散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

風流な…?  



多摩川べりの桜の下で、笛のおけいこに励む風流な(?)人がいました。

54_20150421205422600.jpg


洗濯ばさみで止められた紙はカタカナの譜面のようでしたが・・・。

55_20150421205421e4a.jpg





table_20130321210513 -

 医薬分業になって、この方式には慣れたものの、いつも思うことは、薬局で何でこんなに待たされるのかなぁと・・・。 今では、薬局で調合するわけでもないし、薬を必要な数だけ袋に入れるだけでしょ。 別の人が再度確かめるにしても、それほど時間がかかるとも思えないのに。 混んでいるならともかく、数えるほどの客の場合でも同じと言うのはなぜだろうね?
 さらに,立っているのも大儀に思える体調の時でも、丁寧に「ご説明くださる」し…。 説明書が添付されているのだから、口での説明もあまり必要ないと思うのだけれど…。
 挙句の果てに不要な「紙」ばかりやたらとたまって…。 再生紙だとしてももったいないなぁと思うねぇ。
 本当に具合の悪い時には医者にかかるのも「決死の覚悟」ってことになりそう。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sm9616.blog.fc2.com/tb.php/1041-e72bbf7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top