もしい限り! 1000年に一人出るかどうかと言われる内村選手でさえミスをする緊張感の中で、結果を出すのだからすごい。 日頃の精進のたまものだろうねぇ。
 「最近の若い者は…」と言いたいことも沢山ある中で、若い人の大活躍を見るとホッとする。 種目別も頑張って!!


北 岳  


原生林の中にある北沢峠に、日本第2の高峰・「北岳」の見える場所があるというのは意外なことでした。

97_20151028194229c13.jpg



北沢峠を山梨県側に少し下り、小さな橋を渡って山道に入り、少し登ると、本当に見えたのです!


98_201510281942307e8.jpg

99_20151028194231198.jpg

100_201510281942334e9.jpg





table_20130321210513 -


 中国の習近平さんが、国賓待遇で訪米していたが、その中身はそれほど優雅なものではなかったようで、米中の関係が怪しくなっている。 決断力と言う点で、いささか控えめに思われたオバマさんも強気に出ざるを得なくなったということかな。
 国際法も何も関係なく、自国に有利なように解釈し、主張し、規則を作り、実効支配を手中に収めようと、やりたい放題とも思える中国だからねぇ。 今に、「世界は中国のもの」なんて言い出しそう。
 まぁ、戦争になることはないだろうが、お互いに平和でありたいよねぇ。
 お隣さんがあまりにも非常識だと、お付き合いも嫌になるでしょ。 国同士だって同じなのに・・・。


鋸岳 ・ 仙丈ヶ岳  



南アスーパー林道「歌宿」バス停付近からの「鋸岳」。

96_2015102721021375a.jpg


「鋸岳」から「甲斐駒」へ。 

kaikoma.jpg


「北沢峠」を中に、「甲斐駒」と相対する「仙丈ヶ岳」。  久々の対面でした。

95_20151027210215626.jpg





table_20130321210513 -


 小学校の「いじめ」が大変な数になっているらしい。 いじめが原因で、児童、生徒が自殺しても、学校側はいじめを否定するケースが多いから、実際には更に多いのだろう。
 自分たちの「ミス」とも取られかねない「いじめの放置」を隠したいから認めたがらないのだろうが、それではどこまで行っても解決はしないだろうなぁ。
 先ごろの、自殺した生徒と、教師との交換日誌でのやり取りを見ても、子供の悩みに対する「鈍さ」、「対応の甘さ」が歴然としていたもの。 親も「それでも学校に行かせる」のだから、気づきにくいものなのだろうが・・・。
 今は「いじめ」で自分の「満たされないもの」を発散する人が多いのかもしれない。 子供だけではなく、おとなの社会でも・・・。 
 人が皆、穏やかな気持ちになれる方策はないものかねぇ。


秋の甲斐駒  


地元では「東駒ケ岳」と呼ぶそうですが、私には「甲斐駒」の方がおなじみ。
南アスーパー林道からの画像です。

92_20151026213443340.jpg


頂上への白い花崗岩の「ザクザク道」を思い出します。

93_20151026213442c99.jpg


右は駒津峰から双児山になるのでしょうか?

94_20151026213444394.jpg





table_20130321210513 -


 冤罪だったのだろう。 お二人ともまだお元気そうだから、やり直せるだろうけれど、失われた20年が戻ることはないものねぇ。  子供を失った悲しみ、子供と離れ離れにされる辛さ・・・。 無実なのに・・・。
 冤罪のまま人生を終わってしまった例も、さぞかし多かったのだろうと思うと、本当にやりきれない気持ちになる。
 警察にもよくよく考えてもらわないと!


ミセバヤ  


好みから言うと、ちょっと開きすぎでした。

88_20151025195042013.jpg




89_2015102519504457f.jpg




90_201510251950450d4.jpg




91_2015102519504772f.jpg





table_20130321210513 -


 昨夜の風は「木枯らし1号」だそうで。 いよいよ冬の足音が近づいているというわけね。 この冬は「暖冬」との予報だが、あの夏の酷暑を思うと、冬が「厳冬」でなければ、帳尻りが合わないような気もするが・・・。 
 ところで、このところ、わずかずつ食料品が値上がりしているみたい。 製品を小さくする「実質値上げ」は、もう限界まで小さくしたから、いよいよ価格を・・・と言うことかな? 年末にはさらに・・・じゃないのかな? ふところにも「木枯らし」が吹きすさぶということか。
大筋合意と言うだけで、細かなことは何もわからないのに、TPPだろうと何だろうと「値上げの要因」として使われる。 「説明責任」とやらは、こういう時にこそ果たしてもらいたいと思うねぇ。


ススキ  



風になびくススキ。 なんとなく「いい感じ」です。

85_20151024204046d69.jpg




86_201510242040451d7.jpg




87_20151024204047ad1.jpg





table_20130321210513 -


 「昨日の敵は今日の友」は、結構なことだろうが、「昨日の友は今日の敵」もあるようで・・・。 政界とはおかしな世界だからねぇ。 一緒にやっていても、それぞれ『腹に一物』なのだから、お互いに油断はできないってことでしょ。 いやだねぇ。
 昔、子供が小さかった頃、「政治家」と「芸能レポーター」以外ならどんな仕事を選んでくれてもいい、なんて思ったことがあったけれど、幸か不幸かは定かでないものの、いずれでもない仕事についている。 『若い母親』としては、何だか、「いい加減な仕事」に思えてしまったのかも。
 時は流れ、時代も変わった今、芸能関係の詳細は不明ながら、「政治家」だけは相変わらずなのかな? 進歩無し?


「ノイバラ」の実  



河原の「ノイバラ」が、たくさんの実をつけていました。

80_201510231954507f9.jpg




81_201510231954516ed.jpg




82_20151023195453381.jpg




83_201510231954547c5.jpg




84_20151023195455914.jpg





table_20130321210513 -


 野球人気もひところほどではなくなったらしい。 子供たちの「将来の夢」での順位も、サッカーについでの2位とか。 そこへ今度はラグビー人気でしょ。 どうなるのかな?
 そんな中で、「ドラフト会議」が開かれた。 悲喜こもごもなのか、どこでもプロになれればいいのか、そのあたりが良くわからないけれど、「自分で決める」道は閉ざされているわけでしょ。 なんだか現代離れしている感じもするが。
 ドラフト会議が開かれるようになってから、なんとなくプロ野球の面白みが減ったような気がしないでもないのだが。 やたら弄り回すと面白くなくなるのかもね。
 強いところが勝つ! 単純明快なのもいいかも。


10月も末なのに・・・  



頑張っているのか、狂っているのか・・・?

78_201510222058238ee.jpg




79_20151022205825ceb.jpg





table_20130321210513 -


 今年は早々とインフルエンザが流行りだしているというので、予防接種を受けに行った。 今年は「4種混合」なので、「3種混合」の昨年よりも値上がりだと聞いていたが、昨年より300円高くなって、2500円だった。 65歳以上には補助があって助かるが、補助のない場合は結構高いらしいから値上がりは痛いだろうね。
 「型が合わなければ効き目がない」とも聞くが、どうなんだろう? 
 目下、具合が悪くなってはいられない状況下にあるので、打てる手は打つことにしているわけ。 と言うわけで医院に出向いたのだが、10月末が期限の「健康診査」の人で混んでいた。 こちらは6月からやっているのに・・・。
 みなさんのんびりしているのかな? でも、年を取ると、思っている以上に体力は落ちるようだから、用心に越したことはないでしょ。 早めの行動で、「健康寿命」を延ばそうじゃありませんか! (な~んてね)
 実のところは、「明日のことも分からない・・・」。 (笑)


ピラカンサ  



鉢植えですが、よく実が付きます。

75_20151021202956ded.jpg




76_201510212029569de.jpg


こちらは地植えで、大きくなるのを切り詰めています。 まだ色が薄いです。

77_20151021202958faa.jpg





table_20130321210513 -


 マンションが傾いてきた問題で、関係会社のお偉いさんが登場するにつれて、少しずつ話が変わってきた。
 次第に、『故意にやったことではない』方向に向いてきたらしい。 考えてみるまでもない話だけれど、『故意にやったこと』ならば、「悪いやつがやった」話で、調べれば詳細は分かるでしょ。 しかし、「きちんと計画通りにやっていたと思っている」となると、これは何とも恐ろしい話。
 なんとか少しでも「ごまかしたい気持ち」だろうけれど、「すべてがずさん」の方が更に大ごとだくらいは分かりそうなものなのにね。 せいぜい誠意を尽くすこと以外に取るべき道はないだろうなぁ。 小細工はかえって見苦しい!


野 菊  

一口に「野菊」と言っても、いろいろあるようですね。

71_201510202010158d1.jpg




72_201510202010175af.jpg




73_20151020201018d10.jpg




74_2015102020102071c.jpg





table_20130321210513 -


 向山を歩きに行ったら、地元の小学校2年生が来ていた。 細い山道を我々ウォーカーも通るし、ハイカーも通る。 子供がキャァキャァ言いながら道をふさいだり、立ち止まったりすると、はっきり言って迷惑。
 でも、今どきの若い教師には、一般の人に配慮して、子供たちを1列で歩かせようなどと言うことはないみたい。
 羽村の堰には、この時期、社会科見学の子供達もやってくる。 玉川上水の起点を見るために狭い橋の上にも行く。 一般の人も利用している橋。
 ここでも、子供たちを端に寄せるという配慮が、今日の先生にはなかった。 子供たちの見学が終わるのを待っていた人たちへの「一言」もなかった。
 教師はこんな調子、親は「モンスター・ペアレンツ」。 まともな人間が育つとはとても思えないと、年寄りは危惧する次第。


パンパスグラスのある風景  


国営昭和記念公園のこの風景を、秋には見たくなって・・・。

56_20151019204252e29.jpg




57_20151019204253e10.jpg




58_20151019204254248.jpg




59_20151019204255a6e.jpg




70_20151019204257c58.jpg





table_20130321210513 -


 郵便局に行ったら、「年賀はがきの注文を・・・」とパンフレットを渡された。 毎年「インクジェット」を買っているが、今年は「インクジェット写真用」と言うのが目についた。 前からあったのかな? 10円高の62円だ。
 これまで、写真に文字を載せて作ることが多かった。 さりとて、10円高い葉書を使うほどの写真ではないし・・・ネ。
 でも、最近はカメラ熱の大流行で、シニアの男性方が立派なカメラをもって各地にお出ましだから、「写真用」と銘打って売り出せばきっと飛びつくだろうなぁ。 それぞれご自慢の作品を使われるのだろうから・・・。
 年賀状の売れ行きも下降線をたどっているような話を耳にしていたから、「良いところに目を付けた」と言えるのかもしれない。
 何事も、すべからく、『世の中の”空気”を読むべし』と言うことか。


カメラマン  


コスモスを撮りに来ているカメラマンは多いです。

53_20151018192301876.jpg


下の2枚はトリミングしたものです。

54_20151018192303995.jpg




55_20151018192304a65.jpg





table_20130321210513 -


 建物の偽装事件は何年か前にもあった。 横浜の場合は個人が購入しているマンションだから大変なことだと思う。 一番大事なところが偽装されたのでは、大きな地震も予想されているのに心配なこと。
 「氷山の一角でなければ良いが」と言っていた人がいたけれど、誰でもがその懸念を持ったことだろう。 そして、その危惧は当たっているのではないのかな?
 マンションも完成してしまえば、基礎部分のずさんさ等は調べようがない。 それだから偽装もされるのだろうけれど…。
 横浜の場合、立て直しに3年以上かかり、その間の家賃なども補償すると。 しかし、近所に住めるならともかく、子供の学校もあるだろうし、引っ越しも楽ではない。 さらに、それらの費用で会社が倒産でもしたら目も当てられないからねぇ。
 一時逃れでやったことが、とんでもない結果になるのだから、少し考えればわかりそうなものだが・・・。 納期に責め立てられて…と聞けば、下請け会社の悲哀も分からないではないけれど…。 
 マンションの購入に、皆さん慎重になるのではないのかな?


みんなの原っぱ  (2)  


クリーム色のコスモスのところどころに混じっているピンクのコスモスが程よいアクセントになっていました。

48_201510172059190c8.jpg




49_201510172059207b0.jpg




50_2015101720592228c.jpg




51_201510172059237e9.jpg




52_20151017205925bbd.jpg





table_20130321210513 -


 電球をLEDに変える人は多いと思うが、普通の家庭の場合、蛍光灯は取り換えてもさほどのメリットはないというでしょ。 でも、家電メーカーが蛍光灯の製造をやめてしまっているらしいから、やがては困ることになる。 で、どうするかなと考えながら蛍光灯売り場をのぞいてみた。
 LED電球は4万時間の長命だそうだが、サークラインも新製品は2万時間の長命なのね。 とすると、サークラインとグロー球を今使っている数だけストックしておけば”老い先短い”わが家では大丈夫と言うわけ。
 もっとも、器具が駄目になれば困るが、息子に「LEDに変えるときは器具を捨てないで」とでも言っておけばいいかなと。 
 世の中、そう簡単に蛍光灯の需要が全くなくなるとも思えないのだけれど、「猫も杓子もLED」になってしまうのだろうか?


みんなの原っぱ  (1)  



昭和記念公園の「みんなの原っぱ」には、「イエローキャンパス」と名付けられたクリーム色のコスモスが咲いていました。

43_2015101620371509d.jpg




44_20151016203717679.jpg




45_20151016203717425.jpg




46_201510162037194b1.jpg




47_20151016203720ce7.jpg





table_20130321210513 -


 消費税のアップがもうすぐだというのに、「軽減税率」の導入がなかなか決まらない。 諸外国ではすでに導入しているのだから、日本だってできそうだのに…。
 麻生さんの言われるように、「みんなが面倒くさいと言っている」からかな? そんなに面倒くさいのならば、いっそのこと、消費税のアップも、今年大流行の「白紙撤回」としたらどうなの。 一番簡単で、消費者も喜ぶに違いないのだから…。


花の丘  (2)  



同じ花でも撮り方が違うと感じが多少は変わるでしょうか?

38_201510151940338df.jpg


こちらは「前ボケ」無しで・・・。

39_2015101519403471b.jpg


逆光で透かして見るのが意外に気に入りまして…。

40_2015101519403606f.jpg




41_20151015194038d44.jpg




42_20151015194039373.jpg





table_20130321210513 -


 横浜で、大型マンションが傾いたという話。 マンションも安く買えるわけじゃないのに、それが「欠陥商品」だとしたら、購入者はたまったものじゃないでしょ。 その「欠陥」が、「手抜き」と言うか、故意にごまかされた結果だというのだから。 安全性に問題があるのでは、住んでいる人も心配なことだろう。
 東洋ゴムも旭化成も・・・。 大手と言われる企業でこう次々と問題が発覚するのでは、「どこでもやっているに違いない」と思ってしまう。
 海外でも、ディーゼル車の排ガス規制に関しては、1社にとどまらないというし・・・。
 「人道も地に落ちた」と言ってしまえばそれまでだが・・・。 勤勉実直とされた日本人は、どこへ行ってしまったのだろうね?


花の丘  (1)  



国営昭和記念公園の「花の丘」は、現在「コスモスの丘」になっています。

33_20151014202303095.jpg




34_20151014202304732.jpg




35_20151014202306a09.jpg




36_20151014202307784.jpg




37_20151014202309a6a.jpg





table_20130321210513 -


 「マイナンバー」の導入を評価する人もいるらしいが、評価しないとする人が6割以上だと。 「my」とついてはいるけれど、個人的に何か役立つことがあるのかな?
 健康保険証だの、運転免許証で、ほぼ何事も間に合っているけれど、別にそれに代わるものが必要とも思えないし・・・。 実質的には、『my』ナンバーじゃなくて、『your』ナンバーじゃないのかな? 「you」はお上かお役所か?
 個人情報をしっかり管理されるというのは、常に監視されているような気分になりそうだけど・・・。 そもそも、その管理者が信用できなかったりするわけで・・・。 


く こ  



クコの実が朝日に輝いていました。

31_201510131935365cd.jpg


花も可愛いでしょう。

32_20151013193538c65.jpg





table_20130321210513 -


 3勝しながら1次リーグ敗退の不運?に見舞われたラグビー日本チームの帰国。 ヘッドコーチの出かける時の言葉、「帰国の時には、この10倍の人に迎えられるだろう」の通り、空港は大勢の「にわかファン」であふれた模様。 それだけ多くの人に感動を与えたというわけね。 世界でも日本チームの評価は高くなったというから何よりのこと。
 ヘッドコーチが変わるらしいが、この先もますます力をつけてほしいもの。 しかし、次のヘッドコーチは責任重大だろうなぁ。 次回は日本開催だし・・・!
 今回のたくましい男たちの快挙で、日本の草食系男子の株は急落するかもね。


ニシキギ  



ニシキギの実がはじけそう・・・。

28_2015101220372958f.jpg


と思ったらたちまち姿を見せて…。

29_20151012203731dbb.jpg


まだ小さな木なのですが…。

30_20151012203732098.jpg





table_20130321210513 -


 ラグビーワールドカップにおける日本チームの好成績で、「ラグビー熱」が上昇中らしい。 全国的にラグビー教室が繁盛している模様。 五郎丸選手の「あのポーズ」を小さな子が真似していておかしい。
 最近は「マイスポーツ熱」が下がって、以前ほど熱心にテレビ観戦をしなくなったが、考えてみれば、「オーラを発する選手」が少なくなったことも原因かもしれないと自己分析をしている。 それと、「ニュースネタ」が気持ちに水を差すのも確かかな。
 勝負事は勝たなければ面白くないのは事実でしょ。 強い選手が出ないことには面白くないもの。 スポーツ振興のためにも、強い選手を育ててほしいと思うねぇ。


フウセントウワタ  



生け花では使ったことがありましたが、花を見たのは初めてでした。

25_2015101120493725d.jpg




26_201510112049399cc.jpg




27_201510112049405d2.jpg





table_20130321210513 -


 富士山の初冠雪。 そんな時期になったのだと…。 話は変わるが、15日から新聞週間だそうな。 新聞を読まない人が増え、取らない家庭も増えているらしい。
 用事に追われていると新聞がたまり、3日分まとめて読むこともある。 それでもテレビのニュースを見ているので、世界の大きな出来事は分かる。
 「ゴミが増えるから夕刊はやめた」と聞いたことがある。 「資源回収に出すものがなくなるからやめられない」とも…。 野菜を保存するにも必要ではあるが…。 値上がりしたらやめようと思ったこともあった。 
 新聞も昔のように『使命感』に溢れることはないようで、結構休刊日がある。 そんなことを思いながら新聞を手に取ったら、「あすの夕刊と13日朝刊休みます」と太字で出ていた。


シュウメイギク  



これはもともとの「シュウメイギク」。 園芸種とはだいぶ雰囲気が違いますね。

22_20151010203657f31.jpg




23_20151010203658609.jpg


こちらも色の種類が多くなってきたようです。

24_20151010203659f57.jpg





table_20130321210513 -


 お昼前、スーパーへ出かけた。 土曜日のせいか混んでいた。
 レジの近くにちょっとした「小物」が置いてあるのはどこでも同じ。 でも、今日はその上にパンが一つ載っていた。 レジまで来て、買うのをやめたのかな? 時々場所違いのものが置いてあるのを目にするが、かなり無責任な行為じゃないのかな。 もとの位置にきちんと戻すべきだろうに…。
 買ったものを手提げに詰める時も、ちょっと横に寄ってくれればお互いに気持ちよくできるのに、そういう気配りをする人は少ない。 籠を片付けずに行く人さえいる。 駐車場まで運ぶのに使ったカートをカート置き場に戻さない人もいるし、戻しても斜めのまま置いていく人も多い。
 いろいろと気に入らないことが多くなるのも「年のせい」と言われそう。 いちいち気にしていては、現代を生きてはいけないのかもしれないが、日本の将来が心配になる。 本当に、「自分さえ良ければ…」なんだから…。


秋ですね!  (3)  



都立秋留台公園の木々も色づき始めていました。

19_20151009201719eed.jpg




20_2015100920172055f.jpg


パンパスグラスは少し盛りを過ぎていました。

21_20151009201721166.jpg





table_20130321210513 -

  
 マイナンバーとやらが始まったようだが、まだ「マイナンバー」は不明。
 考えてみるまでもなく、身の回りには数字があふれている。 住所、電話番号、生年月日、車のナンバー、各種の暗証番号、あれやこれやのパスワード、etc.。 全部記憶している人はすごいと思う。
 車のナンバーあたりまでは覚えているが、携帯の番号となると確かめないと心もとない。 これらに加えて、12桁もの「マイナンバー」なんて無理だろうねぇ。 まぁ、覚える必要もなさそうだけれど…。
 「マイナンバー」は届かなくても、詐欺師の暗躍はすでに始まっている模様。 あの手、この手を考え、研究するのだろうね。 いくら頑張っても、ノーベル賞に届かないのは確かだろうよ。


花二題  


「酔芙蓉」   昼過ぎ、白い花にいくらか酔いが回ってきたようです。

17_201510082007241da.jpg


「シコンノボタン」   寒さに弱いのが難点ですね。

18_20151008200726d9f.jpg





table_20130321210513 -


 「大きくなったね」と来る人たちに言われるうちの”石亀”「カメちゃん」。 「私が小さい時からいたから、もう30年近くいるんじゃないの」と言われたり・・・。
 この幾日か、餌も食べなくなり、石をやたら動かしたり…。 「もう冬眠したいのかな」とは思うものの、冬眠用の水槽に入れてから落ち着かなくて、また”たらい”に戻した経験もあるので、様子を見ていた。
 まだちょっと早いとは思うが、どうも「冬眠態勢」に入っているらしいので、昨日水槽に移したら、割りに静かにしている。 この夏、更に大きくなったようで、去年買った水槽が小さい感じ。
 砂と水を入れた水槽が「カメちゃん」の冬眠場所。 砂に丸いくぼみを作ってそこでじっとしている。 玄関の隅で来年4月頃まで、「お休みなさい」だ。 毎日水を換えたり、暑ければ日よけをしたりと、それなりに手がかかるので、しばらくは楽ができる。
 こんな生き物でも、長い付き合いになると”通じるもの”があるようで、人の方に寄って来たり、真っ黒な丸い目でじっと見つめたりして可愛い。
 カメは長生きと言うが、餌の食べ方を見ていると、ひところほどではなくなっているので、「お互い、年を取ったねぇ」と言う感じかな。 (笑) 
 巷では子供の虐待が年々増えているというが、「カメちゃん」幸せと思っているのだろうか? 「捕らわれの身」で不幸かな? 


ボタンクサギ  



久しぶりに出会いました。

15_201510072048223e9.jpg




16_201510072048240cd.jpg





table_20130321210513 -


 「第3次安倍改造内閣」の閣僚が発表された。 正直、「何をするのかさっぱりわからない」ポストもあったりして。 日本の内閣としては結構長命だし、支持率もまぁまぁだし、ここで改造して損か得かわからないのに…とも思うが…。
 要するに、「改造しなくてはならない一番の理由」は、「閣僚経験者」という肩書の欲しい人たちが大勢いるからってことでしょ。 退任した人は、留任した人をうらやみ、閣僚になれなかった人は選ばれた人をうらやむ。
 「実力」があってその任につくわけではないから、しっかりした仕事ができるはずもないねぇ。 過去には、入閣早々にぼろを出して辞任に追い込まれるケースも多かったし…。
 「閣僚経験者」と聞いても、「そんな大臣がいたっけ?」と思ったことは誰にでもあるのではないのかな。 まぁ、大事なポストには、それなりの人が当てられているのだろうが…。
 ま、選ばれたことで満足せず、「泡沫大臣」になり果てぬよう、頑張ってくださいな。


フジバカマ  



この花には、”渡りをする蝶”「アサギマダラ」がよく来るようですが、
まだ、セットで見たことがないのを、まことに残念に思います。

13_20151006203145a93.jpg




14_2015100620314720d.jpg





table_20130321210513 -
 

 昨日の大村さんのノーベル賞生理学・医学賞受賞に続き、今日は物理学賞に梶田さんが輝いた! 少しずつ発表されるから、更に日本人の受賞も可能性は残しているというわけ。 
 難しいことは分からないけれど、日本人て凄いなぁと思う。 日本人の頭脳が世界に認められるということでしょ。 
 まだまだ該当しても不思議ではない研究者が大勢おいでなのだろうねぇ。
 大村さんは「平和賞」でもよかったという話も感動的だった。
 W受賞は、平凡な頭脳の持ち主にも何か希望ややる気を起こさせてくれる快挙だった。 本当に、おめでとうございます!!


アマクリナム  



巾着田の一隅に植えられていたのですが、その面積を縮小するのだということでした。

10_201510052018430b9.jpg


どちらも「彼岸花科」の「アマリリス」と「クリナム」を交配した花だそうです。

11_20151005201845425.jpg


可愛い「マンホール」の蓋でした。

12_20151005201847e32.jpg





table_20130321210513 -


 運動会シーズン。 最近は、組体操での事故が多いらしい。 「ピラミッド」が崩れての骨折事故。
 テレビで見た限りでは、10段のピラミッドはちょっと高すぎるみたい。 三角形の底辺と高さのバランスが、いかにも不安定に見えた。
 同じ中学校で、昨年も骨折者が出たのに、今年もやって、またまた骨折事故が起きたとは、ちょっと「学習能力の欠如」かな。 最近の子供は、外遊びも少ないらしいし、「はしっこさ」にも欠けていると思うからねぇ。
 運動会は「決死の覚悟」でしなくても、楽しくやれればいいのかと思うけれど…。
 普段やってもいないことをやろうとしても、それは無理と言うものでしょ。


秋ですね! (2)  

 
ハイキングクラブで飯能市方面を歩き、巾着田にもよりました。
今日まで「曼珠沙華まつり」だったのですが、曼珠沙華は見事なほど終わっていました。
でも、秋の空が広がって、気持ちの良い、爽やかな一日でした。

8_201510042109015d7.jpg


コスモスにはまだ早そうでしたが、こんなに咲いている場所もありました。

9_20151004210902a93.jpg





table_20130321210513 -


 ハイキングクラブも高齢化が進み、最近は高い山を目指すことはなくなった。 リーダーもそれなりのお年だからか、性格がおおらかだからか、予定よりも余計に歩くことになることが増えた。 メンバーもそれを承知で参加しているわけ。 道がおかしいと思っても、「分かっている人」も、あえてそれを口には出さないので・・・。 もちろん、、「それでも行けるから」だが・・・。
 しかし、一番の年寄りのばぁばには、「+α」が、どのくらいになるのかが気になり始めた。 自分でしっかり地図を見て、下調べをしておかなくては・・・と思う。
 下調べは当然の話なのだが、個人で行くときのようにしっかり調べずに行く癖がついてしまっていることを、大いに反省した次第。
 長い長いお付き合いのメンバーだけれど、お散歩コースでも、何が起きるか分からないのだから・・・。 


秋ですね! (1)  



玉川上水の上にせり出した小ぶりの柿。 鳥が来ないところを見ると渋い?

6_201510032014089e7.jpg


「オトコヨウゾメ」の実です。

7_20151003201409716.jpg





table_20130321210513 -


 動きの遅い低気圧で、北海道は大荒れ。 雪の便りも聞こえてくるのに台風並みの低気圧! 日本中どこが安心と言える場所もないようで・・・。 
 
  TPP交渉も大詰め。 甘利さん、ずいぶん頑張ったなぁと思う。 自国に有利なようにと各国で思うのは当然だけれど、大国には何か優越感があるかのような感じ。 そうはさせじと頑張るのだが、多少は譲歩もしなくてはならないだろうしね。
 「二度とやりたくはない」と言うような言葉を述べられていた甘利さん、ご苦労なことでしたね。 国内では必ずしも満足はされないのかもしれないけれど、そのご苦労は評価してあげたいな。


ゴンズイ  



山のゴンズイも実がはじけ、「実物」の季節ですね。

3_2015100220283831d.jpg




4_201510022028399a5.jpg




5_20151002202841fe8.jpg





table_20130321210513 -


  「爆弾低気圧」ですか! 今年は初めて耳にする『気象用語』がいくつかあった。 気象の状態が変わったからねぇ。
 向山を歩いて、そこここに水の流れた跡を見て、「大雨だった」と知ったが、よく寝ていたようで・・・。 同居人が「凄い雨だったね」とは言っていたが・・・。
 台風も現時点で23号! 与那国島を襲ったような80メートルを超す風が吹いたらどうなるだろう? 「第2宮古台風」と言ったかなぁ。 80メートルを超す風で、家が飛ばされ、おばぁちゃんと孫がサトウキビ畑の中で嵐の過ぎるのを待ったという話を時々思い出す。 
 いったん離れた台風が、また姿を変えて「爆弾」になってやってくるなんてこともあるし、これからは「想定外」の気象状態を経験することになるのだろうか。 世の中も「想定外」の事件が多くなったし・・・。 「想定外」の楽しい話を聞きたいもの。


▲Page top