散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

矢筈ススキ  



「鷹の羽芒」とも言いますね。 山野に自生している「ススキ」とは、ちょっと雰囲気が違う「ススキ」です。

52_201610181904198da.jpg




53_201610181904229ac.jpg





table_20130321210513 -


 今年はクマの「目撃情報」が異様に多いという。 昨年は、山の木の実が多かったので、クマも子供がたくさん生まれたのだそうな。 ところが今年は一転、山の木の実が不作なのだと。 沢山の子供に食べさせるためにも、里へ下りてこなくてはならなくなったということかな。 冬眠の時期を目前にして、クマの世界も大変らしい。
 山の不作を物語るかのように、庭の木の実も今年はすでにあらかた食べられてしまっている。 ムラサキシキブ、ウメモドキ、ピラカンサなど、十分に色づかないうちから鳥がやってきていた。
 炬燵の欲しい寒さがあったと思えば、今日はまた「夏の暑さ」。  こんなおかしな天候だから、山の樹木もおかしくなるだろうし、その連鎖がそこら中に広がるというわけかもね。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sm9616.blog.fc2.com/tb.php/1585-8127b916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top