FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

彩 雲  



今朝は太陽がまだ低かったので、まぶしくなく「彩雲」を見られました。

73_2020113015562522f.jpg


薄い雲で、色も薄めでしたが、綺麗でした。

74_20201130155626acf.jpg




スポンサーサイト



銀 杏  



「イチョウ」が最後の輝きを見せています。

71_20201129154216d47.jpg




72_20201129154221966.jpg




午後の参道  



木々の影が長く伸びた阿蘇神社、午後の参道です。

69_20201128152149a0f.jpg


「楓」のグラデーションがきれいでした。

70_20201128152151327.jpg




阿蘇神社の紅葉  



「停まっていて~」と思ったのですが・・・。 (笑)

67_20201127142747163.jpg


多摩川にせり出している枝は日当たりがよさそうです。

68_202011271427518b3.jpg





table_20130321210513 -


 毎日発表される「コロナ感染者や重症者数など」。 その重症者数の中に、東京の場合、「ICU」に入院中の人は含まれていないのだそうな。 全国で基準を統一できていないのもおかしいと思うが。
 ウチの病人が、手術後、ICUにお世話になった時、担当医から「ICUにいる間は、命の危険もあり得るということなので、必ず連絡がつくようにしていてください」と念を押されて帰ってきたことがあった。 つまり、「重症者」の範疇に十分入るということでしょ。 この都の考え方は、ちょっと甘さがあるのではないのかな。 実際の重症者は発表よりも多いということでしょ。
 最初から重症と言う人より、中等者が突然悪化するケースが多いなどと聞くと、実際はどうなのだろうかと不安になる。 
 何年も前から、現在の状況を予測していたというビル・ゲイツさんのようにとは言わないけれど、後手後手になる施策も、何とかならないものかねぇ。


散紅葉  



今年の紅葉は「寿命」が短いようです。

64_20201126161505ec9.jpg


カラカラの落ち葉が多かったのですが、雨で散った葉はきれいでした。.

65_20201126161506d94.jpg


「束の間の秋」ということでしょうか。

66_20201126161510d4a.jpg





table_20130321210513 -


 今年は近所の紅葉があまりきれいでなくて残念なことだ。 長かった梅雨、それに続く猛暑、そしてこのところの時ならぬ暖かさ、植物にはよくなかったということかな。 あまり出かけたくないこの秋は、テレビで各地の紅葉を楽しむことになりそう。
 ”コロナ”が収まって出かけられることを期待したのだけれど、手ごわい「第三波」がやってきた。 「GoTo~」は問題なしと言う考え方には”?”。 「GoToイート」だって、感染拡大に関与しているに違いないと思うから、ちょっと鈍感じゃないのかと思う。 
 まぁ、年寄りは年寄りらしく、「御身御大切」に暮らすしかないなぁ。


ホオズキ  



”ホオズキ”。 「鬼灯」とも書きますが、なんとなく雰囲気が相通じるような・・・。

63_20201125160158ba9.jpg





table_20130321210513 -


 コロナの濃厚接触者とされても、検査を拒否する人がかなりいるとの話にはびっくりした。 陽性と出れば、無症状でも仕事を休まなくてはならない、などの理由らしい。 こどもの場合、学校で初めての「陽性者」になるのは困るというのは、”いじめ”などがあるのだろうか? しかし、その結果として、感染を広げているかもしれないのだからねぇ。
 感染が拡大して、東京では、多摩地域にも及んでいる。 わが羽村市でも増えてきた。 多摩地域には高齢者が多い割に、大きな病院が少ない。 その病院でも、次々とクラスターが発生している現実がある。 持病のある皆さんはどうされているのだろう。
 政府の対応も、中途半端だし、インフルエンザが流行していないと言っても、コロナが猛威を振るったのではどうしようもない。 個人の自衛策だけで乗り切れるものではないだろうと思うが・・・。 心配には切りがない。


サザンカ  



我が家の「山茶花」ですが、花びらに”しわ”が多いようです。

60_20201124153740e85.jpg




61_20201124153742610.jpg




62_2020112415374311b.jpg





table_20130321210513 -


 「我慢の三連休」も終わり、どうやら「混雑を我慢の三連休」に終わった感じ。 紅葉が見ごろの京都も凄い込みようだったらしい。 あの人たちがすべて日本人だったのだろうから、普段よりも人が出ていたわけでしょ。 普段は訪日客がやたら多い感じなのだから。
 「人が動けば感染者が増える」のだから心配なこと。 各地で感染者が増え続けて、たとえベッドの確保ができたとしても医療関係の人手不足だというのだから、大変なことでしょ。 病院内のクラスター発生でもあれば、なおさらお医者さんも看護師さんも技術関係の先生も足りなくなるのだから、どうなるのかなぁと思うけれど・・・。
 「GoTo~」に関しても、国は何だか、”責任回避”とも取れる姿勢だしねぇ。 「責任と補償は国が持つ」くらいのことを言ってほしいけれどねぇ。


連休最終日  



久しぶりに「向山」へ。 残念ながら頂上には雲でしたが、珍しくうっすらと見えた「赤城山」。

56_202011231658231be.jpg


連休最終日。 走る人、歩く人。 それなりに多かった。

57_20201123165825cfe.jpg


青空がきれい!

58_20201123165829907.jpg


何となく好きな風景・・・。

59_2020112316583154e.jpg





table_20130321210513 -


 この三連休、行楽地はどこも大変な人出だったらしい。 当然ながら、皆さん万全の対策を講じてのお出掛けだろうけれど、それでも怖いなぁと思ってしまった。
 遅まきながら、政府でも「GoTo~」を多少は考えるらしいけれど、二週間後が恐ろしい。


寒 椿  



”寒椿”と言っても本当に寒くなると咲かないのですが、今年は暖かい日が続き、良く咲いています。

54_20201122161230dc6.jpg




55_2020112216123284a.jpg





table_20130321210513 -


 「柚子」をたくさんいただいたので、今日は、「柚子ジャム作り」に励んだ。 初めて作った時には、レシピ通り、”ワタ”を取り除き、何回かゆでこぼし、グラニュー糖で作った。 それこそ商品になりそうな、綺麗なジャムができて喜んだものだ。
 やがて、「”ワタ”も一緒で大丈夫よ」とか、「捨てるところはない」とか、友達から聞き、さっそく実行に移したところ、確かに、色は薄くなったものの、「うちで食べるには問題なし」との結論に達した。
 最近、「ゆでこぼさなくても平気よ」と聞いたような気がして、電話で確認しようと思いつつ、今年は一応ゆでこぼしてから作った。「そんなこと言わなかったよ」と言われるかもしれないし、そこまで「手抜き」はしていないかなとも思うので。
 友達はみんな、「大ベテラン主婦」で、事実に基づいた”手抜き法”を色々と身に着けている。 もちろんこのばぁばもね。 (笑) 


小 菊  



大輪の立派な菊は難しそうですが、”小菊”でも咲けばきれいかと・・・。

50_20201121152132483.jpg



51_20201121152133d0d.jpg

52_20201121152134d69.jpg

53_20201121152136d65.jpg






table_20130321210513 -


 三連休の初日、東京駅もかなり混んでいるらしい。 「一か月前に予約してあったので、十分気を付けて出かける」と言う人も。   小池都知事の「高齢者は行動を控えて」の言葉を待つまでもなく、相変わらずの「自粛生活を送っている日々。 まぁ、自然豊かな地に住んでいるので、さほど息が詰まりそうな感覚もないのは幸いなことだけれど。
 今日は晴れたが、風が強い。 我が家の道に面した楓も盛んに散って、風下のお宅にご迷惑をかけているわけ。 例年、綺麗な楓の葉が散って、「敷きもみじ」とはならないけれど、それなりにきれいだと思えるのだが、今年は散った葉がからからに干からびている。
 なんとなく出かける気になれずにいるうちに、高尾山や、奥多摩方面のモミジも散ってしまったことだろう。 高尾山山頂の人出がニュースになったりするたびに、「やめておこう」になって・・・。
 今年も残りわずか。 来年はどういう事になっていくのだろうね?


秋 景  



散歩に出て、こんな景色を見ると、”コロナ禍”も忘れます。

49_202011201625526b9.jpg





table_20130321210513 -


 昼過ぎ、玉川上水沿いの遊歩道散歩に出た。 「天気もあまりよくないし、コンデジでいいか」と、”軽いが一番”と思ったのだけれど、すぐに後悔した。 大きいのを持って来るべきだったなぁと。
 いつもそうなのに懲りることを知らない、学習能力欠如なんだから!
 どちらを向いてもきれいな秋の風景が広がっている。 天気が良ければ・・・ネ。
 土日はそれなりに人が増えるし、月曜までもつかなぁと。 行ってみたい場所がほかにもあるし、「後悔先に立たず」を痛感!


サザンカ  



我が家の白い”サザンカ”です。

47_2020111915572790e.jpg




48_20201119155729960.jpg





table_20130321210513 -


 案じた通り、”コロナ感染者”が最多記録を更新。 多分、ほとんどの人が「GoTo~」をいったんストップした方がいいと思っているのだろうが、政府にその考えがないのは不思議な気がしてね。 もちろん経済への影響を考えているのだろうが・・・。 「除外してとの希望もないので」、とはいささか無責任な話だと感じてしまったが。
 出てきた政府の方針が、『マスクをかけての会食を』と言うのだから、「参ったなぁ」と言うところ。 一口食べたらマスク、また一口食べたらマスク・・・。 総理も実行されるそうで。 ご苦労様なことです。
 「会話のない会食」じゃ楽しくはないし、そこまでしての会食って、どういう仲間との会食だろう?
 毎日、感染者数と同時に「重症者数」も発表される。 この数字が減った時に、回復されたのか、亡くなったのかが良くわからないので、単純に「良かった」とはならないでしょ。
 この調子で、「手の付けられない拡大」に及んだら、「マスクをしての会食」どころではなくなるのではと、心配しているが。


ツワブキ  



”ツワブキ”。 散歩途中のお宅で。

46_20201118153500a6c.jpg





table_20130321210513 -


 このところ季節外れの暖かさが続いている。 本当におかしい。 夏日もある「霜月」とはねぇ。
 そして、東京は本日の”コロナ感染者”が過去最多の『493人』。 週の中では、常に最高値の出る木曜日の明日はどうなることか。
 週末の連休を控えて、『秋の我慢の三連休を』と言うけれど、テレビの画面を通して知る街中の人の動きは、完全に「コロナ以前」に見えるものねぇ。 「コロナに慣れないで」と言うのも確かに・・・と思う。
 若い人にはおそらく”危機意識”がなくなっているのだろうし、年寄りの中にも「まぁ、大丈夫だろう」と言う気持ちが生じているのかも。
 極力、人の多い場所には出かけないことにしているが、まだ当分、今の状況を続ける必要がありそう。 もう、「一生」と言うべきだったりして・・・。


皇帝ダリア  



見上げるような”皇帝ダリア”。 青空に映えます。

44_2020111715350321d.jpg


上の画像と同じく、露出補正「+0.7」ですが、カメラの角度で微妙に違うものですね。

45_20201117153505ee7.jpg





table_20130321210513 -


 野口さんが、三度目の宇宙に行かれた。 今回は宇宙飛行士の皆さん、すっきりした細身の宇宙服だった。 全て、民間人が乗ることを予想しての宇宙船であり、宇宙服だったそうな。 どんどん宇宙旅行が身近なものになっていくのかもね。
 発射後12分で軌道に乗ったと聞いた時は、その速さに改めて感心したけれど、今日はもうドッキングにも成功してお仕事開始。
 一方、地球上ではトランプさんの駄々っ子ぶりがニュースになり、”コロナ”に振り回される人間たちの、終わりの見えない戦いが続く。 何だか、大分次元の違う話だなぁと、感じてしまった次第。

 

ヤツデ  



”ヤツで”の丸い小花の塊が秋の日差しに光ります。

42_20201116163450e64.jpg


大きな葉が落ちると「面倒だなぁ」と思いつつ片付けますが、花は可愛いですね。

43_20201116163452cff.jpg





table_20130321210513 -


 IOCのバッハ会長が来日。 「オリンピックは開催する」ことを前提にしての話し合いが行われているが、”本気なの?”と思ってしまう。
 寒くなり感染拡大が危惧されてきたが、ほぼ、心配通りの経過をたどりそうな気配でしょ。 でも、スポーツの観客数も、緩和の方向だし、みんな「オリンピック」を見据えての『練習計画』なのかもしれないが、まずはしっかり”コロナ”を抑え込むことが先ではないのかな。 日本だけではなく、世界が、安心できる状況でなくては「オリンピック」の意味がないんじゃないの?
 30代の人の重症化率に比較して、70倍とか80倍とか言われる我々世代にとっては、はっきり言って、「オリンピックよりもわが命」の方だ大事だからねぇ。 何だかお偉いさんは、こういう気持ちがお分かりではないように感じてしまうけれど。 世界の状況にもしっかり目を向けてほしいよねぇ。


ヒイラギモクセイ  



庭隅の”ヒイラギモクセイ”が見ごろです。

40_20201115155505a31.jpg


そもそも我が家にはなかった木なので、鳥のお土産だと思われます。

41_202011151555070a2.jpg





table_20130321210513 -


 今年は台風も来なかったので、紅葉はきれいだろうと言われていたが、どうも「そうではない」感じを受けている。 雑然とした我が家の庭でも、木々が同時期にそれぞれ色づいて、「きれい」と思わせる時が例年はあるのだけれど、今年は、それぞれが勝手に紅葉するかしないかで散ってしまう。
 あたかもコロナ下の人間関係さながらにそれぞれの木が、独自の行動をしているというわけ。 猛暑がやはりダメージを与えていたのかもしれないと考えるのだが、どうなのだろう。


玉川上水  



玉川上水の紅葉も、かなり進んできました。

38_20201114145234855.jpg




39_20201114145239fcf.jpg





table_20130321210513 -


 このところ「詐欺メール」が少なくなった。 アマゾンも、楽天も、銀行も、差出人が変わっても、内容は全く同じ文面のメールが続いたり、おかしな話が多かった。
 想像するに、同じ名簿が出回っていて、それを使っているのか、仲間のメールの使いまわしか。 ひとしきり使って、引っかかる人もいなくなり、次の名簿に移ったか、”稼ぎ方”を変えたのか?
 とにかく、あの手この手でやって来る。 中国人関連も多そうな印象だが、詐欺グループでは、日中仲良くやっているということらしい。
 世界の大国を目指すからには、詐欺の世界でも世界一を目指すつもりかな。 パクリの世界の偽物づくりでは、すでに世界一だろうけどね。


秋晴れ!  



「抜けるような・・・」と言うのは、こういう空でしょうか。

36_20201113151426353.jpg


「黄葉」には、もう少し時間が必要そうです。

37_20201113151427c63.jpg





table_20130321210513 -


 「コロナの第三波」だそうで。 国中で感染者が増え続けている。 でも、国としての対策は特にないらしい。 当初の問題点は一向に解決されていないらしいし、「改善しようという気はない」と言うことかな。
 「Go To~」も、延長の話はあるが、中止の話はない。 検査数もまだまだ少ないというし、感染者を収容する場所の確保も進んでいないらしいし、個人に対する”注意喚起”だけが”対策”じゃねぇ。
 死者の割合が、アメリカやヨーロッパに比べて少ないことで、よしとしているのかな? 亡くなった方にしてみれば、「化けて出たい気持ち」だろうなぁ。
 コロナのせいで、自殺者も増え、家族間の”ぎくしゃく”も生じているのだから、国としての見通しに基づく、積極的な対策なり、方針なりを示して、実行して欲しいと思うけどねぇ。


 

「パンパスグラス」のある風景  



”パンパスグラス”が何となく好きで、毎年撮っているかと思います。

35_20201112153550309.jpg





table_20130321210513 -


 将棋の「竜王戦第4局」が、挑戦者の羽生九段の発熱・入院で延期になった。 ”コロナ”も”インフルエンザ”も陰性とのことでちょっと安心したが。
 「第3局」が世界遺産の、「仁和寺宸殿」での対局と言うことにも関心があった。 昨年の元日に仁和寺を参観して、宸殿の”正月飾り”をカメラに収めてきたということもあったので。(2019・1・5掲載) 同時に、「あの場所での対局は寒そうだな」とも。
 新聞の写真を見ると、豊島竜王の後ろにも、挑戦者の羽生九段の後ろにも「電気ストーブ」が置かれていた。 やはり寒いのかなと思った。
 「宸殿上段の間」は広いし、「羽生さん、まさか仁和寺で風邪をひかれたのではあるまいな」と思ったりもした。 羽生九段には”タイトル100期”のかかる戦いでもあるからねぇ。 まぁ、将棋界一大イベントの「竜王戦」が、寒さに震えながらの対局とは考えられないけれどね。(笑)
 一日も早いご回復を祈りつつ、また仁和寺へ行ってみたくなった。 今度は、”御室桜”の咲くころに・・・。


バ ラ (3)  





34_202011111523512d2.jpg




バ ラ (2)  





26_20201110144404d88.jpg

28_202011101444073bb.jpg

32_20201110151023d8e.jpg

29_20201110144408415.jpg

30_202011101444107a1.jpg

31_202011101444116b0.jpg

33_20201110151025771.jpg

27_20201110144405df0.jpg






table_20130321210513 -


 日陰にはしてあったのだけれど、猛暑の中で水温が高くなり過ぎたのか、ウチの亀ちゃんの具合が悪くなった。 普通の”脱皮”とは違う皮膚のモヤモヤ。 ネットで調べたら、そういう”皮膚病?”があるらしい。 餌も食べなくなった。
 ”イソジン液”を薄めたものが効くらしいので、さっそく朝夕つけてやった結果、綺麗になったものの、餌は相変わらず食べない。 冬眠前にこれでは冬眠中に死んでしまうかもしれないと、お刺身をやったり、鶏肉をやってみたりしても、お義理で食べる程度。 いろいろ試してみたら、一番食べるのが”ミミズ”。 でも、以前のように喜んで食べる様子ではなく、小さめの1匹で足りるらしい。 夏と違い、今は”ミミズ”も簡単には見つからない。
 例年なら、もう冬眠している時期になったので、「冬眠施設」に移した。 じっとしているが、来春元気に起きだしてくればいいのだけれど。 なんせ、家主同様、かなりの高齢亀なので。 小学生の子供のいる親戚筋の彼女が、「私が子供の時からいるね」と言うほどで、30年くらい飼っていると思う。
 車で危うく轢きそうになった小さなカメを連れて帰って、小さな「たらい」で飼い始めた。 大きくなって、「たらい」もお店で売っている一番大きなものになっているが、縁につかまって立ち、外を眺めたりしていて、乗り越えるのも、時間の問題だろうと見ていた。
 全身真っ黒で、丸い黒い目が可愛い。 例年は、冬眠してくれると、仕事が一つ減る感じで助かるのだが、今年は何とも心配な気持ちで見守るることになりそうだ。


バ ラ  (都立秋留台公園にて)  





18_202011091445525e8.jpg

19_20201109144553820.jpg

20_20201109144554d04.jpg

21_20201109144556ad7.jpg

22_2020110914455721d.jpg

23_202011091445591ac.jpg

24_20201109144600bc8.jpg

25_20201109144602309.jpg






table_20130321210513 -


 コロナ、コロナで、しばらく出かけなかったが、そろそろ紅葉も始まるし、例年ならば”コスモス”も咲いているはずだし、もしかしたら、”バラ”も残っているかもしれないと、「都立秋留台公園」に出かけた。
 コスモスはなかったが、バラが数は少ないもののきれいに残っていた。 都立公園で、手入れが行き届いている。 ケヤキ並木はかなりきれいに紅葉していたし、銀杏も木によっては黄色くなっていた。 全体として、もう一息と言うところ。
 人もそれなりに出ていたが、「密」の心配はなかったので、ゆっくりと楽しめた。
 寒さに向かい、コロナの感染者が増加している。 いったん、抑え込んでしまえば、その後の発生は抑えられることを実証している国々を見ると、日本でもそうしてほしかったなぁと切に思うけれど、ま、仕方がない。
 久しぶりに快晴の中の公園を歩き回って、元気が出る感じだった。 若い人との接触を避けながら、年寄りらしく楽しむことを考えていこうと思う次第。


サザンカ  



公園の”サザンカ”が見ごろを迎えていました。

16_20201108150459220.jpg


今年はどこでもきれいなようで、「当たり年」かもしれません。

17_20201108150500c05.jpg





table_20130321210513 -


 アメリカの大統領選挙。 イライラするので、積極的には見ないことにしているのだけれど、今日は「バイデンさん勝利」のニュースばかり。 バイデンさんの「勝利宣言」も出されたらしい。 菅総理初め、世界中の政治家トップの皆さんから祝意が寄せられているようだ。
 にもかかわらず、トランプ大統領は裁判に訴える手段でまだまだ諦めないと。 逆転の可能性が多少はあるのかな? まぁ、「往生際が悪い」とも取れるしねぇ。 潔く「敗北宣言」でも出した方が感じとしては良さそうに思うけれど。
 トランプさんも、個人的には実業家としての面がうまく行かず、莫大な借金を抱えている現状だそうだし、脱税疑惑も取りざたされているから、大統領をやめると”容疑者”になりかねない立場で、簡単に、敗北を認められないのかもね。
 アメリカと言う国に対する見方が、今回の選挙を通して少し変わったような気がするのは、ばぁばだけかな?


夕焼け  



昨日の夕焼けです。 きれいと言うより怖い感じを受けました。

14_20201107152859228.jpg


上の画像はWB”太陽光”で撮り、下の画像は、3分後にWB”日陰”で撮ったものです。

15_20201107152901aee.jpg




シュウメイギク  



大元の”シュウメイギク”。

11_20201106152635673.jpg


改良されて、種類が多くなりました。

12_20201106152636f8f.jpg


八重咲きは原種だけでしょうか?

13_2020110615263999d.jpg





table_20130321210513 -


 あっという間に年が変わって「オリンピックイヤー」になりそう。 オリンピック、本当にできるのかなぁ? 菅総理は「コロナに打ち勝った証として開催する」と言われるが、ヨーロッパでもアメリカでも、そして日本でも、感染者はまた増えだしている。
 「人が集まれば感染は拡大することの証」になる可能性だってあるわけでしょ。 第一、諸外国は選手が来られる状態になっているだろうか。
 観客も人数を制限しなくてはならないだろうし、安全対策が徹底的に取れるのかな。 実際には、世界中が「コロナに打ち勝った」状態にならなくては、安心して開催も出来ないのだろうけれど。
 無観客のオリンピックなんて、考えられない気がするが、あり得ることなのだろうか? オリンピックの”意義”は何だったかと思ったりして・・・。


ムラサキゴテン  



名前の由来が分からないのですが・・・。

9_20201105151926fd7.jpg


花も葉も「紫」と言うのは珍しいと思いますが。

10_2020110515192805b.jpg





table_20130321210513 -


 日中は晴れれば暖かいが、朝晩の寒さはどんどん強まる。 東京では「木枯らし1号」も吹いたし、もう冬は目前に来ている。
 寒さに向かって、コロナの感染者が確実に増えている。 インフルエンザと一緒にならなくても、十分心配な話。 
 空気は乾くし、寒いと換気も怠りがちだし、喉も傷めやすくなる。 重症者が減っていることで、気のゆるみも当然あるだろうし。
  久しぶりに電車に乗った。 空いていれば離れて座れるけれど、混んでくればコロナ以前と同じだものねぇ。 マスクはしているものの、お隣と声高におしゃべりしている人もいたし。 「飛沫は隣の人に多く飛ぶ」と聞いているが・・・。
 緊張感を持続するのはかなり難しいことだからねぇ。  行政サイドも、早め早めに手を打つことを考えてほしいと思うけれど・・・。


山 肌  



多摩川右岸に沿って続く”草花丘陵”。 対岸では”向山”と呼んでいます。

7_20201104153617527.jpg


崩落跡は怖いようですが、上から見る”わが町・羽村”は平和です。 (春の撮影です)

8_20201104153619a27.jpg





table_20130321210513 -


 米の大統領選挙の投票日。 朝から日本のテレビも、その話で持ち切り・・・? それだけ影響があるということかな。 それを上回る問題が日本にないということは、ある意味では幸せなことと言えるのかもしれないが。
 あまりすっきりした選挙方法ではないとは思うけれど、面白いと言えば面白いのかも。 トランプさんは好きではないけれど、バイデンさんには迫力がない、と言ったところで、どういう結果になるのかな。 トランプさんが有利になったらしいが・・・?
 暴動にもつながりかねない選挙と言うのも、所詮、ばぁばの理解を越えているからなぁ。


キチジョウソウ  



気づけば花盛りでした。

6_2020110315294415f.jpg





table_20130321210513 -


 11月3日、文化の日。 ”晴天の特異日”とされている日だけれど、今年は芳しくない空模様。 午後ちょっと日のさす時間はあったけれど。
 使用できるようになった河川敷のグランドでは、子供たちの競技をやっていた。 ソフトボールが一組と、キックベースボールが二組。 観戦の親の姿もあり、以前の風景が戻ってきた感じだった。
 芝生の養生期間が終わった日に、グランドを一周してみた。 出来たばかりの芝生の感触を味わってみたかったので。 何だかふわふわしていて、ちょっと歩きにくい感じだった。 そのうちにしっかり固まってくるのだろう。 来年になれば、青々とした広い芝生になるわけね。 
 土手からグランドへ下りるカーブの道では、スケボーで遊ぶ子供もいたし、小さな子供さんを芝生で遊ばせる家族連れの姿もあって、穏やかな秋の休日風景が広がっていた。 


エノコログサ三態  



河原の”エノコログサ”も、すっかり「秋の装い」となりました。

3_20201102155547ba8.jpg




4_202011021555501f5.jpg




5_20201102155553f47.jpg





table_20130321210513 -


 「大坂都構想」の賛否を問う住民投票が、今回も反対多数となった。 五年前と同じ結果だったが、二度も投票を行うのだから、推進する側としては「どうしてもやりたい案」なのだろう。
 申し訳ないことながら、直接関係はないと思ってきたので、”都”になった結果がどうなるのかピンと来ないのだが、多くの場合、現状に特に不満がなければ、人間は、あまり「変化」を望まないのかもしれないと思う。 安定した日々を大事にしたいから・・・ 
 「大阪市」がなくなることにも抵抗があると言うが、慣れ親しんできた人々にはそうかもなぁとも思った。
 この結果を受けて、松井さんは任期満了後は政界を引退されると。 前回は橋下さんが引退されたし、政治生命をかけてのことだったのだろうが、個人から見れば、構想が大きすぎて、理解しきれない面があったのかもね。
 人の気持ちを変えることの難しさを感じられたことだろう。


マユミ  



阿蘇神社の宮司さんのお宅から参道へ伸びている”マユミ”がやっと割れ始めました。

1_202011011545165ac.jpg


赤い実がのぞくのを楽しみにしていました。

2_20201101154518789.jpg





table_20130321210513 -


 今年は市の文化祭も”コロナ”の影響でどうなっているのかよくわからなかったが、「写真展」だけは見に行くつもりでいた。 いくつかある「フォトサークル」が一堂に会しての作品展だ。 お隣のご主人が主宰されている会も含まれており、案内の葉書もいただいてあった。
 それぞれの力作を拝見すると、自分では気が付かない「見方」を知ることができ、参考になるので毎年出かけることにしている。
 今年は、”コロナ対策”で、関係者は大変だったと思う。 会場に入る前に、先ず検温と手指の消毒、そして、用紙への記入。  氏名と電話番号のほかに、入場時刻を入れるところは「対策」だろう。
 広大な会場と言うわけではないし、密になりがちなのはやむを得ないと思ったが、おしゃべりをするわけではないから大丈夫だろうと。 
 コロナ・コロナで、本当に、イベントも大変だなぁと思う。


▲Page top