散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

椿  


花粉が付かなければいいのに…と思います。

54_20150326193715878.jpg


まだ全開でないのにもう花粉が・・・。

55_20150326193717b8c.jpg


こちらの花粉は少なめ。 種類によるのでしょうか?

56_20150326193718a1d.jpg





table_20130321210513 -

 玄関で大きな声。 引き戸上部の素通しのガラス越しに「何でしょう」と問いかけると、「おかげさまで復帰しました」と。 でも見覚えはない。 戸を開けると新聞の勧誘員。 バイクの事故で4年も休んでしまいましたと言う。 確かに集金の人がバイクで大けがをして見えなくなったということはあったが、どうも顔が違う。 「金髪だったわねぇ」と言うと「若かったもんで」と。 名前も違う。 「集金に見えていた?」と聞くと、「いえ、配達でした」と。 おかしい!
 「ご挨拶」と称してトイレットペーパーだの洗剤だのお米だのを運び込む。 ???。 「あなた本当にY新聞の人?」と尋ねると返答がない。 契約用紙をのぞき込むと「A新聞」とある。 「A新聞じゃないの。 A新聞はもう終わりなのよ。 これは全部返します。 足の悪い人に運ばせては悪いから、私が持っていきます」と外へ出る。
 「長いこと取ってもらっていたのに、絶対だめですか? 何かあったんですか? 僕じゃないですよね」と。 「ウン、とにかくA新聞はもう終わりなの」。
 しばらく来なかったので油断していた。  「敵もさるもの」、「Y新聞」とは言ってなかったなぁと。
 その手口は「オレオレ詐欺」と良い勝負で、進化し続けている。 ボケている場合じゃない。 「引っかかって契約」では女が廃るというもんだ。 勧誘員の不愉快さから縁を切ったが、最近は「A新聞」そのものが嫌いになった。 A新聞と聞くと蕁麻疹が出そうである。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sm9616.blog.fc2.com/tb.php/1020-c4def7e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top