FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

アジサイ (5)  



早い梅雨明け後の暑さに、アジサイも日中はげんなりしています。 アジサイの季節も終わりました。

73_201806302046531b0.jpg





table_20130321210513 -


 六月も終わる。 今年も半分過ぎた。 速い! 年を取ったらゆっくり、のんびり暮らしたいと思っていたが、とんでもない。 時の流れのはやいことと言ったら・・・。
 メンバーの高齢化に伴い、関係していた活動がほとんど終わりを迎えたのだから、時間的な余裕が生まれていいはずなのに。 年とともに、疲れるようになったから、以前のように次々と用を片付けられないことも原因の一つだろうけれど、何より「戦意喪失」が問題かな。
 何事も、「ま、いいか」になってしまった。 戦う前から負けている。 「ま、しょうがないか」となるわけね。
果ては、「年を考えれば、よくやっているよ」などと、思っている自分にあきれつつ、今年の後半も過ぎることだけは確かなようで・・・。(笑)


スポンサーサイト



アジサイ (4)  



「十二単」と言う種類です。 わが家にあるアジサイの中では一番の”お気に入り”です。

70_20180629193208fc0.jpg


花の下の茎が石化します。

71_20180629193209600.jpg


花は八重で、淡い色合いの頃が好きです。

72_2018062919321065d.jpg





table_20130321210513 -


 どうやら「梅雨明け」が現実になった模様。 今日は強風だったので家にいる分にはよかったが、これで湿度が上がって来るかと思うとげんなりする。
 史上最速の梅雨明けらしいが、梅雨の期間が極端に短かった。 高校生プロ棋士・藤井聡太七段の五段の期間が二週間程度だったのを、まねたわけでもあるまいが・・・。(笑)
 晴天はやはりいいとは思うけれど、この夏は、水不足になるのかな? 水不足、電力不足が待っているのも困る。
 「こまめに飲む水」と、「適切に使うエアコン」が、ともに不十分では、熱中症に行きつきそうだもの。 だからと言って、原子力に頼ろうとは思えなくてねぇ。


アジサイ (3)  



「ダンスパーティー」と名付けられたアジサイです。

67_20180628203644a06.jpg




68_201806282036456b1.jpg




69_20180628203646018.jpg





table_20130321210513 -


 もう「梅雨明け」でもよさそうね。 梅雨末期特有の大雨も降っているし・・・。
 早くから暑かった今年。 季節がそっくり早まったと思えば納得だけれど、過去の記録もあることだろうから、気象庁もなかなか「梅雨明け」とは言えないのかな? まぁ、これからまた雨が続くのかどうかわからないけれど。
 前にもそんなことを書いた記憶があるが、八月頃に「秋風」と言うのもいいけれどなぁ。 (希望的観測!)


ハンゲショウ  



真夏の暑さが続きますが、まだ、「梅雨」ですね。

IMG_8042.jpg




IMG_8048.jpg





table_20130321210513 -


 少子化が言われてかなり経つと思うが、最近の事件を見ていると、子供を持つのも怖くなるかもね。
 普通に考えると、成人して、親も子育てを終わったと思えるような子供が、突拍子もない事件を起こすわけでしょ。
 我慢ができない子供だったのか、甘やかしすぎたのか、事件を起こす以前にも問題があったのかどうなのか。
 豊かな時代が、逆に心の貧しさを生むことにつながるのかなぁ。
 親子の関係も、昔とはすっかり変わっているようだけれど、親の権威も地に落ち、難しいことになっているのかねぇ?


ヘラオオバコ  



一度きれいに刈り取られた土手に、今また、「ヘラオオバコ」がたくさん咲いています。

62_20180626202102532.jpg


少しアップで・・・。

63_201806262021034ff.jpg


上から見ると、花火のようで面白い。

64_2018062620210550d.jpg





table_20130321210513 -


 今日は富山で交番が襲撃され、警官と、奪われた拳銃で撃たれた近くの小学校の警備員が亡くなるという事件があった。 小学校に行った犯人は何をするつもりだったのかねぇ。 恐ろしい話。
 最近、刃物で人を刺す事件が続いている。 原因がネットがらみと思われる例もあるが、恨みもなく、ただ目立ちたいがための事件かという例もある。
 人間に”こらえ性”がなくなったのか、妙に自尊心の強い人間が増えたのか・・・?
 こどもを巡る事件も多いし、なんか殺伐とした世の中になったねぇ。 平和で静かな生活を望むだけなのに、落ち着かないこと。


クジャクサボテン  



大きくて華やかですが、「それだけ」と言う感じもして・・・。

60_20180625223147938.jpg




61_20180625223146d88.jpg




アジサイ(2)  



今日は「ガクアジサイ」。 花が開く前のこの姿も可愛いと思います。

57_20180624205911791.jpg




58_201806242059134c0.jpg




59_2018062420591433c.jpg





table_20130321210513 -


 大きな地震があると、防災グッズが売れると言う。 人の心理としては分かる。 普段から分かっていても、なかなか・・・でしょ。
 最近は、揺れがおさまってから避難するのが常道らしい。 しかし、それは最新の耐震基準を満たしている建物の場合だろうから、我が家のような古い家は、一刻も早く外へ出た方が安全そう。 昼間はともかく、夜は、カーテン、ガラス戸、雨戸と三段構えの出口では時間的に開けるのは無理。 で、二か所のロックを開ければ裏へ出られる廊下のはずれのドアを”出口候補”と考えてはいた。 ただ、そこにある小さな本箱が倒れたら、ドアは開けられなくなるから、それを移動しなくてはと。
 なかなか上がらなかった我が家のお神輿も、大阪の地震でやっと上がって、本箱が片付いたというわけ。
 あとは瓦の落下を想定して行動できればいいけれど・・・。 『地震』はあるだろうが、『自信』はない。 (笑)


アジサイ (1)  



「アジサイ」の季節真っただ中ですね。

54_20180623203250b9a.jpg




55_2018062320325157c.jpg




56_20180623203252430.jpg





table_20130321210513 -


 6月23日。 今日は「沖縄慰霊の日」。 遠い昔の出来事になった。 担任が沖縄出身の方だったこともあって、「ひめゆり部隊」の話は他人事とは思えなかった。
 長い間、沖縄に遊びに行くなんて考えられなかったが、『今は行くことが沖縄のため』と言う息子の言葉に背中を押される形で出かけたのは‘97年のことだった。
 ひめゆり部隊最後の地で、ガイドが「当時の教育によって・・・」と説明したのに、内心、穏やかではなかった記憶がある。 あっさり簡単に片づけられてしまうのだ・・・と。
 目の前の海が、敵の艦船に埋め尽くされた状況を思うとやりきれなかったし、観光バスの走る道路も、「その時」は逃げ惑う人たちであふれたのだろうと思ったりして・・・。
100年もたてば、完全に「歴史上のでき事」になってしまうのだろうなぁ。  とにかく、今日は『沖縄慰霊の日』。


キツネノボタン  



「狐の・・・」と名のつく野草がいくつかありますが、これは「キツネノボタン」。

52_20180622215542a61.jpg


小さいですが山道では目立ちます。

53_201806222155431cb.jpg




低空飛行  



「水防訓練」の一環として飛んできたヘリコプターです。

49_20180621203838ac0.jpg


ぐんぐん高度を下げていました。

50_2018062120384076c.jpg


河川敷のグランドに下りるのかと思ったのですが・・・?

51_20180621203843cf2.jpg





table_20130321210513 -


 今日は夏至。 梅雨時のことで、太陽は見えなかったけれど、夕方7時過ぎても明るかった。 これからは、陽射しがだんだん家の中に入ってくるようになり、布団干しが次第に楽になるというわけ。
 年を重ねるにつれて、背も縮むし、力もなくなるから布団を竿にかけるのが大変になり、今は低い竿に長~く干す。 よく日は当たるけれど、これは裏返すのが大変。 廊下に広げるだけになれば楽でしょ。
 「その年にならなければ分からない」ってこともたくさんあるから、若い人たちにも、いずれは分かる話だろうけど。 ま、お楽しみにね。 (笑)


ネジバナ  



「モジズリ」なんて呼び方もありますが、ねじれているから「ネジバナ」。 簡単明瞭です。

46_20180620191518b65.jpg


小さくても「ラン」です。

47_20180620191520b1c.jpg


土手には群生していました。

48_20180620191523a06.jpg





table_20130321210513 -


 サッカーはルールもよく知らないし、なかなか得点できないし、特に好きでもない。 しかし、昨日は、世間があまりにも盛り上がっているようなので、時々覗いて見ていた。 最初見た時は1点リードだったのが、同点に追いつかれたところだった。 その後、大きな変化もなく、見ていると精神衛生上よくなさそうなので、「寝るかな」とベッドに入って、ラジオを付けたら、「大騒ぎ」。 ○○タイムの5分の長かったこと! そして、勝った! 「へぇ~、コロンビアに勝てたんだ」とビックリ。 勝てるとは正直、思っていなかったので・・・。 
 一夜明けて、今朝は、テレビもサッカー一色。 サポーターの皆さんが大喜びするのを眺めつつ、こんなに喜べたら楽しいだろうなと。
 少しルールでも調べてみるかな・・・???


シ ダ  



花もきれいですが、こんな「シダ」も爽やかでいいかなと・・・。

45_201806191933054d3.jpg




ヘメロカリス  



細い神社参道の草むらに紛れるように咲いていました。

44_20180618201205dc0.jpg





table_20130321210513 -


 最近地震が増えたなぁと思っていたら、今朝は大阪で震度6弱。 横浜でも、揺れを感じたというけれど、”緊急速報”だけで、ばぁばは感じなかった。
 速報と揺れがほとんど同時だったらしいが、何とか「分単位」の余裕で速報が出せるようになるといいねぇ。 博物館に行きそうな携帯では、速報も受信できないから、テレビをつけていなければ、キャッチのしようもないけれど。
 スマホを持たないと、身も守れない時代になってきたということかな。 でも、大阪でも、電話はやはり通じにくくなったらしいし、充電できなくなれば役には立たないわけでしょ。 緊急時の連絡方法を、皆さんどうお考えなのだろうね?


柏葉アジサイ  



いつごろから目にするようになったのか定かではありませんが
今では、すっかりおなじみの花になりましたね。

43_20180617215946b00.jpg





table_20130321210513 -


 「貴重な晴れ間」と言われていたほどには、当地では晴れ間がなく、布団を干すには至らなかったけれど、汗もかかず、働きやすい一日だった。
 日曜日は休養日と決めてあるのに、貧乏性の人間は、ジャングルになりそうな庭を見ると、「少しやるか」となるわけで・・・。    「勤労感謝の日」なんて、よく意味の分からない祝日もあるけれど、元気で動けることに関しては、「丈夫に生んでくれた親に感謝」かな。 長命ではない家系の中で、親よりもきょうだよりも、長生きしていることが不思議ではあるけれど。
 ”疲れない程度に”働いたおかげで、庭も、『そこだけ見れば』きれいになった! (笑)


ホタルブクロ  



「ホタルブクロ」はあちこちに姿を見せますが、中に入れたい「ホタル」には、最近、さっぱりご縁がありません。

41_2018061620353614d.jpg




42_20180616203537217.jpg





table_20130321210513 -


 「今日は寒いですねぇ」と、あいさつを交わすような”梅雨寒”。 気温の乱高下で、体調を崩しそう。 昨夜は薄めの毛布を追加したり、今日は肌着を一段階戻したり。
 お使いに出るにも、風邪は引きたくないし、クリーニングしたものは着たくないし、ケチな年寄りは大変で・・・。
 近年は、”~らしく・・・”と言うことをあまり言わなくなったけれど、この調子だと、今年の梅雨は”梅雨らしい梅雨”になるのかも。 猛暑・酷暑よりは梅雨の方がましかなぁと思ってもみるけれど、じめじめしていると人間にもカビが生えそうだしねぇ。 猛暑でも、青空がやはりいいのかな。


ナツツバキ  



思いがけず、近くの神社の境内に咲いているのを見つけました。

40_201806151928384e8.jpg





table_20130321210513 -


 「新幹線が人と接触した」と言うニュースにはびっくりした。 「接触」と言う言葉から、一瞬、通過駅での出来事かと思ったら、とんでもないことだった。
 最高速度で走っている新幹線と”衝突”したらどうなるかは、容易に想像できることでしょ。 あの新幹線の「壊れ具合」を見ると、人間でも、凄いものだと、妙なところに感心してしまったが、あれだけ壊れるほどの衝撃を受けたにもかかわらず、走り続けたということには、ぞっとしてしまった!
 先端が、”ぱっくり”取れて、それが大事故につながることだって、十分考えられそうでしょ? 副社長と言う人が、「プラスチックですから」と言っていたけれど、我々が百均で買ってくるプラスチック製品とはわけが違うだろうからねぇ。 ちょっと心配な発言!
 自殺の手段としては、最悪だと知ったけれど、その度胸があれば、生きる道も見つけられそうに思うけどなぁ。


水田地帯  



羽村市内唯一の水田地帯、「根がらみ前水田」です。 春には「チューリップ畑」になります。

39_201806141949152d3.jpg




ネムの花  



梅雨の晴れ間、「ネム」の花が美しい色合いを見せています。

36_2018061320312538e.jpg


今日あたり、一番の”見ごろ”だったのでしょうか。

37_201806132031285a9.jpg


???

38_201806132031279af.jpg





table_20130321210513 -
 
 昨日の米朝首脳会議の”共同声明”を巡って、様々な議論があって面白い。 「米がかなりの譲歩」と見る向きが多いが、トランプさんという人は賢いのか、その逆か、よくわからない。
 「取引の達人」と自認している節があるが、政治と商売とは違うだろうからねぇ。 独自の理論に従って、勝手に行動されたのでは困る。 どうやら、『地道に』よりも『パフォーマンス優先』らしい。
 親子ほどの年齢差だろうが、若い金委員長の頭脳の方が、”したたかさ”では勝っているのかもしれないなぁ。 この先をしっかり見なくてはね。


バ ラ  



ちょっとお粗末な”わが家のバラ”です。

34_20180612194338f5a.jpg


”ミニバラ”が、大地に根を張って、”ミニ”とは言えない状態になりました。 (笑)

35_20180612194340962.jpg





table_20130321210513 -


 どうにか実現にこぎつけた米朝首脳会談。 非核化だの、人権問題だのと、一応、共同声明に署名はしたようだけれど、要は、いかに実行されるかが問題だからねぇ。
 どっちもどっちと言うご両人だし、協定を反故にするのは毎度のことでしょ。 「や~めた!」と言えば、すべてご破産になり得るのだろうから、楽観視もできない気がしてね。
 でも、世界を巻き込んだ騒ぎなのだから、今度ばかりは・・・と思いたいなぁ。 日本人としては、トランプさんの言われるように、「拉致問題」に、『本当に』取り組んでくれることを祈りたい。


カラー  



「カラー」がやっと咲きました。

32_20180611194612302.jpg


ちょっと雰囲気を変えて、こんな撮り方はどうかなと。

33_20180611194613dbe.jpg





table_20130321210513 -


 「むしゃくしゃしたからやった。 誰でもよかった。」 またまた起きた理不尽な事件。 「だれでもよかった」なら、自分自身に向けてほしいよねぇ。 人に迷惑をかけないように、自殺でも何でもやればいいだろうになぁ。
 何とか言いながら、狙うのは、必ず自分より弱い相手なんだから。 止めようとした男性が犠牲になるなんて、本当に許せない話。 新幹線の中では、逃げ場もないし・・・。
 以前、新幹線の中で、焼身自殺を図ったヤカラがいて、乗客のお一人が巻き添えで亡くるという事件があったでしょ。 新幹線が、こういう場に選ばれるのだけは何とかしなくては・・・と思うが。 
 みんなが、くつろいでいるであろう新幹線の中に、おかしな人間が紛れ込んでいるというのが恐ろしい。


宿根バーベナ  



花は小さいのですが、たくましい草です。

30_20180610212110374.jpg




31_201806102121126df.jpg





table_20130321210513 -


 新茶の季節も今どきの人には関係ないのかな。 「急須で入れたお茶はおいしいから、味わって」と,産地の人が話すのを聞いて思い出した。 若くはない人が何本もペットボトルのお茶を購入していたことを。
 お茶は茶葉ではなく、”ペットボトルのお茶”を買うのが主流になってしまったのだろうか?
 ペットボトルのお茶は、”お茶の色?”をしているが、急須で入れたお茶は、時間とともに変色する。 この酸化を防ぐために、ペットボトルのお茶には酸化防止剤が入っていると。 もちろん、体に影響はないだろうが、ハイキングの折などは、お湯とそれ用の不織布の小袋に茶葉を入れて持って行くことにしている。 おにぎりを食べながら、家で飲むのと同じお茶が味わえるし、安心感もある。
 将棋の藤井七段は、対局中に、飲み物を必ずコップで飲む。 これは師匠の杉本七段のアドバイスだと聞いているが、テレビの生中継も多い対局で、感じがいい。
 時と場合によるだろうけれど、ペットボトルのお茶も、それなりにスマートに飲んでほしいとは思うなぁ。


クチナシの花  



鳥のお土産と思われるクチナシが大きくなり、一重の花が良い香りを漂わせています。

29_20180609200615827.jpg





table_20130321210513 -


 「梅雨入り宣言」が出たと思ったら、やはり「中休み」が来た。 でも、台風5号が明日あたり接近すると。 梅雨前線を刺激すると大雨になる心配があるらしい。
 多摩川の「洪水浸水想定区域」になっている当地だが、どうかな? 48時間に588mmの雨が降った場合に氾濫が想定されると聞いても、ぴんとこないが・・・。
 水面からかなり高いとはいえ、我が家の前は多摩川。 昔、狛江で家が流された際にはかなり増水し、それを機に、土手が高くされたが、最近の大雨は異常だからねぇ。 我が家が浸水被害を受けるようだと、下流の家々はとんでもないことになるんじゃないかなぁ。
 万一、「危ない」と感じたら、河岸段丘を上へ上へと逃げるつもり。 体力を維持していないと”アウト”と言うわけ。 さてさて・・・?


タチアオイイ  



「吹上しょうぶ公園」の「タチアオイ」です。

26_201806081933063eb.jpg




27_20180608193308894.jpg




28_201806081933045a3.jpg





table_20130321210513 -


 四国から東京に来て、例によって「力にはなってはくれない」児童相談所の”のんびり対応”で命を落とした5歳の女児。 可哀想で・・・。 親が子供を虐待するって、なんでだろうねぇ?
 残されたノートの文章が、5歳児としては、ものすごくしっかりしていて、賢い子だったのだろうに。 食事を与えないなんて考えられないこと。
 「パパは怖いけど、ママは優しい」と。 その優しいはずのママにまで見殺しにされたわけでしょ。 「わが子よりも旦那」なのかなぁ。 たとえそうであっても、極端すぎる。
 そうなっても、こどもはよそに救いを求めることができないものなのねぇ。 やりきれない!


花菖蒲  



青梅市の「吹上しょうぶ公園」に行ってきました。

19_201806072019065bb.jpg




20_20180607201907bd3.jpg




21_20180607201909d3c.jpg




22_20180607201910fd9.jpg




23_2018060720194771c.jpg




24_201806072019504e7.jpg




25_201806072019510b8.jpg




アカショウマ  



地味ですが、季節を感じさせる花です。

17_20180606200038152.jpg




18_2018060620003987e.jpg





table_20130321210513 -


 関東も梅雨入り。 晴天は飽きないけれど、雨天はすぐ飽きが来る。
 今年の梅雨はどんな梅雨になることか。 雨量が多いとか、少ないとか、平年並みだとか、結局は、過ぎて見なくちゃ分からないというのが本音かもね。
 夏休みに入るころが梅雨明けと思っているが、近年は、季節が早く移る傾向にあるようだから、もっと早く明けることを期待したいな。
 何か、結構長い梅雨時ならではの楽しみを見つけたいと、かねがね思ってはいるのだけれど、これがなかなか難しくて・・・ネ。


岸田圃  



野山北・六道山公園の「岸田んぼ」では、子供たちが田植えをするとのことで、準備がされていました。

15_2018060522084695c.jpg




16_2018060522084585b.jpg





table_20130321210513 -


 「梅のウイルス検査に行く」との連絡が来てからまだ幾日でもないと思うが、今日来てくれた。 去年は最初留守だったのか、八月だった。
 今年は女性二人で、梅やユスラウメの葉を数枚ずつ採取していった。 留守の家が多くて困ると。 今は配達でも一応来る日をあらかじめ知らせるケースが多いが、突然来たのでは留守が多いのも仕方ない。
 青梅の「梅の公園」では苗を植えられるようになったと聞くが、いったいいつまでこのウイルス被害は続くのだろう。 アブラムシが媒介するというのだから、消毒をすればいいのではないかと思うのだが、そういう話はない。
 「来年もよろしく」と帰って行ったが、今年も無事であることを願うのみ。


「ウリノキ」の花  



名前の由来は、この葉。 「瓜」の葉に似ていることからとのことです。

11_20180604211158e7d.jpg


「面白い花が咲いていますよ」と教えていただいたのは何年前でしたか。

12_201806042112003d5.jpg


すっかり好きになり、向山に咲くのを毎年楽しみにしています。

13_201806042112024b5.jpg


風鈴のようでもあり、かんざしの飾りにもなりそうな可愛い花です。

14_20180604211203338.jpg





table_20130321210513 -


 すったもんだも収まり、米朝首脳会談がどうやら行われそうな気配だ。 「老いぼれ爺」と「リトル・ロケットマン」の会談と言うわけ。 あれだけの罵り合いの後、どんな顔をして出会うのかと言うのも、野次馬には楽しみの一つだったりして。
 安倍総理は、両者会談で、拉致問題の前進を願っているようだけれど、うまく行くかなぁ? 他国頼みじゃなくて、もっと直接交渉はできないものかな。 「圧力」を前面に押し出しながらでは無理かも。 だから、北では、日本を”除外”する行動をとるのだろうし、「拉致問題は解決済み」とするわけでしょ。
 ”飴”も必要ではないかと思うが・・・。 トランプさんのように、手のひらを返すようなことも難しいだろうけれど、日本の問題なのだから、安倍さんが一番頑張らなくちゃねぇ。
 そもそも、拉致が明らかになった時点で、強力な手を打ってほしかったと、いまさらながら思ってしまうのだけれど。 「後悔先に立たず」だよねぇ。


里山民家  



武蔵村山市の「里山民家」を訪ねました。

6_20180603201524d58.jpg


「囲炉裏」とか、かまどとか、懐かしい品々を見てきました。

7_20180603201526cd7.jpg


「火吹きだけ」など、目にすることもなくなりましたね。

8_20180603201529217.jpg


畑の木に「岩がらみ」が絡んでいました。

9_2018060320152919b.jpg


大きくて立派な花を咲かせていました。

10_201806032015307f6.jpg





table_20130321210513 -


 雲取山の「奥多摩小屋」が閉鎖されると、新聞にあった。 老朽化したが、立て直す費用がないとか。 見晴最高の場所に建つ小屋だ。
 初めて雲取に登った時、『風呂桶あります』と表にぶら下がっていたのが確かここだった。 「水を自分で運んでくれば入れる」と言うことかなとおかしかった。
 もう少し上の雲取山荘にいつも泊まっていたのが、今にして思えばちょっと残念。 車に乗る若者も減り、山ガール騒ぎも沈静化したのかな? 人口が減っている国だし、若者の嗜好も変わってきているから、やむを得ないのかも。
 年を重ねるとともに、”登る場所”だった山も、”眺めるもの”になってしまったのは残念だが、登山人口も減っているのだろうか?


ビヨウヤナギ  



蕊の「豪華さ」が目を引きます。

4_20180602204237016.jpg




5_20180602204239751.jpg





table_20130321210513 -


 仏壇に供えようと、アジサイの小ぶりの花を探していたら、かわいい蛇が枝にいた。 目が合った(?)のに動かない。 枝を揺らしたら動き出したが、しっぽが見えている。 花バサミでしっぽを突っついてもそのまま。 マムシの模様を小さくしたような模様は、青大将の赤ちゃんだ。 こんなものでも、赤ん坊は可愛い。
 今年は家の周りで、蛇やトカゲをよく見かける。 先だって玄関のガラス戸に張り付いていた「ヤモリ」の赤ちゃんは、そのまま死んでしまったし、トカゲも一匹、しっぽ切なりらぬ胴体切りで死んでいた。 小さな生き物の世界でも、災難は結構起きるものらしい。
 雀も減り、庭に来る鳥の種類も数もめっきり減ったが、小さな命を目にすると、なんだかほっとする。 突然目の前に現れるのは、なるべくご遠慮願いたいけどね。


イチヤクソウ  



そろそろ咲くかなと通うこと3度。 ”3度目の正直”でした。

1_2018060119573287d.jpg


去年の”遺物”も。

2_2018060119573385c.jpg


下に少し見える緑の濃い丸い葉が、イチヤクソウの葉です。

3_20180601195735519.jpg





table_20130321210513 -


 今日は暑さが気にならない日だった。 からっとして、風が涼しくて・・・。 でも、次に雨が降れば「梅雨入り」となるらしい。
 よく気象庁の「梅雨入り宣言」が出ると、晴天が続くでしょ。 今日明日の、この晴天が”それ”じゃないのかな。 昨日までの”ぐずつき”で「宣言」が出ていれば、ちょうどそういう感じだから。
 この晴れ間を有効に利用して・・・と言うけれど、洗濯、布団干し、家の内外の掃除、・・・何から何までできるわけもないし、そこまでテレビで言うこともないだろうと思うけどね。 ま、へそ曲がりは、”命の洗濯”に、お出かけが良かったりして・・・。


▲Page top