散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

ホタルブクロ  



濃い色、薄い色、・・・、濃い色が好きかな?

81_201605311958101dc.jpg




82_201605311958115ea.jpg




83_20160531195812c0a.jpg





table_20130321210513 -


 消費税の引き上げがどうやら延期されることになった。 野党の皆さんが「この時」とばかり元気になって、「内閣不信任案」を提出したが、当然ながら「否決」。 分かっていながら提出するのは、単なる『意思表示』ってこと?
 これをスタートにして、参院選に向けて「野党連合」で対抗しようということかな。 政策面で一致しなくても、うまくいくかな? 「船頭多くして…」にならなければいいけど。 2党だけの党名一つでも結構すったもんだだったような印象だったから。
 相手の落ち度を探す以外に、国民を納得させる手段は見つからないものかねぇ?


スポンサーサイト

オナガアゲハ  



羽化したばかりなのか、羽の傷みもなく綺麗な蝶でした。

79_20160530194628538.jpg


これは10日後に撮ったもので、同じ個体ではないと思いますが、ほぼ同じ場所に同じ「標本スタイル」でいました。

80_20160530194630e54.jpg





table_20130321210513 -


 北海道駒ケ岳山麓の林道に7歳の子供を置き去りにする。 そんな”しつけ”があるだろうか?
 普通の子供ならば、車の後を追いかけるだろう。 5分後に戻ったというが、もっと時間が経過していたのではないのかな?
 沢もあるというのが気がかり。 軽い気持ちで、「しつけ」だか「お仕置き」だかをしたのだろうが・・・。
 「しつけ」と称して狭いケースに閉じ込めたり、最近の「しつけ」って何なのだろうね?
 置き去りにされた子供さんの無事でいることを願うのみ。


スイカズラ  



白い花がクリーム色に変わり、甘い香りがその存在を知らしめます。

76_2016052919524586f.jpg




77_20160529195247c0c.jpg




78_201605291952482d5.jpg




ムシトリナデシコ  



子供のころは近所の原っぱに咲いていましたが、今は花屋でも見かけます。

73_20160528195303dfe.jpg




74_20160528195305cd0.jpg




75_201605281953063b4.jpg





table_20130321210513 -


 最近は、届く封書に、「必ず開封してください」と書いてあることが多くなったと思う。 ひところのような「用のない封書」は減ったと思うけれど、「用のある封書」も開封せずに処分してしまう人が多いのかな?
 「個人情報のなんとやら」で、最近は捨てるのも楽じゃない。 金融機関からのお知らせで、わずかな「トラの子」の内容までばれてしまっても困るが、捨てるにもそれなりに神経を使わなくてはならないのだから、必要なもの以外は来ないのが一番なのだけど・・・。 (な~んてね)


スイセンノウ  



野生化している感もある花ですが、白花種を見たいと思います。

71_20160527203035f89.jpg




72_2016052720303658f.jpg





table_20130321210513 -


 サミットもオバマさんの広島訪問も、何事もなく終わってよかった。 ほっとして、今夜はよく寝られる人が多いのではないかな。
 オバマさんのスピーチも、英語が分からないから、「そして、そして・・・」の連発が耳障りな一本調子の同時通訳でしか理解できなかったので、強く胸に響くということはなかった。 思えば、原爆投下時にはまだ生まれていなかった人だものねぇ。 原爆投下は絶対に許せないことだが、今の大統領の責任とも思わないし。
 すごいと思ったのは、専用機は当然としても、ヘリもリムジンも2台ずつ持ち込んでいるということ。 移動の際にはどちらにご本人が乗っているかわからなくしているわけでしょ。 あのリムジンはガラスの厚みが10センチだか15センチだかだというし、ドアの厚みも45センチでしたっけ? ロケットが当たっても大丈夫だそうな。 それだけ大きな危険にさらされている立場の方と言うことね。
 「核のない世界」が実現して、米大統領も、例の「核ボタン格納」のバッグを持たずに出かけられるようになれば素晴らしいとは思うけれど、「夢のまた夢」かも。


ジギタリス  



今年の気候が合うのか、裏庭は「ジギタリス畑」になっています。

67_20160526205613d41.jpg




68_2016052620561592c.jpg




69_20160526205616189.jpg




70_2016052620561874a.jpg





table_20130321210513 -


 『梅の名所』、青梅からその『梅』を奪った「ウメ輪紋ウイルス」。 そのウイルス調査に今年も来ると都から通知があった。 「平成28年8月中旬まで調査を実施」とあるから、今年で終わるのかな。 ウイルスの確認されたのが平成21年だから、もう7年もたつわけ。
 真っ盛りの美しい景観を見せていた「梅の公園」から全ての梅が姿を消し、青梅市内のあらかたの梅が消えた。 隣接する当地にも毎年調査に来て、わが家では、「ウメ」と「ユスラウメ」から、幾枚かの葉を持ち帰る。 近所でもウイルスが発見されて、根こそぎ処分された例があるので心配したが、今まではどの木も無事だった。 このまま無事に終わると良いけれど。
 確か7年たてばまた苗が植えられると聞いているから、そろそろ『梅の公園』でも・・・? 元通りになるのは見られないだろうが、年々木が育っていくのも見るのも楽しいでしょ。 
 人間界同様、植物の世界にも厄介な「ウイルス」がいるんだから困ったものね。


ニワゼキショウ  



日差しを受けて開きます。 小さな花ですが群生するのできれいです。

64_201605252008185eb.jpg




65_20160525200819d05.jpg




66_201605252008227fd.jpg





table_20130321210513 -


 あまり大きくない交差点では、右折車がラインぎりぎりに寄ってくれないと、後続の直進車が進めないってことがあるでしょ。 そういうちょっとした気遣いのできない人が最近は増えているみたい。
 右折するなら早くウインカーを出せばいいのに、信号が変わって動き出して初めて出す人もあるしね。 間を詰めている後続車には迷惑なこと。
 わざとかなと思うほど、のそのそと横断歩道を渡る”元気な”人もいるし。
 車に乗ると「本性が出る」と言うでしょ。 ま、「気遣いしない人」は「乗っても乗らなくても」わかるだろうけれど・・・。


コアジサイ  



日当たりの良い場所では色が良く、日の当たらない場所では薄い色に咲くようです。

61_20160524203936005.jpg




62_20160524203937dbf.jpg




63_20160524203939a8e.jpg





table_20130321210513 -


 若い女性の悲劇が続いた。 沖縄での事件。 「2度と起きないように」と何度聞いたことだろう。 米軍が沖縄から撤退しない限り続くのだろうか? トランプさんが大統領にでもならない限り難しいってこと? やはり女性一人の夜間外出は危険がいっぱいと言う点では、日本であっても日本ではないような・・・。
 小金井の事件では、またまた、警察の「甘さ」が浮き彫りになった。 こちらも何度繰り返せば、安心できる対応をしてくれるようになるのだろうね? 現代の、思い通りにならなければ「殺す」と言う短絡さが恐ろしい。


ヘラオオバコ  



江戸時代に渡来した帰化植物と言うことですが、多摩川の土手でも増え続けています。

57_201605232036334ca.jpg




58_20160523203635878.jpg




59_20160523203636887.jpg




60_20160523203638d36.jpg





table_20130321210513 -


 向山で、「花情報」をたくさんお持ちの方から、「サイハイラン」も「キンラン」も、「春蘭」もなくなってしまったと聞かされた。
 花だけ持っていかれてもがっかりするが、根こそぎ持って行くのだからねぇ。 そのままにしてくれれば、毎年大勢の人が楽しめるのに。
  「ラン」には共生菌が必要なものもあるのだから、家に持って帰ってもやがては枯らしてしまうわけでしょ。 本当に「心ない人」がいるのよね。


定位置  



いつもこの場所でお楽しみ・・・。

56_20160522205913401.jpg





table_20130321210513 -


 誰からも期待されないのも悲しいことだろうが、期待に応えられないのも辛いことだろうねぇ。 今度こそ、今度こそ・・・の願いも結果的には白鵬の全勝優勝でチョン。 大関稀勢の里関。
 でも、「日本人横綱」とか、「日本人、日本人」と言うのを聞く白鵬にも「意地」があるに違いないと思う。 モンゴル勢がいなければ、日本の国技は衰退していただろうからねぇ。 不祥事は続いたし、不甲斐ない「国技」を救ってくれたのは確かでしょ。 にもかかわらず、多分日本人横綱が誕生すれば、そちらばかりがもてはやされるんじゃないのかな。
 何かと批判の多くなっている白鵬関の、記念すべき横綱在位10年の全勝優勝に敬意を表したいと思う。


バラ園にて (2)  



バラも種類が豊富で綺麗ですね。

51_20160521205104e1e.jpg




52_20160521205105a31.jpg




53_201605212051062cb.jpg


「プリンセスミチコ」と名付けられたバラ。

54_20160521205107992.jpg




55_2016052120510886a.jpg





table_20130321210513 -


 今日も一番暑かったのが北海道とはねぇ。 おかしなことになっている。
 昔、「利尻登山」で北海道に行った時も、異常な暑さに辟易した記憶がある。 涼しいのが当たり前のころだったから、宿にもクーラーの設備はなく、窓を明け放しても寝苦しかった。 今はそれなりに対応ができるのだろうけれど、沖縄よりも暑いというのはやはり異常じゃないのかな? 熱中症も出ているし。
 今年は、いつまでも寒いと思っていたら、一気に夏が来て、この先はどうなることやら・・・。 「平凡」が幸せだというけれど、本当にそう思う。 穏やかな春や秋のある、「日本の四季」が戻ってきてほしいと思うなぁ。


バラ園にて (1)  



都立秋留台(あきるだい)公園のバラ園です。

47_20160520195727207.jpg




48_20160520195729042.jpg




49_20160520195730ef1.jpg




50_20160520195732560.jpg





table_20130321210513 -


 舛添都知事の今日の会見では、「第三者の厳しい目で調べてもらう」と言った回答に終始した感じ。 何だか他人事みたい。
 弁護士に調べてもらうというけれど、それはイコール『逃げ道を探す』と言うことではないのかななんて思ってしまったが。 これが「ウチの知事」かと思うと情けない。
 ここまで信頼をなくすと、職を退くより手はあるまいと思うけれど・・・。


木イチゴ  



このオレンジ色の木イチゴはおいしいです。 

45_20160519195730500.jpg


もう少し熟すと、アリが集まります。

46_2016051919573020f.jpg





table_20130321210513 -


 都知事の話に納得できないとする人が圧倒的に多い。 しばしば、「法的に問題はない」とおっしゃる。 次々と明らかにされる中で、「自宅に事務所を置き、高額の家賃を取る」話があった。 それは、確かに「法的に問題はない」そうだけれど、何とも”セコイ”話。    
 何やら、「政治資金規正法」なる法律が、大変な『ザル法』の模様で、そのザル法のザルの目を巧みに利用しておいでらしい。
 さすがに頭のよろしい方なのだろうねぇ。 で、「法的に問題はない」と言うことになるようで・・・。
 その頭の良さを、私腹を肥やすことにではなく、ぜひ『都政』に生かして頂きたいと、多くの都民は願っているに違いない。


アグロステンマ  



和名では「ムギセンノウ」とか「ムギナデシコ」とか言いますね。
欧米では有害な畑雑草となっているそうですが、日本では栽培されています。

42_20160518195608669.jpg




43_20160518195610595.jpg




44_20160518195611f43.jpg





table_20130321210513 -


 全く同じ商品でも、「オンライン」で買う方が安い。 「人件費がかからないから安いが、送料はかかるし・・・」とはお店の話。
 お店で買えば、ポイントがついたりはするけれど、送料はかからなくてもガソリン代や時間は使う。 オンラインも、物によっては、「送料」はかからない。 受け取るときに在宅しなくてはならないのが面倒と言えば面倒だけれど、配達時間の指定もできるようになってきたから、どんどん便利になる。 ま、逆に言えば、業者はますます大変になるということだけれどね。
 そのうち、車にも乗らなくなり、歩くのも大変なんて状態になったら、生活全般「オンラインオンリー」になりそうなのだけど・・・。


木の階段 (福生市にて)  



「木の階段」はひざにも優しいですね。

39_20160517193719add.jpg




40_2016051719372046d.jpg




41_20160517193722d32.jpg





table_20130321210513 -


 昼は「鶯」、夜は「フクロウ」。 寂しいと言えば寂しい「フクロウ」の声だけれど、聞こえてくると何かホッとして、テレビの音を消して聞く。
 そのうち「ホトトギス」も鳴きだすだろうし、「カッコウ」も聞きたいけれど、これは多分駄目だろうなぁと。 自然豊かな土地に住んでいるとは言え、自然界もいろいろと変化するからねぇ。
 「ヨシキリ」の声に「夏の到来」を知り、夜は、窓を開けて、「カジカ」の声に耳を澄ます。 初めて聞いた時には、「カエルの声」とは信じられなかったっけ。
 こんなに「素晴らしい自然」があるのだから、頑張って今年も予想される”猛暑”を乗り切らなくてはね! (早すぎる・・・? 笑)


カルミア  



つぼみは「金平糖」みたいで可愛い花です。

37_20160516211247f32.jpg




38_201605162112487ee.jpg





table_20130321210513 -


 「流行」とは、摩訶不思議なもの。 最近、多くのタレントさんが「ソックス」を着用しておいでだから、それは「流行の最先端」なのだろう。 お出かけスタイルにソックスと言うのが、もっとも『あか抜けない』とされた時代もあったというのに・・・。
 昔、中国の空港で、着飾った皆さんがソックスなのに、何だか奇異な感じを受けた記憶がある。
 時が流れ、人の感覚も変わったということかな。 今にまた、「ルーズソックス」も再登場となったりしてね。


アヤメ  



白い「アヤメ」もきれいです。

34_2016051519334485b.jpg




35_201605151933452b6.jpg




36_20160515193347960.jpg





table_20130321210513 -


 「春眠暁を覚えず」と言うにはちょっと遅い感じだが、気温が高いから疲れるのか「昼寝」が気持ちいい。 昼食後のなんとなくウツラウツラがね。 昨日は昼食後すぐ出かけたが、なんとなく眠くなって、「居眠り運転」では大変だから窓を開けて風に吹かれながら、無事目的地に到着した。 つまり、眠くなるのは分かるわけ。
 でも仕事中はまずいでしょ。 特に電車の運転手などはねぇ。 今回は車掌さんだったらしいが、駅について起こされるまで寝ていたということは、「熟睡」だったということでしょ。 ”たるんでる”と言われても仕方ないなぁ。
 運転手が寝ていたり、メールを打ったりしていても、ちゃんと走るのが今どきの電車らしいから、いっそ、いない方が、寝ぼけて操作を誤るよりましだったりしてね。 (笑)


ベニバナトチノキ  



最近はよく見かける木になりました。

32_20160514195945b7c.jpg


よく目立つ花色です。

33_20160514195946f05.jpg





table_20130321210513 -


 熊本の地震から早くも1か月。 このところ「罹災証明書」の発行が遅れていて困るという話を聞く機会が増えた。 「予期せぬ出来事」に、行政側も混乱しているのだろうが、被災者にとって一番必要なものらしいから、何とか早くできないものかねぇ。 他県からの応援も行っているように聞いていたが・・・。
 活断層が動いての地震は被害が大きいと知ったけれど、「未知の断層」もあるというのでは”どうしようもない”感じ。
 当地では「立川断層」が近くを通っているのだが、最近の研究で、その危険度が少し緩められたらしいのは何より。 でも、危険なのはここだけではないので。
  「いつ来ても不思議ではない」と言われる中で、超高層ビルはどんどん建つし、確かに心配ばかりしていては何事も進まないけれど、巨大地震が来たらと思うと恐ろしい。
 耐震基準も、「一度の揺れ」を考えてと言うが、とすると、「震度5」でも何度か経験すれば”それなりに”危険度は増すのではないかとも思うし、分からないことだらけ。 「予知」もモグラに聞きたいくらいだし。
 やはり、「なるようにしかならないさ」と開き直るより仕方ないのかな。


キショウブと水のある風景  



昨日に引き続き、今日も爽やかな1日でした。 「福生中央公園」で撮りました。

31_20160513195414e18.jpg





table_20130321210513 -


 テレビで舛添都知事の「言い訳」を聞いた。 やっと都知事になれて有頂天になってしまったのかねぇ。 公私混同も甚だしい!  「何をしても許される」なんて立場はないでしょ。 都のお金は、都のお金であって、都知事個人のものであるわけもないし。
 「目に余るもの」があるから追及を受けるんじゃないのかな。 一応、説明はついたとお思いかもしれないが、聞いていて、何一つ納得のいく説明ではなかった。
 仕事のできそうな(?)人間も一皮むけば、「欲の塊」ってことか? 人間の「あさましさ」露呈ってことかな?


桐の花  



ちょっと最盛期を過ぎてしまいましたが、この花の色が好きです。

29_2016051221452951c.jpg


昔は、女の子が生まれると桐を植えたとか。 でも1本では「箪笥」はとてもできないでしょう。

30_20160512214531147.jpg





table_20130321210513 -


 学生時代の仲間10名ほどで続けていた「古典講読会」が、いよいよおしまいになるということで、何年か前にリタイアしていた私のところへも誘いが届いたので、出かけた。 70歳で始まった会が11年続いたというのだから・・・ネ。
 久しぶりに良く笑わせてもらった。 「勉強はやめても、集まりはやめない」というところがミソ。 何しろ18歳からの付き合いだから、話の種は尽きない。 さすがに、おじいちゃん、おばぁちゃんになってはいるけれど、「口」だけは衰えを知らずと言うところ。
 場所を提供してくれる仲間がいて、世話係をしてくれる仲間がいて、みんなの「物忘れ」が進行しなければ、また「大笑いの機会」が来るということ。 「ミニ同窓会」でもあり、楽しい「老人会」でもあると言うわけ。 人生、「元気が一番」ですよ!


梅雨のはしり  



はっきりしない空模様が続き、今日も昼頃は本降り。 神代橋(青梅市)からの多摩川です。

27_201605111944072b2.jpg


でも、明日からは晴れるそうで、夕焼けが西空を染めていました。

28_20160511194408844.jpg




ヒトツバタゴ  



「ヒトツバタゴ」。  一名「ナンジャモンジャの木」。 なんだか不思議な花です。

26_20160510184439bbb.jpg




キバナフジ  



「あしかがフラワーパーク」には「キバナフジのトンネル」がいくつもありました。

23_201605091943598bc.jpg


以前訪れた時はまだ小さな木だったことを思い出しました。

24_20160509194402187.jpg


「キングサリ」とも言いますね。

25_2016050919440272b.jpg





table_20130321210513 -


 北朝鮮の「党大会」の取材に招かれた各国の取材陣が、期待したような取材はできず、英国のスタッフに至っては、拘束され、強制退去になったとのニュース。 変わった国だからねぇ。
 「劇場国家」と言われるだけのことはあるのだろう。 喜びを表現する拍手も、『将軍様への忠誠心を表す言葉』も、どう見ても「演技」に見えるもの。 その”演技”がオーバー気味で・・・。
 この国の人々は、カチンコがならなくても、オン・オフのスイッチ切り替えは自由にできるようになっているのかも。 外国のメディアに登場するような人たちの言葉は、すべて「セリフ」なのかねぇ?


大長藤  (あしかがフラワーパークにて)  



「あしかがフラワーパーク」”目玉”の「大長藤」も、もう綺麗とは言えなかったのですが、撮ってみると意外に・・・?

21_20160508205051c1b.jpg




22_20160508205052174.jpg





table_20130321210513 -


 最近はどこの観光地にも「外国語」があふれている。 西洋人もいるのだけれど、にぎやかなのは東洋人。 
 昔、登山で日本に来る人たちに山で行き合うことがあって、皆さんが狭い登山道の脇に腰を下ろしての休憩中、我々が前を通っても、『だれも足を引っ込めない』ことで、日本人ではないと気付いたりしたものだが、基本的な習慣は今も変わっていないみたいね。  
 「ちょっとした気遣い」は全くないが、お金はどっさりあるということなのかな。


ネモフィラの丘  



かの有名な『ひたち海浜公園』の「ネモフィラの丘」です。

18_20160507192250dbb.jpg


今年は開花が早く、例年ならば見ごろの今の時期、すでに最終盤を迎えていましたが、”それなりに”きれいでした。

19_20160507192251ae6.jpg


「ネモフィラ」は一年草で、爽やかな色合いの可愛い花です。

20_201605071922532cd.jpg





table_20130321210513 -


 バスツアーと言うのは「安い」と思う人が多いのではないかな。
 以前、尾瀬に一人で出かけたことがあった。 車で入れるところまで車で行ったのだが、往復の高速代、駐車料2日分、駐車場から鳩待峠までのシャトルバス代、山小屋の宿泊代・・・、ツアーの方がはるかに安いことを知った。 一人で時間を気にせず、思う存分に楽しめたのは最高だったが。
 その「安いはずの」バスツアーが最近は高くなっていると。 今回利用したツアーには、昼食がセットされていなかったが、これは初めての経験だった。 昼食は「オプション」と言う形で注文を取っていたわけ。
 バスツアーに大きな事故が続いているから、「安全」を買うために高くなったとかなんだとか。 ドライバーさんも、「安全運転」を強調していたが、若い人ではなかったなぁ。
 少々高くなっても、「安全」であればと、誰でも思うだろうけれど、だからと言って実質値上げと言うのも、なんだか「こじつけ」と感じさせる面も有るような・・・?


古民家の鯉のぼり (ひたち海浜公園にて)  



一日遅れの鯉のぼりですが、綺麗に泳いでいました。

16_20160506193500365.jpg


古民家とはさすがに相性の良さは抜群でした。

17_20160506193502a79.jpg





table_20130321210513 -


 「ペットを飼っていると旅行には行けない」と言うお話。 猫ブームだそうで、猫を飼っているお宅も多いのだろうし、犬を飼う人も多いと思うが、確かに「旅行」となると、皆さんどうしておいでなのかな。
 日帰りならいいけれど、泊りがけとなると一緒に連れて行かなくては・・・となるらしい。 「ペットOK」の宿もあるらしいが、行く先は限られる。 預かってくれる場所もあるようだけれど、結構『高い』のだそうで。 飼い主が一泊する場合、ペットには二泊させなくてはならないし。
 熊本の避難者の中にも、ペットがいるからと、避難所を避けて車中泊の人が多いと聞く。 ペットは家族だものねぇ。
 ペットが高齢化すればなおさら出かけられない! そうこうしているうちに、「親の介護」、「旦那の介護」、そして自分自身の不調・・・となれば・・・ネ。 「今のうちに…と思える時はペットがいて、と言うことのようで。
 わが家は、庭で飼っていたので、餌やりだけ「アルバイト」を頼んで旅していたっけ。
 でも、ペットを捨てる人多いのだから、家族に旅を思いとどまらせるペットは、「幸せ」なのだろうなぁ。


カリフォルニアポピー  



和名の「ハナビシソウ」の方が覚えやすいです。

14_20160505194702164.jpg




15_201605051947043f6.jpg





table_20130321210513 -


 今日は「立夏」。 暦の上では・・・と、よく言うけれど、今年は名実ともに「夏」ですね。
 熊本では「震度4」が続く。 暑いし、雨も多いし、それが「大揺れ」の中でのことだからいやになるだろうねぇ。
 阪神の時も、今回も、「地震」に対する意識があまりなかったと聞くが、何でだろう? でも、多少の備えがあってもパニックになりそうなのだから、「想定外」ではさぞかし・・・とは思う。
 当地では近くを「立川断層」が通っているので、心配する向きが多いらしい。 南海トラフの巨大地震、首都直下地震、多摩直下地震、立川断層の地震・・・、どれがやって来るのか分からないけれど、「いつあっても不思議ではない」と言われ続けて50年だものねぇ。 「早く終わってすっきりしたい」と言って笑わせてくれた子供たちも、成人した息子や娘の親になっているのだから。
 このまま無事に過ぎてくれればいいけれど、近頃の状況を見ると、「そうは問屋が卸さない」と言った感じでしょ。 家の下敷きにだけはなりたくないけどねぇ。 さて、どうなりますか?


製材所 (あきる野市にて)  


街中では見かけることもなくなりましたね。

12_2016050420095805f.jpg


お隣の「日の出町」は「卒塔婆」の産地ですが・・・?

13_201605042009593c3.jpg





table_20130321210513 -

 
 昨夜の大風で”ゴミ”が吹き飛ばされたのか、朝から素晴らしい快晴。 でも、「五月晴れ」と言うには暑すぎ。 年々、春と秋が短くなる傾向なんですって。
 「夏炉冬扇」になりそうなので、こたつを片付け、ストーブも掃除をして、カバーをかけたけれど、来週はまた出すようだったりしてね。 そろそろ「走り梅雨」なんて話もちらほらのようだし。
 いったん、片づけてしまえば、梅雨寒でも出したくないでしょ。 それで風邪でも引いていれば「バカの見本」みたいだけれど。
 天気に限らず、何事も穏やかに推移するのが望ましいと思うわけで・・・。


ハイキングで出会った花  



「レンゲソウ」。 一面に広がる蓮華畑が見たいです!

8_20160503200931f01.jpg


「ショウブ」。 「ショウブ湯」の、出番も近い。

9_20160503200933fa5.jpg


「ギンラン」。

10_20160503200934d54.jpg


「カワヂシャ」。 絶滅危惧種の貴重品です。

11_201605032009359ab.jpg





table_20130321210513 -


 連休後半の高速道路の渋滞ニュースを見ていて、「それでも行く」と言うのは「勤勉なのかな」と考えてしまった。 新幹線も時間帯によるのだろうが、乗車率200%と言うのはすごい。
 原油安の影響で、今年は車でのお出掛けが多いのだそうな。 でも、渋滞で、いつつくかわからないとか、ぐずる子供とか、トイレの心配とか、パーキンギエリアもどこも込み合って・・・、考えるだけで疲れてしまう。 まぁ、そんんことをものともせぬ元気な皆さんがお出かけなのだろうが。
 混んでいるときって、不思議に事故も起きるものだから、どうぞ気を付けて! 車内でイライラして夫婦げんかなんぞしないでね。


ハイキング  



ここは都立小峰公園の中、ヤマツツジの盛りでした。

4_20160502192850474.jpg


道を隔てた前山公園です。 お弁当を食べるには良さそうな場所でした。

5_201605021928531f0.jpg


城山を経て、弁天山へ。

6_201605021928539db.jpg


新緑の色に染まりそうな一日でした。

7_20160502192855a8b.jpg





table_20130321210513 -


 連休中の山の遭難のニュースには、同じ、山のとりこになった人間として胸が痛む。 高い山だけでなく、奥多摩の棒の折山でも! 奥多摩側から登ると確かに急だったとは思うが、わさび田の横を通ったりして、楽しいはずなのにとも。
 年とともに、足元が頼りなくなるのは仕方ないが、悲しいニュースが連休後半には無いようにと願う次第。


▲Page top