散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

カマキリの卵  



ここにも「春を待つ」仲間がいます。 赤ちゃんカマキリがぞろぞろ出てくるのも可愛い!

49_201802231950063e5.jpg


こちらは、葉っぱも巻き込んだ”屋根付き”。

50_20180223195008f5a.jpg


これは可哀想に、中を小鳥に食べられてしまったようです。

51_20180223195009b59.jpg





table_20130321210513 -


 美術館と言うところは、「絵を見に行く」場所だと思うでしょ。 ところが「さにあらず」なのね。 「おしゃべりに来る」人も結構いるらしい。 展示された絵に背を向けてしゃべっている人もいるんだから! おしゃべりなら、喫茶室へ行けばいいのに。
 平日の昼間だと、当然ながら中高年の女性が多い。 仲良しが連れ立って出かけてくるのはいいけれど、「展覧会」は”口実”だったりして・・・。
 以前、「ユトリロ展」の会場で、係員が、はっきりと当事者に注意していたことがあった。 昨日の「東山魁夷展」では、係員が「静かに鑑賞するように」との札を持って会場内に立っていた。
 ユトリロも、魁夷画伯も女性ファンが多いのだろうから、女性客が多いのは当然ながら、「最低のマナー」は守ってほしいと思う。
 大体、展覧会場で、おしゃべりをたしなめられるなんて恥ずかしいことだと思うけどなぁ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sm9616.blog.fc2.com/tb.php/2060-579a9ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top