FC2ブログ

散歩道の四季

散歩道の四季へようこそ!

冬のバラ  



バラのつぼみが寒さの中で膨らんでいます。

62_20210131163300f9e.jpg


葉も紅葉しながら頑張っています。

63_2021013116330273c.jpg


こういう姿も”それなりに”風情があるとは思いますが・・・。

64_20210131163303c74.jpg





table_20130321210513 -


 寒さは続いているが、朝、太陽が顔を出す位置も大分変ってきたし、沈む時間はかなり遅くなった。 風は冷たいが、陽射しの”ぬくもり”が何となく柔らかくなったようでうれしい。 冬が大嫌いと言うわけではないけれど、「春の兆し」はやはりうれしいもの。
 わが人生の終わるまでに、多分、「コロナ」の完全収束は望めないと見ているので、今年は、暖かくなったら、少し活動を再開したいと思っているが、変異株が出現したりすればどうなるかと気になるところ。
 利用するネットスーパーも、配達員が若者のところは避けるほど気を付けているので、行動はかなり制限されてしまう。
 人の少ない場所を歩くことで、何とか体力の維持を図っているが、そんな場所のない人たちは大変だろうねぇ。 年寄りには本当に「とんでもない災難」がやってきたというわけ。 頑張らなくっちゃ!


スポンサーサイト



ホトケノザ  



散歩途中で見つけた「ホトケノザ」を撮りに行きました。

60_20210130162028bef.jpg


つぼみがどっさりあって、咲くのが待たれます。

61_20210130162030c88.jpg





table_20130321210513 -


 「コロナ」に感染して、入院を拒否した場合、どうやら罪に問われることになるらしい。 隔離病棟になっているホテルから抜け出した場合も同じなのかな?
 一方、入院を希望しているのに”入院拒否”になった場合はどうなの? 先日、菅総理が謝罪していらしたけれど、「最高責任者」の総理が罪に問われるのかな?
 「自宅療養」と言う名目で、薬すら投与されず、いわば「自宅放置」されて亡くなる人が続出している問題の方が、はるかに『罪深い』と思うけどねぇ。


福寿草  



落ち葉をかき分けてみましたら、「福寿草」が出ていました。

57_20210129161330e8c.jpg


「春近し」ですね。

58_20210129161333102.jpg


この場所ではまだ2本だけでしたが。

59_20210129161333bee.jpg





table_20130321210513 -


 「コロナ」が始まって1年。 耳にタコができるほど聞かされてきた「三密」と言う言葉。 なんと、この言葉を『知らない人』がいるらしい。 テレビにもよく登場される”専門家”の尾身先生が、憮然とした面持ちで話していらした。
 新聞も読まない、テレビも見ない、人とも付き合わない・・・ってわけ? そこまで世情に疎いというのか、無関心でいられるものかと、逆に感心してしまうような話。 外国でも使われているというのに。 
 戦時中は、国民の気持ちが一つになっていたと感じていたが、『対コロナ戦争』では、どうもそうはいかないらしい。 心が一つになっても負けてしまったのだから、まとまらなければ・・・ということにはならない話だろうけれど・・・。


茶青梅  



「梅」が咲き始めました。 

54_202101281558431df.jpg


気持ちが和みます。

55_20210128155844255.jpg


青空に映えます。

56_20210128155846bb5.jpg





table_20130321210513 -


 「ワクチン」がコロナ対策の決め手になるという。 本当にそうなればいいがと思う。 接種するかどうかと言う問いに、「接種する」と答える人は半数程度。 多くの人が接種しても、まだ「その先」の詳細は分からないのだろうけれど、半数の接種ではどうなのだろう。
 高齢者の接種は4月以降と言うけれど、多分もっと遅くなるのだろうし、その間に副反応のデータも揃って来るだろうから、かえって安心できるかも。 国が正確な情報をきちんと周知徹底してくれればいいと思うのだが、何事にも”遅い”から・・・。
 昔、何の注射だったか、兄が「アナフラキシー」を起こし、かかりつけ医がいたおかげで助かったということがあり、「アレルギー度」では引けを取らない妹に、「お前も気を付けろよ」と連絡してきたことがあった。
 確かに都内にいた時はいろいろと大変だったが、羽村市に来てからは、空気もきれいだし、水もいいし、「アレルギー」も反応の種類が変わり、歳を重ねた現在は、反応も鈍くなったようで、「年を取ってよかったこと」のトップに位置付けている。
 心配すれば切り無しだが、ワクチンは接種しておこうと思っている。 家族とも会わず、友達とも会えず、何処にも行かず・・・、こんな生活は精神衛生上よくないから、人生の終盤を、少しでも楽しくするために・・・ネ。


烏骨鶏  



”蔵出し画像”ですが・・・。

53_2021012715262854b.jpg





table_20130321210513 -


 ”コロナ”の陰で目立たない?が、今年は「鳥インフルエンザ」の被害が多いのではないのかな。 何万羽と言う数の鶏が、各地で「殺処分」され、埋められている。 野鳥が運んでくるものらしいが、防ぎようがないのかねぇ。 大変な損害だろうし、いずれにしても「人間の餌食」になる運命の鶏ではあっても、可哀想だと思う。
 価格の優等生と言われる卵も、値上がりするだろう。 人間界も、鳥の世界も「ウイルス」にはお手上げと言うところかな。


水 仙  



一番好きな「水仙」です。

51_202101261527511ac.jpg


我が家にもたくさん咲かせたいのですが・・・。

52_2021012615275204b.jpg




河原の風景  



2019年の台風以後、河川敷のグランドが「立ち入り禁止」になり、その先の河原には行けませんでした。
今日は約一年ぶりくらいに行ってみました。 道を付けたようで、ここまではよかったのですが、この先は、画面
右側のような状況で歩きにくく、水際まで行くのはやめました。 これを運んできた水の威力を改めて感じます。

48_20210125160538531.jpg


シンボル的存在の”柳”はしっかり立っていましたし、草も以前と変わらず生えていました。

49_20210125160542197.jpg


この”柳”は、のびのびと枝を延ばし、形の良い木だと思います。

50_20210125160544419.jpg





table_20130321210513 -


 コロナに感染しても、現在は「自宅で療養」が普通になっているらしい。 でも、実情は、「療養」などとはとんでもない状態になっていると。 つまり、『放っておかれる』だけ。
 早めの治療開始が望ましいのに、医者に診てももらえないで、具合が悪くなって保健所に連絡しても電話が通じなかったり、救急車が来てくれても、引き受けてくれる病院が見つからないという具合らしい。 その結果、自宅で亡くなる人が増え続けている。    「医療逼迫」どころか、完全に「医療崩壊」と言えるのではないのかな。 
 国会議員でない我々は、とにかく「感染しない」ように頑張らなくては。 「見捨てられた」と思いながら死にたくはないからね。


椿  



花たちも春を待っているのでしょうね。

46_20210124155237d98.jpg




47_20210124155239677.jpg





table_20130321210513 -


 昨夜は一時雪だったが、朝、目が覚めた時は雨音がしていて雪は影も形もなかった。 昨夜は、青梅線の間引き運転のことなどもニュースで言っていたが、どうだったのだろう。 得てして、早くから注意喚起の報が流れる時は、さほどではなく終わる。
 だからと言って、政府の「コロナ対策」が遅いわけではないのだろうが、感染者数が相変わらず高止まりを続けている。
 菅総理が、「オリンピックは中止とします」とでも明言すれば、一挙に”支持率”が上がるだろうという話には笑ったけれど、外国からの選手が、日本で感染した場合、きちんと対応できるのだろうか? 日本人だって、今はしっかり診てもらえないという現状なのに・・・。
 『必ず収束させます。』 『オリンピックは行います。』 いくら声を大にして言ったところで、言葉だけじゃね。


野菜畑  



宅地へと変貌を遂げる地域の中に、畑が残っていました。

45_20210123150918a41.jpg


冬の大根は煮ても甘くて柔らかくておいしい!

43_20210123150913619.jpg


ブロッコリーは”チンして”マヨネーズをかけるだけでもおいしい。

44_202101231509171e2.jpg





table_20130321210513 -


 雨の一日。 静かだ。 たまには、こんな日もいいかなと思う。 雪になるとの予報だが、それほどの寒さとも思えない。 夜に向かって、これから気温が下がってくるのかもしれない。
  雨が降ろうが、雪が降ろうが、ニュースに「コロナ」が登場しない日はない日本の現状である。 人との接触がほとんど無い生活だが、「緊急事態宣言」が出ると、「ネットスーパー」で、希望の時間帯の埋まり方が早まる。 利用者が増えるということだろう。
 今のところ、前回のような「買占め」は起きていないから、皆さん「慣れた」のかも。 今週は「雪予報」も重なったしね。
 皆さんそれぞれ頑張っているのに、目に見える成果が上がらないのを、誠に残念に思う次第。


伐 採  



伐採の予告は出ていましたが・・・。 河川の維持管理のためだそうで。

41_20210122151154c70.jpg


こんな大木を今更ねぇ・・・とは思いますが・・・。

42_20210122151158683.jpg





table_20130321210513 -


 今日は暖かだった。 ウォーキングの人が、羽織ったものを脱いで、手に持ったり、腰に巻いたり・・・。 4月頃の陽気だそうで。 ところが、週末に「大雪に関する情報」が出ているのだから。 おかしなこと!
 雪が降ると内心、少々うれしい気分もあるのだけれど、人様に、「困ったものが降りましたね」と言われることが多くて・・・。 もちろん、反対意見を主張したりはしません。 「しばらく足元が嫌ですねぇ」なんて「大人の対応」を余儀なくされるわけで・・・。(笑)
 ま、どうなりますか?


コウヤボウキ  



赤く色づいて、”穂”になっても綺麗な「コウヤボウキ」です。

38_20210121154356abb.jpg


多くは白っぽいのですが。

39_2021012115370612e.jpg


花の時には特に変わりはなかったと思うのですが。

40_20210121153706871.jpg





table_20130321210513 -


 事前の何やかやの対策が肩透かしにも思われた米の「大統領就任式」。 無事に終わって何より。 トランプさんも、最後は認めざるを得なかったバイデン新大統領だが、これからが大変そう。
 和やかな政権移譲と言うわけではなかったし、暴徒と化すような支持者を抱えたトランプさんが、このままおとなしく引き下がるかどうかも分からないし・・・。
 大国のドタバタ騒ぎに乗じて、自国の勢力拡大を狙う国々もあるのだから、世界平和のためにも手腕を発揮してほしいもの。
 『手腕』と言えば、菅総理にも、大いに発揮していただきたいもの。 「罰則を作る」以前に、するべきことがあるんじゃないのかな。


倒 木  



神社の参道の木が昨年、落雷だったのか根元近くから裂け、側道をふさいでいます。

36_20210120160447664.jpg


くぐるか、跨ぐか・・・。 今日は跨ぎました。 (笑)

37_20210120160451b10.jpg





table_20130321210513 -


 今日は「大寒」。 朝も”それらしい寒さ”だった。 隣接の青梅で「-5.5度」だったそうだから、当地もそんなものだったのだろう。 各地で”ダイヤモンドダスト”が見られたらしい。 そこまでは冷えなかったことを喜ぶべきか、残念に思うべきか。(笑)
 日の出の時刻もやっと早くなり始めたし、日の入りはかなり遅くなってきた感じ。 寒さの盛りに、日脚の伸びを感じるのも「うまくできているなぁ」と思ったり。
 早く寒くなったから、暖かくなるのも早いのかどうかは分からないけれど、明日からしばらくは暖かくなるのだそうな。 冷やされたり、温められたりの「ショック療法」が、巣ごもり生活の「ボケ防止」に役立つかも。


冬晴れ  



「雄大な風景」を見たい時は、大空を見上げて我慢です。

35c.jpg





table_20130321210513 -


 都内各地の「コロナ感染者数」が毎日、新聞に出る。 感染者の増加が23区に限られていた期間も長かったが、今や、都下26市も負けず劣らずの増加傾向を示している。
 わが羽村市は小さな市で、感染者数も一番少なかったが、昨日は、一挙に25人の増加だった。 どこかで”クラスター”が出たのかなと思ったが、詳細が分からないので、不安は増す。
 具合が悪くなっても、医者に診てもらえないまま亡くなる人が増えてきている。 変異ウイルスの感染も明らかになり、心配な状況なのに、他人事と思っている人が多いのは困ったもの。
 感染者が増加に転じて、みんなが「大丈夫なのかな」と心配し始めたタイミングで、「緊急事態宣言」が出されていればどうだったのかと思ったりしているが、いまさら言って見てもね。 なんだか『無力感』だけが強まる感じで・・・。


川のきらめき  



午後の陽に、川の”きらめき”がきれいです。

33_20210118144117984.jpg




34_20210118144120424.jpg





table_20130321210513 -


 「オリンピック」がどうなるか。 近づくにつれて誰しも気になるところ。 IOCでも話題に出始めたらしい。 国内の人々の意見としては、「中止した方が良い」と「延期した方が良い」とに二分されるようだが、「やった方が良い」は少数派。 今の世界の状況を見ると・・・ね。 やったとしても「無観客」と言う話も。 組織委の森会長は、「立場上、”やれない”とは口が裂けても言えない」と。 つまり、本音をおっしゃったわけ。
 更に、一年延期するとなれば、選手層にも当然変化が出ているだろうから、すべて一からやり直しかもしれないし、その時に”コロナ”がどうなっているかも、何とも言えないのじゃないのかな。
 ワクチン、ワクチンと騒ぐが、果たして期待通りの効果が出るものか、量的に間に合うのか、何も分からないわけでしょ。 副作用の問題にしても、全く心配がないわけではないだろうし。
 まぁ、オリンピックの件は、JOCが決めることではないのかと思うが、早く結論が出ないと、困る人たちが大勢いるのだろうに・・・。


冬のハイキングコース  



「羽村・草花丘陵ハイキングコース」が”正式名”? おなじみの「向山」です。

31_20210117161731a16.jpg


こちらは東に向かって、「大澄山」付近です。

32_20210117161735985.jpg





table_20130321210513 -


 「阪神・淡路」の震災から26年。 もうそんなに経つのかとびっくりする。 あれからも、いくつもの災害に見舞われてきた。 気候変動は、地球規模のものだろうけれど、我が国は災害の多い国になってしまったようだ。
 そして、今は、少し異なった災害に見舞われている。 調査団が、中国武漢に入った。 「コロナウイルス」がどこから発生したものか、解明される時が、果たして来るのかどうかは疑問だけれど、これは”自然災害”と言うよりは”人災”に近いのだろうか? 気候変動で、食糧難になるかもしれないからと、人間の数を減らすように作用した「自然の摂理」とも思えないからねぇ。
 「自然災害」が再び来る前に、目の前の「災害」が終息することを切に願う次第。


知らん顔  



「ダイサギ」と「アオサギ」。 「アオサギ」は「カワウ」とはよく一緒にいるのですが・・・。

30_20210116151848d19.jpg





table_20130321210513 -


 「大学入学共通テスト」が始まった。 今日は暖かでよかったなと思ったが、北海道では悪天候で、急遽中止になったところもあったというから、そちらの受験生は気の毒だった。 ただでさえ、コロナ対策でマスクをしたままの受験だとか、色々と気を使うことが多いのに、肝心のテストが予定通りに終わらないのではねぇ。 ウン十年たてば「懐かしい思い出」になるだろうけれど。
  このところ、コロナからは一応回復したものの、後遺症に悩む若者の話をテレビで見聞きすることが多くなった。 「緊急事態」への認識が甘い若者世代への警告だろうが、他人事でなく思える人がどのくらいいるかな。 「自分は大丈夫」と思いがちかも。 「後悔先に立たず」と言うけれど、先ずは、社会の一員としての自覚を持ってもらいたいもの。
 受験生の皆さんも、試験が終わっても、十分気を付けて! とりあえずは、『明日を頑張って!』 


後始末  



川では一昨年の台風の後始末をしています。 コンクリートをまず砕きます。

28_20210115152858834.jpg


砕かれたコンクリート片を運び出します。 いつ終わることやら・・・?

29_202101151529015e5.jpg





table_20130321210513 -


 このところ、ごねまくっている米のトランプ大統領が、「弾劾訴追」されている。 何だかみっともないことになっている。 バイデン新大統領の就任式にも出ないそうで。
 多分否決されて終わるのだろうけれど、こういう態度を続けているトランプさんを、”支持者”はどう思うのだろうねぇ。 盲目的に支持しているというわけかな。 結果的に、アメリカの価値まで下げそうなのに。
 政治家には、「腕の見せ所」や「その魅力」を示す”チャンス”と言うものがあると思うのだけれど、トランプさんは、その”チャンス”を台無しにしているのかもね。
 ウチの総理にしても、せっかくのチャンスを、むしろ反対の作用に使っていると感じるのだが・・・。 「実力」を見せたのかな?


タマアジサイ  



「タマアジサイ」の”冬姿”です。

26_2021011416180701f.jpg


陽の射す場所では”くもの糸”もキラキラと。

27_20210114161809265.jpg





table_20130321210513 -


 今日は異常な?暖かさ。 明日はまた寒くなり、その次の日は、また暖かいのだそうで。
 コロナもいよいよ医療が逼迫してきて、具合が悪くても、診てもらうこともできないまま亡くなる人が出始めている。 病院では「トリアージ」が始まるケースも出るらしい。 高齢者が感染すれば、いずれにしても命の保証はないということかな。
 とにかく「家にいてください」と。 感染者を減らす以外に現状を打破する方法がないということ。
 1年前に比べると、体力が落ちていることを実感するが、それが自粛生活に起因するものか、年齢的なものなのかがはっきりしない。 「健康寿命」と言うことが最近よく言われるが、人生の終盤になって、こんな事態になるとはねぇ。
 誰でも一生に一度は「戦争」を体験するものだそうだが、「大きな戦争」を2度も経験しなくてもよかったのに・・・とは思うね。


寒い朝  



今朝の庭は地面も木々も真っ白できれいでした。

”サツキ”

22_2021011315391848e.jpg


”笹”

23_20210113153922b78.jpg


”ピラカンサ”

24_20210113153922ea5.jpg


”ストケシア”

25_20210113153923dd0.jpg





table_20130321210513 -


 今年は寒さが早く来たので、桜の開花が早いのだそうな。 何となくうれしいような気分になる。 山道を歩いていてはまだ「春」を感じさせるものはないけれど、庭のアジサイはもう芽が青く見えている・・・。
 「冬来たりなば春遠からじ」とは言うが、これからが寒さは本番。 北陸方面の大雪も、今後が心配だし、まだまだ安心できるわけではないけれど。
 申し訳ないような晴れた青空を見上げてていると、その瞬間は、「コロナ」も忘れるが、現実は相変わらず~~~だからなぁ。
 

野 仏  



お正月らしく、お供え物がたくさんでした。

21_20210112153013038.jpg





table_20130321210513 -


 東京で初雪と。 当地では前に降らなかったかなぁ? 今日は、3時ころ「雪かな」と思ったものの、ほんの短時間。 4時近い今、「これから降るのかもしれない」と思う寒さだけれど。
 二日続けて、朝、台所の水道が凍りかけていたが、今朝は大丈夫だった。 「真冬並みの寒さ」とテレビで言っていたが、今は「真冬」じゃないのかな?
 緊急事態宣言下だが、店も開いているし、映画館や美術館もやっている。 一方では家にいてくださいと。 矛盾している話だから、「どうすりゃいいの?」と言う感じだけれど、今年も巣ごもり生活だろうね。
 極力人との接触を断つということで、道で出会った人とも、あまりおしゃべりもせずに、別れているけれど、人間関係までおかしくなってしまいそう。
 日本海側のような大雪では恐ろしいけれど、雪景色の中を、カメラ持参で歩いたら、気分も晴れるかもと思ったりして・・・。


ヤブコウジ  



「ヤブコウジ」です。

18_20210111155813b24.jpg

 
「千両」、「万両」と来て、これは「十両」。

19_20210111155815107.jpg


我が家には「百両」が無くて・・・。

20_20210111155817b05.jpg





table_20130321210513 -


 植木屋さんとか大工さんとか、職人さんをお願いした時、休憩時間に何を出してあげたらいいのか迷う。 昔は、「疲れる仕事」だから、少しは”腹の足し”にもなるものがいいかと思ったり、男の人じゃ甘いものは嫌だろう、などと考えたりした。
 ウン十年の時を経て、最近の職人さんは大分違ってきたと感じる。 昔と違って、今の職人さんは、あまりお酒を飲まない人たちみたい。 そして、甘いものでもよく食べてくれる。 お昼が「コンビニ弁当」だったり・・・。
 昔の人たちよりも体格はいいし、使う道具もずっと進化して楽になったというから、そんなことも関係しているのかもしれない。 その代わり、道具に「お金がかかって!」と言うことらしいけれど。 我々の生活でも、便利で楽になった代わりに、お金はかかるようになっているからねぇ。
 世の中も、そこに暮らす人の生活も、どんどん変わっていくのだと改めて思わされる。 ここで”コロナ”が出現して、おそらく、また大きく世の中も人の暮らしも変わるのだろう。 好むと好まざるとにかかわらず・・・。 やれやれ・・・カ・・・ナ?


カンアオイ  



「可愛い花」とは言えませんが、この時期ならではの花です。

16_2021011015490813b.jpg


こちらはあまり増えない種類です。

17_20210110154911714.jpg





table_20130321210513 -


 大相撲の初場所が始まったが、白鵬はじめ多くの力士が感染して大変なこと。 マスクをつけてできる競技じゃないからねぇ。
  世間では、もう若い人を見たら「無症状感染者」と見た方がいいくらい、蔓延しているのかもしれない。 ヨーロッパ並みに「ロックダウン」をかけない限り、収まらなくなっているのかもね。
  まぁ、ひと月で収まるなんて、本気で考えているわけじゃないのだろうけれど、どっちつかずの対策では、お金ばかりかかって効果はないんじゃないのかな。
  「かえって空いていると思って買い物に来た」なんて若い人の言葉を聞くと、やれやれと思うけれど、そういう感覚になっている若者も多いのだろう。 一月後、せめて、更に大拡大していないことを願う次第。


グランドにて  



ヘルメットと一緒に水筒も並んでいるのが「今風」ですね。

15_202101091609370df.jpg





table_20130321210513 -


 三連休の人もいるらしいが、要請されているのは「自粛生活」。 河川敷のグランドでは、休日らしく、いく組かの少年野球チームとサッカーチームが練習していた。 密にもならず、あまり心配せずに楽しめる場所だろう。 監督さんらしい人 が、かなり大きな声で指示を与えたりしてはいたけれど・・・。
 「緊急事態宣言」下でも、ほぼ日常生活のできる子供たちは幸せだと思う。 都心ではこうはいくまいから。
 多くの若者の危機意識がなくなってきているのでは、コロナの収束もいつになることやら分からないし、国の方針も甘いから、近場での楽しみを見つけていくしかないのだろうね。


メジロ  



「ピンぼけメジロ」ですが・・・。

13_2021010819263781a.jpg


「黒いメジロ」が来たわけではないのですが・・・。 (笑)

14_20210108192641f7e.jpg





table_20130321210513 -

 あまり正月気分にもなれなかった今年のお正月だったが、松もとれ、待っていたかのように出された「緊急事態宣言」。 今年もまた、コロナ・コロナの一年になるのかな。 そんな気配だからなぁ。
 学生時代の友人からの年賀状に、「オンラインでおしゃべり会ができたらいいな」と思いながら”ZOOM”の手ほどきを受けたと。 ばぁばも同じことを考えて、一応、”ZOOM”とはどういうものかは調べた。 ダウンロードはしてないが。
 80代後半のじいちゃん、ばぁちゃんの「オンラインでのおしゃべり会」も面白そうだけれど、実現できるかどうかは・・・??。
 コロナ禍が長く続けば、みんなで会っておしゃべりをすることは、もう一生できないかもしれないからねぇ。


 

高所作業  



「高所恐怖症」では務まらない仕事ですね。

11_202101071545320ce.jpg


見ている方が恐ろしいが、気持ちいいのかな?

12_202101071545349bf.jpg





table_20130321210513 -


 日本医師会会長の中川俊男氏が、国会議員の会食をぜひやめて、国民に「範」を示してほしいと。 へえ~、国会議員の皆さんは、そんなに会食をされるのかと知った次第。 これに対して、自民党の森山国対委員長は、会食は4人まで、そして8時までにすると。 議員が人と会うのをやめることはできないと。 中川先生は、「4人以下なら問題はない」ということではないと。
 両者の話を聞いて、森山さんもまだまだ甘いと思うなぁ。 人と会うのが仕事上必要なのはわかるが、何も会食をしなくてもいいじゃないのかと思うわけ。 庶民の危機意識とは、まだまだ政治家の感覚は離れているようね。
 「緊急事態宣言」が出されても、事態が好転しなければ、危機感が、絶望感に変わりそう。


小さな希望  



「ミニシクラメン」の”つぼみ”です。

9_20210106155734ddb.jpg


明るい話題のない年明けですが、植木鉢の中に見つけた「小さな希望」の”芽”です。

10_202101061557357d4.jpg





table_20130321210513 -


 ついに横綱白鵬関も陽性。 バドミントンの桃田選手も。 国際試合に出られるはずだったのに、残念だったねぇ。 このところ、若い芸能人の中にも陽性の人が増えてきている。
 感染者数が今日も「最高」を更新した東京。 今、感染が分かる人は、クリスマスころに盛り上がっていた人も多いのだろうね。 年末年始、楽しい時間を持った人たちの中で感染した人たちの数は、これから出てくるのだろうから、まだまだ増えるのかも。
 明日あたり「緊急事態宣言」がやっと出されるらしいが、効果を期待できるのかは、いささか疑問。
 まぁ、市井の『まともな人』は、「これまで通りの生活」をしていればいいということだろうけど。


羽村堰を望む  



「羽村取水堰」を上流側から見ました。

7_20210105162044bc5.jpg


左上の建物は、奥多摩街道を挟んで建つ、堰の管理事務所で、地元では「水道局」と言っています。

8_20210105162046902.jpg





table_20130321210513 -


 令和三年も、はや五日。 もう働き始めている人も多いのだろう。
今日は年末年始の”感染状況”をテレビでやっていた。 一向に感染拡大が止まらない東京。 人出が減らないのだから当然だろうけれど、年末年始に具合が悪くなった人は心配したことだろう。 電話もつながらない、病院も紹介してもらえない・・・と言う状況だったらしい。
 「心筋梗塞」になった人が、ドクターが個人的に知り合いのドクターに頼み込んで、どうにか手術で助かった例を紹介していたが、あと一時間遅ければ難しかったと.。 間に合わなかったなんて例がなければいいが。
 相変わらず、人と飲み歩いたりしている若い人たちは、こんな状況だということを知らないのだろうかねぇ?


バックシャン  



「絞りカタバミ」を裏から見ると・・・。

4_20210104160102392.jpg


「絞り」が良くわかります。

5_20210104160103a43.jpg


「バックシャン」も、今や”死語”かも?

6_20210104160105812.jpg





table_20130321210513 -


 年末年始、良く家にいたので、今日はウォーキングに出かけた。 最近は重いものを持つと、てきめんにどこかに何かが起きるので(笑)、散歩には軽いカメラを持って行く。 何かあれば撮ろうと言う時にはそれでいいか・・・と。
 久しぶりに歩くと結構、色々なものが目につく。 ちょっと面白いものを見つけてカメラを出した。 『軽い!』。 アッと思った。 やはり「レンズが出ない!」
 「馬鹿だねぇ、お前さんは!」だ。 そう、バッテリーが入れてなかった。 充電してそのまま、カメラに装着していなかったというお粗末。 いくら小型でも、見えないわけじゃないから・・・ネ。
 ま、歩くだけでもいいかと。 そういう時に限って、「カワセミ」はいるし、川もキラキラ綺麗だし・・・。 ボケが進んだのかな?


平 穏  



「静かな多摩川」。 

3_20210103150222da7.jpg





table_20130321210513 -


 「箱根駅伝」も終わった。 往路優勝は創価大、復路優勝は青山学院大、総合優勝は駒沢大。 なかなか面白かった!
 創価大が逃げ切るかと思われたが、「でも、何があるか分からないからなぁ」と、一瞬思ったことが当たった。 ホント、「先のことは分からない」のが人生と一緒。
 昔は、選手も排ガスまみれだなと思ったものだが、今日は、先導の白バイも、全部かどうかは定かでないが、”電動”が採用されていたようだった。
 ばぁばが嫌いなのは、車の中から、監督が選手に声をかける場面。 場所は決められているようだが、おだてたり、すかしたり・・・が、なんだか、動物と調教師の関係みたいでね。 まぁ、事実はそれに近いのかな? (笑) 
 また、来年のお楽しみ。 皆さんお疲れさまでした。


葉ボタン  



小ぶりの可愛い「葉ボタン」です。

2_2021010215160313c.jpg





table_20130321210513 -


 誰も来ない静かなお正月。 のんびりと「箱根駅伝」を見たり、布団を干したり。 食べるものは一応揃っているし。 こんなお正月の過ごし方もいいなぁと。
 昨日は息子Aから「おめでとう」の電話が来て、「年賀はがきも来た。 ウチのは今、作っているから…」と。 そうでしょ。 例年、向こうからの年賀状は、”手渡し”だもの。
 市中に広まっているらしい「コロナウイルス」も、この生活を続けていれば、罹患の可能性はゼロに近いのだろうから、ひとまずは安心できるということ。
 東京都や埼玉県が、国に「緊急事態宣言」の発出を要請するというけれど、なんだか、国は都県に責任を押し付けているような印象を受ける。 国として、もうとっくにそうしていても良かったと思うけどねぇ。 今年も、後手後手かな。


▲Page top