散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

ヒヤシンス  



市のチューリップ畑の一角に、紫の濃淡のヒヤシンスが植えられています。

110_2016033119272197f.jpg




111.jpg




112.jpg


ヒヤシンスで、何かが描かれているようですが、、チューリップが咲き、展望台の上から見てのお楽しみでしょうか。

113.jpg





table_20130321210513 -


 景気が良いのか悪いのか定かではないが、「個人消費」が延びないというでしょ。
 もともとそんなに買い物をするたちではなかったが、考えてみると本当に買わなくなった。 特に『着るもの』を買わない。 流行の服に身を包み、お出かけするなんてこともないし、機能性第一の生活だから、「あるもの」で間に合ってしまう。 年寄りは大体似たようなものじゃないのかな。
 金利はゼロだし、年金の先行きも安心には程遠いし、子供が頼れる時代ではないし、せめて「トラの子」を大事にしようと思うわけでしょ。 年を重ねて、病気にならない保証はないし、頼りになるのは「お金」だけ、となれば、使えないということね。 
 考えても結論の出ないことは、「なるようにしかならない」と思うことにしているけれど、本当に、落ち着かない世の中だとは思うなぁ。 


スポンサーサイト

ヒメコブシ  


つぼみを鳥に突っつかれると、花びらがちぎれてしまうのですが、今年は無事でした。

106_2016033020440229b.jpg




107_20160330204403d96.jpg




108_201603302044054d1.jpg




109_201603302044063e0.jpg





zoo.jpg
ライオンバス (3/6) 

 大規模なテーマパークが次々とできる中で、中規模の遊園地が姿を消していく話を聞いたのは昨日。 そして今日は、多摩動物園の 「ライオンバス」が今日で終わりになるとの話。
 子供たちが小さいころはこのバスに乗るのも時間待ちで大変だったものだが、なんせ半世紀も前の話で・・・。
 そのころ描かれていた「未来都市」が現実のものとなり、今や、「穏やかに、ゆったりと楽しむ」と言った風潮ではなくなったということかな。 自然派の人間には、ますます住みにくい世の中になっていくというわけらしい。


レンギョウ  



春は黄色い花が多いと思いますが、これもまた黄色です。

103_20160329203317501.jpg




104_201603292033185ac.jpg




105_20160329203319dba.jpg




ボ ケ    



ボケの花が咲き始めました。

100_20160328195544907.jpg




101_20160328195545c3f.jpg




102_201603281955466ed.jpg





table_20130321210513 -


 大学生が女子中学生を監禁するとはどういうことなのだろう? 2年間も! 妹もいる人らしいのに、何を考えていたのかな?
とにかく無事に「逃げ出せて」良かった! でも、本来は、今年から高校生だったわけなのに、勉強も、友達もすべて奪ってしまったのだから、その責任は重いよねぇ。 お嬢さんには、まだ、若いのだからゆっくりすべてを取り戻してほしいと思う。
 それにつけても思うのは、「逃げ出すこと」も不可能な拉致被害者の皆さんのこと。 本当に何とかできないものかねぇ。 本心を明かせば、「斬首作戦」でも実現させたいと思う人が多いことだろう。
 民進党の安倍政権に対抗も結構だけれど、被害者を帰国に導くことができれば、次期政権は絶対に約束されるだろうにね。


ヒドリガモ  



多くの水鳥はよく見るとまことに美しい!

97_2016032720322097d.jpg




98_20160327203222e46.jpg




99_201603272032230b7.jpg





table_20130321210513 -


 寒さが続くので庭の雑草も丈が低い。 しかし、しっかり花をつけているのだからさすが! 「ハコベ」や「タネツケバナ」はまぁまぁと思うが、「スズメノカタビラ」は本当にたくましい。 これはイネ科なので、早く抜かないと「くしゃみの元」になるし・・・。
 草むしりの季節到来だけれど、ウグイスの声を聴きながらの仕事は、今のところ「気持ちいい」。 まだ寝ぼけている小さなカエルを掘り出してしまったのは可哀想だったけれど、どこかにまたもぐりこんだから、多分大丈夫だろう。 春ですねぇ!


モミジイチゴ  



野山にある「キイチゴ」の中では一番おいしいそうですが、下向きに咲く花もきれいです。

95_20160326202154925.jpg




96_20160326202155d14.jpg





table_20130321210513 -


 羽村の「桜まつり」が今日から始まった! 残念ながら開花はまだ。 ウエザーニュースで、「羽村堰の開花予想」は23日と出ていたが、予想通りに事は運ばず、今の「ピンク」は提灯だけ。 川風も冷たいし・・・。 日中お花見予定らしき敷物があったが?
 わが家では、炬燵にストーブもつけている次第。 まさか、「枝」のライトアップもしてはいないのだろうけれど、寒いから、外へ出て見る気にもならなくてね。 出店予定の皆さんも予定は大狂いだろうなぁ。
 上野公園では、花はなくても「お花見」は出来ているようだけれど、ダウンコートをまとい、座布団を敷き、カイロを持っての「枝見」でも気分は出るものかな? (笑)


ウグイスカグラ  



山道でこの花を見つけると「春が来た」と感じます。 鶯の声も聞こえます。

92_20160325202051fb2.jpg




93_20160325202052f48.jpg




94_20160325202054145.jpg





table_20130321210513 -


 プロ野球が開幕だそうで。 試合前の円陣は高校野球でも行われることだし、純粋に「頑張っていこう」の意味かと思っていたけれど、まさかあれにも「金銭」が絡んでいようとは、思いもしなかったなぁ。
 野球とばくが問題になったが、試合前の円陣でもお金が動いていたということで、何のことはない、「賭博」に通ずる下地は長年にわたって、培われていたってことみたい。
 おそらく、すべての球団で「普通に」行われていた金銭のやり取りだったのだろうから、「賭博」に対する感覚も当然鈍るだろうし、「関係者」も取り入りやすかったのだろね。
 「ちょっとおかしいんじゃないのか」と、誰も思わなかったところに「根の深さ」を感じてしまうが・・・。

 

椿  



今日はわが家の椿をどうぞ。

90_201603241939069b3.jpg




91_201603241939081c7.jpg


 


table_20130321210513 -


 今日は寒の戻りで寒くなったが、このところウグイスが毎日来るので楽しい。 でも、昔に比べると庭に来る鳥の種類の減ったこと! いるのが当たり前だった雀の激減には驚かされたが、鳥にとって住みにくい世界になったということでしょ。 
 昔はオナガの巣がカラスに襲われ、ひなが巣から落ちることが結構あった。 そのひなを育てたりしていたので、近所の子供までが持って来るようになり、一生懸命に育てたものだった。 少し大きくなっても、多くの場合、「親の反対」で引き取ってくれないので、我が家にはオナガや、ヒヨドリが何羽もいた時期があった。 ひなから育てると良く慣れて、放してもいつまでも庭木にいて可愛かった。
 今はオナガもめったに見られない。 どこもかしこもきれいに整えられて、小鳥が自由に巣をかけられる場所もなくなっている。 大木も、日照の問題、落ち葉の問題で、伐られてしまうのが現状だから、止むを得ないのだろうけれど、小鳥の姿もない「自然」は「本当の自然」とは言えないのだろうねぇ。


アセビ  



一つ一つの花は可愛いものですね。 毒のある木と言いますが・・・。

88_2016032319460757f.jpg




89_201603231946081c7.jpg





table_20130321210513 -


 ベルギーのテロ。 パリのテロの実行犯がベルギーで逮捕され、その犯人をフランスに引き渡すというニュースがあったばかりだけれど、「犯人を引き渡す」と言う点にちょっと引っかかるものを感じていた矢先のことだった。 ニュースでは、「犯人逮捕への報復」となっていたが、ばぁばが引っかかったのは「引き渡し」の方だったわけ。
 ヨーロッパでは、国境の通過が難しくはないらしいから、ある意味では恐ろしい。 日本でも安心のできる状況ではないけれど、島国だから、水際作戦で頑張ってほしいと思う。
 国際会議も間近だし、オリンピックもあるけれど、これは、インフルエンザやノロウイルスの感染を恐れて人込みを避けようというのとは次元の違う問題だからねぇ。
 最近の世界を見ていると、「テロのない社会」の実現が、果たして可能だろうかとも思えて恐ろしい。


ムラサキハナナ  



すっかりおなじみの花になりましたが、「花大根」とも言いましたね。

85_20160322192542bd3.jpg




86_20160322192543661.jpg




87_20160322192544726.jpg





table_20130321210513 -


 相模原で両親から虐待されていると、児童相談所に保護を願い出ていた中学生が、父親に暴力を振るわれたのちに自殺。 学校からも親に虐待されていると児童相談所に通報があったというのに!
 児童相談所は「対応に問題がなかったかどうか検証」ですとさ。 問題があったから、自殺させてしまったんじゃないの! ばぁばは、「また児童相談所か」と、正直、思ったけど。
 「両親の同意」が得られなかったから、強制的に保護する手段を取らなかったのだそうな。 親との「その後」よりも、子供は、「今」助けてほしかったのだろうに。
 各地で機能せずに結果的に子供を死に追いやるケースの多い「児童相談所」と言うお役所に、もっと「危機的状況」に敏感な職員を配置することは無理なのだろうか。 これだけ問題が多いのだから、法改正でも何でもして、本当に子供のために動けるお役所にしなくては存在の意味がないと思うが。


ムスカリ  


わが家のムスカリですが、狭い場所なので撮ると腰痛に! (笑)

78_20160321202559526.jpg




79_201603212026012de.jpg




80_20160321202602a1d.jpg


花を逆光で撮るのが好きですが、狭い場所では思うようにならなくて・・・。

81_20160321202631dd8.jpg




82_201603212026335c7.jpg




83_20160321202634232.jpg




84_201603212026352d5.jpg





table_20130321210513 -


 東京でも桜の「開花宣言」が出た。 気象庁の係りの方は3連休も休めなかったようで、「仕事ですから」と。 「開花宣言です」と言う係の方に取り囲んだ人からは拍手が起きていた。
 開花は平年より早いが、今週後半は「寒の戻り」があるので、桜は長持ちしそうとのこと。
 4月第2日曜が羽村ではお祭り。 ことによると、花吹雪の中のお神輿が見られるかな?
 でも、桜の咲くのを待っているなんて平和な話よねぇ。 いつまでもこの平和が続くといいのだけれど・・・。


メジロ  



「ボケ」が好きらしく、よく来ては、花の中に顔をうずめて蜜を吸っています。 

72_201603202000021fc.jpg




73_20160320200004df5.jpg




74_20160320200006b84.jpg




75_20160320200031db7.jpg




76_201603202000329ad.jpg




77_2016032020003489d.jpg





table_20130321210513 -


 米韓の軍事演習に反発して、北朝鮮がミサイルを発射したりしていたが、今日は大規模な演習まで始まった。
米韓は対北朝鮮だと表明していたが、北朝鮮でも対韓国と表明。 お互いに、「仮想敵国」相手の演習ではないのだから・・・!
 「斬首作戦」なんてことを言われては、対象にされた人が、穏やかな気持ちでいるわけがないでしょ。
 「一触即発」の状況と言われるが、世界を敵に回して、「若気の至り」で何を始めるかと恐ろしい。
 さらに、トランプ氏が大統領になったりしたら、いよいよ『破滅』への道? この先、どういうことになるのやら・・・?


クリスマスローズ  



クリスマスローズも種類が増えましたね。

65_20160319195947f44.jpg




66_20160319195948801.jpg




68_201603191959519a7.jpg




67_20160319195952c20.jpg




69_20160319200020ab3.jpg




70_20160319200022f4c.jpg




71_20160319200024632.jpg





table_20130321210513 -


 安倍総理は「女性の活躍する社会」をお望みらしいが、女性ならいいというものでもないだろうに。 「うちわ事件」で法相の地位を退かざるを得なくなった松島元法相の動画サイトへ投稿された委員会での一部始終。 いくらなんでもあれはひどすぎる! 隣で一生懸命答弁をしている外相にも非常に失礼じゃないのかな。
 頭はよいのかも知れないが、非常識で人間としてはかなり”お粗末”じゃないのかねぇ? 頭の良さと、賢さは別物だから。
 何か、お顔の印象そのままのお人のようで、国政に関与する方としては問題ありじゃないのかな?


ラッパズイセン  



これだけ咲くと見ごたえがありますね。

61_20160318191216d3d.jpg




62_20160318191216cbb.jpg




63_2016031819121858f.jpg




64_201603181912196d1.jpg





table_20130321210513 -


 昨日、今日と暖かくて、靖国神社の標準木の桜が、もう咲きそうだと。 でも、週明けにはまた寒の戻りがあるそうで。 滅茶苦茶な気温の上下だから、今年の花も咲き方が滅茶苦茶。 早々と梅が咲いたと思ったが、今が見ごろの木もあるし・・・。
 『暑さ寒さも彼岸まで』も、今や『あてにはならない』状況。
 気温が滅茶苦茶だからと言うわけでもあるまいが、最近の「事件」も滅茶苦茶ね。 交際を断られたからって、なんで殺人事件に結びつくのだろう? 自分の思い通りにならなかったという経験がないのかな? 子供から中年まで、あまりにも短絡過ぎると思うが。
 少子化で、わがままに育てられた人間が多いのだろうか? ま、親世代がそうだから仕方ないのかな?
 放任主義では碌な人間は育たないってことね。


川辺の散歩道  



昭和記念公園の「川辺の散歩道」と名付けられた道は、「寒緋桜」や早咲きの桜に彩られていました。

57_20160317202721e41.jpg




58_20160317202723971.jpg




59_20160317202726fc6.jpg




60_20160317202726e37.jpg





table_20130321210513 -


 日本の大手家電メーカーが中国に「身売り」したり、子会社を売却したり、中國に助けてもらう話が続いている。 何で中国?と思うけれど、条件が良いということなのだろう。 でも、海外への「技術の流出」と言う点で、問題はないものなのかな?
 もともとの”本業”以外に手を広げた結果、経営難に陥ったのかどうか詳細は分からないけれど、もしそういうことならば、「電力自由化」の波に乗って各業種が参入を目指すのも心配になろうというもの。 電力部門が破綻をきたしても、”本業部門”で稼げばいいということかな?
 どうやら『地道にコツコツ』なんて言うのは、時代遅れの考え方と言うことになってしまっているらしい。

 

そろそろ出番  



国営昭和記念公園の、春を待つボートです。 明日は暖かくなるとの予報ですが・・・。

55_20160316185838375.jpg




56_20160316185840f67.jpg





table_20130321210513 -


 チェス、将棋に続いて囲碁も! 「人工知能」ってすごいのねぇ。 これだって人が作ったものなんだろうにね。
 ホント、頭の中身を「人工頭脳」に変えたくなるよねぇ。 もし、それが可能なら、認知症も「恐るるに足らず」でしょ。
 今後、どういう方面で活躍するのかよくわからないけれど・・・。


ハクモクレン  



近所のお寺に咲いていたのは、モクレンでしょうか。

52_20160315190953b48.jpg




53_20160315190954c96.jpg




54_2016031519095771c.jpg





table_20130321210513 -


 このところ日本のバドミントンが快進撃を続けている。 全英オープンで女子はシングルス、ダブルスともに優勝し、男子のダブルスも準優勝を果たした! 昨年の世界選手権や12月も活躍が続いていたものねぇ。 卓球同様、こちらも強化策が実ってきたということらしい。
 強化選手に選ばれるのはごくわずかな人だろうが、スポーツはお遊びに毛が生えた程度でも楽しいもの。 うまい人の試合を見るのも楽しいけれど、下手でも自分でやるのはさらに楽しいでしょ。
 テニスでも卓球でも、山でも、人生のある時期打ち込んでいたものは、年を取ってできなくなっても、「見る楽しみ」が残るから、何でもやっておくに越したことはないと思うなぁ。
 スポーツに限らず、「昔取った杵柄」は、とっつきやすいものだから、何かしら趣味を持っていると老後が楽しいと思うけれど。


チューリップ畑  



花が咲くまでおよそあと1か月。 楽しみです。

49_2016031419443635f.jpg




50_20160314194438edb.jpg




51_20160314194441381.jpg





table_20130321210513 -


 何年振りかで映画を見た。 映画館が今のような「長屋形式」になってから、自分が見たくて見たのはこれで3本目。 全部「山」関係。 今日はエヴェレストの迫力に浸りたかったし、先ごろの地震で崩れてしまったネパールの町並みが、綺麗に撮れているというのも見たかったので・・・。
 山女がヤマンバになり、登るものだった山が眺めるものに変わっても、やっぱり山が好き! 映画の物語は物語として、そのバックの「山」を、せめて見るだけでもと。
 月曜日の朝ならすいているかと思いきや、券売所には長蛇の列。 これじゃ、多分”特等席”は無理だろうと思ったのに、何たることか、中段中央の”特等席”が一つぽつんと空いていた。
 世の中にはせっかちが多いようで、終わりに関係者の名前が出るころには帰り始める人が多い。 文字の流れるバックには画面いっぱいにエヴェレストが写っているのに!
 カメラワークが素晴らしいし、『山頂が朝日に輝く一瞬が最高だった』なんて映画の見方をする人間もいるということで・・・。


椿  



多摩川べりの公園の椿が花盛りです。

47_201603131933352f0.jpg




48_20160313193337f72.jpg




アフリカゾウ  



これで水が飲めているんでしょうか?

45_201603122006171ab.jpg


「ウイッグ」と「ツケマツゲ」で、おしゃれしているとは!

46_2016031220061847c.jpg





table_20130321210513 -


 高齢者に人気があると言われるコンビニのおかず。 分かる気がするなぁ。
 ばぁばはスーパーを利用することが多いのだけれど、このところ独居老人なので、パックにしろ、袋詰めにしろ量が多過ぎる。  「安いイワシでも」と思っても、イワシ1尾のパックはない。 少なくても2尾。 多くは3尾以上。 魚の切り身も1切れパックはめったになくて、まず2切れ以上。 生のままで置くのも気になるし、面倒なので、1度に調理してしまう。
 イワシをフライにしたり、かば焼き風にしたりするのが好きなのだけれど、フライにしたとして、夕方食べ、翌日か翌々日にもう1枚を食べることになる。 2枚ならこれで終わるが3枚目となるとちょっとね。
 4等分したカボチャを買っても、1度に煮る量としてはいいが、3回は食べるようでしょ。 もっと小食の人だったら持て余すんじゃないのかな。
 一方コンビニの商品はすぐ食べられるし、量的にも丁度いいというからね。 ますます年寄りが増えると、「薄利多売」も難しくなるのかも。


ツーショット ・ ペリカン  



ペリカンとアオサギのツーショット。 

仲良し? 実は、給餌時刻に合わせて、餌の横取りに
アオサギが集まってくるのです。 いわばドロボーとのツーショット。

42_20160311193642f85.jpg




43_201603111936436be.jpg




44_20160311193644430.jpg





table_20130321210513 -


 「あの日」から5年。 5年や6年では亡くなった家族への思いが変わることはないから、まだまだ大変と思う。
 土地のかさ上げ、巨大な防潮壁の建設。 復興とは言っても、以前の面影はなくなってしまうわけだから、住んでいた皆さんにとって「故郷」と思えるかねぇ。 本当に、大変なことが起きたのだと、改めて思う。
 地震と津波だけでもひどいことなのに、更に原発事故まで加わったのだから・・・。
 被災地に並ぶ膨大な数の黒い袋を見ると、本当に気になる。 再度大地震が起きないという保証はないし、あの野ざらしの黒い袋が劣化することもあるのではないのかと。 放射能は年々減るだろうが、あのまま数十年無事でいるとも思えなくて。
 5年が、短いか、長いかは、人それぞれの感じ方だろうが、これからの5年で、少しでもより良いと感じられる状況になっていることを切に願うのみ!


猛 獣  



ライオン     (緊張感は全くなし?)

37_201603102030071a5.jpg


チータ     (走り出す?  まさか・・・。)

38_201603102030077d0.jpg


チータ     (スマートね!)

39_20160310203009190.jpg


ユキヒョウ     (さすがに足が太い!)

40_20160310203010b30.jpg


ユキヒョウ     (意外に穏やかな顔して・・・。)

41_20160310203011d6b.jpg





table_20130321210513 -


 昨日の日食を、楽しみにしていた。 あの金環食の時に用意した遮光眼鏡を早々と出しておいたりして。 でも、太陽がどこにあるのかもわからないほどの厚い雲ではあきらめざるを得ないものね。
 気象庁のホームページで、地球上を影が移っていく様子を見たりしてから、ユーチュ-ブで見られるかもと、急いで見たが、時すでに遅く、リプレイ画像になってしまって・・・。 でも、それをカメラに収めたり、それなりに楽しめた。
 今日、皆既日食の見える場所まで行かれた気象予報士さんが、そこでも見られなかったという話だったので、さぞがっかりされただろうと。
 何事にも、上を見ても切りがないし、下を見ても切りがないってことがあるでしょ。 日食見るにもそうなんだなぁなんて納得したりして。
 皆既日食には縁がなさそうだけれど、金環食も見たし、昔の凄い「しし座流星群」も見たからまぁいいか、ってところかな。


オオゴマダラ  


日野市の多摩動物公園「昆虫生態園」で
日本最大級のこの蝶が、ひらひらと舞う姿を見てきました。

32_2016030919055471c.jpg




33_201603091905570e0.jpg




34_2016030919055821e.jpg




35_20160309190559fbe.jpg




36_2016030919060138d.jpg





table_20130321210513 -


 東日本大震災から5年の節目を迎え、テレビも震災関連の話題一色の感じ。 3月9日の晩は、東京大空襲の夜でもあったのだが、70年も過ぎると歴史年表から消えていくのかなと思ったりしていた。 そしたら、今日、海老名香葉子さんの姿がテレビにあった。
 落語の初代三平師匠の奥さまのこの方、ご自分は疎開していらして無事だったが、この空襲で、ご家族をみなさん亡くされた。 ばぁばは高円寺に住んでいたが、赤く染まる東の空を見ながら、父が「今夜はひどくやられているなぁ」と言ったのをよく覚えている。
 その後、高円寺も戦災に遭い、ばぁばは4月29日の第三次学童疎開で宮城県に疎開した。 「たとえ、一人になっても、しっかり生きていくんだよ」と、父に言い含められて・・・。 おかげさまで、一人にならずに済んだが。 この時の親の気持ち、子の気持ち、平和な世界に生きる人には想像もできないだろうねぇ。
 平和な時代だって、大震災のような災害はあるのだから、一日一日をしっかり生きていかなくては。


百草園にて (2)  



百草園に咲いていた花々です。

ミツマタ

26_2016030819283460b.jpg




27_20160308192835e18.jpg


マンサク

28_20160308192836e6d.jpg


ボ ケ

29_2016030819283728c.jpg


福寿草

30_2016030819301479d.jpg


寒咲きアヤメ

31_20160308193016987.jpg





table_20130321210513 -


 昨夜、日付が変わるころは、まるで『ホワイトアウト状態』と思うほどの濃い霧に包まれて、外を見ても何も見えない状態だった。 今朝、日が昇ると霧は晴れたが、ぐんぐん気温は上がり、日中、家の中では23度を指していた。 車の中はさらに暑く、窓を開けて走るほど。
 今朝の湿度は100%と予報士さんが言っていたが、冬眠中のカメちゃんも感違いしたのか、首を出して外を眺めていた。 これで暖かくなるのならいいけれど、明日は一転、真冬の寒さになるというのだから! 
 インフルエンザの流行も続いているし、今日は花粉のピークだそうで、何やかやと難儀なことね。 おまけに、黄砂だのPM何とやらも来ているらしいしね。 まぁ、黄砂は自然現象かと思うけれど、気に入らない場所から来ると、なお気に入らなくて・・・。
 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ってことね。


百草園(もぐさえん)にて (1)  


梅でも知られる百草園にはツアー客もいて、にぎわっていました。

19_20160307203447c86.jpg




20_20160307203448033.jpg




21_20160307203449509.jpg




22_201603072034513dc.jpg




23_201603072035281dd.jpg




24_20160307203527b40.jpg




25_201603072035297ec.jpg





table_20130321210513 -


 卓球の世界選手権が終わった。 今年は団体戦の年。 男女とも銀メダルに輝いたが、やはり、中国の壁は厚かったねぇ。
 決勝進出が、男子は39年ぶりだそうで。 ばぁばの記憶にあるのは荻村伊知朗選手たちが活躍したころだから、更に前なのかな。 もうそんなに経つのかと改めて感じた次第。 「卓球ニッポン」を復活させてくれそうで良かった!
 今は「育てよう」としなくても若手がどんどん育ってきているという。 才能のある子を見つけて、早くから育てる方針が軌道に乗ったのだろう。 インタビューへの対応まで教育内容になっているというから、世界に出ても大丈夫ね。
 今回大活躍を見せた中学生の伊藤美誠選手も、18歳以下の部では現在、世界ランク1位だというから、今後がますます楽しみ! 男女ともに、金メダルを取る日まで、元気でいなくちゃ!


吊るし雛まつり  



ハイキングの際立ち寄った日野市の「百草園」では、今日が最終日の「吊るし雛まつり」を楽しみました。

14_201603061942075ed.jpg




15_20160306194210c83.jpg




16_20160306194210d49.jpg




17_20160306194212dc0.jpg




18_201603061942120f6.jpg





table_20130321210513 -


 「足は第二の心臓」なんて言うでしょ。 だから、なるべく歩いて足を鍛えた方が良いと。 しかし「物には限度がある」とも言うから、何が何でも歩けばいいというものでもないはず。
 今日はハイキングの解散場所が、多摩動物公園の前で、時間も早かったので、有志だけで入園。 2時間以上歩いて、撮って、帰宅して見たら歩数計が「24568歩」となっていた。 「良く歩いたなぁ」と思ってはいたが、かなりの歩数で、ひょっとすると”限度オーバー”だったかも。
 でも、多分、筋肉痛にはならないだろうから、”使い古しの我が足”にカンパーイかな。


サンシュユ  



春先は黄色い花が多いですが、これもその一つ。

10_20160305195754d01.jpg




11_20160305195755939.jpg




12_201603051957569b3.jpg




13_20160305195758bf4.jpg





table_20130321210513 -


 今日は「啓蟄」。 わが家の冬眠中の亀ちゃんも動いていた! ばぁばもそろそろ地上での活動を開始しなくちゃ、と思ったのに、「くしゃみ、鼻水、目のかゆみ」と三拍子揃ってしまって。 河津桜かな? 杉かな? ???
 大昔の診断では「イネ科」ということで、杉にも檜にも関係ないはずなのに、ヘラオオバコも、ランもと、ほぼ全花粉に反応するのはなんでだろう?
 「花粉症」なんて言葉をまだ聞かない頃からの付き合いだけれど、年を取って一番良かったと思うのが「症状が軽くなったこと」。 三拍子揃っても、一過性で終わるようになった。 ま、年を取って「良かったこと」もあるというわけね。


河津桜  



青梅市の「わかぐさ公園」の河津桜です。 昨年より半月以上早いのではないでしょうか。

5_201603042015090f5.jpg




6_2016030420151113d.jpg




7_20160304201512483.jpg




8_201603042015134e1.jpg




9_20160304201515d4d.jpg





table_20130321210513 -


 「リベンジポルノ」と言う言葉を知った。 男女関係のもつれなどの腹いせに、相手の「内緒の写真」を公にしてしまうということらしい。
 離婚した夫婦の場合も、破局を迎えた恋人同士の場合も、親しい時に得た相手の秘密は秘密のままにしておくのは最低のマナーかと思うが、そうではなくなった事実を最近はよく見聞きする。 でも、一方では、若い人が、公にされては困るような裸の写真などを、よくは分からない相手にあげてしまう用心の無さにも驚く。
 ネットで知り合う相手では、「本当のこと」まではなかなか分からないのではないのかな? おかしな写真を要求するなんて、まともな人間のすることじゃない、なんて考えはもう昔のもので、現代には通用しないのかねぇ。 平和な時が続く我が国だけれど、何事にも、少し『慎重さ』にかけているような気がするのだが・・・。 


椿  



公園に咲いていた椿です。

4_20160303190614f3a.jpg







 テレビで、「二宮金次郎像」が持て余されているという話をしていた。 戦争前は、どこの小学校にもあった、あの「二宮金次郎像」が不遇な目に遭っているらしい。 話の中で何よりびっくりしたのが、今の親世代の人は、二宮金次郎を知らないということ。 「二宮尊徳」も知らないのかな?
 戦前の教育を象徴しているとか、歩きながらの読書は危険だとか、撤去の理由は様々らしいが、『貧しい中で、親には孝養を尽くし、兄弟仲良く助け合い、そんな生活の中でも熱心に勉学に励んだ人』を否定するのはおかしいと思うが・・・。
 「道徳」が独立した科目になるということだが、要するに「修身」を復活させたいわけでしょ。 いっそのこと、金次郎さんも復活させたらいかがかな? ついでにあの~手本は二宮金次郎~という「歌」もね。
 「歩きながらの読書は危ない」と言って、「腰かけている金次郎さんだの、本を小脇に抱えた金次郎さんだの、本ではなくてタブレットを手にした金次郎さんに至っては、もうばかばかしくて、開いた口が塞がらない!
 そんな「形」ではなくて、「理念」を問題にするべきことじゃないのかなぁ?


鴛 鴦 (エンオウ)   



この紅梅は「鴛鴦」と名づけられていて、実が二つずつ寄り添うようにつく種類です。

3_20160302201706b79.jpg





table_20130321210513 -


 「寒さの底」と言う言葉を何度聞いたことだろう。 「明日が底」・「来週後半には暖かくなる」・・・。 でも、なかなか『底』にはならず寒い。 今朝などは真冬並みの寒さだった。 秩父に「低温注意報」が出ていたから、そのつもりではいたが。
 それでも、今や『花粉の最盛期』になっているから、普通なのかな。 スーパーの駐車場で、とまっている車を見ても、みんな『花粉まみれ』。
 出かけようと、車のガラスを全部拭けば、タオルの裏も表も真っ黄色。 しかも、かなり力を入れないと拭きとれないのだから厄介な代物。 この時期、布団を日に当て、洗濯物を外に干せる人は幸せ者かもね。


▲Page top