FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

ハ ス  (蓮)  



水田の一角にある「蓮田」には、「大賀ハス」が植えられています。

64_20190731210531e5c.jpg




65_20190731210533619.jpg




66_20190731210534683.jpg




67_20190731210536388.jpg




68_20190731210537d51.jpg




69_201907312105390fb.jpg




スポンサーサイト



ヒマワリ (向日葵)  



「ヒマワリ」。 やはり、夏の暑さが似合いますね。

61_20190730205413490.jpg


最近は、小ぶりの花が主流なのでしょうか。

62_20190730205413ff5.jpg


結構勝手な向きで咲いているようです。

63_201907302054165bf.jpg





table_20130321210513 -


 昨日今日と、都内で一番暑かったのは青梅市だったそうな。 青梅市は、わが羽村市に隣接する市。 東京の気温は33度とか34度とか言っていたので、都心の方が低いの承知していたが・・・。
 昨日、我が家では庭に面した廊下が36度、今日の午後の台所は38度だった。 家の中の柱も、触ると暖かいし、台所の”やかん”などは、お湯を沸かした後のような温かさだった。
 古い日本家屋のこととて、冷房の効率は悪いけれど、クーラーの「適切な使い方」、つまり一日中フル回転ということになる。
 今日は夕方7時前の土手歩きも、いつもの涼しさはなかったが、人が多かったのは、暑さを避けて・・・だったのだろう。
 いきなり始まった猛暑だけれど、あまり文句を聞かないのは、あの雨ばかりの日々よりはいいと誰しも思うからに違いない。 暑さはまだしばらく続くらしいが、それはまた、ばぁばには「年寄りが無理して働くこともあるまい」と開き直りの毎日でもあるわけね。


麦わらトンボ  


家に飛び込んできたのは「麦わらトンボ」でした。 「シオカラトンボ」の雌ですね。

59_20190729203017540.jpg


標本のようにとまったところを見ると、足も折れ、羽も傷んでいます。 いろいろと苦労しているのでしょうか。

60_20190729203019ab3.jpg





table_20130321210513 -


 この間までの”じめじめ”が嘘のよう。 遅くに干したバスタオルもあっという間に乾き、広げた草もたちまち「干し草」に。
 熱帯夜はエアコンをつけっぱなしが良いというので、昨年からそうしていたのだが、設定温度を何度にしたかを忘れてしまって、昨夜は、28度の「除湿冷房」に設定したものの、気にしながらではよく寝られず、結局30分の「切り設定」に。
 適正な設定をしたのに、「微風」の扇風機だけで寝たわけ。 おかげで今朝は早く目が覚め、「アサメシ前の仕事」の”草むしり”が涼しいうちに終わった。 何が幸いするか分からない・・・。



カノコユリ (鹿の子百合)  



「鹿の子百合」が咲き始めました。

57_20190728212425106.jpg




58_20190728212427340.jpg





table_20130321210513 -


 急に暑くなって疲れる。 昨年のような酷暑ではないので助かるが、八月がどうなることやら。 暑いのは苦手。 
 だけど、これで、もし「蚊」がいなければ、状況は変わるのになぁ。 本当に「蚊」に好かれていて・・・。 もちろん外へ出る時は長そでを羽織り、ソックスの上の”隙間”には「虫よけスプレー」をかけ、手で全体に伸ばして・・・。 それなのに薬のつかないところがあると見えて、蚊が並んでいたりするのだから!
 諸説あるらしいが、確かに蚊の好きな血液型はありそうな気がしている。 もっと若い人のおいしい”血”がいくらでもあるのにねぇ。
 この世から「蚊」がいなくなると、何か不都合があるのだろうか?


チョウセンヨメナ  



「チョウセンシオン」とも言うそうです。 この方が”響き”がきれいかな?

54_20190727201230f41.jpg




55_20190727201230897.jpg




56_201907272012317e9.jpg





table_20130321210513 -


 台風の接近で、各地の催し物が影響を受けている。 花火大会も延期だの中止だのと、関係者は大変なことね。 隅田川の花火はやっている。 夜、どこかの花火大会の音が聞こえるので、外に出てみたが分からない。 雲が低く、雨がぽつぽつ落ちている。 今の花火は「点火は電気仕掛け」で、材料も雨でもできるようになっているのだそうな。 風だけが問題だと。
 テレビで見る隅田川の花火はきれいに上がっているようだけれど、多摩地区はこれでは雲の中だろうなぁ。 昭和記念公園では中止になったのではないかな? 花火は、矢張り、スカッと晴れた空の下でなくちゃね。
 「梅雨明け」にはなっているのだろうが、台風が来るのでまだ・・・と言うのは何だかおかしくないのかな? 「梅雨は開けたと思われるが、台風の接近に伴う雨が続く」と言うことにはならないのね。 なぜ?? 


リナリア  



公園に咲いていた「リナリア」。

51_20190726200716618.jpg


つぼみも沢山ありました。

52_20190726200717c22.jpg


咲きそろえばきれいなことでしょう。

53_20190726200719028.jpg





table_20130321210513 -


 韓国との関係がなかなか良くならない。 お隣さんなのだから仲よくできれば気持ちがいいのだけれど。
 反日の中心になっている若い人たちは、戦争を知るわけもない世代。 反日教育の成果なのだろうなぁ。 反日教育を続け、大統領が保身の主要材料として、「反日」を掲げている限り、関係が好転するわけもないだろうねぇ。
 それでいて、年末のNHKの”紅白”に韓国のグループが出ないと機嫌が悪いとは、不可解な話。 そんなに気に入らない国の番組など、「出られなくて幸い」じゃないのかね?


  



鳩たちはこの屋根の上を「憩いの場」にしているようです。

48_20190725201338547.jpg




49_20190725201339bd9.jpg




50_20190725201342d64.jpg





table_20130321210513 -


 梅雨寒の日々から一足飛びに”夏日”になった。 ちょっと動いただけで大汗をかく。 水分補給も忘れがち。 感度の悪くなった年寄りは気を付けないと危ないなぁと改めて思う。
 今日は久しぶりに布団を干せた。 天気の急変があるとのことだったから廊下に。 もう廊下に日が入るようになった。 夏至から約ひと月、それだけ太陽の高度が低くなったということでしょ。 これから真夏を迎えるというのに・・・。
 今年は蜂が少ない。 玄関前と庭に面したひさしと二か所に巣を作りかけていたけれど、人の出入りの多い場所なので、早いうちに撤去した。 それ以降姿も少ない。 大きな台風の襲来を察知して姿が見えないのでは恐ろしいことだけれど、気になることだ。


農作業 (あきる野市にて)  



梅雨の晴れ間は忙しそう。

47_201907242017304cb.jpg





table_20130321210513 -


 西の方では「梅雨明け」、関東はまだ「お預け」。 都内では朝のうちに大雨だったらしいが、羽村市では、午後3時から4時にかけて滝のような雨が降った。 と言っても、実は見てはいないのだが・・・。 2階の病室にいて、「何の音?」と思ったのが、何と雨の音だった。 普通の降り方では音は聞こえないからねぇ。
 看護師さんが「バケツをひっくり返したような雨」と言っていた。 「晴れるかと思って洗濯物を出してきたのに」とも。 洗い直すようかな。
 7時過ぎ、土手を歩きに行ったら、グランドに広大な水たまりができていた。
 ハザードマップを見ると、多摩川が氾濫した場合の我が家付近の水深は50センチ以下となっているから、土手下の家々は水没するということらしい。 その光景は想像すらできないのだが・・・。


オモダカ (沢瀉)  



開花状況を見に行った「蓮」はまだ早めでしたが、「沢瀉」が花盛りでした。

45_2019072321142808d.jpg




46_20190723211430c89.jpg





table_20130321210513 -


 蚊取り線香のともり方が、なんだか早くなったような気がして、つくづくと眺めた。 少し薄くなったんじゃないかなと思ったが、気のせいかな?
 消費税が増税になると料金を上げにくくなるというわけか、食料品も何やかやと値上がりする。 値を上げるにも、当然ながらいろいろと考えるらしく、単純に値を上げず、中身を少なくして実質値上げをすることが多いでしょ。 これがどうも嫌いで。 ちょうど便利な量だと思っていたものが、中途半端になるのだから。
 中身をそのままにして、堂々と値上げをしてくれた方がいい。 細く、短くなった竹輪なんか惨めな感じ。 束ねられたはずのホウレンソウが、袋に行儀よく一列に並べられていたのでは、買う気になれなくて・・・。
 要するに、あまり「せこいこと」をしないでほしいと思うわけ。 人様はどう思われるか分からないけれど。


ブタナ (豚菜)  



気の毒な名前ですが、別名は「タンポポもどき」。 

42_20190722205045466.jpg


初めて見たのは北海道。 今でも北に多いそうですが・・・。

43_20190722205046bed.jpg


これだけ咲くと壮観です。

44_201907222050508d9.jpg




ベコニア  



”指し芽”をしたものよりも、ほかの鉢に勝手に飛んだこちらの方が、きれいな花だとは・・・。


41_2019072121392918b.jpg




キキョウ (桔梗)  



庭で”桔梗”が咲いています。

38_20190720204644131.jpg




39_20190720204646914.jpg




40_20190720204647ac6.jpg





table_20130321210513 -


 京都の放火犯が高度の専門治療のできる病院に移送されたとのニュース。 正直なところ、ちょっと複雑な気持ち。 どうせ死刑だろうから・・・とも。
 でも、死なせてしまっては、事件を起こすに至った背景が分からずじまいだからねぇ。 大きな事件を起こす人は、それ以前にも、近所とのトラブルを繰り返していたというケースが多い。
 生まれながらの性格と言うわけではあるまいから、そうなるまでの経過が明らかになれば、”防ぐ手立て”も考えられるかもしれないが・・・。
 それにしても、ひどいことをしたものね。


鬼百合  



公園の何本かのうち、咲き始めていたのはこれだけで、綺麗でした。

37_201907191952285e2.jpg





table_20130321210513 -


 京都で大変な事件が起きた。 理不尽な事件の多い昨今だが、今回は被害の大きさにすさまじいものがあるからねぇ。 アニメ界のことは何も知らないけれど、多くの有能な若者が犠牲になったという。
 夢を描いて集まり、一歩一歩夢の実現に向けて進んでいたであろう人たちの前途を、こんな形で砕いてしまうなんて本当に許せないこと。
 この犯人も大やけどを負って重体らしいが、そうなることは想定外だったのではないのかな。  「ガソリンの威力」がこれほどとは、あまり知られていなかったと思うから。
 いろいろな出来事を見ると、心を病む人が増えているのかなと思ってしまうのだが、何事にも「余裕」を持てない状況が増えているのだろうかねぇ。


山百合  



園芸種とは違う”良さ”を感じます。

36_20190718201521c84.jpg




35_20190718201520cf9.jpg




ミソハギ  



「盆花」と呼ぶところもあるそうで、確かにお盆のころに咲きますね。

33_201907172005481c6.jpg


先日の「施餓鬼会」では「水向け」に使われていました。

34_20190717200549f22.jpg





table_20130321210513 -


 本当に久しぶりの”お日様”だった。 昼過ぎからしばらくと日没頃。 洗濯物もしっかり乾いた。
 明日からまた梅雨空らしいが、夕方近く飛んでいたトンボは、なんと”赤トンボ”。 それも2頭。 梅雨から秋に移行するわけではあるまいが・・・。 ばぁば的には、それも良しだけれど・・・。
 異常気象が普通になりつつあるらしいが、人智を超えた災害だけは御免こうむりたいもの。


ヤブカンゾウ  



梅雨空の下、オレンジ色が鮮やかです。

31_20190716205415963.jpg




32_2019071620541818a.jpg





table_20130321210513 -


 パトカーが首都高でバイクに幅寄せしたことが問題になっているでしょ。 バイクのドライブレコーダーの映像で明かになった行為。 行為と同時に、「てめぇ、なめてんじゃねぇよ」などの音声。 追い越そうとしただけで、バイクの人に何一つ過失はないのに、なんという柄の悪さ。
 昔、バイク族が集まることで有名な奥多摩の周遊道路で、バイクの少年集団に、白バイの警官が注意するのに行き合わせたことがあった。 その時の警官の言葉が、「おめぇら、新米を前に出さねぇと事故るぞ」だった。 暴走族とも思えなかったので、びっくりしたけれど、少年たちは、「はい!」と神妙に答えていた。
 その後、白バイ警官は、暴走族出身者が多いと聞いて納得。 今は違うのだろうが・・・。
 まさか、パトカーの警官は「塀の中経験者が多い」ということもないだろうけれどね。


アオサギ  



田んぼのアオサギにカメラを向けたら飛ばれてしまいました。 大きいですね。

30_20190715201711406.jpg








 肌寒さを覚える「海の日」。 海水浴場も当然ながら”ガラガラ”。 もともと「海の日」は20日だったでしょ。 夏休みも来るし、梅雨も明けるころでよかったのに、”ハッピーマンデー”とやらを導入したことが裏目に出た感じ。
 祝日は、やはり日にちを固定した方が好きだなぁ。 何曜日になるかなと言うのも楽しいと思うけれど、そんなに連休にしたかったのかな?


梅 雨  



霧雨に目の前の景色がかすみます。

26_20190714212049db8.jpg


すっきり晴れたらさぞ気持ちがいいことでしょうに。

27_20190714212050dce.jpg


2時間半後、少し明るくなりました。

28_20190714212052d8b.jpg


でも、これ以上にはなりませんでした。

29_20190714212053bdd.jpg




ベル型クレマチス?  



「ベル型クレマチス」だと思うのですが・・・?

24_20190713210445e21.jpg


釣り鐘型の花は可愛いですね。

25_20190713210447959.jpg

 



table_20130321210513 -


 お盆。 施餓鬼会でお寺へ。 例年暑さの中で行われるが、今年は涼しくて気持ちよかった。 扇子も持たず、ハンカチの出番もなし。 雨も降らず、珍しく日の差す時間もわずかながらあった。
 迎え火を焚くころには、またぽつりぽつりと落ちてきたが、仏も無事に帰ってきたことだろう。 たまには話がしたいなぁと思うけれど・・・。 長く生きれば、「話の合う人」は減る一方だものねぇ。
 まぁ、おもてなしはできないけれど、ゆっくりして行ってくださいな・・・と言うところかな。


ヒマワリ (向日葵)  



毎夏、ヒマワリが咲く畑。 今年も何本かありました。

21_20190712200655df1.jpg


小ぶりの種類です。

22_20190712200656ee1.jpg


こんな花も・・・。

23_201907122007021b3.jpg





table_20130321210513 -


 参院選の公報が来た。 改めていろんな「党」があるものだと思う。
 「NHKから国民を・・・」なんて党まであって、びっくり。 さらにおかしかったのが、NHKの「政見放送」にその党が出ていたこと。 “ぶっ壊す“と豪語しているのに、”お世話になっている”ことに矛盾は感じないのかな?
 NHKが太っ腹とも思わないけれど、なんだかなぁと。 そんな理屈を言っているようでは国会議員は務まらないのかもね。


ムクゲ (槿)  



「ムクゲ」が咲き始めています。

19_2019071120083238f.jpg


薄い色合いが素敵でした。

20_20190711200834a3e.jpg




table_20130321210513 -


 韓国との関係がどうにもまずい。 国同士の約束は守らず、日本からの問いかけは無視する。 それが今度は過剰反応なのだから。
 文大統領は、反日を掲げることで保身を図っているようだったから、今度もその路線かな。 今回の反応は早かったねぇ。
 韓国にだって、当然まともな見解を持つ人たちはいるはずだと思うが、そういう人たちの声は聞こえてこない。 庶民も反日で盛り上がっているみたいだけれど、国同士の取り決めが破られることをどう思っているのだろうなぁ。 『知らされない』なんてことがあるのだろうか。
 日本人より「血の気が多い」のは確かそうだけれど。


アサザ  



田んぼの一隅にある睡蓮池にひっそりと咲いていました。

18_20190710195534a60.jpg





table_20130321210513 -


 ビン詰を開けようとしてもこれが難物。 残念ながら”非力”なので。 今は多分、簡単に開けられる”もの”があるのだろう。 それこそ「百均」で手に入るのじゃないかな。
 一方、我が家の”最後の手段”は相変わらず、熱いお湯にビン詰めの蓋の部分を浸すという方法。 便利グッズを買わないのは、この方法で十分という意識があるのかも。 長年やっているし、あっさり開くから・・・。
 考えようによっては、きわめて『科学的』にやっているわけでしょ。 な~んてね。


クチナシ (梔子)  



純白で、香りが良くて、これで長持ちすればいいのですが・・・。

16_20190709202625562.jpg




17_20190709202627161.jpg





table_20130321210513 -


 「冷夏予想」が出ていたけれど、その時は、”暑すぎるよりはまし”と、正直思っていた。 でも、こう肌寒さが続くと、さすがに心配になる。
 東京は平年の11%の日照時間と言うが、同じ東京でも八王子ではさらに少ないのだそうで、当市は八王子に近いから、「確かに…」と思う。 今日も、雨こそ降らなかったけれど、薄手のカーディガンを引っ張り出してはおったほどの「寒さ」。 夏の気温ではない。
 果物の色づきも進まないし、甘みも日に当たらないと出ないと。 ひまわり畑も今年はまだ緑色らしい。
 この先、一挙に取り戻すような猛暑が来ても困るし、冷夏で終わっても困るだろうからねぇ。 ホント、お日様が恋しい!


あぜ道を彩る花  



田植えの終わった田んぼの畔に”ヤブカンゾウ”が咲きだして、彩を添えていました。

13_201907082032484b8.jpg




14_201907082032491b8.jpg




15_201907082032470de.jpg




水 玉  



小枝にかかったくもの巣の水玉。 丸くはないです。

11_20190707210419a9d.jpg


大きさも様々です。

12_20190707210422f20.jpg





thumb_20140624160327_53a922bf4aa05.png


 少し年上の方。 「彼女の車は傷だらけ」と聞いたことがあったけれど、最近車をやめたと聞いていた。 その彼女にぱったり出会ったら、自転車ならぬ三輪車を引いていた。
 「乗り物かえたの?」 「車やめたのよ」 「不便じゃない」 「もう、片腕もがれた感じ。あなたは」 「まだ乗ってる」 「私より若いから大丈夫よ」。
 三輪車は安定感はあるだろうけれど、幅が広い分だけ車道を走るのは怖そう。 河岸段丘の川べりに住んでいるのだから、どこへ出るにも「坂」があるし、車の無い生活はやはり大変そう。 確実に年は取るし、さてさて思案のしどころだ。


ムラサキシキブ (紫式部)  



実の色は独特で目立ちますが、花もちょっと変わっています。

10_20190706204217295.jpg





table_20130321210513 -


 参院選の公示も過ぎたが、当地にはそんな雰囲気は全くない。 静かでいいけれど。
 野党も自分のところだけでは何もできないみたいだし、一致協力すると言っても、それが実現できるとも思えないでしょ。
 公報もそのうち来るだろうが、”言うだけ”なら何でも言えるからねぇ。 普段から「そのための努力」を示してもらいたいと思うけどなぁ。


ユ リ (百合)  



「百合」の季節が来ているようです。 よそ様のユリですが・・・。

9_20190705194140e01.jpg





table_20130321210513 -


 空梅雨だとか、平年並みだとか、色々と話はあったけれど、降りだしたらまぁ、よく降ること! 今日はほんの少し、薄日が拝めたけれど。
 降らないまでも、湿度が高いので、天日乾燥の我が家では、洗濯物もすっきりとは乾かなくなっているし、たまにはすっきりした晴天を挟んでくれるとありがたいのだけれどね。 我が身にもカビが生えそうだもの。 ここ幾日か、涼しいのは助かるが。
 ま、あと2週間もすれば、「こんなに暑いんじゃ、雨の方がいいなぁ」なんて日々になるのだろう。
 ほんと、人間も勝手なものだとは思うけれど、腹いせにと雷が落ちることもあまるまいから。


営業所  



別に宣伝を頼まれたわけじゃないんですが、待ち時間があったので・・・。

7_201907042020453df.jpg


”ホットココア”、ごちそうさまでした。

8_20190704202046b3a.jpg





table_20130321210513 -


 九州の大雨で、やはり犠牲者が出ている。 以前にも聞いていたことだが、「避難指示」を知らせる放送が、雨音にかき消されて聞こえなかったと。
 さらに、予定の避難所が危険だということで、急遽変更されるといったこともあったらしい。 当然、遠い場所になるわけで、避難の原因の川の向こう側なんて例も聞いたことがあったなぁ。
 やはり避難はしない人、できない人が多いと見えて、実際に避難した人は避難対象者の1%にも届かないらしい。
 長年住んでいると、「まさか」と思うのだろうか? 周知徹底することの難しさは、これだけ被害が出ていても、「詐欺」に引っかかる人が後を絶たないことでも分かるけれど、災害の方は命にかかわることだからねぇ。


ハンゲショウ (半夏生)  

 

こちらも”梅雨時の花”ですね。 花より”葉”でしょうか。

5_20190703203923050.jpg




6_20190703203924e7a.jpg





table_20130321210513 -


 灯籠流しの灯籠が届き、納涼会の案内も来た。 お盆のお施餓鬼の案内はとっくに来ているし。 「もうそんな時期なのだな」と改めて思う。 確かに、アジサイもそろそろ終盤だし、半夏生も見ごろだものねぇ。
 歳を重ね、世間の動きにはすっかり遅れていると思っているが、どうやら、時間的感覚もかなりずれて、遅れているらしい。
 人様に迷惑をかけることではないだろうが、さりとて、完全に「マイタイム」で暮らせるわけでもないから・・・ネ。


ナデシコ (撫子)  



純白の「撫子」です。

3_20190702211528005.jpg




4_20190702211530143.jpg





table_20130321210513 -


 「誕生日おめでとう」と、近年は各種お店から”サービス”の提供がある。 スーパーでは「ポイント」、クルマ屋さんからは「洗車」、BOXティッシュ3箱と言うのもあった。
 わざわざDMを送ったりしても、サービスを提供することのメリットがあるのかな? ちゃんと商品価格に含まれていたりしてね。 な~んてひねくれてみても、”悪い気分”はしないところが”ミソ”かも。


▲Page top