散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

落ち葉  


まだまだこれからと言う紅葉もあれば、早、散り敷く落ち葉もあって…。

40_2014111520592978b.jpg




41_201411152059302c4.jpg




42_20141115205932a10.jpg





table_20130321210513 -

 「腹腔鏡手術」は、患者への負担が少ないそうで、最近は多くの手術で使われているようだ。 お腹にいくつか穴の痕が残るだけ…なんて聞いたこともある。 傷が小さいから回復も早いというわけらしい。 でもね、その手術で死んでしまうのならば、負担があろうと「開腹手術」をしてもらった方がいいよねぇ。
 この手術で亡くなった人が結構いることが問題になっている。 今度の群馬大の場合は、同じドクターの患者だというから、そのドクターの「腕」の問題なのだろうか。 患部を直接見ての手術ではないから、難しい面があるのかもしれないが、肝臓や膵臓の手術ではまだリスクが高いらしい。
 練習を兼ねて手術されたのでは患者はかなわないが、習熟するためには練習も不可欠だろうしねぇ。 ま、大学病院は医者を育てる場でもあるわけだが・・・。
 群馬大学病院の名前は何だったかで記憶にあるのだけれど、何だったか? ちょっと気になって…。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sm9616.blog.fc2.com/tb.php/892-a153970c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top