散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

寺坂棚田 (2)  



風景を楽しむ人やカメラを構える人も多かったのですが、農家の皆さんはお仕事中でした。

64_201709212132352e6.jpg




65_201709212132353a1.jpg




66_201709212132381fd.jpg




67_20170921213240b8c.jpg




68_20170921213241e0a.jpg





table_20130321210513 -


 お彼岸でお墓もにぎやかだった。 例によって、ススキ、カクトラノオ、シュウカイドウ、トレニアなど、庭で調達した花をもって行ったのだが、よそ様の花に比べるとちょっと地味かなと。 ま、花立ての水はたちまちお湯になって、花も長くは持たないのだから・・・と内心ではね。
 何しろ蚊に刺されながら、集め、葉を整理したり長さを揃えたり、5軒分、都合10個の花束を作るのだから、よそ様よりはおそらく手をかけているわけで、それでご容赦いただこうと。
 花をもってお墓に赴き、お線香などを手向けるというのは昔ながらの墓参風景だけれど、最近は世の中も急速に変わっているし、お墓も”墓じまい”などと言うことで、そう大事にはされなくなるのだろうから、いずれは”無縁仏”として処理されてしまうのかもしれないなぁなんて思ったりするが、どうなることやらね。 どうなろうと化けて出たりはしないつもりだけど。 (笑)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sm9616.blog.fc2.com/tb.php/1907-0e93d551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top