散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

木の年齢  

 

樹木の肌を見ても、若者と年寄りは違うもの。 身につまされたりして (笑)。

85_2016022919231563c.jpg


「古木の風格」とも言えそうですが・・・。

86_20160229192317b36.jpg





table_20130321210513 -


 うかつにも「うるう年」には米の大統領選が重なるなんて気づいていなかった。 つまり、大統領選にそれほどの関心を持っていなかったということかもしれない。
 でも、今年はちょっと違う。 何だか面白そうだものねぇ。 「日本など助けない」と言ってはばからない人が大統領になっても、困るとは思うが。
 「ややこしい選挙」との印象だったが、今回の、ローマ法王まで巻き込まれての騒ぎで、少しその仕組みが分かったかな?
 明日は「Super Tuesday」とやらで、大勢がほぼ決まるのだそうな。 本選がまだ先なのだから、お金もかかって大変らしいが、心身ともにタフでなければやれないだろうねぇ。 まぁ、選挙の結果で、「アメリカ人の本質」が分かろうかと言うものかも。


スポンサーサイト

奥多摩湖  



暖かでしたので、午後から、奥多摩湖(小河内ダム)に行ってみました。

81_20160228194720ae2.jpg


曇り空でしたが、日曜日のためか、堰堤にもかなり人がいました。

82_20160228194722511.jpg


これは「浚渫船(シュンセツ船)」でしょうか?

83_201602281947235a3.jpg


奥多摩湖の風は、まだ冷たく、慰霊碑の横には雪が残っていました。

84_20160228194725051.jpg





table_20130321210513 -


 「女性が活躍する社会」を標榜する割には、女性の働きにくい状況が改善されない。 先日、考えてみればその通りだと、妙に納得できる話を聞いた。
 子供が増えた地域でも、子供が小学校に入れなかったという話はないと。 必要ならば、校舎も建て、教員も採用される。 保育園だって同様に、「その気」でやればできるはずだと。
 言われてみれば『確かに…』と。 介護の問題にも言えることだけれどね。
 巨額の費用を使って、オリンピックもできるのだから・・・。


紅 梅  


清少納言は「濃きも薄きも紅梅」だそうですが、私は薄い色が好きです。

79_20160227195409fa9.jpg




80_201602271954104df.jpg





table_20130321210513 -


 「こっち」が気に入らないから「あっち」に行った。 「あっち」がうまくいかず分裂。 で、また「こっち」と手を組もうと。 渡り鳥じゃあるまいに、政治家さんとは、まぁ、節操のないこと。
 こんなこと言うと、「渡り鳥」が気を悪くするかな? 「オレタチ、ソンナニヤタラト、ユクサキヲカエタリハシナイゼ」と。


淡 雪  



地味な「枯れアジサイ」もちょっと華やかさを取り戻しました。

77_2016022620141042b.jpg


春を待つ「アオキ」のつぼみです。

78_201602262014117d8.jpg





table_20130321210513 -


 日本の人口が減ったと。 減り続けるのかな? 人口が8千万になったとか、1億に達したとかいうニュースを聞いたのはいつのことだったろう? 家が足りなくて大変だった時代もあったのに、今や「空き家」が増えて困っているのだからねぇ。
 世の中が目まぐるしく変わるような気もするが、これも長生きしているおかげかも。 時代の変化についていくのが大変と感じることもあるけれど、面白いと言えば面白い。 もっとも、面白がるには、それこそ「健康寿命」を延ばさなくてはね。


春の雪  



さすがに「春」。 束の間の雪景色でした。

これは10時過ぎの向山。 見慣れた風景もちょっと目新しい感じで眺められました。

73_20160225200259cc0.jpg




74_20160225200301b81.jpg




75_201602252003022d9.jpg




76_20160225200304f06.jpg





table_20130321210513 -


 広い畑だった場所が「開発」されて、家電店やスーパー など、何店舗かが軒を連ねる場所になった。 交通量の多い角地なので、商売にはうってつけの場所。
 だけど、そこの駐車場に入る車で特に混雑する時間帯がある。 反対車線を横切って入ろうとする車や、交差点から近い入り口から入ろうとする車がつながると、交差点に車が残ってしまう有様。
 店に用のない車には結構迷惑な話。 店側も気を使っているようで、「右折入庫禁止」なんて看板も出てはいるのだけれど。 かなり遠くからの客もあるようだし、一度にいろいろな用事が片付けられる便利さがあるのかも知れない。
 繁盛ぶりを見れば、各お店にはご同慶の至りだけれど、何とかしてほしいものだなと、通るたびに思う人間はこんなところで愚痴るしか、手がないわけで・・・。


朽ち木  



樹木にも、当然「寿命」はあるわけで・・・。

70_20160224192601d48.jpg




71_201602241926025af.jpg




72_20160224192603d9a.jpg





table_20130321210513 -


 新千歳空港の「緊急脱出」事故。 ニュースを見ていて、「あんな雪の中でも飛ぶんだ!」と。 それが決して安全ではないことを立証する形にはなったけれど。
 飛行機からの脱出は考えただけでも怖そうなのに、お土産と思しき荷物を結構抱えた人もいたのにはびっくり。 余裕があったというべきか? 命より大事なお土産だったのか? 「身一つで」と言うのが常識かと思ってきたが・・・。
 時代が変わればいろいろ変わる。 でも、「命は一人に一つ」と言う点は、多分未来永劫変わらないと思うがなぁ。


葉ボタン  


散歩で通りかかったお宅に、きれいな葉ボタンがありました。

68_2016022319113044b.jpg




69_2016022319113207f.jpg





table_20130321210513 -


 総選挙がありそうだと、浮足立っているのかな? 民主党と維新の会の合流問題。
 両党が解党して一緒になるという案には民主が難色を示し、「民主」の名を残したい案には維新の会が首をひねる。 で、新党名を検討し、三月中に結論を得る、となったらしいが、「党名」でこの始末じゃ、先が思いやられる。
 今までもなんだかんだとあったわけなのに、やはり「一緒にはなりたい」ってことらしい。 「吸収した・された」はいやと、そこにはメンツがあるってことかな。
 『全く新しい形の新党』の成り行きは如何。 何だか、一番大事な点はあまり問題にされていないように見えるけれど…?


春を待つ河原  



天気の悪い日の河原は、まだ寒々としています。

64_201602222019143fb.jpg




65_201602222019165ff.jpg




66_20160222201917329.jpg




67_20160222201918be8.jpg






table_20130321210513 -


 2月22日。 ニャン・ニャン・ニャンで「猫の日」だそうで。 いつそんな日ができたのかな? 最近の「猫ブーム」で?
 ばぁばは猫が嫌い。 何でか。 歴史をひもどくと、子供のころにさかのぼる。
 その昔、夜店で「ヒヨコ」は売られていた。 可愛いので買うのだけれど、子供が育てるのは難しい。 試行錯誤の末、電灯を箱の中に入れてやると、それが程良い暖房になって、気持ちよさそうに寝ることを発見。 可愛くて可愛くて、どんどん大きくなるのが本当にうれしかった。
 ところがである。 ある日、廊下で日向ぼっこをさせながら、ちょっとその場を離れたすきに、猫にやられてしまったのだ! 以来猫は目の敵である。
 飼っていたメジロの籠に猫がおおいかぶさって、可哀想にメジロが腰を抜かすなんてこともあった。 芝生にふんはする、草花の種をまけば掘り返す、植木鉢はひっくり返す、・・・。 いやだ、いやだ・・・。 と言う次第。
 猫人気で、飼う人が増えるのだろうが、どうぞ最後まできちんと飼ってくださいな。 子猫なんぞをやたら捨てられたのでは、たまったもんじゃないからネ。
 猫は嫌いだけれど、別に猫に「危害」を加えたりは致しません。 (念のため)


今朝の状景  



おなじみの景色ですが、今朝は雨上がりの雲がきれいでした。

62_20160221200403c58.jpg


ワンコのお散歩タイムです。

63_2016022120040523d.jpg




アジサイの目覚め  



「そろそろ起きようか」

59_20160220200149110.jpg


「あ~ぁ、気持ちいい!」

60_201602202001506d7.jpg


「まだ眠~い」

61_20160220200152d8f.jpg





table_20130321210513 -


 最近、捨てる紙がやたらと多い気がする。 医者にかかれば、「診療明細書」、薬局でも「薬の説明書」と「調剤明細」みたいなものをくれる。 一種類の薬でも大きな紙で。 処分するときは氏名部分を切り取って廃棄する。 「再生紙」だとしてもかなりの無駄じゃないのかな? 病院の「自動支払機」では必要かどうか聞いてくれるが、必要とする人はどのくらいいるのだろう? 正直なところ、見ても「へぇ~、こんなことにお金を取るのだ」なんて思うだけだったりしてね。
 葉書類も処分には手間がかかる。 金融機関からのお知らせもなども、やれやれと言う感じ。
 個人情報が云々され始めたころ購入した「パーソナルシュレッダー」にかけるのだが、葉書一枚程度が大きさも厚みも適当という器械なので、ちょっとため込むと大変。
 年賀状もたまってしまったので、近年のものだけ残して今日は処分させてもらった。 年賀状を出さない人が増える原因の一つは、こんなところにもあるのかも知れないなぁと思いながら。 
 紙が多くなるのは、「何でも形に残しておけば文句はあるまい」と言うことなのかな? 「形だけ」の風潮がここにもと言うことか。


神明社にて  



福生市の神明社の梅です。 梅まつりはまだだと思うのですが・・・。

55_20160219200845f05.jpg




56_20160219200847a3b.jpg




57_201602192008487d0.jpg




58_201602192008485ee.jpg





table_20130321210513 -


 ”センセイ方”の良識、見識を疑うような発言、失言が続いている。
 羽織袴で国際会議に出席するのも、ちょっと「目立とう精神」が旺盛すぎるのでは…?と思ったが、やっぱりだった。 うれしくて有頂天になっていたのかな。
 担当する、しないい関わらず、仮にも「大臣」と名がつく人ならば、「北方四島」の名前くらいは知らなくちゃねぇ。
 黒人奴隷が大統領になったなんて、南北戦争時代じゃないのだから。 何を言わんとしているのか、ついにわからずじまいだったが。
 皆さん、何を言おうと「撤回します」と言えばことは足りるとでもお思いなのかな? 一度口にした言葉は、聞いた者の耳には”末永く”残るのに。 
 はっきり言わせてもらえば、「ドイツもコイツも国政を任せるには全くもって心もとないよ」と言うことね。


切り株  



桜の名所としても知られる羽村堰。 桜の「更新作業」が始まり、古木が伐採されています。
もったいないと思っていたのですが、伐採後の切り株を見ると、納得せざるを得ません。

52_20160218195946774.jpg




53_20160218195948a7d.jpg




54_2016021819594905a.jpg





table_20130321210513 -


 打ち上げに成功した日本の天文衛星が無事軌道に入り、「ひとみ」と命名された。 ロケットの残骸や、わけのわからぬ物体が軌道に入って大喜びのどこぞのお国の騒ぎを思えば、我々は国中ひっくり返って喜びを表現するようだけどね。(笑)
 ブラックホールの謎の解明に寄与すると。
 命を果てしなく伸ばして、その結果を知りたいと思うけれど、それはどう考えても無理と言うもの。 かのアインシュタイン博士でさえも、その説が実証されるには100年を要したと言うのだから・・・。 ま、星の一つにでもなれたなら、ブラックホールに近づくか!


福寿草  


これは「野生種」の福寿草だと思います。

47_2016021719463330b.jpg




48_201602171946346ba.jpg




49_20160217194636693.jpg




50_20160217194637c6b.jpg




51_20160217194639838.jpg





table_20130321210513 -


 横断歩道を歩いていた小学生が、曲がってきた大型車にひかれて亡くなるという事故が続いた。 保育所での事故も多いらしいし、少子化の時代、特に大事な子供たちなのに。 年寄りばかり多くなって。 さりとて、その年寄りを亡き者にして構わないということはあり得ない。
 川崎の介護施設で起きた連続転落事件の犯人がやっと逮捕された。 最初のニュースから犯人は分かっていたでしょ。 動機が何かよくわからないけれど、そこまでひどいことをする前に仕事をやめてほしかったと思う。 おむつを換えずにおかれようと、ナースコールに応えてくれずとも、転落死させられるよりはましだもの。
 福祉関係の施設でも、病院でも、本当に手が足りないようね。 そのしわ寄せが入居者や、入院患者に来ている様子を目の当たりにするとまことに不安。 どこもかしこも『手が足りない』 。
 女性の進出のために保育所を増やす計画があるらしいが、お世話する人間の数が足りないのではどうにもならないでしょ。 ほかの業種よりも平均して10万円も少ないという月給を、とりあえず引き上げれば、多少は解消されそうに思うけどねぇ。


節分草  


雨上がりに庭で、節分草が咲き始めました。

43_20160216195111e42.jpg


植えたまま音沙汰なくてやきもきしたのですが・・・。

44_201602161951123d6.jpg


3~4年後1輪咲いて以来、増え続けています。

45_20160216195114443.jpg


毎年心待ちにしている大事な花です。

46_20160216195115d19.jpg





table_20130321210513 -


 「かかりつけ医」に次いで、「かかりつけ薬局」を持つ方が良いという話が出ている。 同じドクターにかかれば、薬局もおのずと同じになるだろうが、受診科目によっては面倒なこともありそう。
 それはともかくとして、ばぁばは薬局で局員が、無責任に発する言葉が気に入らない。 「薬が余って困ることはありませんか」と言うから、次回、余っている薬を持って行っても、『それは先生に言ってください』と。 「薬はは効いていますか。効かなかったらおっしゃってください」と今日も言われたけれど、薬局ではどうにもできないんじゃないの?
 「かかりつけ薬局」ができても、結局は「お薬手帳」だけが頼りの関係だろうから、患者にはたいして利点があるとも思えない。
 ドクターはパソコン画面、薬局はお薬手帳がそれぞれの”資料”。 その場に患者本人がいなくても別にどうってことはないのね、なんて言ってみたくたったりして・・・。


大根畑  


土から出ていても凍らないのかな? 自家用の大根かも。

IMG_0109.jpg





table_20130321210513 -


 「NTT」から来たと言う男、早口で何やらまくし立てる。 聞き取れたのは、テレビも電話もOO円安くなる・ケーブルテレビも見られる・線を張り替える日は家に上がるから家にいてもらわないと困る・・・。
 玄関のガラス戸越しの会話。 曇りガラスの上部が素通しになっている戸なので、”胡散臭い”と思うときは鍵を開けない。
 ちょっと聞くと、あたかも契約しているケーブルテレビ会社からの人で、配線を新しくするような話にも聞こえた。 「ケーブルテレビからの委託で見えているのですか」と尋ねると、「NTTです。 NTT分かりますか」と言う。 「要するに、ケーブルテレビをやめて、NTTに切り替えると安くなりますよ、ってことね」と言うと「そうです」と。 「うちは結構です。 お世話さま」と言うと、帰って行った。 肩を落としてすごすごと。 ”あんなにしゃべったのに駄目だった”と言うところかな。 (笑)
 天下のNTTも落ちたなぁと思う。 今回は人間が来たが、電話でも、いかにもこちらが契約者のように”さらに”サービス向上を図るなんて話しかけてきたりする。 詐欺まがいは新聞だけでなく、電話もだなぁと。 年寄り相手には「騙しが一番」とでも思うのだろう。 どうやら『人を見たら詐欺師と思え』と言う時代になったらしい。 用心・用心。


お昼寝カモちゃん  


みんな頭を羽の中にうずめて・・・

40_201602141947354de.jpg




41_201602141947374bc.jpg





table_20130321210513 -


 北朝鮮への制裁に、中国がどうも消極的だというでしょ。 かなりメンツをつぶされるような仕打ちを受けているのに。
 北朝鮮は、世界に「怖いものなし」と言う姿勢、中国は「人のものも自分のものも区別なし」と言う態度。
 中國や香港で、反体制派の人々がいつの間にか行方不明になっているらしい。 そして、中国で拘束されていると。 北朝鮮の「拉致」は他国民にも及んでいるが、中国にも「拉致」は存在するということでしょ。 中國の消極的な理由はいろいろ言われているが、両者の共通点も薄気味悪い。
 言いたいことの言えない国。 日本が再びそういう国にならないことを願うのみ。


絶壁の木  



草花丘陵の「丸山」のはずれは絶壁で、そこにある木です。 金網もあり、これ以上は近寄れませんが、高いです。

37_20160213202432b5a.jpg


この木は生きているようです。

38_20160213202433fb6.jpg


こちらには落雷の痕跡と思われる「焦げ目」があります。

39_20160213202434a5a.jpg





table_20130321210513 -


 ミサイル発射に対する日本の制裁措置に対して、「拉致被害者や行方不明者の調査を中止する」と。 十分に予想されたことだけれど、そもそも『調査』などしていなかったんじゃないのかな? 個人のお付き合いだって、約束を守らなければ友達はいなくなるでしょ。 「嘘はつく」、「約束は守らない」。 常識では考えられない「拉致事件」を起こすような国だものねぇ。
 国の中では「恐怖政治」だと言うし、ミサイル発射を喜ぶ人たちの「表現」も我々から見れば『異常』。 アナウンサーも見事な演技者? すべて、わが身を守るためなのかも。


走 る  



電車も走る!  

熊川鉄橋(福生市)を渡るJR五日市線の電車。

34_20160212192619188.jpg


生徒も走る!

35_201602121926207ff.jpg


福生中央公園がスタート&ゴール地点。  多摩川の土手をひたすら走る。

36_20160212192622a42.jpg





table_20130321210513 -


 現代人は、”浮気”が職を失うことにつながるのだから大変。 きわめて「個人的」なことだけれど、世の中の総攻撃を受ける仕組みになってきたらしい。 夫婦間のことは当事者で解決すればいいと、ばぁばは原則としては思うのだけれど。
 とは言え、今日謝罪会見をしていたセンセイはおかしかったねぇ。 偉そうに”女性票”を集めそうな発言をしていたと思ったら、していることはまるで逆。
 ”女性票”のみならず、”男性票”まで逃しそう。 職を失い、世間の信用を失い、奥さんの信用はもちろん、赤ちゃんの将来にも影を落としかねないものねぇ。 事の重大さをしっかりとはお分かりではないみたいだったが・・・。 ミットモナイハナシデシタ。


白 梅  



近くの公園の白梅が見ごろでした。 青空に映えますね。

31_20160211203856a2f.jpg




32_20160211203858e9b.jpg




33_20160211203859c3e.jpg





table_20130321210513 -


 「建国の日」と言うのかな? 「建国記念日」? 要するに、昔の「紀元節」ってわけ。
 昔はどこの家でも国旗を門口に出したものだが、最近はそういうこともなくなった・・・と、思っていたら、今日はあちこちで見かけてびっくり。 昔のように大きくて立派なものではなくて、「小旗」が、カーブした旗竿ならぬ旗棒についているというスタイル。 確かに、これならば集合住宅にも合うなぁと思ったが、愛国心も”小ぶり”になったことの象徴だったりして。
 かく言うわが家はそれすらなしで・・・。 「もらっていく」と言って、大きな国旗を持ち帰った息子が家で掲げているとも思えないが・・・? まさか、日の丸を掲げるのが流行りだしたわけではないのだろうねぇ?


シボリカタバミ  



花の少ない時期に、寒さを避けて入れた廊下でよく咲きます。 
日が当たらないとお休みですが・・・。

28_20160210200437a80.jpg




29_20160210200439d90.jpg




30_20160210200440d24.jpg





table_20130321210513 -


 川崎の中学生が殺害された事件で、19歳の少年に判決が出た。 求刑は10年~15年の不定期刑。 判決は9年から13年の不定期刑。 つまり一番長くて13年。
 殺害方法などを考えると、「なんでこんなに軽いの?」と思う。 裁判員裁判だったが、裁判員の皆さんもこれで納得したのかな? 少なくとも20年以上でなくては浮かばれまいなぁと。
 選挙権も与えられるのだから、「少年法」の対象年齢を下げなくてはおかしいでしょ。 義務教育を終えたら「大人扱い」でいいのではないのかな。 ”大人”に交じって働いている子も沢山いるのだから。


八国山緑地を行く  



ハイキングクラブのお仲間と、東村山市にある「都立八国山緑地」を歩きました。
八国とは、上野・下野・常陸・安房・相模・駿河・信濃・甲斐を指すのことです。

24_2016020920210020b.jpg




25_20160209202101b5f.jpg


ところどころに広場もあって、楽しい”歩き”でした。

26_20160209202103a06.jpg




27_20160209202104350.jpg





table_20130321210513 -


 「三寒四温」と言われるころなのだろうが、そんな穏やかな雰囲気とは程遠い気温の”乱高下”。
 暖冬が一変して寒くなり、インフルエンザが急速に流行りだしたらしい。 1週間で患者が倍増と。 ワクチンの型は当たったということだが、早くに打った人は効き目が弱くなりそう。
 「ノロ」だとか「ジカ」だとか、いろいろなウイルスが空中をただよっているようで。 花粉症もシーズンだしねぇ。
 インフルエンザ対策として、人込みを避け、手洗いもきちんとし、規則正しい生活をする。 それでもなる人はなるんだろうなぁ。 ワクチン接種で、軽くは済むらしいけど。


荒幡富士  



各地に「富士山」はありますが、今回は埼玉県所沢市の「荒幡富士」に行きました。

20_20160208192329929.jpg


下には「浅間神社」もありました。

22_20160208192332cd9.jpg


「荒幡富士」と「浅間神社」の位置関係はこんな具合です。

21_20160208192331d12.jpg


これは「荒幡富士」山頂から見た、世界遺産の「富士山」です。

23_20160208192333d85.jpg





table_20130321210513 -


 台湾で大きな地震があった。 生存率が急激に下がると言われる時間が迫る中、懸命の救助作業が続いている。
 倒壊したマンションは、隣接している建物より、はるかに立派に見えるのに、こちらが倒壊するとは信じられない。 手抜き工事があったかどうかこれから検証されるらしいが、倒壊した壁の中に、油の缶なのか、1斗缶」が並んで見えているのが何やら不思議。 ビルの形を整えるために使われるのだそうな。
 日本の専門家は、鉄筋の数が圧倒的に足りないと。 もしも、鉄筋や鉄骨の代わりに空き缶が使われていたのだとすれば、地震が来なくてもいずれは倒壊することになったのではないのかな? 日本でも、手抜き工事が問題視されてきたが、どこの国でもなのかねぇ?
 「見てくれ重視」の風潮がこんなところにまで出てきたのだとすれば恐ろしい話。 人間の質が低下したということかも。


凍る山  



夜中の雪も今朝はすっかり上がり、向山(草花丘陵)の凍った木々が綺麗でした。

17_20160207185400c28.jpg




18_201602071854029a8.jpg


三角屋根は「羽村市郷土博物館」です。

19_20160207185403dfc.jpg





table_20130321210513 -


 北朝鮮の「ミサイル」も無事通過したという点ではよかったけれど・・・。 この国も、「穏健派」が消えていく傾向だそうだから、今後、どうなるのだろうね。 みんなが持て余す”駄々っ子”に、『ガツン』と何かいい手はないものかな?
 ミサイルだとか、水爆だとか、その経費を「飢える国民」のために使えばいいのにねぇ。 総書記ドノはよく太っておいでだが・・・。


伐 採  


これは、昨年、「切られる運命の木」としてご紹介した土手の「ケヤキ」の大木。

14_20160206203500ace.jpg


その「伐採」が、いよいよ始まりました。

15_20160206203502ace.jpg


「歩行者通りま~す」、「自転車通りま~す」と、作業も大変。

16_20160206203503125.jpg





table_20130321210513 -

 
 北朝鮮の”自称”人工衛星の発射が早まる模様。 明日かな?
 世界が何を言っても中止することはあり得ないのだから、同じには予定のコースをしっかり通ってもらいたいもの。
 それにしても、世界中が一つになっても一国の暴挙を止めることはできないのねぇ。 世界が一つにはなっていないってことかな。


春の兆し  



きらめくせせらぎ沿いに咲く「ナズナ」。 春を感じさせます。

12_20160205200248b71.jpg




13_20160205200250332.jpg





table_20130321210513 -


 ペットとして飼われる犬の数が減っているそうな。 一方、猫は増えていると。 マンションの「飼育禁止」の影響もあるのかも知れないが、犬と違い、猫は勝手に外へ出かけるから、野良猫が増えることになりそうね。
 「地域猫」なんて話もひところよく耳にしたけれど、猫嫌いにしてみれば『とんでもない話』だったりして。
 野良ネコに餌をやる人もいる。 コンビニなどで廃棄用に店前に出すお弁当を持ってきて猫にやっていたホームレスさんもいたからねぇ。
 猫は犬ほど手はかからないのかも知れないが、飼い主さんは、しっかり責任を持って飼ってほしいと、被害をこうむることの多いばぁばは切に願う次第。


流れる雲  



「立春」、この言葉の雰囲気はいいですねぇ。 見上げる青空は「冬晴れ」の感じですが。

10_20160204194001e10.jpg


雲の浮かぶ青空をバックにした冬木立が大好きです。

11_201602041940035e9.jpg





table_20130321210513 -


 預貯金を10年預ければ倍になった時代があった。 今は昔の物語。
 日銀のマイナス金利の導入の影響で、銀行の金利も下がっているらしい。 「へぇ~、まだ下がる余地があったんだ!」と思う。
 ある程度の預金があれば、その金利で、たまには旅行もでき、友達との食事もできるのが年寄りの楽しみ・・・と言う時代もあった。
 日銀の黒田総裁の話で、「一般の預金がマイナス金利になることはないだろう」ですって。 預けたら減ってしまうのでは誰も預けるわけがない。 みんながタンス預金にすれば、喜ぶのは『詐欺師』だけかも。
 昔、通帳を見るのが楽しみで、それが趣味と広言する人もいた。 ”増えない通帳”じゃ趣味にもなるまいね。 ホラー映画を見る気分が味わえるかな? (笑) 


災 難  



大きな音がして、廊下のガラス戸に鳥が衝突。  見かけない色の鳥が落ちていました。 
倒れそうになるのをこらえながらも腰が立たないようでした。

5_20160203205250f0d.jpg


どうやら「ヒヨドリ」のひなのようで、木の上でギャァギャァ言っているのが親と思われました。
ハァハァしているので、スポイトで水を飲ませてみました。

6_20160203205252b9a.jpg


水を飲んでしばらくすると目に生気が戻ってきました。

7_20160203205253c72.jpg


頭をなでたり翼を整えてやっても、されるままでした。

8_20160203205254769.jpg


家の中から眺めていると、頭を左右に動かすようになり、やがて元気に飛んでいきました。

9_20160203205256c70.jpg





table_20130321210513 -


 清原元選手の逮捕のニュースで一日が終わった感じ。 高校野球では、PL学園の桑田、清原両選手の登場で盛り上がったものだった。 プロ入り後も、華々しい活躍を見せていた。 どこでどう間違ってしまったのだろう?
 その後、特に関心をもって見ていたわけではないが、たまにテレビに登場するのを見て、「何だかやくざっぽくなった」と言うのが正直なところだった。
 結構売れている芸能人も手を染める覚せい剤。 人には分からない悩みがあったり、あるいは軽い気持ちで手を出すのかも知れないが、過去の栄光が華々しければ華々しいだけ、一層惨めに”落ちたなぁ”と、痛ましい。
 「目標」がなくなるというのは、やはり人間を駄目にするように思うねぇ。


虹の玉  



多肉植物の中では寒さにも強く育てやすい種類です。 可愛く植え替えてやらないと・・・ネ。 

2_2016020219595796c.jpg




3_20160202195958c30.jpg




4_20160202195959099.jpg





table_20130321210513 -


 車がお店に突っ込む事故が多発している。 多くが、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と。 今日の事故では「車が止まらなかった」とのことだから多分同じだろう。
 ある程度年を重ねた人は、多分「マニュアル車」で免許を取り、乗っていたのもマニュアル車だったと思われる。 つまり、アクセル、ブレーキ、クラッチと、両足をフルに使っての運転。 その癖で、オートマ車になっても、「両足」なのではないのかな?
 初めてオートマ車にした時は、クラッチ切り替えの癖で、左足が”動いて”おかしかったけれど、オートマ車の「両足」はうっかりミスにつながりそうに思うなぁ。 左足はゆっくり「お休み」にしておいたほうがよさそう。


春を待つ  



雪で折れたかに見えたミニバラでしたが、雪が解けるとつぼみが顔を出しました。

76_20160201191608b1e.jpg





table_20130321210513 -


 甘利元大臣の辞任で、安倍内閣も揺れていただろうが、なんと支持率は軒並みアップしたそうで。 辞任に至った問題はもちろんよくはないが、事件後の対応が安倍さんはうまかったということかもしれない。
 しかし、同時に、「野党の動き」にもその一因があるのかも? 十年一日の如き、いじわるなのか、困らせたいだけなのか、とも取れる動きに、飽き飽きしている人が多いんじゃないのかな?


▲Page top