FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

花 桃  



咲き分けの「花桃」がきれいでした。

67_2020033120465056a.jpg




68_20200331204651948.jpg




69_20200331204655513.jpg





table_20130321210513 -


 コロナ関連のインタビューに答える人の中で意外に多い話が、「不要不急」の意味が良く分からない。 もっと具体的に言ってほしい」というのがあった。 でもねぇ、「不要不急」は人によって違うでしょ。 ”その人”にとっての話だものねぇ。 しっかり考えなさいよ・・・と思ったが。
 今は、自分で考えることが少ないのかなぁ。 確かに、出かけるのに、「傘を持って行け」だの「折り畳み傘があると良いだろう」とか、「明日は洗濯物の外干しができる」まで教えてくれる時代だものねぇ。 「傘がいるかなぁ」と出かける時に、空を見上げて考えるなんてことはないのだろうね。
 そこまで教えられた通りにするのなら、言われたように『自粛』もすればいいのに。 今度は「どこまで自粛か分からない」のかな。 最近の教育やしつけは、少しおかしいんじゃないのかなと思った次第。 


スポンサーサイト



アーモンドの花 ?  



アーモンドの花だと思うのですが・・・?

64_20200330201412a32.jpg


もう少し早く気づいていれば良かったかなと。

65_202003302014146f1.jpg


空き家の庭を彩っていました。

66_20200330201417e2f.jpg





table_20130321210513 -


 新型コロナウイルスによる肺炎で、志村けんさんが亡くなった。 かつてはヘビースモーカーでいらしたとか、肺炎の既往症がおありだとか聞いた時から、心配していた。 急速に悪くなると聞いてはいたけれど、残念ながら本当だった。
 都知事も言われたように、若い人たちも志村さんの死で、「コロナが身近にある」ことを知っただろう。 他人事ではないということを。    
 ウチの病人も「志村動物園」が大好きで、楽しみにしていたのに・・・。 その病人も病院の面会制限で、もうひと月以上顔を見ていない。 病院からは、「安定した状態で、心配ない」旨の連絡が時々あるので、特に心配はしていないが、コロナがおさまるまでとなると、一体いつまでかなぁと思う。 お互い”ボケ”が進んで、会っても誰だかわからなくなっていたりして・・・。


花に雪  



「大雪警報」も出た今日の雪は、水分の多い重い雪でした。

咲き始めた”ツツジ”の雪です。

60_2020032919394524c.jpg


”ボケ”に積もった雪も、氷のようでした。

61_202003291939465ae.jpg


”ハナズオウ”です。

62_20200329193947669.jpg


”ハナズオウ”と雪は、色彩的にとても綺麗でした。

63_202003291939491bf.jpg





table_20130321210513 -


 雪になるとの予報だったので、土手の桜にかかる雪でも撮るかなと考えていたが、思っていたような雪ではなく、ベチャベチャの雪だったので、庭を歩いて終わりになった。 木はいいが水仙などはみんな駄目になりそうな感じ。 また起き上がってくれればいいけれど。
 毎日、”コロナ”の話ばかりで、気分的に良くないし、先の長い話になりそうだが、三連休中に感染した人の数値がそろそろ出始めるころだから、ここで落ち込んでもいられないのだろうね。 とりあえず、天気が良くなることに期待して・・・。


続 桜  



昨日の花は左岸の桜。 今日の花は右岸の桜です。

57_202003281920584d0.jpg


右岸は背後の草花丘陵の影響か、左岸よりも開花が早かったようです。

58_2020032819205990f.jpg


今日の画像は、23日に撮影したものです。

59_20200328192101258.jpg





table_20130321210513 -


 都知事の要請を受けて、今日はどこもすいていたらしい。 でも、ばぁばが予想したよりは若い人が出ていたと思うな。 やはり、年寄りとの「危機感の差」を感じる。
 いっそのこと、若者全員がさっさと感染して軽く治ってしまえば、その方が年寄りには安心なんだけどなぁと思ったりして・・・。(笑)そうなれば、若者の中にも重症者は出るのだろうけれど。 イギリスでは持病もない若い女性が亡くなっているから・・・。
 コロナ騒ぎがそうたやすく終息するとは思えないから、細く長く付き合わなくてはならないのだろう。 太く付き合うのは恐ろしいものね。(笑)
 まぁ、何はともあれ、ネットスーパーの受付も再開したし、欠品は多かったものの、コーヒー牛乳もヨーグルトも味わえることになってよ~かった!


  



土手の桜がきれいに咲きましたので、”お花見”に出ました。

54_20200327195833657.jpg


「阿蘇公園」では文字通り「柳桜をこきまぜて・・・」綺麗です。

55_20200327195836a02.jpg


多摩川を挟み、あちらもこちらも”さくら”です。

56_202003271958372e7.jpg





table_20130321210513 -


 ネットスーパーを利用するのだけれど、なんと、今日は『受付中止』だった! 申込みが殺到していたり、買い占め客が多いらしく品薄なのだそうな。 こんなこともあるのか!とびっくり。
 どこのスーパーも小池都知事の”外出自粛要請”以来、買い占め客が殺到するニュースは見ていたが・・・。 出かければいいのかもしれないが、あの混雑を見ると、かえって感染の危険地帯に行くようで恐ろしいから、あるもので間に合わせようと。 まぁ、来週になれば、落ち着くんじゃないのかねぇ。
 牛乳はストックがなくなるけれど、幾日かなくても命にかかわることもあるまいし、缶詰も冷凍食品も自家冷凍の肉もあるし、果物は、缶詰で間に合わせれば・・・と。 落ち着いたら”備蓄品”の補充を忘れないようにしなくては。
 それにしても何でこんなパニック状態が起きるのかなぁ? 巷に「危機意識」がないと感じていたけれど 、知事の言葉に、にわかに「危機」を感じたということかな?


山 桜  



倒れた木に咲いていたので撮れた「山桜」です。

51_20200326195027dd4.jpg




52_20200326195031439.jpg




53_2020032619503192e.jpg





table_20130321210513 -


 週末の外出を自粛するようにとの昨夜の都知事の発言に、昨夜も今朝もスーパーは行列ができて、お米やインスタント食品が品切れになったらしい。 「人が並んでいると、なんだか心配になって、普段食べないものまで買ってしまった」と言っている人がいたけれど、食料や日用品を買いに行けなくなるわけでもないのに。
 ヨーロッパでも同じような現象は起きたらしいから、「人間の心理」なのだろう。 とにかく食べるものだけは確保しておこうというわけ。
 都民ならば、多少の災害用備蓄品は用意しているのではないかと思うのだが、現在の事態だって「災害」じゃないの? 行列で込み合って、なんだか『感染の危険』の方が心配な気がしたけれど・・・。
 まぁ、この週末は、インスタントラーメンのお宅が多いってことか。


ミツバツツジ  



山の「ミツバツツジ」が見ごろを迎えています。

48_20200325203403747.jpg


綺麗な色なのですが・・・。

49_20200325203404d9b.jpg


表現できなくて・・・、残念です。

50_20200325203406ab4.jpg





table_20130321210513 -


 東京でのコロナ感染者が急速に増えそう。 今週末は不要不急の外出は自粛するようにと、小池都知事の要請。 コロナ騒ぎが始まって、いつまでと言う先の見通しが立たないから、自粛もなんとなくぼやけて来るでしょ。
 もともと無症状の感染者は普通の生活をしているわけだから、接触する人も多いだろうし、更に感染した人の中にも無症状の人はいるわけで、市中にどんどん広がって行っても不思議ではないからねぇ。 「自粛気分」が薄れれば、蔓延するのは当然だろうなぁ。
 どんどん検査が出来て、感染者であることが自覚できればいいのだろうが、それが進まない現実では、まぁ、「自衛」するしかないのかなぁというのが実感。 引きこもりのヘロヘロ老人が増えるかな。


ヒメコブシ  



今年は、鳥に突っつかれることもなかったようで、「ヒメコブシ」がきれいに咲きました。

47_202003242026167b7.jpg




46_20200324202614fd4.jpg




45_20200324202613158.jpg





table_20130321210513 -


 「コロナ騒ぎ」の中心はヨーロッパと言うけれど、そのヨーロッパでも若者は「自粛」には程遠い行動をとっているみたい。
 東京でも、感染者が増え続け、知事が「ここ2~3週間が分かれ道」と「自粛」を”お願い”しているけれど、若者には「馬耳東風」の感ありって印象ね。 原宿駅が新しくなったせいもあるのか、テレビで見た限りでは竹下通りなどは若者であふれている。
 東京に「外出禁止令」が出たとしても、ヨーロッパ各国のように、外出すると罰金、とでもしないとだめなのかもね。 若者は”コロナ”に強いし、「年寄りは長く生きたのだから、もういいんじゃない」とでも思っているのかな。 「我慢」とは無縁の生活の中で育ってきた人たちなのだろうから。


シンビジューム  



「シンビジューム」が咲きました。

42_2020032320104221f.jpg


バックを変えてみました。

43_202003232010446dd.jpg


咲いた時だけ、「もっと手をかけよう」と思うのですが・・・。

44_202003232010452ec.jpg





table_20130321210513 -


 どうやらオリンピックが延期になりそうな気配。 聖火が日本に到着し、いよいよ「聖火リレー」が始まろうという時期になって・・・。  この状況では開催は無理じゃないのかなと素人だって思ったでしょ。 JOCでは「予定通り」と言っていたけれど、「本気なのかな?」と正直なところ思っていた。
 日本サイドでは、26日の聖火リレー開始までに考えるということだが、途中で「延期」が決まったら、「聖火」も妙な話になってしまいそう。 とにかくIOCの話の進め方が遅いから、関係者はやきもきするだろうねぇ。
 度々テレビに登場する「聖火リレーリハーサル」の映像は羽村市でのものだけれど、前回のオリンピックの聖火ランナーは極めてシンプルに、少人数のグループで走って行ったなぁと、改めて今回との差に驚かされる。
 派手に演出した分、できなくなったときのショックも「派手」だったりして・・・。


ムラサキハナナ  



高級な花と言うわけではありませんが、群生していると見ごたえがあります。

39_202003221954117dc.jpg




40_20200322195412c19.jpg




41_2020032219541468b.jpg





table_20130321210513 -


 大相撲の千秋楽。 無事に終わってよかった。 見慣れたらそれなりに楽しめたが、それは各力士が無観客にもかかわらず、真剣にとってくれていたからだろうなぁ。 八角さんが「誇りに思う」と言われていたが、その通りだろう。
 でも、あちらこちらの中止や無観客をそういつまでも続けることもできまいから、やがて”解禁”になるだろう。 そしてコロナ感染者が増えるかもしれない。 若い人は重症化しないというから・・・。
 となると我々年寄りは、ますます動けなくなるわけ。 「高齢者はご遠慮ください」なんてね。 さてさて、どうなることやら・・・??


ユスラウメ  



綺麗に咲いたな・・・と撮った一枚。

37_20200321204016f2a.jpg


あっという間に 5日経って・・・。 「花の命は短くて・・・」ですね。

38_20200321204018e56.jpg




ヒサカキ  



東日本では「榊」と言っていますが、実は”榊にあらず”で「ヒサカキ」だそうです。

35_202003202016424cb.jpg


「榊」の葉には鋸歯がなく、写真を見ると、花もこれとは違うようです。

36_20200320201643d40.jpg





table_20130321210513 -


 ゴールデンウイーク頃の気温だそうで、なんだか不思議な気分。 そろそろ本格的な草むしりの季節になるなぁと思いつつ、「スズメノカタビラ」をせっせと抜いた。 まだ小さいのに花は咲いている。
 土手の「ソメイヨシノ」も開花が始まり、福島県人会から贈られた「滝桜」もピンクに染まってきている。
 今年は”コロナ”の影響で、羽村堰付近も提灯や出店のない静かな”本当の”お花見が楽しめそう。 人出も少ないのだろうし、それもたまにはいいかなと。 出店予定だった人には悪いけど・・・。


春を感じて・・・  



三月とは思えない暖かな日になりました。
土手の桜の根元には「ラッパズイセン」が良く咲いていました。

33_2020031919393488a.jpg


阿蘇神社参道脇の広場では、黄緑色の「柳の新芽」が風に揺れていました。

34_202003191939365c6.jpg





table_20130321210513 -


 「新型コロナウイルス」に関して、専門家会議が見解を発表するというので、関心を寄せていたが、案の定、「喜べる話」はなかった。 毎日の新聞で感染者の増え続けている様子は分かっていたのでね。 まだ、爆発的に増加する心配があるのだから、しばらくは同じ状況と考えた方が良さそう。 地域ごとの状況に合わせて緩められるものは緩めて、ということになるらしい。
 今回の騒ぎで、はからずも暴露されたのが、政治家や自治体トップの 『能力』だったのではないのかな。 矢張り身も心も柔軟でフットワークも軽く動いてくれる人が望ましいよねぇ。


  



今年は”コロナ”に押されて、影が薄い?

32_20200318194913f11.jpg





table_20130321210513 -


 IOCがどういう結論を出すかと興味深く待っていたが、「予定通り」とはねぇ。 本気なの? 首相は「完全な形で」と言われるから、それは、無観客でもないし、世界の選手が予定通り集まって・・・ということでしょ。 
 日本やヨーロッパのコロナが収まったとしても、アフリカはどうなっているか分からないし、選手もちゃんと選べて・・・とはとうていならないだろう。 早めに日本に来て練習をするなんて、どう考えても無理そうに思えるけどなぁ。
 やるよ、やるよ・・・と言ってきて、間際になって「延期」なんて決定では選手も気の毒じゃないのかな。 日本にしても、しなくても済む準備を続けることになるわけだし・・・。
 まぁ、どうなるか・・・。 とにかく「新型コロナウイルス」の終息宣言が、目下一番聞きたいニュースなのだから・・・。


シハイスミレ  



山で「シハイスミレ」が咲き始め、春ですねぇ。

30_20200317184805e82.jpg




31_20200317184807fea.jpg





table_20130321210513 -


 彼岸の入り。 今日から、昼の時間が夜よりも長くなるのだそうな。 「日が伸びた」と感じるものねぇ。
 相変わらず、コロナウイルス感染者が増え続けている。 幸い自然に恵まれた場所に住んでいるので、それなりに気分転換もできるけれど、これで外国のように「外出禁止」にでもなったら、町場に住む人の中には精神的に参ってしまう人が出るだろうなと思う。
 そう簡単におさまりそうにも思えないが、特効薬やワクチンがそう簡単にできるわけもないから、いつまで続くのかと思うとうんざりだけれど・・・。
 まぁ、長引くからと言って、「感染者だ」なんて嘘をついて、人に迷惑をかけたり、お医者さんに嫌がらせするような「バカな真似」はしないでほしいよね。


椿  



今年はどちらでも椿がきれいに咲いていますね。

28_202003161920461a2.jpg




29_20200316192047fa0.jpg




ヒマラヤユキノシタ  



植えっぱなしでも勝手に増えて咲く、世話のない花です。 (笑)

26_20200315200040667.jpg




27_202003152000420a4.jpg





table_20130321210513 -


 消費税の増額で、消費が低迷していたところに、コロナ騒ぎが重なって、ますますその傾向が強まっていると。 考えてみれば、本当に生活していくための必需品以外全く買っていないものなぁ。
 「何を着ていこうか」と考えるような予定でもあれば、「この際、セーターでも買うか」なんて思うかもしれないけれど、普段の買い物に行くにも”時短”を考え、最低限のものだけを買って急いで帰ろうと思う人が多いのだろうから、余計なものを買うわけがない。 外食もやめ、「お茶しない」なんて話も来なければ、家から出ないで終わってしまう。
 買い物も、「ネットスーパー」の利用者が増えたようで、好みの時間帯が取りにくくなっている。
 この際、消費税をなくして・・・なんて意見もあるらしいけれど、心配なしにどこでへも出かけられるようになることが差しあたっての急務なのだから。 コロナウイルスの感染者がいなくなれば、のびのびして購買意欲がわいてくるかもね。


淡 雪  



東京では桜の開花宣言も出ましたが、気が付いたら外は雪でした。

25_2020031419565267a.jpg





table_20130321210513 -


 また冬に逆戻りしたような寒い日だった。 でも、なんだか今の気持ちにぴったりするような感じもあったりして・・・。
 ”新型コロナウイルス”の拡散でアメリカでは日用品や食品の「買い占め」が起きているそうで。 洋の東西を問わず、”そういうこと”になるらしい。 今は、品物は十分あっても、輸送の面で滞るなんて聞くけれど、人手不足かな?
 マスクの配布も始まったようだけれど、病院での不足は本当に切実なものになっていると。 大量の手持ちのマスクで”金儲け”をはかった、どこぞの議員さんも、それを無償提供でもすれば、次回の選挙は「当確」だったのだろうけれど、「転売ではない」なんて頑張っているようじゃね。
 無症状の感染者も多いというし、自分にもその可能性がないわけじゃないとなれば、人との接触を極力避けようということになるから、気分的に明るくはなれないでしょ。 そこまで深刻に考える必要はないのかな? 


楓 橋  



気分転換に昨日は御岳渓谷の「楓橋」まで行くかなと出かけました。 この辺りの梅は今が盛りでした。
”コロナウイルス”の影響か、平日の午後と言うこともあってか、楓橋に人が少ないのは珍しいことでした。

23_20200313203425b50.jpg


楓橋からの多摩川下流。

24_2020031320342956c.jpg





table_20130321210513 -


 オリンピックに向けてのギリシャでの「採火式」も無観客だった。 野口みずきさんの笑顔が輝いていた。 さて、この”火”が、最後まで続いてリレーされればいいけれどねぇ。
 中止と言うことはあり得ないと思うけれど、いつものようなオリンピックが開催できるとも思えないし・・・。
 莫大な費用をかけて施設も作ったし、関係者の服装も再検討されたし、マラソンを巡るスッタモンダも乗り越えたし、さて、これで一件落着かと思いきや、『新型コロナウイルス』なんて言う思いがけない伏兵が現れたというわけ。 それも超強敵の・・・。
 日本だけの問題ではないから、どうなるか分からないけれど、この”ウイルス”が世界から姿を消すのはいつのことになるのかねぇ?


ニリンソウ  



早くも「ニリンソウ」が咲きだしていたのですが、早すぎでは・・・?

20_2020031221351738a.jpg




21_202003122135196f2.jpg




22_20200312213523bd1.jpg




苔の花  



「コケの花」が可愛い季節です。 「コケの花」とは言うものの、実態は「胞子体」だそうです。

17_20200311202559c47.jpg




18_202003112026008e3.jpg




19_20200311202603764.jpg





table_20130321210513 -


 家から飛び出し、庭の物干し台につかまって、左右に大きく揺れる庭木や、表の電柱や電線を見ながら、「首都直下地震の本番が来たのかな」と思ったあの日から、もう九年の時が流れた。
 今まで経験したことのないゆったりとした大きな揺れ方だった。 揺れがおさまって家に入ってテレビをつけた。 もう一度大きな揺れが来て外へ出、再び家に入って見たテレビには信じられない光景が映っていた。
 大きな揺れだったのに、柱時計が止まらなかったのが不思議に思えた。 あれから九年!
 東京大空襲と東日本大震災。 忘れることのできない”日”が続く。
 さらに、今年のコロナ騒動。 「センバツ」も中止になった。 「無力さ」を感じてか、気の重い春である。


クロッカス  



毎年咲く「たった一輪」の”クロッカス”です。 (笑)

16_20200310201123439.jpg





table_20130321210513 -


 今日は火曜日。 ということは昨日は月曜日! 好天に誘われて昨日の午後は”土手散歩”に出たけれど、平日とは思えないにぎやかさだったので・・・。
 子供たちは、一輪車や自転車に乗っていたし、乳母車を押している家族連れや、犬の散歩の人もかなりいた。 何故か立ち入り禁止が続くグランドを横切って川べりに行く人もいたし、流木に乗って遊ぶ子供たちもいた。 何となく、休日の雰囲気だった。
 学校も休みだし、天気はいいし、楽しい時間だっただろう。 当然ながら、マスクをしている人もいなかった!
 一転して今日は雨模様。 土手に人影はない。 昨日の子供たちは何をしているのかな・・・?


快 晴  



台風の後始末がかなり進んだグランドの上には青空が広がり、遠くに浮かぶ雲がきれいでした。

15_20200309201702f6b.jpg





table_20130321210513 -


 昨日の女子マラソンは悪天候の中、素晴らしい記録も出たし、応援の人もそれなりにいたが、大相撲の方は、本当になんだかなぁという感じで・・・。
 横綱の土俵入りも「よいしょ!」と、声がかかってこそだと分かったが。 お相撲さんも力を出しにくいことだろう。 呼び出しさんや、行司さんの声がしっかり聞こえるのは面白いと言えば面白いけれど、なんだか不思議な気もして。
 まぁ、何事も「思い出」になるのは間違いなさそうだけれど、”コロナ騒ぎ”が、早く終息すればいいと、切に思うねぇ。


サンシュユ  



早春から咲きだして、まだ咲いています。

13_20200308200659f62.jpg


これは咲き始めの頃に撮ったものです。

14_202003082007014d1.jpg





table_20130321210513 -


 トイレットペーパーが店頭から消えたり、お米が品薄だとか、思いがけない現象が起きているらしい。 そんなに、ぎりぎりの生活をしている人が多いのかなぁと考えてしまった。
 9年前の震災の時に、ガソリンを求めて長い行列ができたことを教訓に、ガソリンは空にならないうちに補給することにしているし、”備蓄”とわざわざ特別なことはしないが、食料も日用品も常に”余裕”を心掛けている。 水はポリタンクに水道水を入れて、草花の水やりに使うことで新しくしている。 当初は面倒だと思ったけれど、いつの間にか慣れてしまった。
 災害に備えて、とりあえず一週間分の生活用品を備蓄するようにと言われるが、今回のトイレットペーパー騒動は一週間たっても終わらないみたいだから、本番の災害の際にはどういう事になるのだろう。 考え始めれば切り無しに不安になるが・・・。
 ま、なるようにしかならないだろうけれど・・・ネ。


咲き分けの椿  



この椿は一本の木に咲く花たちです。

11_20200307203728386.jpg


枝によって花が違い、双方を一緒に撮ることがなかなかできません。

12_2020030720373069b.jpg





table_20130321210513 -


 クルマ屋さんの優秀な営業マンだった人が、「車の調子はどうですか」と”その後”を心配して時々来てくれる。 ここで、コロナ騒ぎが始まって、「ピンポンを押してお客さんを訪ねていくのはどうかな」と気にしている。
 ドアノブなどを気にして消毒する人も多いようだから、確かに、やたらと人を訪ねるのも問題かもしれない。 人との接触も、できるだけ避けるに越したことはなさそうだし。
 「電話の方がいいか」と聞かれて、「確かにそうよねぇ」と答えはしたものの、電話もうるさいかも・・と思ってしまった。 不要不急の用事と言えば、まぁ、そんなものだろうからねぇ。
 コロナウイルスは、こんな形でも、商売にも、人間関係にも影響を与えるってことらしい。


ウグイスカグラ  



「ウグイスカグラ」。 早くも咲き出していました。

9_202003061940233d9.jpg


つぼみのままの色で咲けば、きれいでしょうね。

10_2020030619402443f.jpg





table_20130321210513 -


 ”コロナウイルス”の拡大が止まらない。 政府が対策を打ち出しても、やはり「遅いなぁ」と言う感じは否めないが、「やらないよりはいいか」と。 我々がそう思うのはそれとして、野党が言うのはちょっと?だけど。 もっと早くに政府に”発破”をかけてくれていたらよかったのに・・・と思うもの。
 政府が何をやっても必ず批判はあるのだろうし、100%の人が満足することはあり得ない。 でも、台湾のような国もあるのだから、騒ぎが落ち着いたら、十分反省して、再度こういう事態に見舞われた時には、「うまく」やってほしいと思う。
 とは言うものの、とりあえず、問題は今。 それぞれの立場で、ほとんどの人は頑張っているだろうが、その努力の結果が出るのは来月に入ってかららしい。 ますます蔓延していたらどうなるんだろうかと思うと恐ろしいが・・・。


雨上がり  



九時過ぎの最後の一雨の後は、冷たい強風の吹き荒れた一日でした。

7_2020030520035442d.jpg


雲が切れて大岳が見えてきました。(向山から)

8_20200305200357e37.jpg




ボ ケ  



真っ赤な「ボケ」が咲き始めました。

6_20200304201432f9f.jpg





table_20130321210513 -


 ”コロナ禍”で春の選抜高校野球がどうなるのかと案じていたが、今日のところは「無観客試合」だと。 今後の状況によっては「中止」もあるらしい。
 観客がいないというのも、張り合いはなかろうとは思うけれど、「できなかった」と言うよりはいいかなと思う。 高校生活中のたった一度のチャンスと言う選手も多いのだろうからねぇ。
 大人になってから、「本当に珍しい経験だった」と思える日が来るに違いないでしょ。 「できなくて残念だった」と言うよりは、はるかに『楽しい思い出』になるだろうから。 とは言え、感染者が増加し続けているので、どうなるか・・・ネ?


フキノトウ  



こんなに大きくなっていました。

4_202003031933341fe.jpg


たくさん取れたので、「てんぷら」と「フキ味噌」に・・・。

5_202003031933389b3.jpg





table_20130321210513 -


 昨日は冬の寒さ。 今日は春真っ盛りの暖かさ。 レールならば、伸びたり縮んだりするところ。
 どうやら人間も同じらしい。 昨日はさっぱり”やる気”が出なかったが、今日は”やる気”が出たものねぇ。 気持ちが伸びたり縮んだりというわけ。
 明日はまた”やる気スイッチ”はオフになる模様。 体調管理に気をつけよう。


洋水仙  



散歩の途中で撮りました。 我が家ではまだ葉が伸びだしたばかりですが・・・。

3_20200302203735338.jpg





table_20130321210513 -


 学校が休みになって、親は大変だろうとは思ったが、給食関係の業者の上にまで思いが至らなかった。 食材はどうにかできるらしいが、牛乳が問題らしい。 需要が急に止まってしまっても、牛はこれまで通り生産するわけだから。 全国的な問題だから、いつかのように廃棄処分にでもなるのかな?
 賛否両論を引き起こした「休校要請」だったけれど、影響が本当に大きいことを改めて知った次第。 医学的に見れば「この上ない英断」と言われるが、難しいものだなぁと。 「新型コロナウイルス」が蔓延してはもちろん大変なことだし・・・。 さてさて・・・?


▲Page top