FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

クチナシの実  



「くちなし」の実が色づきました。
八重咲きには実がつかないので、種を落としてくれた鳥に感謝です。

77_201812291919488df.jpg





table_20130321210513 -



 今年も残すところあと二日。 今年の漢字「災」が表すように、本当に災害の多い一年でした。 ここでまた、強烈な寒波に見舞われ、事故の無いことを祈りたい思いです。
 誠に勝手ながら、当ブログは、明日から年末年始の数日間、お休みをいただきます。 この一年、拙いブログにお越しいただき、ありがとうございました。 厚く御礼申し上げます。
 インフルエンザも流行の最盛期を迎えているようです。 くれぐれもご自愛くださいますよう。

皆様、どうぞお元気でよいお年をお迎えください



スポンサーサイト



タカサゴユリ  



おそらく、今シーズン最後の「タカサゴユリ」でしょう。
小ぶりながら、意外にきれいに咲いているのです。

76_20181228204344d36.jpg





table_20130321210513 -


 普段の買い物は、使える店ではクレジットカードを使っている。 幸か不幸か「余計なものを買う趣味」はないので、問題はない。「余計な買い物」どころか、「必要なもの」まで買い忘れる始末なのだから。
 カードは、現金での支払いよりも早いし、多少は安くなる。 年間を通すと意外に額が大きいことに気づく。
 便利にカードを使っているが、レジでは必ず「支払方法は」と尋ねられる。 つまり、一括か、分割かと言うことだけれど、金額を問わず聞かれる。 千円に満たない買い物でさえも聞くのだから、これが”マニュアル”なのだろう。 ひところ不評のやり玉に挙げられていた「いらっしゃいませ。こんにちは」と同じってことかな。
 マニュアル通りにしていれば間違いないということかもしれないけれど、”臨機応変”ではまずいのかねぇ?


クマザサ  



刈っても刈っても出てくる「熊笹」ですが、お正月の”飾りつけ”には重宝しています。

75_20181227195229900.jpg





table_20130321210513 -


 明日から年末寒波がやって来るらしい。 寒波に伴う「筋状の雲」と言うけれど、日本海は「筋」とは見えないほどの雲の群で埋められている。 こんなのを見るのは初めてかも。
 お正月に向けての「民族大移動」を直撃することにいなりそう。 近年は、大雪に伴う事故を見聞きすることが増えたが、今年もまた、”立ち往生”とか、”一酸化中毒”とか、・・・気を付けてほしいと思う。 渋滞も当然あるだろうし。
 坂道では、スタッドレスタイヤでもやはりチェーンが必要と。 チェーンも今は金属ではないの? 音がしないでしょ? アイスバーンでも大丈夫なのかな?
 お互いに十分に気を付けて、事故無く平成最後のお正月を迎えたいもの。 もちろん”風邪”にもね。


万 両  



雪で折れて、数が減ったのですが、”子供”が大きくなってきました。

72_20181226203944bc8.jpg




73_20181226203947566.jpg




74_20181226203947b45.jpg





table_20130321210513 -


 韓国の駆逐艦が自衛隊機に向けてレーダーを発射したことが問題になっているでしょ。 日本の抗議に対して、何やらわけのわからないことを言っているけれど、韓国っておかしな国だと思ったなぁ。
 文大統領は、いつもニコニコ顔でニュースに登場するけれど、どういう人なのだろう。 国内には変に弱気だし、優柔不断なのかねぇ。 何より大事なのは、自身の保身ってこと? 世界はこの人、この国をどう見ているのかと気になったが・・・。


ミニバラ  



寒iい庭で次々と咲いています。

68_20181225212342203.jpg


このつぼみが何ともかわいいのです。

69_2018122521234394c.jpg




line_heart01_17.png




同じ花ですが、背景が変わように、角度を少し変えて撮ってみました。

70_20181225212345dbd.jpg


どちらがいいかな・・・?

71_20181225212346ea6.jpg





table_20130321210513 -


 インドネシアの津波。 地震が無くても津波が来ることがあるのねぇ。 火山の噴火だそうだけれど、噴火がまだ続いているのでは、いつまた津波が来るか分からないのでしょ。 そんな中にいる人たちは本当にやりきれないだろうなぁ。 日本でもあり得ることで、過去にもあったらしいから。
 今年も自然災害は多かった。 東北で、津波が来た時の水位を示すものを見ても、静かな海からは想像できなかったけれど、地球温暖化が進んで、異常気象が普通になりつつあるようだから、信じられないことが次々と起きてくるのだろうか。
 自然の前には本当に無力なのが人間だものねぇ。 心配ばかりしていたのでは暮らしが成り立たないし・・・。 困ったものね。


ミニシクラメン (12)  





line_star01_mix_2018121720090579a.png

ミ ニ シ ク ラ メ ン (12)

line_star01_mix_2018121720090579a.png




ms12a.jpg

=A=

ms12a-2.jpg

=(A)=




ms12b.jpg

=B=





ms12c.jpg

=C=

ms12c-2.jpg

=(C)=




b_simple_127_0M_20181217200904499.png

今日は”水不足”で少々ぐったりしている画像です。
「A」は水不足に強いのですが、「B」と「C」は弱いです。 根の強さの差かも知れません。
過湿は厳禁と思っていますので、土が乾いた時にたっぷり与えます。
「A」のつぼみは大きくなりました。 ここまでくるとのぞいて見るのも楽しいです。
「B」は相変わらず葉を増やし続けています。 花芽が出るのかどうか気がもめます。
 
b_simple_127_0M_20181217200904499.png





table_20130321210513 -


 天皇誕生日の余韻を引いて、今日は記者会見でのご様子が繰り返し放映されていた。 この会見が無ければ、なかなか陛下のお気持ちを知ることもできなかったと思うし、譲位と言うことが無ければ、こういう会見も開かれなかったのではないかと思う。
 昨日の皇居前は、地方からのバスが列をなしたというから、国民の多くが陛下のお気持ちをよく理解したということでしょ。
 「胸を打たれる話」は本当に久しぶりだという印象を受けたのは、陛下の誠実なお人柄が、良く表れていたからなのだろうね。


冬の実  



赤くきれいだった実も、冬を迎えればこんな状態。 身につまされたりして・・・。 (笑)

67_2018122320015624a.jpg





table_20130321210513 -


 天皇誕生日。 天皇として最後のお誕生日ということで組まれたテレビ番組を興味深く、そして、懐かしく見た。 同年配で同じ時代を生きて来たから、時代の背景はかなり分かっているつもりだが、立場が違い過ぎるから知らなかったことも多い。
 エリザベス女王の戴冠式に参列された際のイギリスでの反対運動や、チャーチル氏の”取り成し”など。 戦時中、にっくき英の首相だったチャーチル氏が、立派な人物だったこともよく分かったりして。 (笑)
 エリザベス女王の戴冠式の記録映画は、何しろ、ばぁばが見た最初の「カラー映画」だったのだから、昔のお話ということ。
 「激動の昭和」と言うように、確かに大変な時代だったとは思うが、それだけに懐かしさもひとしおなのかも知れない。
 ご譲位後は、ゆっくり自由な時間を楽しんでいただきたいと思う。


向山あれこれ  



杖はよく置いてあるのですが、ひも製「杖置き場」ができていました。

63_201812222024316a1.jpg


「撮り鳥さん」が作った「撮影用止まり木」。 首尾よく止まったのかどうか?

64_2018122220243344d.jpg


札をかけられた倒木。

65_2018122220243409f.jpg


上の札をアップにすると・・・。

66_20181222202435a72.jpg





table_20130321210513 -


 冬至。 今年もお隣から沢山「柚子」を戴いたので、たっぷりお風呂に浮かべられる。 「柚子」の出来が良い時は、ジャムにするが、今年は出来が良くないので「お風呂に」と頂戴した。
 綺麗な柚子と、傷の多い固い柚子との差が、何に起因するのか分からないが、自然のものだから天候が影響するのかもしれない。
 ユズ湯に入ると「風邪をひかない」と言うけれど、すでに風邪をひいて回復中のばぁばは、これですっかり治るということになるのかな? カボチャもよく食べていたのだが。 今日も食べたし・・・。 好きだから・・・。(笑)
 風邪が治るかどうかは分からないけれど、『カピバラ状態』のお風呂は面白そう!


釣り人  



ここにはいつも左端の常連さんが一人。 昨日はプラス2人。 寒いのにねぇ。

62_20181221192826ea0.jpg





table_20130321210513 -


 将棋の羽生竜王に広瀬八段が挑戦する竜王戦の最終局は、広瀬さんの勝利で終わった。 あの羽生さんが無冠に!
 この番勝負が始まる前、広瀬さんが「藤井聡太七段が上がってきたらどうしようかとドキドキしていた」と話されるのを聞いて笑った。 朝日杯の決勝で負けたことが「トラウマ」になっているのかなと。
 羽生さんにタイトル100期を達成してほしかったけれど、いくら強くても、いつかは下り坂になるのは当然のことだからねぇ。
 この2日間、時々ネットで経過を見ていたけれど、羽生さんの粘りも凄かった。 ずっと互角と言われていたが、最終盤になれば、ばぁばでもどちらが優勢かは分かるから・・・。
 どんな世界でも、時は流れ、時代が変わっていくのだと、しみじみと感じてしまった・・・。 何か寂しいような・・・。


春を待つ  



毎日、僅かずつ日の入りが遅くなる今、山の木々には、小さな葉が見られます。

60_20181220194548262.jpg




61_20181220194550b69.jpg





table_20130321210513 -


 港区南青山に建築予定の「児童施設」に、地元の住人の一部が反対していると。 反対理由が、金持ちの住む場所に、貧しい人たちが来るのは、かえってかわいそうだとか、そういう施設ができると”高級住宅地”としての資産価値が下がるとか・・・。
 港区は予定通り工事に入ると言っているが、児童施設ができると資産価値が下がるなんて考えられないけどねぇ。 住民の中には、反対者の意見を『恥ずかしい』と言っていた人もいたけれど。
 まぁ、直接関係はないが、いわゆる「高級住宅地」に住む人の”ものの考え方”が少しわかった気はする。 住めるわけはないけれど、少なくとも、住んでみたいとも思わなくなったなぁ。


  



今年は柿の当たり年だった由。 画像は先月のものですが
師走の今も木に残されたままの実が目につきます。
先月は、気温が高すぎて「干し柿」にできないとのことでしたが・・・。

59_20181219210830a6d.jpg





table_20130321210513 -


 何か事件があると、必ずと言えるほど、何かしら「暴露されること」があるでしょ。 よくあるのが「消防法違反」かな。 雑居ビルの火災では、その「違反」のために犠牲者が出るケースが多かったりする。
 今度の札幌の爆発事故でも、色々なことが明らかになってきた。 関係者にとっては、スプレー缶の始末さえしてしまえば、何事もなく過ぎていくはずだったのだろうが・・・。
 あれだけ広範囲に甚大な被害を出してしまっては、「誠意を持って対応する」と言ってもねぇ。 不誠実さが起こした爆発みたいなものらしいから。
 「おてんとうさまが見ている」と昔はよく言ったけれど、誰も見ていなくても「罰は当たる」ってことかな。


後始末  



台風で大きな被害の出た京都の鞍馬山あたりでは、今も立ち入り禁止が続くと聞く。
規模は違うだろうが、それなりに被害の出た向山では、倒木の始末が順調に進められているようだ。

58_2018121819173258b.jpg





table_20130321210513 -


 札幌で大きな爆発事故があった。 そもそもの原因は、スプレー缶のガス抜きをしていた結果の爆発だったという。
 スプレー缶は、完全に使い切ってから捨てるようにと言われるが、昔は孔をあけてから捨てるようにとのことで、市から缶に孔をあける道具が配布された。 その後、孔」は開けずに”使い切ってから”捨てることと、方針が変わったようだ。 スプレー缶の捨て方も自治体によって違うらしい。
 スプレー缶の種類は多いが、”使い切る”と言うのも難しいことだから、最後は外で噴射して空にすることが多い。 もちろん火の気のないところで・・・。
 カセットコンロに使う”ボンベ”の場合は、缶を設置してある上に鉄板などが載らないようにと言うが、注意事項がまだ周知されていない面もあるようで、時々事故がある。
 今回の事故で、とにかく、スプレー缶の取り扱いには注意が必要と言うことだけはよくわかっただろうけれど・・・。
 便利さの裏には、隠れた危険もあるということかな。


ミニシクラメン (11)  





line_star01_mix_2018121720090579a.png

ミ ニ シ ク ラ メ ン (11)

line_star01_mix_2018121720090579a.png




ms11a.jpg

=A=

ms11a-2.jpg

=(A)=




ms11b.jpg

=B=




ms11c.jpg

=C=

ms11c-2.jpg

=(C)=



b_simple_127_0M_20181217200904499.png

「A」のつぼみは、つぼみらしくなってきました。 数も結構あって楽しみです。
「B」には、残念ながら、まだつぼみはなさそうですが、期待はしています。
「C」のつぼみは、まだまだ小さなものですが、年明けごろにはそれらしくなるかと思います。

b_simple_127_0M_20181217200904499.png



冬の川  



これは「秋川」です。 さらに上流には、釣り人の姿があり、”オチアユ”が釣れるとのことでした。

57_201812162118411a0.jpg





table_20130321210513 -


 ハイキングクラブの忘年会が、今年は昼間になった。 長年のお付き合いだから、思い出すと笑えるようなことも多いけれど、同じように年を重ねているわけ。
 若いころとはいろいろと変化もみられる。 忘年会に夜出かけるよりも昼間の方がいいという意見が多くなったのもその一つ。 ハイキング先も「山ではない場所」が増えたし、今日あたり、皆さんが「飲まなくなった」のにはびっくり。
 健康に留意して・・・と言うよりは、「飲めなくなった」と言うことらしい。 もう一生分飲んだから終わりにしたのかもしれないが・・・。 二次会で女性陣と同じ”甘味”を召し上がるオジ(イ)サマ方も、おかしいと言えばおかしいし・・・。

 ま、皆が元気で歩ける日の、一日でも長からんことを祈るといたしましょう !


一人の世界?  



林の中で「一人の世界」を満喫されているようでした。

56_201812151935306fc.jpg





table_20130321210513 -


 インフルエンザが流行期に入ったとの正式発表があった。 今年もワクチンが足りないなどと聞いたけれど、どうなったか。     「ワクチンなど打ったことがない」と得意げに話す人もいるけれど、自分のためだけではなく、人のためにも打った方が良いのでは・・・。 
 昨年は、入院中の同居人の部屋でインフルエンザを発症した人があって、薬を使う旨、主治医から了解を求める電話があった。副作用があるから一応承諾を得るのだろうけれど、大変だなぁと思っていたら、今年は、前もっての問い合わせがあった。 副作用もさることながら、り患した際のリスクの方がはるかに大きいと思われるので、「よろしく・・・」だけど。
 病院の医師が患者に刺されたりする時代だから、先生も気を使われて大変。
 病院に菌を持ち込むのは面会人かスタッフだろうけれど、病人には本当に”恐ろしいこと”だろうからねぇ。 


モミジ  



崖沿いの細い道を歩いていて、まだきれいな”モミジ”に出会いました。

29_2018121420365968b.jpg


もう終わりを迎えた木が多いのに・・・。

30_20181214203655d7d.jpg


”モミジ”のある場所だけ、フェンスを広げてあり、人のやさしさを感じさせます。

31_20181214203658207.jpg





table_20130321210513 -


 韓国の大手企業の社員が、社長の一族にパワハラを受ける場面を何度もテレビで見た。 最近では、一般の客が店員に居丈高にクレームをつけたり、暴力を振るう例が増え、社会問題になっているのだそうな。
 何で、そう簡単に「切れる」のか? 韓国の人は”血の気”が多いのか、イラつく原因が何かあるのか・・・? 何だか、慰安婦や徴用工の問題でいきり立つ人たちの姿と、共通するものがあるように感じたけれど・・・?
 その勢いに押されて手も足も出せない政府と言うことなのかなぁ? 国同士の約束も守れず、『その勢い』を恐れているということなのかねぇ? この先どうするのかと、ばぁばが心配しても始まらないけれどね。 (笑)


冬の公園  



どんよりと曇った空から雨のぱらつく午後の公園は、人影もまばらで寒々としていました。
福生中央公園にあるJR五日市線の鉄橋には電車も通りませんでした。

26_201812131924021b8.jpg


子供たちの声もなく、ジョギングの人も見えず、花もない冬の公園です。

27_20181213192404c50.jpg


富士山の姿もなく、黒く連なる奥多摩の山々が、印象的でした。

28_2018121319240467b.jpg





table_20130321210513 -


 昨日発表された”今年の漢字”は「災」だった。 本当に災害の多い年だったからねぇ。 ばぁばは、平成も終わるから「平」か「終」か、と考えていたけれど、これは2位と3位だったらしい。 ま、極めて一般的な感覚で生きていることが分かって安心したけれど。
 昨日、またまた100勝を達成して、最年少記録を更新した将棋の藤井聡太7段なら、同じ「さい」でも「才」だろうと言った先輩棋士がいらしたが、スポーツ界でも若い『才能』が大活躍だったねぇ。 でもそれを上回る印象が「災」だったということでしょ。
 その藤井7段自身の今年は「進」だったと。 確かに。
 来年の”漢字”が希望あふれるものになればいいなぁと切に願うが・・・? たとえ鬼が笑おうとも・・・ネ!


ミニシクラメン  



今年も「ミニシクラメン」を2鉢購入しました。

24_201812121941166d2.jpg


「ガーデンシクラメン」の方が種類も多くてよかったのかも知れません。

25_201812121941183e1.jpg




ガマズミ  



これは自生の「ガマズミ」です。

22_20181211195145b52.jpg


鳥のご馳走でしょうか?

23_20181211195148ef6.jpg





table_20130321210513 -


 今朝は庭に霜も降り、水槽には薄氷。 本格的な”冬”の到来を実感。 夕方から雨になった。 予報図を見ると当地は雪か霙かと言うあたりに位置していたから、いずれにしても寒いわけ。 まぁ、師走だから寒いのは当然なのに、先ごろの暖かさが異常と言うことでしょ。
 ノーベル賞の授賞式。 かの地も寒そうだったけれど、本庶先生、紋付羽織袴の正装で素敵でしたね。 日本の”民族衣装”だけれど、「サマになっている人」は意外に少ないと思うので・・・。
 ホールインワンとの対比など、なかなかユーモアセンスもおありの方のようで、「柔軟な頭脳」でないと研究の成果も上がらないのだろうと感じさせられた次第。


ブロッコリーの花  



先日、ブロッコリーの花」を初めて見ました。 種を取るためのものでしょうか。

20_20181210184225963.jpg


菜の花より色は薄めですが、花は似ていますね。

21_2018121018422646b.jpg




b_simple_127_0M_201811052004346ed.png

「ミニシクラメン」更新の日なのですが、大きな変化がありませんので、
今週は見送ることにいたしました。 ご了承ください。

b_simple_127_0M_201811052004346ed.png





table_20130321210513 -


 冬将軍到来! 季節外れの暖かさから一転、一挙に”真冬の寒さ”になった。 喜んでいるスキー場にはご同慶の至りだけれど、雪国の皆さんは”雪下ろし”などで大変だろうねぇ。
 気温のアップダウンについて行けなくなったようで、風邪をひいてしまったが、インフルエンザでないらしいのは不幸中の幸いと言ったところ。 高齢者はやはり体力が落ちているのだろうね。 ご同輩の皆さん、どうぞお気をつけて・・・!


センダン  



初夏に咲く可愛い花には、『アオスジアゲハ』が群がっていました。
今朝のラジオで、幼いころ「霜焼け」の治療にこの実を使ったという方の話を聞きました。
有毒とのことですが、漢方薬として使われるようです。

18_20181209194135af7.jpg




広徳寺の紅葉 (あきる野市)  



大銀杏で知られる五日市の広徳寺ですが、紅葉もきれいでした。
重厚な山門に紅葉が映えます。

16_2018120819465858c.jpg


見事な楓です。

IMG_0015_201812081953156cf.jpg


こちらは本堂裏の小ぶりながら美しい紅葉でした。

17_2018120819465920d.jpg




千 両  



屋根から落ちた雪で、折れてしまった”千両”に、新しい枝が出て、実を付けました。

13_20181207200620533.jpg




14_2018120720062343b.jpg




15_20181207200623c11.jpg





table_20130321210513 -


 貴ノ岩関の引退届を協会が受理したと。 下のものを殴ったから引退、車の事故で引退、・・・。 いまにお相撲さんがいなくなりそうね。
 協会には「厳重注意」なんてことはないのかな? どんなミスにも罰としてあるのは「格下げ」だけなの? 引退届はすべて「受理」なの? 有望視される力士なのにもったいないと思ったりもするけれど・・・。
 上位の力士が辞めれば、そのポストを弟子が狙えるから、親方衆が「引退」に反対するわけはないという話は、本当なのかどうなのか?
 相撲協会には、まだまだ問題点がありそうな感じを受けるけどねぇ。


ツ タ  



木々の紅葉も終盤を迎え、庭石に絡んだ小さな”蔦”も赤くなりました。
あまりつやのない葉なのですが、雨に濡れて綺麗に見えています。

12_20181206203540011.jpg





table_20130321210513 -


 今度は貴ノ岩関が加害者ですか! 一番”分かっているはず”なのに。 やっと元の地位に戻れると思ったのに、なんという事か。
 何しろ力士の皆さんは、怪力の持ち主なのだから、腹立ちまぎれに手加減なしに殴ったのでは、大けがをさせても不思議ではないでしょ。 
 「もういい加減にしてくれ~」と言いたいなぁ。


散紅葉  



今年は霜に逢うこともなく、一気に散ってしまいました。

8_20181205200247c4c.jpg


散ったばかりの葉はきれいです。

9_201812052002508ab.jpg


散ったモミジに霜がつくのもきれいですが、今年は暖かすぎるようです。

10_201812052002516f6.jpg


同じ木なのに、葉の色も大きさも様々です。

11_20181205200251ab0.jpg





table_20130321210513 -


 JR山手線の新駅の名前が、「高輪ゲートウェイ」に決まったと。 公募した駅名のトップは「高輪」で、「高輪ゲートウェイ」は130何位かだったそうな。 そういう名を付けた応募者がいたということにまずびっくり。 同時に、何のための公募だったのだろうという疑問も。
でも、この長い駅名は多分”省略形”で定着するだろうね。 待ち合わせの約束も、「じゃ、高輪でね」となるだろうから・・・。
 JRの発想は独特? あの「E電」、今や知る人も少ないんじゃないのかな。 JRではないけれど、「ビッグエッグ」もおかしかったねぇ。 「東京ドーム」の愛称だなんて、今、聞いてもなんだか分からない人が多いだろうね。
 今に「高輪って、本当は高輪ゲートウェイって言うんだって」なんてことにならなければいいけれど。


紅葉の林 (五日市にて)  



これは「ブナ」でしょうか? 美しい紅葉の林でした。

6_20181204201709099.jpg


こちらは雑木林でしょうか。

7_20181204201711ebb.jpg




ミニシクラメン (10)  





line_star01_mix_20181105200436324.png

ミ ニ シ ク ラ メ ン (10)

line_star01_mix_20181105200436324.png




ms10a.jpg

=A=






ms10b.jpg

=B=

ms10c.jpg

=C=





b_simple_127_0M_201811052004346ed.png

「A」に小さな芽が見つかり、もし”花芽”ならばうれしいと書いてから5週間経ちました。 芽は『花芽』でした。 
今年は暖かいことも幸いしているのか、つぼみがはっきり確認できるようになりました。
「A」の根元に、いくつかの『つぼみ』をご覧いただけると思います。
「B」の根元には「葉芽」がのぞいていますので、まだ葉数が増えそうです。
そして「C」。 ここにも小さな”花芽”と思われるものが見えています。 
これが5週間後に、「A」のような『つぼみ』になれば、こんなうれしいことはありません。

b_simple_127_0M_201811052004346ed.png





table_20130321210513 -


 NHKで、4K、8Kの放送が始まったそうで。 画面が素晴らしくきれいなのだそうな。 見てみたいなとは思う。 でも、それ用のテレビでなくては見られないのでしょ。 そんなテレビを買うつもりはないけれど。 買えないから、と言うべきかな。
 テレビにかじりつきの生活をしているわけではないし、どうしても見たい番組が、そうたくさんあるわけでもないしねぇ。
 多くの庶民は、今のテレビで十分だから、番組の内容についての研究を、もっとしっかりやってほしいなと思っているのじゃないのかなぁ? テレビだけじゃなくて、ラジオもね!


皇帝ダリア  



背が高くて上の方に咲くから「皇帝」なのでしょうか?

4_20181202190051cca.jpg


近年、よく目にする花になりました。

5_201812021900520d7.jpg





table_20130321210513 -


 ハイキングクラブのメンバーも高齢化して、平均年齢はおそらく70代半ばだろう。 今日も、ご兄弟がボケてきたりしているのに、この会のメンバーは元気だと思う、なんて話が出た。
 自分自身のことを考えても、足元は確実に頼りなくなっていて、なんだかまっすぐに歩けているのかなと不安を感じることもあるし、記憶力の低下は明らかだし、身体のどこかしらに不具合が生じているし、・・・、果たして元気と言えるのかなとも思うけれど、ハイキングに参加しようという気持ちだけはあるから、一応、元気と言うことにしておこう。
 ”ボケる”と言うことに関しては、「一人暮らしだからボケる」と言う説と、「一人暮らしだからボケない」との両説があるらしいが、ボケる人と、ボケない人との差はどこにあるのだろうね。 普通は、年相応にボケると思っているのだけれど。
 まぁ、元気と言っても、こんな話をしながらハイキングをしているグループと言うのも、考えてみれば噴飯ものよねぇ。 (笑)


向山の紅葉  



向山が紅葉の季節を迎えています。 今年は”この程度かな”と言う感じでしょうか。

1_20181201204921b8a.jpg


登山道にはもう落ち葉が積もっています。

2_20181201204923789.jpg


一番きれいなはずの場所なのですが・・・。 台風や最近の高温傾向が影響しているのでしょう。

3_201812012049251fe.jpg





table_20130321210513 -


 今年も残すところあとひと月と言うわけ。 今年は暖かいので、暮らすには楽だけれど。
 暖かなうちに働いておけばいいと思いつつ、年々暮れの大掃除などが面倒になってくる。 汚す人もいないし、大掃除をしなくても・・・と思うけれど、ガラス戸はしっかり汚れるし、鴨居の上にはホコリもたまっている。 ガラスには、鳥が衝突した跡が二つ。 キジバトらしい羽の模様がついているのだから、すごい勢いでぶつかったのだろう。 庭にも、暖かいから草が生えてくる。 いやでも動かなくてはならないようにできている。  
 何も年末にしなくても、一年を通してやっておけばいいのだが、それのできないところに問題がある。 ま、人間的と言えば言えるだろうけれど。
 とどのつまりは、「まぁいいか」で終わることになる。 それが分かっているということだけは、長年の経験が生きているということらしい。


▲Page top