FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

ハロウィン  



「カボチャが転がっているだけ」と言えば、確かにそうですが・・・。 某ホテル前にて。

74_201710312018429ff.jpg





table_20130321210513 -


 ハロウィン。 昔、娘が何やら仮装して横田基地の米軍家族のハウスを回ってお菓子をいただいてきたことがあった。 家によっては「お断り」の表示があったと。 どこの家でもやっている”行事”ではなかったのだろう。
 時代が変わり、今や「日本の行事」として定着した感がある。 毎年、渋谷駅前の騒ぎがニュースになる。
 ばぁばが「ハロウィン」と聞いて必ず思い出すのは、アメリカで「不審者」と思われて射殺された日本人の若者のこと。 ご両親が、「銃の規制」を訴えて活動を続けていらしたと思うが、相変わらず銃による事件が後を絶たないにも関わらず、アメリカで規制の気配はない。
 今や、 仮装を楽しむお祭として、日本の文化になったのかも。 ま、あまり人に迷惑をかけないようにお楽しみくださいね!と言うところかな。


スポンサーサイト



コウヤボウキ  



花の少ない時期ですが、「コウヤボウキ」は見ごろです。

71_2017103020364806b.jpg


名前の由来は、「高野山で箒にしたから」と。

72_20171030203651873.jpg


よく見れば「豪華な花」です。

73_20171030203652481.jpg





table_20130321210513 -


 台風一過の大風、と言うのもおかしいけれど、凄い風だった。 「木枯らし1号」! 朝は暖かだったが、どんどん気温が下がった。
いよいよ冬がやって来る。 天気図も西高東低で、「筋状の雲」。
 あっという間に今年も終わるわけ。 気温の変動が大きいから、体調管理にも気を付け、乾燥してくるから火の用心にも留意しなくては。
 明日の朝は寒いらしいから寝坊したくなるかもね。 (笑)  皆さんお大事に!


センダン草  



「センダン草」は種類が多く、細かいことは分かりませんが・・・。

70_2017102920500026a.jpg


「引っ付き虫」と言われるだけあって、この種は衣服に良くつきます。

69_20171029204959c22.jpg


それなりに可愛いのですが・・・。

68_2017102920495725b.jpg





table_20130321210513 -


 大雨の幹線道路を走っていた。 雨のためか日曜日のためか空いていた。
 黒い車がずっと後ろを走っていたが、気が付いたら、間にあずき色の車が入っていた。 次に気が付いたらあずき色車が隣の車線から、前に入ってきた。 そして隣の右折車線にまた戻って行った。
 ばぁばも後ろの黒い車も直進だったから、右折待ちのあずき色車をすぐに追い越したわけ。
 なんであんなにくねくね車線変更をするのだろうね? 右折するなら、ずっと右側の車線を走っていた方が早いと思うのに。
 「年寄マーク」をつけていると煽られるなんて聞くが、そういう事ではなかったけれど。


お茶の花  



一世代前は、ご近所助け合って「家のお茶摘み」をしていましたが、最近はそんな風景も見られなくなりました。

66_20171028195404699.jpg




67_201710281954065e1.jpg





table_20130321210513 -


 東京オリンピックまで1000日を切ったと。 7年後と思っていたのはついこの間のように思うから、あっという間に”その日”はやってくるのだろう。
 選挙も終わったから、小池都知事も少しは落ち着いて都政に専念できるのかな? 急ごしらえの「希望の党」ではやはり無理だったのかも。 勝算はないと判断されたのだろうが、今度は作った党が重荷だったりして?
 まぁ、都民としては、しっかり都政に取り組んでいただきたいからね。 だって、まだ何も成果は上がっていないのだから・・・。


ダイモンジソウ  



頂戴した時はピンクでしたが、年を経て、「原種」に戻ったようです。

64_20171027210837f33.jpg




65_201710272108391da.jpg





table_20130321210513 -


 昨日は「ドラフト会議」。 清宮幸太郎君も、行く先が決まった。 ”くじ”で運命が決まることにはちょっと気の毒なケースのあるのも事実だろうけれど、「行きたくないチーム」ではなかったようでよかった。 それにしても、「日ハム」って”くじ”に強そう。 評判の選手をよく捕まえるものねぇ。
 将棋の藤井聡太四段も高校進学を決めたと。 プロ棋士の世界は、強ければ強いほど対局数が多いようだから、両立は大変だろうけれど、応援したいと思うなぁ。 「学校が息抜きになる」なんて聞いて、勝負の世界の厳しさを想像するわけだけれど。
 若い人には、夢も希望もある将来に向かって頑張ってほしいと思う。


シュウメイギク  



雨続きの中でもよく咲きました。

61_20171026201539bb7.jpg


風に倒されても咲いていました。

62_20171026201541b94.jpg


園芸種と思われる白花は今年は花数が少なかったようです。

63_201710262015421e9.jpg





table_20130321210513 -


 台風の大雨による「土砂災害注意報」が出たので、向山でまた崩落があったのだろうと思っていたら、案の定、工事のための通行止めに加えて「台風のため」が増えていた。
 水の流れた跡がかなりえぐられたようで、登山道も改修したあとがそこここにあった。 段になっているところにも大きな石が据えられて歩きやすくなっていた。
 市でやってくれたのだろうか? ただ、斜面に土を取ったあとがあったので、大雨で、今度はそこが危なくはないのかなと気にはなったが。
 通行止めのフェンスも、今度はがっちりしていたので、横をすり抜けて「現場を見に行く」ことは遠慮した。 「野次馬」もそろそろ卒業しないと・・・ネ。 ”いい歳”なんだから・・・。 (笑)


  



たわわに実った柿。 渋柿なのでしょうか?

59_20171025204714762.jpg


今年、わが家でたった一つなった柿。 富有柿でおいしいのですが、鳥に先を越されてしまいました。

60_20171025204715f75.jpg




台風一過  



台風一過。 久しぶりに明るい陽光に満ちた世界が広がっているようです。

57_20171024203124ca9.jpg


河川敷のグランド。 野球のバックネットも土手に引き上げられていましたが、今回グランドは無事でした。

58_20171024203124ba3.jpg





table_20130321210513 -


 台風21号も大きな被害を残した。 亡くなった方も・・・。 台風が去って、やっと秋晴れが来るのかと思ったら、また台風ができたらしい。 一つ災害が起きると、その復旧も進まないうちに、また災害がやって来るのが最近の傾向。
 当地では、大雨だった夜間の風よりも晴れてからの風の方が強かったが、大きな被害の話は聞いていない。 
 「備えあれば・・・」と言うけれど、人の備えも大自然の力の前では小さなものだと思わざるを得ないなぁ。


台風一過の多摩川  



台風21号の大雨で、多摩川も増水しました。 今朝7時半ころの画像です。

53_2017102321131503b.jpg


羽村取水堰では堰も払われ、橋脚を濁流が洗っていました。

54_20171023211318313.jpg


川もこうなると恐ろしいです。

55_20171023211319346.jpg


11時前、晴れてきました。 川面がきらめき、濁流もきれいに見えました。

56_201710232113202b8.jpg





table_20130321210513 -


  台風の接近を控えてあわただしい中だったが、無事、選挙も終わった。 ほぼ事前の想定通りの結果に、自分の考え方もそう世間とはずれていないと感じて一安心。 つまり、「認知症」もさほど進行はしていないことが確認できたというわけ。 (笑)
 今回の選挙では、事前のあれこれから、候補者の”人間性”を知る機会が多かったでしょ。 やはり、それも考慮したくなるものねぇ。 考えの深さなどが図らずも知れたし。
 今日あたり、「反省しきり」の方も定めし多かろうとは思うが・・・。 「急いては事を仕損じる」ですよ!


キササゲ  



キササゲの長い「さや」がぶら下がっています。

50_201710221910123fe.jpg


花からは想像できないのですが・・・。

51_201710221910144de.jpg


これが6月に咲いていた花です。

52_20171022191016561.jpg





table_20130321210513 -


 超大型台風21号が接近中。 まだ間があるのに大雨だ。 1時前、かすかにサイレンが聞こえる。 長い長いサイレン。 多摩川増水を知らせるサイレンが、少し上流で鳴っているらしい。
 15分後、今度は近くで。 羽村取水堰で、堰を上げて玉川上水へ流している水もすべて多摩川に流すことを知らせるサイレンだ。 100メートルの近さだからこれはよく聞こえる。
 そんなに増水しているのかなと、川を眺めると、確かに増水していて、中州もかなり浸水している模様。 傘をさして表へ出てみると,三つに分かれた堰の一つが上がっていた。 堰の上がる瞬間を見たい人が集まっている。
 その後、またサイレンが鳴って、堰はすべて上がった。 表へ出ると堰直下でごうごうと水の逆巻いている音も聞こえる。
 いまからこんなに増えているのでは、台風が来たら、下流ではどうなるかなと案じられる。
 大きな被害が出ないことを願うのみ。


ダリア  



畑の一隅に咲いたとは思えない美しさでした。

48_2017102119484826b.jpg




49_20171021194850f31.jpg





table_20130321210513 -


 また高齢者の起こした交通事故! だんだん車に乗りにくくなる! 夜は乗らない、他人は乗せないと、自分なりには考えているが、病人を抱えていたりすると、やはり車がないと”やっていけない”。 そうかといって、緊急時だけ乗るのではかえって危ないでしょ。
 免許を取った時に、「毎日5分でも乗るように」と言われたけれど、それは今でもそうだろうと思う。 まぁ、田舎住まいで、おなじみの道を使うことが多いので、「慣れ過ぎないこと」も必要だろうし、何だか免許取りたての頃より緊張して乗っているみたい。
 最近の交通トラブルでは、「軽に抜かれた」とか、「顔を見た」なんてことでも怖い思いをするらしいから、そんなことにも気を付けながらね。 年寄りにこそ必要な”足”であるという面もあるのになぁ。 ・・・。


ブーゲンビリア  



散歩途中のお宅に咲いていました。 素敵でした!

47_20171020194036999.jpg





table_20130321210513 -


 よく降りますねぇ。 頑張っていたけれど、風邪をひいても困るのでこたつを出した。 師走の寒さではね。 でも、また夏日が来るらしいから・・・。 すっきりとした秋晴れのないまま冬になるのかな。
 インフルエンザの予防接種をしてきた。 効果が出るまで2週間、効力は5カ月保持とのこと。 「元気だ、元気だ」と言われるが、早めの予防接種などを心掛けていることも関係しているのかもしれない。
 年を重ねれば、気を付けていても、”何があるか分からない”でしょ。 車に乗っているときに”発症”すれば、それこそはた迷惑だから、体調管理には特に気をつけなくちゃ・・・と思う次第。


御射鹿池  



一度行きたいと思っていた「御射鹿池」でしたが、雨で対岸も見えず、残念なことでした。

42_20171019203500a57.jpg


東山魁夷画伯の「緑響く」のモチーフと言われるため池ですが、あの絵の幽玄さには程遠く・・・。

43_20171019203502a4b.jpg


白馬ならぬ白霧では致し方ないですね。

44_20171019203505987.jpg


幻想的と言うにはかすみ方がひどかったようです。

45_201710192035067ac.jpg


現在は池畔に下りられないので、上の道路から見るだけなのもちょっと・・・。

46_20171019203507011.jpg





table_20130321210513 -


 この春の車検の時に、「ドライブレコーダー」をつけることを勧められた。 高速を利用するのは終わりにするつもりだったし、これからあまり遠出もしないからと断ったが、「事故の時に、自分が悪くないことを証明できますよ」とのことだった。 何となく聞いていたけれど、最近の交通トラブルでは、「ドライブレコーダー」が本当に大活躍している。
 販売店の話として、昨年の倍の売り上げだそうな。 思ったよりは安くつけられるものらしいが、今に「標準装備」になるかもしれないなんて話もある。
 車間を多めにとっていれば、必ずと言っていいほど割り込まれるし、みんながもっと穏やかな気持ちで運転していればいいと思うけれどねぇ。 ハンドルを握るとその人の本性が出るというけれど、本性はそんなに”短気”な人間が多いということ?
 ドライブレコーダーをつけると、運転する人自身も慎重になるそうだから、みんながつけるといいのかも。


苔の道  



白駒池への道は「美しい苔」でも有名ですね。

38_20171018194233046.jpg


夏の方が、苔の色は鮮やかだとは思いましたが・・・。

39_201710181942329af.jpg


ゴゼンタチバナの葉も、4枚ではまだ花は咲きません。

40_20171018194236475.jpg


しっとりとした雰囲気が好印象でした。

41_201710181942364ed.jpg





table_20130321210513 -


 久しぶりの太陽に、シーツなどの洗濯もし、布団干しもできたが、午後には曇り、今夜からはまた雨が続くそうな。
 炬燵がほしい気温なのに、台風がやってきそうな話。 こたつに入りながら、台風情報を見ることになりかねないのかな?
 最近の事件、事故の多さは、天候不順にも関係があるのだろうかね? 人の神経を逆なでしてイラつかせるとか?


雨の白駒池  



久しぶりの白駒池は、あいにくの雨でした。

33_201710172039469c9.jpg


紅葉はまだのようでしたが、対岸もかすみ、定かには分かりません。

34_2017101720394819f.jpg


雨の白駒池も風情があると言えば言えそうですが・・・。

35_20171017203950ddf.jpg


水もかなり多いように見受けられました。

36_201710172039508c2.jpg


ボート乗り場には、時々、写真を撮る人、撮られる人が姿を見せていました。

37_2017101720395256e.jpg





table_20130321210513 -


 昨日は帰宅が遅くなり、当ブログの更新をお休みしてしまいました。 お立ち寄りくださった皆様には、大変申し訳のないことでした。 お詫びいたします。
 
 中央道を利用するバスツアーの場合、最後の休憩が談合坂のサービスエリアになるので、いつもそこで、”ほうとう”を買ってくる。 昨日はその先で「工事のための渋滞」が発生しているとのことで、休憩時間も短く、忙しかった。
 談合坂からほぼ1時間で帰宅できると思っているのだが、昨日は、まぁ、長かった。 3車線が2車線に減るのだから混むのは当然だろうけれど、小型車ならば、適当に合流できるとしても、大型車では入れてもらうのも大変なのだろし、途中から、圏央道に入らなければいけないから、なおさらね。
 最近の高速道路には、恐ろしいヤカラがたくさん走っているらしいから、無理は、クワバラ、クワバラでしょ。 さらに、ツアーだと、「ここで曲がれば家まですぐなのに」と思う地点で反対に曲がって乗降地を巡ったりするわけだから、遅くなるのは仕方ないけれど、高速道路の工事は”夜中”と思っていたのは間違いだったらしい。
 念の入ったことに、高速を降りてから、火は見えなかったが、消防車が何台もやってきて、そこでまた結構待たされたから、ドライバーさんは大変だったと思う。 
 客は、料金は同じで、長い時間乗せてもらえたのだから「良かった、良かった」と思えばいいことね。 (笑)


畑の野菜  



夏から秋へかけての「畑の野菜」です。

29_201710152032081f7.jpg




30_201710152032102fd.jpg




31_20171015203211374.jpg




32_20171015203213bb6.jpg





table_20130321210513 -


 22日の選挙についてのアンケートの電話が来た。 嫌いなはずのテープみたいだったが、きちんと名乗り、丁寧な女性の声に、『原則』を横に置いて答えてしまった。
 質問内容も整理されていたし、支持する政党を持たない人間の動向も分かろうというものらしい。 こういうのを集計して、どこそこの党は優勢だとか、どこそこは落ち目だとか出てくるわけね。 
 こちらが完全に電話を切るのを確かめていたから、「秘密保持」も確実と思えたが・・・?
 まぁ、なんとなく選挙結果が楽しみに思えたりしたのが不思議と言えば不思議。 (笑)


ムラサキゴテン  



花のイメージと名前が、どうも一致しない気がするのですが・・・?

27_20171014212240a10.jpg


植え替えたらよく咲きました。 やはり手をかけないとだめですね。

28_20171014212242eaa.jpg





table_20130321210513 -


 検査データを改ざんしたとか、最後の検査者が無資格者だったとか、何のための検査なのかと思う。 まぁ、無資格者の検査でも、長年の経験がものを言って心配ないなんてこともあるのかもしれないけれど、今までよく無事だったと感心するばかり。
 世の中、『何もかも疑ってかからないといけない』と言うことらしい。
 でも、ことが起きた時の安全性にかかわる”インチキ”だけは、絶対に、やめてもらわないとね。 お偉いさんが雁首並べて最敬礼したって、許せる話ではないでしょ。


ケイトウ  



秋も深まり、ケイトウの葉は色づき、黒い種ものぞくようになりました。

26_201710131943037f4.jpg





table_20130321210513 -


 朝からの雨が一日中続いた寒い日。 たまにはいいなぁと。 三日も四日も続けばげっそりするのだろうが、第一日目は、久しぶりにのんびりできてよかった。 人間も勝手なものだとは思うけれど。 昔は「おしめが乾かない」なんて悩みもあったのだろうけれど、最近は「おしめ」を干してある風景など皆無。
 しばらく続くという雨だが、将棋の羽生善治三冠が、このところ続けてタイトルを奪取されておいで故の涙雨だったりして・・・。
 それにしても、昨日は夏、今日は冬と言う気温なのだから、調子が狂ってしまいそう。 「寒暖差疲労」なんてものがあるらしいから、”お年寄り”は特に気をつけないと。


今朝の多摩川  



今朝はよく晴れて、多摩川が本当にきれいでした。 今夜からしばらく雨が続くそうですが。

25_2017101221420684b.jpg





table_20130321210513 -


 寒い日があって、亀ちゃんの動きが鈍り、餌も食べずに落ち着かなくなったので、冬眠用の水槽に移した。 2日ほどおとなしくしていたが、暑さが戻ると、亀ちゃんも元気になって暴れ出したので、また盥に出した。
 明日から気温が下がるらしいから、今度は冬眠できるかも。 自然界のヘビやカエルも、寝たり起きたりしているのだろうか?
 人間が寒暖の変化に振り回されるように、亀も体内時計(?)が狂ったりしているのかな? 亀が落ち着かないとこっちも落ち着かない。
 ばぁばも、できることなら、”冬眠”よりも苦手な夏に”夏眠”したいけどね。 (笑)


黒 米  



先月、秩父の「寺坂棚田」で撮った「黒米の稲」です。 実物はもっと真っ黒に見えたのですが・・・。

22_20171011210356808.jpg


その時に頂戴した「黒米」です。 普通のお米より小粒で、真っ黒なお米でした。

23_20171011210356c05.jpg


普通のお米と一緒に炊きましたら、お赤飯のような色になりました。 
「モチモチになる」とのことでしたが、少量のためか特に・・・?

24_20171011210357e4a.jpg





table_20130321210513 -


 先週は暖房をつけた夜もあったのに、昨日はまた夏に逆戻りした暑さ。 今日は予報ほど暑くはならず、夕方には霧雨だった。
 涼しい日はスズメバチの姿もなく、庭に出てもすぐ蚊に刺されることもないのに、ちょっと暑いと家の中にも蜂が入ってくるし、花の写真を撮りに出ることも躊躇するほど蚊が現れる。 他の虫は年々減っているのに、本当にたくましく生きている。
 ひところうるさいほど鳴いた”アオマツムシ”の声も今年は全く聞かなかったし、コオロギの数も減った。 アシナガバチの巣も今年は見ていないし、スズメバチの巣も今年は作られなかった。 庭に来る鳥も減って、”実物”が食べられなくなった。
 昔、噴火の少し前の三宅島を訪れた時に、「噴火前には島から鳥がいなくなる」と聞いたので、生き物が減るのが気になって。 新燃岳も噴火した。 地震予知は「できない」ことが明らかにされた。 大自然は「話し合い」には全く応じてくれないからねぇ。


ススキ  



河原のススキが、キラキラ光りながら風に揺れる様子は、今の季節ならではの美しさです。

20_20171010201110afc.jpg




21_2017101020111450e.jpg





table_20130321210513 -


 選挙がいよいよ始まった。 「総理を選ぶ」と言う点で見ると、本当に難しい。
 どうやら議員と言うのは、ずぶの素人でも構わないらしいけれど、党の方針に黙って従っていればいいというのもいかがなものかと思うしねぇ。  「○○チュードレン」なんて呼ばれるメンバーは嫌だと思うし。 当選するためには「宗旨替え」もいとわないなんて言うのも、信頼はできないでしょ。 まじめに考えると、本当に難しい。
 普段いい加減に人生を送っている身としては、「まじめに考えること」自体が難しかったりしてね。 (笑)


刈り入れ後  



刈り入れの終わった田んぼでは、鳩たちがご馳走にあずかっていました。

18_2017100919190808f.jpg


こちらはまだお仕事? お疲れ~!

19_2017100919190901c.jpg




実り  



羽村市唯一の水田地帯でも実りの季節を迎えています。

16_20171008194227aee.jpg


すでに刈り入れの終わった田もあります。

17_20171008194227ae0.jpg





table_20130321210513 -


 東京都農業振興事務所から封書が届いた。 真夏に「ウメ輪紋ウイルス」の検査のために、梅やユスラウメの葉を持ち帰っていたので、その結果についてだろうとはすぐ分かったし、今来る知らせでは”陰性”だったのだろうとは思ったが、やはり開けるまではちょっと嫌な気分。
 肝心の青梅では、「梅の公園」も再生に向けての取り組みが始まったと聞くのに、今頃になって”陽性”と言われるのも嫌だからね。 昨年、”陽性”だったお隣さんの話では、結果を早くに知らせてきたとのことだったから、遅いに越したことはないのだけれど、昨年はもっと暮れになってから連絡があったと記憶しているので、ちょっとね。
 いつまで続くのか知らないが、ウイルスの駆除はこちら任せ。 『防除については農林水産省のウェブサイトをご参照ください』とのことなので、しょうがない。 検索してみるか。
 選挙戦が始まっても、どこの党首も、この問題について、「支援します」なんて公約を掲げるはずもないしね。


多摩川秋模様  



ススキとセイタカアワダチソウに象徴される「多摩川の秋」です。

15_201710071929403f8.jpg
 




table_20130321210513 -


 予選は1位通過。 でも、やはり決勝では緊張が違うのだろう。 世界体操での村上茉愛選手、僅差でメダルを逃した。 必ず次へ続くと思うから、どうぞ頑張って!
 何事でも、一流になるには、素質、努力はもちろん必要だろうけれど、更に運も必要なのだろうなぁ。 素質もないのに努力もしない人間は、それなりに生きるしかないってことか。 まぁ、我が身を振り返っても・・・ね。


野 菊  



目立つような華やかさはありませんが、唱歌にも歌われている「秋の花」です。

14_20171006200540174.jpg





table_20130321210513 -


 体操の世界選手権で、内村航平選手が怪我をして、棄権せざるを得なくなったとき、本人の連覇の夢もついえたし、どうなることかと思ったが、白井健三選手が銅メダルを獲得。 若い選手もそれぞれ活躍したし、女子も大きな大きな期待を持たせてくれている。 若い選手が育っているのは安心できるねぇ。 内村選手も残念だったけれど、また復帰でそうで何より。
 政界のごたごたのニュースばかり続く中で、若い人の活躍には本当に清々しい気持ちになれる。


ホトトギス  



「ホトトギス」も種類の多い花ですね。

12_201710052034417c7.jpg


鳥の「ホトトギス」を思わせる模様はないのですが・・・。

13_20171005203443184.jpg





table_20130321210513 -


 連日、テレビをぎわす話題が、小池都知事が選挙に立候補するかどうかということ。 ご本人は「100%ありません」とおっしゃるのだが。
 ご自分で作った党なのだから、立候補されるのが普通なのだろうが、都知事としての仕事もまだ何も成果があがっていないのに「それはないだろう」の声も大きいからねぇ。 まぁ、勝算があれば立候補されるつもりだったのかもしれないが。
 ご本人が否定されてもそれを信じない人が多いというのは、政治家の発言は信用できないということなのか、小池百合子と言う人物が信用できないということなのか?
 このところ、ずっと気になっていた、初期の”側近中の側近”が、離党を表明したり、正直、わけが分からない。 都知事選の時に、緑色の野菜を持って応援に駆け付けた方々は、どう見ていらっしゃるのだろうね?
 都知事の話題が、選挙への関心を高めているのは事実だろうけど。


シュウカイドウ  



秋を彩る可愛い花です。

8_20171004200518f20.jpg


これは「雄花」です。

9_2017100420052004b.jpg


こちらが「雌花」です。

10_20171004200521a06.jpg


小さい2枚が”花びら”で、大きな2枚は”がく”だそうです。

11_20171004200522765.jpg





table_20130321210513 -


 昨日は夏の暑さ。 今日は羽織るものがほしい気温。 「中秋の名月」も当地ではどんよりと曇っていてダメ。 
 ラスベガスで起きた銃の乱射事件。 犯人は狩猟が趣味だったとか、ギャンブルに大金を使っていたなんて聞くと、お金持ちが何でそんな事件を?と思う。 まぁ、50丁近い銃を持ち、それでもまだ満たされない”何か”があったということだろうか。
 「銃の規制」はとても実現しそうもない国だから、この先も安心してはいられない。 テロの心配もある上に、こういうヤカラがいるのだから恐ろしい。
 それでも銃は必要と言うのか、こういう人間がいるから銃は手離せないと言うことなのか。 
 世の中の不安材料がどんどん増えていく感じがしているけれど、それは日本でも同じ。 落ち着いた日本を築いてくれるのは、誰なのだろうね。 選挙の行方もどうなることやら。
 本当に国をよくしようと考えている人が、果たしているんだろうかね?


CM撮影  



先月のこと、多摩川べりに「河童」がいました。 テレビコマーシャルの撮影とのことでした。

6_20171003200948c8a.jpg


先日、偶然、完成したコマーシャルを見ました。 一人でしばらく笑えました。

7_20171003200950d55.jpg





table_20130321210513 -


 選挙を目前にして、政界は大騒ぎ! 党が分裂したり、新党が出現したり、・・・。 腹の探り合いもこの世界では日常茶飯事。 見ている分には面白いけれど、こういう人たちに庶民の生活が託されるのかと思うと、面白がってばかりもいられないからねぇ。
 選挙後もきっとごたごたが続くのだろうけれど、『急いては事を仕損じる』と言うでしょ。 後悔先に立たずですよ!
 「人を見たら泥棒と思え」とまでは言わないけれど、簡単に人の言葉を信じるのも問題だろうねぇ。 世の中、詐欺師であふれかえっている時代ですよ。 政界の皆様におかれまして、くれぐれもご注意を!


月下美人  



「月下美人」が大きくなり、鉢とのバランスが不安定になりましたので、更新のため、
昨年、シュートを挿し木にしてみました。 それに、今夜、一輪だけ花が咲きました。

3_20171002215317c3f.jpg


上の画像から2時間後の画像です。 良い香りが部屋中に溢れています。 

4_201710022153195f1.jpg


複雑な造りの花だと思います。

5_20171002215320218.jpg




岩ナンテン  



岩ナンテンの花が咲いています。

1_20171001194519e26.jpg


この花、スズメバチの大好物らしいのです。

2_20171001194521741.jpg





table_20130321210513 -


 10月! 今年も4分の3が過ぎてしまったということ。
 今年は春のギックリ腰が尾を引いて、草むしりができなかった付けが来て、草原と化した庭の草むしりに追われる日々。 草むしりをするために生きているみたいな感覚にも襲われるが、お勤めの人だって同じような仕事を毎日するのだから、「これが生きるということ」と気を取り直したり。
 でも、伸びた草の方が取りやすいし、目鼻がついて、ストレスからいくらか解放された。 無理をしないということは能率が上がらないことだし、馬力もなくなっているので長期戦で行くしかないけれど、体を使う仕事は気持ちがいいとは思う。
 取った草を広げて、多少なりとも”カサ”を減らしてから袋詰めをして収集車へ。 羽村市では、伐採した枝や草を無料収集してくれるので助かる。 何しろ、我が家は無料ゴミがどっさりで、有料ゴミはちょっぴりなので。 
 今年の残り4分の1は、少しはすっきりした庭を眺めながら、お茶でも飲むことにしようか。 来年はもう少し動けるようになりたいなと思いつつ・・・ネ。 年寄りなのだから「無理だよ」の声も聞こえそうだけど。 (笑)


▲Page top