散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

終戦記念日に  



これは私の「記念品」です。

40_20160815202028b45.jpg


終戦直前に集団疎開先から家に出した手紙です。

41_20160815202030d17.jpg


封筒に貼られたシール(?)をつなげるとこうなります。

42_20160815202031e77.jpg





table_20130321210513 -


 戦後71年。 遠い話になったもの。 今日は上の画像に関連して。
 戦時中、疎開先から家に送った手紙やはがきを、父が「疎開地だより」として保管しておいてくれました。 手紙を出せる日も決まっていましたので、正味半年ほどの疎開期間では、数も限られていましたが・・・。
 その手紙の中の何通かが、画像のように国の検閲を受けていたのです。 裏に押された印は寮の先生の「検閲印」です。
 小学生が家に出す手紙まで検閲を受けたのですから、かなりの数の私信が検閲を受けたのでしょう。 軍隊にいた兄たちが疎開先の妹によこした葉書には、当然、上官の検閲印が押してありました。
 こんな時代もあったということです。 今は子供のメールでものぞこうものなら、ひと悶着起き兼ねないご家庭も多いと思われるのに。
 言いたいことが言えるのは、決して「当たり前」のことではないのでしょう。
 現代の、言いたいことを言いすぎて、人を傷つけるのもいとわない風潮は問題だと思いますけどね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sm9616.blog.fc2.com/tb.php/1521-1d2170ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top