FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

屋上の一角  



羽村市の「生涯学習施設”ゆとろぎ”の屋上」は、気持ちの良い好きな場所の一つです。

69_201910311945034c8.jpg





table_20130321210513 -


 今朝テレビをつけたら目に飛び込んできたのが『火事』。 首里城が燃えている! どんどん燃え色がって・・・。 見ていたら涙が出て・・・。
 火のまわりの速さから、「放火?」と心配したが、その可能性は低そう。 でも、注意に注意を重ねて管理されているのだろうにねぇ。
 いずれ原因も明かされるだろうが、やっと復元できたのに、また・・・となると、そう簡単にはいかないだろうなぁ。 資金はできたとしても、材料がそろわないのが現実だと。 何もかも無くなってしまうのが火事。 大変な損失と悲しみ。 ・・・・・。


スポンサーサイト



お茶の花  



暦の上の季節と、気温とのアンバランスに戸惑いますが、花は時が来れば咲いてくれます。

67_2019103020211383b.jpg




68_2019103020211474a.jpg





table_20130321210513 -


 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦を見ていて、会場が日本であるかのような錯覚を覚えたカナダ大会。 スケートリンクを取り巻く広告の数々に、何しろ”日本語”が多いのだからびっくりする。
 人気者羽生結弦選手の出場があるからなのだろう、現地への飛行機も日本人が多かったというし、あの広告は日本人向けなのだろうから、ホント、商魂たくましい。 テレビ中継で、大きく、何度も写されるから、効果はありそうだが、広告料も莫大なのだろうに。
 諸外国の人の目にはどう映るのだろう? 「日本には金持ちが多い」とか? 日本か中國かわからなかったりして・・・?


小 菊  



”さし芽”をして育てた小菊が大きくなってきました。 鮮やかな黄色が気に入っています。

66_20191029195048518.jpg





table_20130321210513 -


 各地で災害が続く。 こういうことが起きると、各自治体の「対応能力」と言うか、「行政力」の差が歴然と出るものらしい。 比較されるから、「それにしても遅いよねぇ」という声が聞こえて来るわけ。
 一つの災害の始末が終わらないうちに、第2、第3の被害が出る時代だから、行政もよほどしっかりした計画を立てていないと対応しきれないのだろうねぇ。
 とは言え、土砂災害にあった地域が、危険地域に指定されていなかったというのは、少々お粗末な気もするけれど。 


大雨の後  



関東に災害をもたらした大雨。 向山にも”その名残”がありました。
濡れた木々からは、盛んに湯気が上がっていました。

60_20191026190232d88.jpg


いつもは、ほとんど水のない「水路」が、「せせらぎ」になっていました。

61_20191026190238f81.jpg


「砂防壁」からは、滝となって水が流れ落ちていました。

62_20191026190308085.jpg





table_20130321210513 -

 
 一流選手には「無駄な動きがない」とゴルフのタイガー・ウッズ選手を見ていて思った。 本当に動きがきれいでスマート。 ボールを打つときはもちろん、歩いている姿も背筋がピンとしていて美しかった。 長身で、顔が小さいというスタイルのせいもあるのだろうが、日本の若者もああであってほしいなと。
 年寄り体形の我が身では、なすすべもない話だが、若い人には、是非、堂々としていてほしいなぁと。  かてて加えて、天才的なゴルファーでは、持てて当然だろうから、家庭の平和を考えれば、何とも言えないが・・・。 
 松山選手、もう一息だったねぇ。 惜しかった!    (ゴルフもちゃんと見ていたわけで・・・笑)


ハリスホーク  



土手を歩いていて、”トンビ”のような鳥を手に止まらせた人を見かけました。 

64_201910272035480b3.jpg


帰りにまた会いましたので写真を撮らせてもらいました。 鳥は”ハリスホーク”というタカの仲間と言う事でした。
「猛禽類にしては優しい目をしていますね」と言いましたら、「扱いやすい鳥」とのことで、人に慣れるようです。
残念ながら飛ばすところは見られませんでしたが、こんな鳥がなついたらうれしいだろうなと思いました。

65_20191027203549327.jpg




夕焼け  



あまり晴天に恵まれなかった10月ですが、今日の夕焼けは、川面も染めてきれいでした。

63_20191026190253778.jpg





table_20130321210513 -


 千葉がまた大変なことになっている。 このところの水害で、被害に遭っている地名を見ると胸が痛い。 学生時代の同級生が千葉にも川崎にもいるので。
 地図を見て、どうなのだろうと思いつつ、連絡ができないでいる。 たとえ、大変な状態を知ったとしても、何かしてあげられるわけじゃないし、さらに、日頃のご無沙汰を思うと・・・ね。
 こちらにも「避難指示」が出たりもしているわけで、今や日本中何処にいても、「明日は我が身」状態だろうねぇ。
 それにつけても、「昭和はよかった」となったりして・・・? もちろん戦争を除けば・・・の話だろうけれど。


ヒメツルソバ  



可愛い花ですが、手を焼くほどの”繁殖力”です。

58_20191025201334388.jpg




59_20191025201335f67.jpg





table_20130321210513 -


 オリンピックと言うのは、誰が主催するものなのか・・・? ”トーキョー”と聞いた瞬間から、「東京」が主催するものだと思っていたなぁ。 小池都知事もそうお思いだったのではないのかな? でも、今日IOCから来たのかな?何とかさんとの会談で、小池さんが「東京でするつもり」と言われたのに対して、「札幌に決めた」と。 へぇ~そうなの!と。
 そもそも何で猛暑のさなかにしなくちゃいけないのかと思うけれど、アメリカの都合なんでしょ。 アメリカって何様なんだろうね。 オリンピックの開催時期まで牛耳っているとはねぇ。 オリンピックなんて、「お祭り」程度にしか考えていないのかも。


クサギ  



花はきれい。 葉を揉むと・・・?

57_20191024195522513.jpg





table_20130321210513 -


 今頃になって、オリンピックのマラソンと競歩のコースを巡る話が取り沙汰されている。 IOCのバッハ会長が、突然「札幌でやる」と言い出したのだからびっくり。 日本の組織委員会は承知しているとのことなのに、小池都知事は「蚊帳の外」だったらしい。
 こういうことが、森元首相と小池都知事の不仲説に結び付くのだろうねぇ。 東京都としては大金をかけて猛暑対策も講じているわけだし、「蚊帳の外」はないだろうと思うよねぇ。 きちんと話を通していれば、うまく進む話も、これではこじれるでしょ。
 もともと8月のオリンピックが異常なのだから、ドーハの世界陸上を見るまでもないことだったと思うが・・・。
 いずれにしても選手ファーストでやるべきだとは思うが、応援団が熱中症でばたばた・・・の心配もあるからねぇ。


青 空  



台風19号で木も草も流れて、見通しのきくようになった川の向こうに広がる青空!

55_20191023202821c55.jpg


10日ぶりの快晴に、飛行機も気持ちのいいことだろう。

56_20191023202822a8d.jpg





table_20130321210513 -


 久しぶりの快晴。 台風21号の直撃は避けられたものの、雨はしっかり降るようで、晴れも今日だけと。
 気温の上下の大きいことと、天気が悪いこととで、10月も末になろうというのに、まだ夏物の始末が終わっていない。 一方、先日の”寒さ”でこたつを出したのだから、おかしなことになっているわけ。
 今日は、夏物の片づけを主に良く働いた。 目下、働き過ぎないように気を付けつつと言う状況なので、適度に休みを入れながらね。 こんな日は、思いっきり働きたいものだと思ったりするのだから、結構な「働き者かも」なんてニンマリしたり。 (笑)
 東日本各地に広がる災害の後片付けを進めるためにも、晴天が続けばいいのになぁとつくづく思う。


奉 祝  



= おめでとうございます =

50_20191022203606533.jpg




51_201910222036211ea.jpg




52_201910222036219de.jpg




53_20191022203622d4d.jpg




54_20191022203622ec9.jpg




ホオズキ (鬼灯)  



「ホオズキ」は今、みんな”網の中”です。

49_201910212003574ef.jpg





table_20130321210513 -


 大フィーバーをもたらしたラグビーも、残念ながら日本の敗退で「サクラ戦士」の出場はなくなった。 十分楽しませてもらったんじゃないのかな。 「にわかファン」が多かったようだから、これから本物のファンも増えるだろう。
 今回のフィーバーで、覚えた用語のトップが「トライ」だというのには笑ってしまった。 「にわか」も「にわか」、全く見たこともない人たちだったということかな。 これを機会に、お正月の「高校ラグビー」の決勝もどうぞ、と宣伝すればいいのかも。 まぁ、迫力は大分違うけれど、ルールを知らないばぁばでも結構面白い。
 筋骨隆々たる選手に惹かれる女子が増えると、「草食系男子」の存在がどうなるか気がかリではあるけれど・・・。


痕 跡  



台風19号の後、初めて対岸に行ってみました。 あまりの変わりように息を呑む思いでした。
広い草原がすっかり削り取られて、川幅が広がっていました。

44_20191020200231878.jpg


木も草もなくなり、以前の景観を思い出せないほどでした。

45_201910202002342ab.jpg


向こうの木々に沿って小さな流れがあり、「カワセミの来る場所」だったのですが、手前に大きな流れができていました。

46_201910202002340c2.jpg


こちらが本流でしたから、流れも一番強かったのかもしれません。

47_20191020200236d12.jpg


「牛枠」の残骸です。 ”蛇篭”が見えていますが、これを流す水の力が信じられません。

48_201910202002375ed.jpg





table_20130321210513 -


 台風19号の片付けもできず、停電、断水と人々の生活もままならぬ状態なのに、南には次の台風が来ているらしい。 温暖化がこういう形で影響してくることを、改めて思い知らされた。
 対岸の土手を歩いて、本当にギリギリだったなぁと恐ろしかった。 土手の終わった先に、ゴルフの練習場があるが、そこは冠水したらしく、日曜日の今日も真っ暗のままだ。 ゴルフ場へ通じる道も通行止めになっていた。
 多摩川は決壊もしなかったし、被害も大きく伝えられないけれど、かなりの被害が出たのは確からしい。 ただ、東北方面の被害が甚大すぎるから・・・。 
 いろいろ判明しても、十分な対策がすぐ立てられるわけではないだろうから、不安は大きくなる。 想定を超える災害が、これからも続く可能性があるのでは、それこそ「命を守る行動」を各自考えておかなくてはいけないのだろうなぁ。


キンモクセイ (金木犀)  



「強い香り」が頭痛の元になった時期もありましたが、年を重ね、鈍くなったらしく、最近は楽しんでいます。

42_20191019204225ad1.jpg




43_2019101920422768f.jpg





table_20130321210513 -


 急に秋の深まりを感じる日々になった。 とは言え、思い出したように暑い日もあるので、亀ちゃんの冬眠をどうするかなと考えていた。 冬眠準備と思えるいくつかの兆候もあるし、餌も食べなくなったし、時機ではあるが、またガタガタして、広い場所に出たがったりするのも面倒だし・・・と。
 明日も暑くなるらしいから、あさってあたり・・・と考えたが、人の顔を見ると急いで寄ってきて、何やら恨めし気に見つめるので(笑)、「もう眠くなったの?」と聞いてみるが返事はない。
 まぁ、寝てくれれば一つ仕事は減るわけだし、ということで、夕方、例年のように、砂入りの小さな水槽に水を張って玄関の隅に置き、中に入れてやった。 ふたをすると、いつもはしばらくゴトゴト音がしているのだけれど、今日はそのまま静かで、のぞいてみたら、砂の”へこみ”に、じっとしている。 明日、気温が上がってもおとなしければ、来春まで「お休みなさい」である。
 もう、20年以上も飼っているので、それ相応に年よりなのだろうから、なるべく快適な生活をさせてやりたいとは思うが、亀の気持ちまではよくわからなくて・・・。 まぁ、長年の付き合いで、結構「かわいい存在」であるのは確かだけれど。


野 菊   



野菊が咲き、秋ですねぇ。

40_20191018194531dd1.jpg




41_20191018194533a16.jpg





table_20130321210513 -


 台風19号が過ぎて、もう一週間! 早い!
 避難所でホームレスさんを断ったというのは論外だろうが、「満員だから他へ」と言うのも、考えさせられる話だった。 地域の全員を迎えられる広さではないこともはっきりしたし、「体育館が満員ならば教室を」という発想はないのかなとも。
 まぁ、さほど切羽詰まった状態ではなかったからかもしれないけれど、高齢者がやっとたどり着いた場合は、どう対応してくれるのかと気になった。
 高山の稜線にある山小屋並みに、どんなに混んでもまずは受け入れるということも考えてほしいと思った次第。 命にかかわる話なのだから・・・。


シュウメイギク  



「シュウメイギク」の種類も増えていますが、これが”原種”でしょう。

39_20191017190316732.jpg




40_20191017190318079.jpg





table_20130321210513 -


 今朝、表でお隣さんとお喋りをしていたら、散歩中の知り合いのご夫婦が「避難したの?」と。 ご夫婦は避難されたと。 存じ上げない方からも「怖かったでしょう」と気遣っていただいた。
 川沿いの道に家は連なって建っているが、子供さんの小さいお宅が避難したと聞いた以外、どうだったのか? 避難先の中学の体育館がいっぱいで、「スポーツセンターに行ってほしい」と言われた由。 そんなに皆さん避難されたのかと、ちょっとびっくりした。
 川に近い我々は、様子が分かっているから、あまり心配せずにいたのか、慣れがあって油断もあったのか、さてどちらかなと考えてしまった。
 多摩川の水位上昇の激しいころは、まだ風がそう強くはなく、明るい時間帯だったことも幸いしたのだろう。 小河内ダムが早くから放水したことが良かったのだと聞いたが、我々は、本当に「おかげさまで・・・」だった。


マリーゴールド  



羽村市では、チューリップの季節が終わると、次は「マリーゴールド」です。
「花いっぱい運動」で植えるので、市内の道を飾る花になります。

36_20191016202204ec7.jpg




37_20191016202210f02.jpg




38_20191016202210b28.jpg





table_20130321210513 -


 「同時多発水害」なんて過去にあっただろうか。 台風19号の被害が、こんなに広範囲に及ぶとは、想像もできなかったこと。 
 大雨になると、気象庁は早くから繰り返し発表していた。 経験のない大雨が降っても、それが水害と、ぱっと結びつかないのかもしれない。 だから、それほど心配せずに就寝して、気づいた時は家にも浸水していた・・・! 防災放送も激しい雨音では聞こえないだろうし。 亡くなった方に高齢者が多いのもそんな事情かなぁと思ったりするのだが。
 東北の被害の大きさに、他の被害があまり伝えられなかったが、身近かにも大きな災害があったようだ。 都内での水害。 多摩地区での土砂崩れや断水。
 台風が過ぎて静かになり、ほっとした後からやって来る大水。 ばぁばは川べりに住んでいるから、一応日付が変わるころまでは気にしながらいたが、寝てしまえば”それっきり”だものねぇ。


猛 威  



幾日ぶりかの散歩コース。 前方に見えるかさ上げした土手より低い神社の参道。 浸水を防げたのかな?

32_20191015200410f1b.jpg


1週間前、少年野球大会でにぎやかだったグランドの面影はない。 
バックネットだけは土手にあったが、ほかの構造物もベンチもなかった。
流れに並行に立っていた”看板”だけ無事だったのが不思議な感じ。

33_20191015200411b06.jpg


グランドも川に近い部分は、木々もなぎ倒され、”河原”に戻っていた。

34_201910152004120c8.jpg


土手を越えグランドへ通じる舗装道路はカーブ部分が、全てなくなり、大きな水たまりができていた。。

35_20191015200413bc4.jpg





table_20130321210513 -


 ”ハザードマップ”はきわめて正確なものだという。 今回の各地の被害も、ぴったりなのだそうな。 驚いたことに、過去の災害などを基に、『1000年に1度起きるかどうか』という災害を想定して作られたものなのだと。 つまり、1000年に1度あるかどうかという災害が、近年は頻繁に起きているということらしい。
 河岸浸食による「家屋倒壊等氾濫想定区域」にあるわが家も、安心はできないということでしょ。 で、今回も、本流がまともに家の前の石垣に当るようになったら避難しなくちゃ・・・と。 浸水どころか、家がなくなる心配ってこと。
 一向に片づけの進まない我が家だけれど、そういう形で片付いても困るから・・・。 (笑)


濁 流  



台風一過、濁流渦巻く「羽村堰下」です。

28_20191014202045b6f.jpg


水位の高さを示す「ゴミ」です。

29_20191014202047a45.jpg


人々の足元は大きくえぐられ、コンクリート片になって転がっていました。

30_20191014202048988.jpg


対岸にも、水の猛威を示す痕跡が見られます。

31_2019101420205072e.jpg





table_20130321210513 -


 雨よりもむしろ風を心配していた台風19号だったが、風よりも大雨の被害の方が圧倒的に大きかった。 時の経過とともに各地の甚大な被害が明らかになってくる。
 「狩野野川台風に匹敵する大雨」と言うことだったが、狩野川台風では、高円寺で「床上浸水」を経験した。 命の危険を感じるほどのものではなかったけれど。 現在の「環7」が、まだできる前、地元で”新道路”と呼んでいたころで、横切る時に靴を脱いではだしで帰宅した記憶がある。 その後、家が浸水したと言うわけ。
 現在の地では1977年の、ドラマ『岸辺のアルバム』の背景になった洪水が忘れられない。 当時の堤防の上から水面に手を伸ばせば届くほど増水した多摩川だった。 対岸では堤防が切れて、消防関係の方が殉職されたのだった。
 その後、堤防が1メートルほどかさ上げされた。 それでも今回はかなりぎりぎりだったのだから、水量が多かったという事でしょ。
 災害もだんだん規模が拡大しているから、自分で、しっかり判断することが必要になるのだろうね。 被害に遭われた皆さんは、「まさか・・・」と口をそろえておっしゃる。 「まさか」が現実になる時代になったと思わざるを得ない。 特に、水は怖いから。


多摩川増水  



台風19号の大雨で、多摩川も増水しました。 「避難勧告」の出されたのが2時ころ。
この画像はその1時間後に撮ったもので、対岸の堤防にもまだ余裕があり、”牛枠”も無事。

24_2019101320400116f.jpg


こちらは今朝。 流れを調整する”牛枠”も、木も流されてしまった様です。
”牛枠”の残骸が一つ残されています。

25_20191013204008290.jpg


増えるのも早かったですが、引くのも早く、今朝は大分落ち着いていました。
手前は「堰下橋」、奥は「羽村大橋」です。

26_20191013205706ef1.jpg


日曜日だったこともあって、土手は見物の人でにぎわっていました。 「避難指示」が4時20分。
土手の色の変わっているところまで水が来ましたので、「ぎりぎりセーフ」と言うところでしょうか。

27_20191013205707b45.jpg





table_20130321210513 -


 昨日はお休みしてしまいごめんなさい。 川の増水はそう珍しくはないのですが、「避難勧告」だの「避難指示」だのが出たのは初めてのことでした。 刻々と、市からのメールは来るし、川の水は増えるしで、落ち着かなくて・・・。
 1・2枚目の画像は家の中から撮りました。 同じ「丁目」でも土手下の住宅対象の「避難指示」だろうと思いつつも、「堤防を越えたら危ないかも・・・」と思ったり。 「避難勧告」が出てからは、風雨の中、”川見物”の車が続いていました。 (笑)
 羽村市は河岸段丘なので、崖下のレッドゾーンと、川べりの住居を対象に避難指示が出たわけ。 崖下の人たちは皆さん避難したと。 「川の方の人たちがいないね」と、電話したら、「テレビを見ている」と言われたそうで、「だめじゃないの!」と。 11時ころには”自己責任”と言うことで家に戻る人が多かったらしい。
 土手下の人たちはおそらく避難されたと思うが・・・。 一段上に住んでいる我々は・・・! まぁ、「笑い話で済んでよかったね」だったけれど。


ホトトギス  



裏で勝手に咲いている「ホトトギス」です。

20_20191011192638aae.jpg




21_2019101119263963f.jpg




22_20191011192641384.jpg




23_20191011192642171.jpg





table_20130321210513 -


 「セブンイレブン」が、ここで、大幅に閉店や統合に入ると。 その一方で開店もある。 実は近所に開店した。 昨日から!
 明日は、大型台風がやって来るというから、恐ろしい思いをしながら食事の準備をしないで済むようにと、今日、初めて行って”記念セール”中のおにぎりやパンなどを買ってきた。 ”ご近所サービス”の引換券を持って行ったのに、出すのを忘れてしまったが、台所の洗剤じゃ、まぁいいかと。
 開店前日には”試食会”もあったようだが、大勢行ったのかな? 開店二日目の今日、すいているのがちょっと心配になったりしてね。 年寄り向きのお総菜やおでんなどがおいしいと聞くけれど、今日は見当たらなかった。
 どういう客層を想定しているのか分からないが、またのぞいてみよう。 「ほしいもの」が置かれれば、便利だろうねぇ。


コスモス  



ご近所さんの「コスモス」です。

15_20191010192306b4f.jpg




16_201910101923071ef.jpg




17_201910101923098b3.jpg




18_2019101019231164e.jpg




19_20191010192312c23.jpg





table_20130321210513 -


 「ノーベル化学賞」を受賞された、吉野彰氏。 笑顔の素敵な方!
 ここ何年か、準備された会見場で、「残念でした。 また来年に期待して・・・」とおっしゃっていたと言うのも、この方に似つかわしいお話だなぁと。
 多くのテレビ局に出られ、どんな質問にも、本当に丁寧にお返事をされていらして、お人柄がよく分かったよねぇ。 ユーモアセンスもお持ちだし・・・。 大学の研究者とは、一味違うのかな?


黄花のタマスダレ  



白花のタマスダレとは違う”華やかさ”があります。

13_2019100919444682c.jpg




14_2019100919444977a.jpg





table_20130321210513 -


 病院の整形外科の前にいると、高齢者の多いことを実感する。 自分もその一人なのだから、あまり言えないけれど、年寄りは大変だなぁと思う。 (笑)
 診察の順番が来て、名前を呼ばれ、診察室の番号を指示されても、まるで他人事みたいな人が結構いて・・・。 検査の指示を受けて、ちゃんと検査室に行けているのかと、大きなお世話ながら心配になったり。
 お年寄りを乗せた車いすをを押してくる人も、負けず劣らずの高齢者だったりすると、「老老介護」はきついだろうなぁと思ったりね。
 ボケずに自分の用は自分で足せるようにしなくてはとつくづく思った次第。 ボケて100年生きられても困るだろうからねぇ。


<

カラスウリ  



ついこの間「花」を見たと思うのに、もう「赤い実」になっていました。

12_20191008201234fad.jpg





table_20130321210513 -


 週末、凄い台風が来るらしい。 人間界の三連休をうらやんで邪魔しに来るわけでもあるまいが・・・。
 前回関東に来た台風とほぼ同じコースで来るとなると、あの時の被害からまだ復旧していない房総半島が心配になる。 人のことよりわが身の心配をしなくてはいけないのかも知れないが。 
 最初の予想よりだいぶ南にカーブしているが、いっそのこと、もっと大きくカーブして海上を通過してくれればいいのになぁ。
 いくら科学が進んでも、スーパーコンピューター「富岳」をもってしても、台風のコースを変えることは不可能なのだから・・・。


ゲンノショウコ  



薬草として有名ですが、花も可愛いです。

11_20191007184856ef2.jpg





table_20130321210513 -


 日本中がラグビーで盛り上がっているそうな。 ほとんどが「にわかファン」。 だから、選手の名前も、ルールも知らないというわけ。 でも、これを機会に本物のファンも増えることだろう。
 新聞に載る写真を見て「凄いなぁ」と思う人も多いのだろうが、ばぁばは、その写真そのものにも感動している。 「凄いところを撮るなぁ」と。 あの大砲みたいな望遠レンズで、連写するのかと思うが、まぁ、みごとに"その一瞬"を捉えているのには脱帽する。
 こういうファンもいるということで・・・。


ツルボ  



”いい時”に撮れなかったのですが、彼岸花に寄り添うように、まだ咲いていました。

9_201910061932237be.jpg


秋を感じさせる花です。

10_20191006193224aa9.jpg





table_20130321210513 -


 国では「キャッシュレス決済」を進めたがっている。 でも、「現金派」も多い。 「カードで買い物をすると、余計なものまで買ってしまうから」と。
 大分前からクレジットカードを便利に使っている身としては、確かに支出に関して深く考えることはないかなと思う。 おかげさまで、不必要なものを買う癖はないし、”物欲”もあまりないようで、身の丈に合った暮らしができるということかも。 いわゆる「衝動買い」はしないし、物持ちが良いということも幸いしているのかもしれない。 つまりは「自分次第」ってわけでしょ。  
 もっとも、最近は、欲しいものは、さっさと買うことにしている。 年を重ね、「使える時間」が限られていると思うから。 (笑)


彼岸花  



一面に咲く彼岸花も見事ですが、自然に咲く花も良い感じです。

6_20191005185955563.jpg


朽ち木に咲いた彼岸花です。

7_201910051900005bf.jpg


角度を変えると”オブジェ”?

8_20191005190002c2f.jpg





table_20130321210513 -


 香港の騒ぎが一向に収まらず、警官に撃たれた負傷者が出ている。 ここまでくると、話し合いで収まるとも思えない。 政府も、中国からの圧力とに挟まれて、難しい立場なのだろうけれど、思い切って、国民の希望を受け入れることもできないのかな。 まぁ、そうなれば、中国が黙っているわけはないだろうけれど。 「マスク禁止」なんてばかばかしい規則と思うが・・・。
 そもそも、中国が当初の約束を守らないからいけないのでしょ? 習近平氏が主席になった時、「苦労人だから・・・」と言う話に、中国も民主化が進むといいなと思ったが、とんでもなかった!
 最近、日本に来る中国人は、若い人が多いというが、日本に来て、「自由のある生活」をどう感じているのだろうね。


タマスダレ  



子供のころから、「台風の来るころ咲く花」と、思っていました。

5_201910041941385de.jpg





table_20130321210513 -


 暑さの続く毎日に”戦意”を喪失してしまったのか、関西電力の収賄問題を聞いても、「あきれたもんだ」程度にしか思わなくなっている自分にびっくり。
 庶民の感覚とはけた違いの「プレゼント」だものねぇ。 ピンと来ないと言うのが本当のところかな。
 一着50万円のスーツってどんな生地なんだろうね。 他のものは返そうと思っていたそうだけれど、スーツだけはしっかり仕立てて着たらしい。
 多かれ少なかれ、どこの世界にもあることじゃないのかなと、思わずにはいられなくなったが・・・。
 「死人に口なし」で、何でも言えるだろうが、あの世から、恫喝されたりするかも。 クワバラ クワバラ。


土手の彼岸花  



土手の彼岸花が今を盛りと咲いています。

3_20191003202211f91.jpg




4_20191003202215470.jpg





table_20130321210513 -


 重いものを持たない方が良いという状況になったので、今日は新しい”コンデジ”を持ってウォーキングへ出た。 使い方がまだ理解できていないので、どうなることかと思ったが、写ってはいた。
 今までは同梱のCDがあったが、今回はメーカーのサイトからダウンロードしたソフトウエアーを、インストールすると言う形になっていた。 そういうことを「面倒になった」と感じるところは年かも。
 いずれにしても、「使いこなす」と言うのは大変なことでしょ。 いろいろなことができるらしいけれど、あまり必要のないものもあるようだし。
 新しいことに挑戦するのは、ボケた頭に”喝”を入れるには良さそうだけれどね。


タカサブロウ  



ユニークな名前の小さな花です。

55_20191002192018e48.jpg





table_20130321210513 -


 消費税の変更に伴って、やはりかなりの混乱があったらしい。 対応出来ていない小売店も多かったと。 それも国サイドの遅れで。 小難しいことは分からないからと、現金派も多そう。
 テレビでも、盛んに”スマホ決済”を言っているし、パソコンで登録できるなら登録してみるかなと始めたものの、面倒になって途中でやめてしまった。 期限付きだし、チャージできる金額も限られているし、いちいち駅まで出向くのも・・・と。
 利用している大手スーパーでは、そこのカードで、ずっと3%引きの買い物をしてきているので、それを続ければいいわけ。 このカード、ガソリンスタンドでも、もちろん海外でも使えるしね。
 小売店の場合は、カード決済か、現金払いか、お店にとってどちらがいいか、聞いてみるつもり。 限られたおなじみ店だけなので・・・。
 この制度も、結局は、”強者”にはいいけれど”弱者”には、あまり恩恵はないのかな。


イボクサ  



「雑草」ですが、かわいい花です。

54_20191001190650afa.jpg





table_20130321210513 -


 十月一日は衣替え。 制服などは今日から”冬服”になる。 でも、東京の今日の最高気温は30度を超えた。 ”冬服”どころか”夏もの”も、まだしまえない状態。
 木々の葉は何となく色づき始めたように見えるのだけれど、きれいな紅葉になるかどうか。 夏ばかりが長くなって、お気に入りの秋はすっかり短めになってしまったのが、誠に残念。
 秋らしい澄んだ青空と美しい紅葉を楽しみたいものだけどねぇ。


▲Page top