FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

夕焼け  



昨日の夕焼けは、小さな雲がピンクに染まってきれいでしたねぇ。 ゴルフ練習場の明かりが点々と・・・。

64_2020093016511409f.jpg





table_20130321210513 -


  「マスク不足」のあの騒ぎは何だったのだろう、と思うほど、今は出回っている。 コロナ以前よりは値段が5割増しになっているが、山のように積まれていた。
 今年はインフルエンザが流行るかどうか分からないけれど、コロナ騒ぎを通じて、風邪には「マスク」「手洗い」が有効であることが、しっかり証明されたようなので、60枚入りを1箱購入しておいた。
 Go Toトラベルが東京も使えるようになると、おそらく、コロナ感染者は増えるだろうし、開催されるかもしれないオリンピックも多分・・・、と思うので、”危険の多い”年寄りとしては、自衛策を強化する必要があるのかなと考えるがどうだろう?
 いろいろ発表されるあれこれも、「できるだけ高齢者は遠慮して」なのだろうと思うのは、年寄りの”ひがみ”かな。 (笑)


スポンサーサイト



玉スダレ  



「玉スダレ」  子供のころから「台風の来るころ咲く花」と思っていました。

62_20200929160744814.jpg




63_202009291607456f0.jpg





table_20130321210513 -


 散歩に出て、偶然、山仲間のおじ(ぃ)さん、おば(ぁ)さんに出会い、久しぶりにおしゃべりができて、楽しかった。 家にこもっていると、本当に「コロナ鬱」になりそうだけど、共通の趣味のお仲間とのおしゃべりは楽しい。 まぁ、お付き合いも長い方たちだから特にかも知れないが。
 「コロナがおさまるのを待っていれば、もう山は無理になる」と言う点で一致。 若い人たちとは違うからねぇ。
 足腰が弱るのは早い。 10日も歩かずにいれば、たちまち足元が頼りなくなる。 山仲間は、基本的に、「歩くのが好き」だから、皆さんそれなりに頑張っていると思うけれど、コロナ禍で体力を落とす年寄りは多いのではないのかなぁ。 足は第2の心臓と言うし・・・。
 声をかけて一緒に・・・となると、時には負担にもなるので、偶然の出会いがいいのかも。 「偶然の出会い」を楽しみに・・・ネ。  


セイバンモロコシ  



「セイバンモロコシ」。 風にそよぐ風情が、何となく好きな「厄介者」です。

61_20200928165126aa3.jpg





t able_20130321210513 -


 お役所での「ハンコ」が廃止の方向に進むことになったが、すんなりと行くかどうか。 「サイン」で済む国も多いのに、日本ではサインしてハンコを押すのが普通だった。 どんなハンコでも済む場合も多いし、朱肉を使うハンコでなくてはいけないというケースもある。
 「押せばいい」と言うことも多い。 入院手続きなどで、保証人のハンコをうっかり忘れても、本人と同じハンコで済んだりね。 いわゆる「メクラ判」。 お役所で、ずらりとお偉いさんのハンコが書類に並ぶのも、同じようなものじゃないのかな。 巷では宅配の受け取りもサインで済むし、少し進んでいる。
 ハンコと言えば、就職に際して、「出勤簿に押すときは、朱肉を押すのは1回だけ」と指導されたことを、今でも思い出しながら押しているまじめなばぁばである。 (笑)


彼岸花  



「彼岸花」の季節。 林の中に咲く「彼岸花」。

58_20200927164421f96.jpg


下の2枚はわが家の「彼岸花」。

59_20200927164423aed.jpg




60_20200927165607b26.jpg





table_20130321210513 -


 大相撲千秋楽。 正代関の初優勝。 熊本出身の力士としては初めての快挙だと。 翔猿関も惜しかったねぇ。 ま、次に期待しよう。
 コロナ感染者も出た相撲界だけれど、横綱不在の今場所も無事に終わり、関係者は胸をなでおろしたことだろう。 マスクをかけてはできないスポーツだからねぇ。
 正代関は大関に昇進できるのかな? 地元でも大騒ぎ。 ご家族も大変だろうなと、正直なところ思ったりして・・・。


岩南天  



「岩ナンテン」が咲き始めました。

56_20200926200003e74.jpg


小さな花が所狭しと咲きます。

57_20200926200005c2e.jpg





table_20130321210513 -


 コロナ対策として『これをやっている』と言うことがあるのかなぁと思ったりする。 国としても、都としても。 毎日、各地の感染者の数は発表されるが、「対策」についての言及はあまりない。 一方、”緩和対策”は次々発表される。
 東京都の場合、感染者の数は分かっても、休みだと検査数が少ないと言うし、もし、しっかり検査をしようと言うならば、休みでも何でも、同じように検査できる体制を考えるべきだろうと思うし、”その日”の集計がいまだにできないというのも、なんだか不思議な気がする。
 世界ではとっくに使われている治療薬「アビガン」も、製造元の日本では、正式に承認されるのはこれからでしょ。 PCRの検査機器も、製造元に、フランスから礼状が届いたというのに、お膝元の日本では使われていない。  
 何もかも遅すぎる! 菅内閣は「スピード」を考えてくれそうなので、そこに期待したいと思っている。


ホトトギス  



「ヤマホトトギス」

54_20200925153132f72.jpg


「ヤマジノホトトギス」

55_2020092515313363f.jpg





table_20130321210513 -


 よく降るねぇ。 11月の気温だそうで、肌寒い。 コロナも一向に収まる傾向が見えないし、地元でも増え続けている。 ハイキングクラブも活動停止中。 メールボックスに届くのは、宣伝メールと偽メール。 楽しいニュースもないし・・・。 やれやれ・・・。
 例年、岩ナンテンが咲くと、”スズメバチ”が集まるのに、今年は全然来ない。 蜂の世界も「異状有り」なのかな?


ニ ラ  



「ニラの花」です。

52_20200924163519c4d.jpg




53_20200924163520686.jpg





table_20130321210513 -


 「涼しくなった」と思っていたが、今日は涼しさを通り越して「寒い」。 また暑さが戻るのかどうか分からないけれど、季節は確実に移っていく。
 停滞していた台風12号は、温帯低気圧になった。 伊豆諸島では荒れていたが、大きな被害が出なくて何よりだった。
 昨年の台風19号では、多摩川の増水で、我が家付近には「避難指示」が出た。 避難した人の話では「満員なので…」とほかの避難所を指示されたと。 車とは言え、大雨の中で幼い子供さんを連れて大変だったと思う。
 ハザードマップでは、我が家付近の水深は0.5メートル未満なので、浸水では避難しないことにしているが、多摩川の本流が道路下の石垣に直接あたるようになったら避難だろうなぁ。 崩れ出せば早いだろうから。
 今年は、必ずしも避難所に行かなくても・・・と、コロナ関連で避難の仕方も変わってきているが、そういう事態にならないことを切に祈る次第。 


キノコ  



山道のあちこちに「キノコ」が生えて、秋を感じさせます。

48_2020092316195960a.jpg




49_20200923162000558.jpg




50_202009231620037dc.jpg




51_20200923162006886.jpg





table_20130321210513 -


 心配した台風も、どうやら海の上を通ってくれるらしいのでひとまずは安心。
 4連休も終わり、行楽地の大賑わいの模様をテレビで眺めながら、「年よりはいない!」と。 コロナの時代、年寄りは”お出かけ”からは除外されているらしい。 「東京の年寄り」は二重に除外される気分と言う感じかな。
 ま、命がけで、大混雑の行楽地に行かなくてもいいとは思うけれど、「コロナ憎し」ではあるね。


キツリフネ  



山野草に共通することかもしれませんが、、なんとなく安らぎを覚える花です。

45_202009221626126ce.jpg




46_2020092216261350a.jpg




47_20200922162616153.jpg





table_20130321210513 -


 涼しくなって、ほっとしているところへ、台風がやって来るらしい。 近くで発生したとかで、話を聞いてから、あっという間にやって来る。 雨台風だそうだけれど、まだ発達途上、どうなることか。 昨年の台風19号の記憶もまだ鮮明なのに。
 アメリカの山火事と言い、最近の世界的な異常現象が、地球温暖化の影響で、その温暖化が人間に由来するものだとすれば、改善の余地はありそうに思うが、実際には無理なのだろうね。 人間はこの「慣れ親しんだ便利な生活」を手離すことはできないだろうから。 年寄りからすれば、「ここまで便利でなくてもいいのに・・・」と思うけれど。
 もう少し、過去の生活に戻っても、穏やかな自然の中で、豊かな四季の移ろいを楽しむ暮らしの方がありがたいと思うが・・・。


ゴンズイ  



久しぶりに向山へ。 残念ながら「ゴンズイ」はもう終わり。 未練がましく撮ってはみたが・・・。

43_20200921161615887.jpg




44_20200921161617d39.jpg





table_20130321210513 -


 暑さも収まったので、久々に向山へ。 途中まででも・・・と思って出かけたが、気が付けば山頂にいた。 夏の「田んぼまわりのコース」より、歩数にして約2倍、立ち止まる場面も多かったが、所要時間は2倍以上。 でも、感じた「疲れ」は、少なかった! 「土の上」を歩くのは「いいなぁ」と。
 連休で、「お出かけ組」も多くなったらしいが、向山も羽村の河原も、確かに子供連れの姿が多かった。 土手には「猛禽類の渡り」を観察するグループの人たちもいた。 半月後の”感染者数”が気になるところではあるけれど。
 「GoToトラベル」で、年内は旅館の予約が難しいほどというから、多くの人たちがいかに「お出かけ」したいかが分かろうと言うもの。 安く行けても、「コロナのお土産」には、十分ご注意を・・・ネ。


カクトラノオ  



「ハナトラノオ」とも言うようです。

41_2020092015482445e.jpg




42_202009201548252a0.jpg




千日紅  



「千日紅」、名前の通り、長~く咲いてくれます。

38_2020091916290895c.jpg


毎年、種を取ってはまた撒いて・・・です。

39_202009191629103c9.jpg


植えきれなかった苗も鉢の中で、小さいながら皆咲いています。 植えてやればよかったなぁと。 (笑)

40_20200919162911ae4.jpg





table_20130321210513 -


 このところ、「怪我をした」話をよく聞く。 皆さん、はっきりしたお年は分からないけれど、「若くはない人」であることは確か。 「お墓掃除に行ったら、知っている人のお墓が増えていた」とも。 まぁ、寿命かもしれないけれど、もしかしたら「自粛生活」も関係しているのかも・・・と、思ってしまった。
 我が身を振り返っても、出かける機会が減り、更に雨続きの後の猛暑で、なおさら出かけなくなり、「足元が頼りなくなった」と実感していたので。 気づいてからは努めてウォーキングに励んでいるが、以前のレベルにはまだ戻っていない気がしている。
 半年も”巣ごもり”が続けば、だれしも足腰は弱るのだろうが、年寄りには、影響が大きかったのではないかな。 なんでもないところでつまずいたとか転んだとか。 あの暑さは体力的にも高齢者にはきつかったしねぇ。
 涼しくなってきたから、”転ばないように”気を付けながら、「疲れにくいからだ」を目指したい。 『それは無理だよ』と言う声が聞こえたような? (笑)


実りの秋  



この間田植えをしたと思ったのに、もう「実りの季節」。 早いですねぇ。

36_20200918155929fc5.jpg


コロナ・コロナの秋ですが、お米はしっかりできそうです。

37_2020091815593107c.jpg





table_20130321210513 -


 相変わらず感染者の多い東京。 最近は多摩地域も増え続けている。
 この夏は「県をまたぐ外出」ができなかった関係で、奥多摩が大賑わいだったと。 日原鍾乳洞へ続く道は大渋滞で、路線バスも立ち往生するほどだったらしい。
 都内から来た人がコロナを置いていったわけでもあるまいが、基幹病院でのクラスター発生もあり、生活を少しずつ平常時に戻そうと思う気持ちに水を差された感じかな。
 人が動けば感染は広がる。 しかし、規制はどんどん緩和されていく。 年寄りの多い地域なだけに、先が思いやられることだ。


ツマグロヒョウモン  



「ツマグロヒョウモン」の♀です。 はねが傷んでいます。

32_202009171615127c3.jpg


♂の方が派手かと思いきや・・・ですね。

33_20200917161513eb8.jpg


こちらが♂です。

34_20200917161517f6f.jpg


大きさは♀よりやや小型です。

35_202009171615177a2.jpg





table_20130321210513 -


 あの手この手で、人の預金を狙うヤカラが後を絶たない。 預金者サイドでは防ぎようがないらしい。 自分で通帳をチエックして調べるしかないと。
 通帳を作る経費を節約したいのか、暫く記帳しないと「合算」されてしまうから、その間に何かあっても気付きにくいだろうねぇ。   紙の通帳を廃止する動きも出ているが、情報が漏れやすいということはないのかな?
 なんだか何もかもが信じられなくなってしまうよねぇ。 現金をカメに入れて埋めておくのが一番安心だったりして。 マンションじゃ、埋める場所もなかろうが・・・。


タマアジサイ  



涼しくなったので、少しだけ山道を歩きに行きました。

31_20200916164342639.jpg





table_20130321210513 -


 「菅内閣」が発足した。 早速「解散」が話題になったりしている。 ご本人は「仕事をしたい」と話していらしたが・・・。
 政見奪取を掲げて、あまり変わり映えのしない新党が誕生したり、それぞれにいろいろと思惑や目論見が見えて、大変なことね。 改革もそう簡単にできることではないと思うけれど、 「国民のために働く内閣」を標榜している菅内閣に、「国民」としては期待したい。 


イタドリ  



今、「イタドリ」が花盛りですが、”ピンク”の混じった綺麗な花を見つけました。

29_202009151519201bc.jpg


蟻も気に入ったようです。

30_202009151519217cc.jpg





table_20130321210513 -


 「残暑が厳しい」と聞いていた割には、涼しい日が続く。 そうしたら、今度は、「今年の秋は短くて寒さが早くやってくる」と。 いろいろ進歩しているだろう割りには予報がくるくる変わる。 いずれにしても『すっきり晴れることはしばらくなさそう』ですと。
 でも、4連休あたりはよくなってくるらしいから、遅まきながら、「新しい生活様式」とやらへの移行をスタートさせなくては・・・。  つまりは、チョロチョロ出歩くか・・・と言う話に過ぎないのだけれど。 (笑)


白のセンダン草  



白い”舌状花”がきれいにそろっていることは少ないのですが、

26_20200914160844905.jpg


比較的、綺麗な花だと思います。

27_20200914160845349.jpg


折よく”アゲハ”が止まってくれました。

28_20200914160847dbb.jpg





table_20130321210513 -


 大坂なおみ選手の快挙。 心身ともに一段とたくましくなったような印象を受けた。 あの「黒いマスク」も、彼女が優勝したからこそ、さらに大きな意味を持つことになったのかもしれないと思った。
 本当に米の人種差別は、「風と共に去りぬ」の時代から変わっていない。 日本に暮らしていれば、感じることはないけれど、黄色人種は、黒人以下とされていると。 海外で仕事をする人は大変なのだろうねぇ。 
 米での最近の事例を見ても、死ぬほど締め付ける必要もなかったし、背後から撃つ必要を全く感じない場面だったものねぇ。
 大統領自身も、おそらく「白人至上主義」なのだろうから、この根強い差別をなくすことは容易ではないのだろうなぁ。
 日本人の心の中にだって、全くないわけではないと思っているけれど・・・。 


ツルボ  



土手の斜面に、草に埋もれるようにして咲く場所があります。

24_2020091320151068d.jpg


九月になると「そろそろ咲くかな」と思うのです。

25c.jpg




シュウカイドウ  



猛暑続きで、枯れてしまったものもかなりありました。

22_20200912170513192.jpg




21_20200912170511996.jpg




23_2020091217051433d.jpg





table_20130321210513 -


 支払いがあったので、本当に久しぶりにコンビニへ行った。 コロナ禍が始まって以来、お金に触る機会を減らす努力をどこの店でもしているが、多くは”釣銭の手渡し”を避けるとかで、たいして意味がなさそうと感じることが多かったが、コンビニでは新しい機械を導入して、店員が直接お金に触れることはなくなっていた。 「進歩しているなぁ」と。
 でも、いくつかある「ボタン」を押したり、支払い方法を選んだりと、機械に弱い人は慣れるまでまごつくかもしれないと思った。 客の”のろさ”に舌打ちをする店員もいるという時代だから、「コンビニ」も、あまり”コンビニ”ではなかったりして・・・。
 学校の授業もオンラインが増えて、様変わりしているというし、”コロナ”は人間の生活を大きく変えてしまうのかもしれない。


ムラサキシキブ  



「花数が少ない」と思ったのですが、杞憂に終わったようです。

18_20200911210352108.jpg


グラデーションが日増しにきれいになります。

19_202009112103553f3.jpg


つややかな実がきれいです。

20_202009112103556d8.jpg





table_20130321210513 -


 来月から、東京も「Go Toトラベル」に加えることを前提としつつも、専門家の意見を踏まえ、今月末の感染状況を見て、実現するかどうか決めるのだそうな。 今月の4連休には間に合わないが。
 相変わらず、少なくはない感染者が毎日出ている東京。 「大丈夫なのかな」と誰しも思うようで、「まだやめておく」と言う人も多そう。
 年寄りはどっちみち「危険がいっぱい」なのだから、 「外出はお控えいただきたい」と言うことでしょ。 深く気にせず出かける年寄りもいるようだが、そういう人は意外に無事で、気にして対策を考えながら、恐る恐る出かける年寄は罹患したりしてね。 世の中、えてしてそういうものでしょ。 旅行以前に、先ず、生活自体を少しずつ元に戻したいとは思っている。


オモダカ  



黄色くなってきた田んぼに、「オモダカ」が沢山咲いていました。

16_20200910182449a4c.jpg




17_20200910182451234.jpg





table_20130321210513 -


 最近、何者かが、人のアカウントを使って買い物に精を出している。 メールの文章が”不思議な日本語”だったり、日本では使わない”中国の漢字”だったり、分かりやすいのもあるが、そっくりコピーしたものもあるので油断はできない。
 そんな中で、業者の「キャンセルしました」のメールに「注文主」の住所、氏名、電話番号、まで書いてあるものがあり、面白いのでその電話番号を検索にかけてみた。
 まず、「フィッシング詐欺」と出た。 そして、同じメールが来た人たちのコメントがズラリと・・・。
 異常を感じた業者が、入金がなければキャンセルしてくれるようだが、全てに「注文主」の情報を公開してくれればいいのに・・・と思う。
 ドコモの問題がニュースになったが、色々あるので、気を付けましょうね。


ク ズ  



「クズの花」はなかなかきれいな花が見つけられません。

15_20200909172234753.jpg




百日紅  



例年よりも枝の伸びが悪い気がしますが・・・?

13_20200908174647e28.jpg


「暑さ」が似合う花と言う印象ですが、今年は暑すぎでしょうか?

14_202009081746483d5.jpg





table_20130321210513 -


 台風一過の清々しい快晴・・・とはならず、暑かったですねぇ。 停電の続く地域の皆さんの熱中症が心配になる。 自分だったらどうするかなと考えてみるが、「これがいい」と言う方法はみつけられない。
 タオルを絞って、首やわきの下にあてると言っても、すぐ温まってしまうから、到底涼しくなることはないだろうし、一日中水風呂に浸かっているわけにもいかないだろうしね。
 夜も寝られないだろうし、大変なことだと思う。 場所によっては回復に数日かかるというから、何かいい方法はないかなぁ。 『明日は我が身』かもしれないでしょ。


アメリカタカサブロウ  



「タカサブロウ」。 多分「アメリカ」とつく種類と思います。

12_20200907163527f93.jpg


田んぼのへりに多い雑草ですが、よく見ればこんなに可愛い花です。

11_202009071635257d1.jpg





table_20130321210513 -


 台風10号の被害状況はまだこれから出てくるのだろうが、停電が広範囲に及んでいる。 電気の無い生活は考えられなくなっている時代だから、困る人が多いのは当然。 エアコンがないと熱中症の心配もあるし。
 今回は皆さんの避難が早かったと。 早くから「経験のないほどの台風」と知らされていたことが良かったのだろう。
 コロナ下の避難で、ホテルはどこも満室だったと。  (Go To トラベル)を利用した人も結構いたらしい。 家よりは安心できるが、希望者すべてに提供できるわけではないから、行政側でもしっかり考えてほしい問題だと思う。 避難所に行っても「満員だから、よそを当たってほしい」じゃ、途方に暮れるからねぇ。


雨あがる  



大雨が降ったりやんだり・・・。 夕方は日も差して・・・。

9_2020090621240794b.jpg


川面には靄、空には雲がたなびいて・・・。

10_2020090621240891f.jpg





table_20130321210513 -


 台風10号の影響で、多摩川も増水した。 羽村堰でも堰の一部を上げるサイレンが鳴ったりしたので心配したが、その後の雨量は思ったほどではなかった。 このまま無事だといいが。
 台風も少し勢力が弱まってきたようだけれど、心配が減るほどではないからねぇ。 川が氾濫するほどの雨も困るが、風が本当に怖いと思う。 ”悪さ”をせずに早く行ってしまってほしいもの。
 早くから注意喚起のニュースが続いたから、心配する時間が長くなって、それはそれで皆さん大変だっただろうと思う。


ク コ  



お隣から伸びてきた「クコ」に小さな花が咲いていました。

7_20200905210058c5a.jpg


やがてきれいな赤い実になるのでしょう。

8_20200905210059a6d.jpg




猛暑復活  



猛暑が復活した今日の空。 夏雲? 秋空?

5_20200904193644822.jpg


午後は雷も・・・。

6_20200904193645dc6.jpg




table_20130321210513 -


 台風10号のニュースが続く。 コースに当たる皆さんの心配は、想像に余りあるものがあるに違いない。
 ばぁばの記憶にある一番大変な台風は、直接の影響はなかったが、昭和41年の「第2宮古台風」。 最大瞬間風速が85.3メートル。 当時の新聞に載った記事に、家を飛ばされてしまったオバァチャンとお孫さんが、サトウキビ畑にしゃがんで台風の過ぎるのを待ったとあって、「どんなに怖かったか」と、思った記憶がある。
 2番目は、このごろ話題に出る「伊勢湾台風」。 初めての子供が生まれた直後で、まだ入院していたが、病院も停電で、保育器に入ったわが子が大丈夫かなと心配したこと、翌朝、病院の庭では、木が何本も倒れていたこと、などを思い出す。
 一人家にいた新米パパは、外へ外れそうな雨戸を、必死で抑えていたそうな。 お隣の倒れた木も、うまく倒れて実害はなかったが、凄い風だった。
 その時の赤ん坊が、還暦を過ぎているのだから、「昔の話」には違いないが・・・。 台風10号の被害が少ないことを願うのみ。


ススキ  



今年は「ススキの穂」が特に長く伸びたようです。

4_202009032051442bc.jpg




玉川上水  



緑濃き「玉川上水」です。 秋の到来が待たれます。

3_20200902204502667.jpg





table_20130321210513 -
 

 これまで「全くその気はない」と繰り返していた菅官房長官が、総裁選への立候補を表明。 早々と支持を表明する派閥が相次ぎ、有望視されている。
 安倍総理が辞任されることが分かった時、総理の任期いっぱいの期限と言うから、菅さんがやればいいのに・・・と何気なく思ったが、こんな大きな騒ぎになるとは・・・。
 コロナ対策にしても、これから新しい政策で・・・と言うのは、時間的に難しいだろうから、とりあえず”継承”と言う形を取りつつ独自色を出して行くしかないだろうと思ったが、ポストを狙う人たちには、そんな悠長な話では済まないわけね。
 まぁ、色々な思惑が交錯して、どうなることか?


ジンジャー  



白も素敵ですが、こちらも華やかな美しさがあります。

1_20200901213459265.jpg


大きくて立派でした。

2_20200901213501f67.jpg





table_20130321210513 -


 九月。 今朝の涼しさは「秋」を感じさせましたね。 東京の最高気温は29度。 「猛暑日が続くことはもうない」と思いたい。 曇っていたが、久しぶりに「エアコンなし」で暮らした一日となった。
 気付けば蝉の声も法師ゼミ全盛になっているし、台風は来るし・・・秋ですねぇ。
 強い台風が沖縄を襲っているが、お手柔らかに願いたい。 年々台風の勢力が高まり、太平洋側に来る回数も増えているそうな。 それだけは御免願いたいが・・・。


▲Page top